2006年08月25日

そろそろ...

  ラクヨウかな?

rakuyou-1.jpg

  ラクヨウだ!

rakuyou-2.jpg

  ラクヨウ君ごめんなさい...

rakuyou-3.jpg 


 2年前に我が家の庭に初めて現れたラクヨウです。
 ニセコに居を構えた直後に苗木を20本ほど植え、その後、毎年山で採ってきたラクヨウの菌を根元にばら撒いてきました。

 6年目でやっと生えたので、食べるべきか否か迷いましたが、オニヨメの強い勧めで食べてしまいました。そのセイかどうかは分かりませんが、去年は現れませんでした。今年は???...。

 ニセコ地方では例年9月の初旬ころから顔を出し始めますが、今年は夏がかなり暑かったので少し遅れるかもしれません。
 これから一雨毎に期待が大きくなります。

 今日ニセコに行きます。
 うまくいけば28日にネット(ADSL)が開通する予定ですが、ISDNとの干渉があるらしく期待薄です。
 一度ISDNで失敗しているので、今回はISDNにするつもりでしたが、NTT東日116のお姉さんに丸め込まれ?てしまいました。
 
posted by tosshy at 13:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

そろそろ止めたら?

 別荘区内から・・・。嵐の前?

youtei-arasinomae.jpg 

 S市の自宅に帰ってから約一週間が経ちました。

 この間、他称プロテニスプレーヤーの我がオニヨメは、31日の試合に備えて、雨が降った僅か一日を除き練習に出かけています。

 15キロ程度の距離はへっちゃらで、30キロ以上離れたI市にも遠征しています。昨日は、午前10時ころに出かけ、夕方戻ってきたと思ったら、2時間後、「学校開放の当番」とかで再び出かけました。帰宅は9時過ぎ。

 今日も、霧雨の中あのIさんから声が掛かり出かけています。
 Iさんはオニヨメより6歳年上ですが、気が合うらしく我が家に掛かってくる電話の99パーセントは彼女からです。昨日も夜の9時半ころから1時間半ほど話していました。
 Iさんのご主人は銀行をリタイヤされた方で古希が近い由。以前は碁会所に通われていたそうですが、最近すっかり出不精になったとか。ちょっと気になる兆候です。毎日家で何をされているのか聞いてみたいと思っています。

 ところで、テニス仲間のほとんどが還暦±5歳とかで、皆さん肘痛や膝痛などを抱え、針や注射を打ちなが頑張っているそうです。

 幸い?我がオニヨメはそれらの痛みは全くありません。唯一「日光湿疹」に悩まされています。化粧品を変えるなどいろいろ対策はとっているようですが、ときどき顔や首筋を赤く腫らし、「痛い」、「痒い」と騒いでいます。

 この夏、北海道よりも日差しの強い徳山に行ったときは発症しなかったのに、北国でテニスをするとなぜ?

 私は秘かに「鬱々夫をほったらかしてテニスに狂っている罰が当たった」とほくそ笑んでいます。
 嫌だったらしなければいいのに・・・。しかし、手足が動く限りテニスは続けるそうです。


posted by tosshy at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

何度言っても・・・

  ミルク工房から見たアンヌプリ。ニセコの観光スポットの一つです。坂本公園に甘露水を汲みに行った帰りに時々立ち寄ってソフトクリームを食べています。

mirukukoubou-annnu.jpg 

 自宅でトイレのドアを開けた途端、「入っている!」と怒鳴られてしまいました。そうです、中にオニヨメが入っていました。

 またか!慌ててドアを閉めましたが、なんともバツの悪いこと・・・。

 このような場合、ドアをノックしなかった私と、ドアに鍵を掛けなかったオニヨメとどちらが悪いのでしょうか?

