2006年06月30日

実像

 えっツ、これだけ?!

onigiri.jpg


  朝、パソコンに向かっていると台所からオニヨメの声、「おにぎりいる?」

 そうか、今日はオニヨメが円山コートに試合に行く日だ。おにぎりということは、ひょっとするとあのAランチ(筋子のおにぎり)かもしれない...。  筋子のおにぎりの姿と味を思い描きながら、大きい声で「いるよ!」と答えた。

 しかし、残念ながらささやかな期待は見事にはずれてしまった。
 明らかに昨晩の冷や飯で握ったとわかる、張りのないおにぎりがポツンとおいてあった。しかも、大皿の上にたった一個だけ...。念のため具を確認すると梅干オカカだった。

 どうせオニヨメの言い草は決まっている。「私も同じだよ(作ってもらっただけ有り難いと思え。何か文句ある?)」....()内は私の勝手な推測。

 もし、オニヨメのおにぎりが筋子だったらそれこそ問題だ。
 食べ物の恨みは恐いぞ!

 昼食への楽しみが半減し、すっかりテンションが下がってしまった。

 とても、とうに還暦を過ぎた男が口にするようなことではないとは思う。が、この姿こそ、世間から「第二の人生を楽しんでいる」と言われている年金生活者の実像である。

 どうか、この哀れな年寄りにお恵み(癒しのワンクリック)を...。なーんちゃって。



 


posted by tosshy at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DIY-3

  看板の変遷

takeda.jpg

huruikannbann-2.jpg

kannbann-boka-zenn.jpg

 表側

kannbann-bokasi.jpg

  裏側

kannbann-bokasi-ura.jpg


  ニセコに家を持って最初に悩んだのは看板(表札)です。
 
 別荘地の皆さんは色々工夫されていて、手作りと思われる個性的な看板が目につきます。

 私も、折角だから個性的な看板を作ろうと考え、ヒントを得るためニセコ周辺の別荘地を見て回りました。

 しかし、なかなかいいアイディアが浮かばず、とりあえず家の外階段に付ける表札を作りました(一番上の写真)。しかし、道から30メートルも離れているため小さすぎました。

 2年後、オニヨメにせかされて作ったのが2番目の写真です。
 不満足な出来でしたが、新しい構想が浮かばず、結局それを5年間使いました。もちろん冬は屋内に取り込みました。それでも、白樺で作った支柱が朽ちたため1回取り替えました。

 昨年春、5年振りにようやくリニューアルしたのが3番目以下の写真です。蔓を習っているオニヨメとのコラボレーションです。デザインは私がしました。思った以上にうまく出来たと思っています。近所の皆さんの評判も上々です。忌憚のないご意見、感想を聞かせていただければ幸いです。

 なお、本当は文字も見ていただきたかったのですが、残念ながらオニヨメの強い意向でその部分をぼかしました。
 
 目下、第三弾の構想を練っているところです。

 癒しのワンクリックもよろしく。

 


posted by tosshy at 00:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。