 普通、自宅のトイレに入る時、いちいちドアをノックはしないし、ドアには鍵を掛けると思います。

 いくらオニヨメでも、まさか外でトイレを使うときはドアに鍵を掛けると思いますが・・・。
 
 列車のトイレに入ろうとしてドアを開けたとき、先客がいて慌てた経験が何度かあります。しかも、先客はすべて人生経験豊かな女性でした。 
 もちろん、ノックはしました。しかし、冷静に状況を考えてみると、いずれの御仁も咄嗟にどうすることもできなかったのかもしれません。

 オニヨメも十分人生経験を積んできましたのでそろそろ要注意です。

 また、オニヨメは風呂に入る時、脱衣場の目隠し用のカーテンを閉めようとしませんし、車を運転するとき、なかなかシートベルトをしない、合図が遅い、早め点灯をしないなどの傾向があります。

 これらは一見関連がないようですが、自分を守るだけでなく、他者に対する配慮(思いやり)という大切な共通点があると思います。

 ところが、オニヨメは何度言っても分かってくれません。

 「私なんかいいほうだよ。アハハ・・・」で、終わりです。
posted by tosshy at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

雪国の消火栓

  新しい消火栓

noppo-shoukasen.jpg 


 ニセコの我が別荘区内の消火栓が少しノッポになりました。

 高さが1.3〜1.4メートルはあるでしょうか。
 
 しかし、札幌市程度の降雪量なら大丈夫ですが、ニセコでは間違いなく雪に埋もれてしまいます。どうせならもっと高くすればいいのに・・・。
 ちなみに、日本一の豪雪地帯上越地方には、これの二倍はある三階建て?の消火栓があるそうです。
posted by tosshy at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

MADE BY ONIYOME

  ハンギング

hangingu-2.jpg

  

turu-5.jpg

  蔓ーアップ

turu-3.jpg 

 最近オニヨメが作りました。

 蔓、ハンギングとも生きている植物を使っているそうです。ずっとニセコに飾っておくのかなと思っていましたが、「水が切れると枯れる」と、S市に帰るときは車に積んで運んでいます。

 今後その数が増えたらどうするつもりなのでしょうか。ペット同様、生き物は手がかかります。

 それはともかく、蔓やハンギングを組み合わせて看板を作ったら面白いかもしれないと考えています。
posted by tosshy at 12:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

お勧めします

  デッキで焼肉
ba-bekyu-.jpg

  優れもの
ba-bekyu-uesugi.jpg

 ニセコの家にお客さんが来られたときは、冬季を除き、デッキで羊蹄山を眺めながら焼肉をすることにしています。なかなか好評です。

 そのとき活躍するのが、このバーベキューコンロです。

 道東(上湧別町)の上杉製作所というところが作っているコンロで、慣れれば新聞紙2、3枚で簡単に着火することができる優れものです。形は丸型と矩形の二種類があります。

 ただ、値段が少々高い(実売価格で1万2000円程度)所為か、ホームセンターではあまり見かけません。

 しかし、かなりハードに使っても6,7年は持ちますし、お勧め品です。現在使っているコンロは二台目で去年購入しました。

 なお、「慣れれば新聞紙2,3枚で云々」と書きましたが、ご多分にもれず最初はかなり苦労しました。

 娘の友達が数人遊びに来たときのことです。
 雨降りで炭が湿り気味だったせいか上手く火が起きず、煙モウモウの中、全員が涙をポロポロ流しながら食べたことがあります。
 あのときの皆さん本当に御免なさい。
posted by tosshy at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

リキの散歩道

  散歩道ー1
sannpomichi-1.jpg

  ー2ーリキが遊ぶ川
sannpomichi-3-kawa.jpg

 ー3ー強風に耐える木とアンヌプリ

sannpomichi-2-yama.jpg

  散歩道で見つけたガクアジサイ

gakuajisai.jpg 

 我が家では毎日朝夕二回リキを散歩させています。

 S市では、私が働いているときからの延長で、朝はオニヨメ、夕方は私と決めています。ところが、ニセコではいつの間にか朝夕とも私の役割になってしまいました。

 以前は一回に3〜40分掛けて、散歩と遊び(棒投げ、水遊び)をしていましたが、満10歳になった半年前ころからリキの脚力が急に衰えてきたので、最近は2〜30分に抑えています。
 
 リキは散歩と棒投げなどの遊びが本当に大好きです。

 毎日その時間が近くなると、鼻を鳴らしたり背伸びをして催促します。私やオニヨメが散歩用の服に着替えようものなら大変です。ハイテンションになりケージの中を走り回ります。

 S市で散歩するときは、途中にある野津幌川が汚いので土手を歩くだけですが、ニセコでは散歩の都度ジャコ川に入れています。
 
 春先、雪解け水が冷たいときでも平気で入ります。ついつい面倒くさくなって通り過ぎようとすると、リキは川に下りる分かれ道で立ち止まり、「今日は行かないの?」と言いたげな目で私の方を見ます。

 あの目で見詰められたらダメです。付き合うしかありません。

posted by tosshy at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萩(ハギ)の花

 わずか一年で大きくなりました 

haginohana-1.jpg 

 よく見るときれいな花です

haginohana.jpg


 今年も、ニセコの家で萩(ハギ)の花が咲きました。

 去年、取り付け道路脇の斜面の芝生の中に、高さが60センチほどの細い木が一本生えているのを見つけました。

 葉の形状などから最初はニセアカシアだろうと思いました。ところが、ニセアカシアの花に似たピンク色の花が二房咲いたので、ひょっとしたらハナアカシアかもしれない・・・。

 残念ながらハギでした。しかし、アップで見ると結構きれいな花です。

 近くにハギの木は見当たらないので、どこか遠くから種が飛んできたのでしょう。せっかく我が家に根を下ろしたのだから、大事に育てることにします。
 

 
posted by tosshy at 02:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ペンキ塗り

  きれいになりました

penki-nuri.jpg 


 3年ぶりにニセコの家のデッキと階段のペンキを塗りました。

 わずか50平米程ですが、オニヨメと二人がかりで、汚れを落とすのに一日、塗装(二度塗り)に二日、合計三日かかりました。 

 塗料はアサヒペンのWood Guardを、刷毛は百円ショップで買った10センチ幅を使いました。色は前回同様ウォルナットにしました。
 三度目で慣れた所為か、出来ばえもまずまずです。

 費用は塗料代(7L)と刷毛代を合わせて約1万円でした。できれば2年毎に塗りたいと思っています。
 そろそろ屋根にも挑戦したいと思っています。が、100分の35とはいえ勾配がある高所での作業は・・・。

 ただ、S市の自宅の屋根(積水ハイムの陸屋根)は二度塗っていますし、昨年は一人でニセコの家の屋根全体にビニールを貼った経験がありますので、やってできなくはないと思います。

 なお、このビニール貼りについては、いずれ詳しくお伝えするつもりです。

posted by tosshy at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rhubarb(ルバーブ)−2

 少し大きくなりました

ruba.jpg

 8月12日に写したルバーブです。
 
 全部で10本ほど発芽しましたが、2週間留守にしている間にほとんど枯れてしまい、かろうじて3本だけ生き残りました。矢張り例年にない日照り続きが堪えたようです。

 7月6日の段階では双葉でしたので少しは成長していますが、この調子だと前途多難です。


 我がオニヨメは、ニセコ滞在中も毎日早朝練習(6時から7時)に出かけていました。

 (8月16日に)S市の自宅に戻ってから30分もしないうちに、オニヨメのテニス仲間Iさんから電話が掛かってきました。
 あまりにもタイミングが良いのでビックリするやら感心するやら・・・。きっと、オニヨメが帰ってくるのを首を長くして待っていたのでしょう。

 もちろんテニスのお誘いです。かくしてオニヨメは、8月17日岩見沢まで遠征しました。ただし、試合ではなくゲーム会とのこと。私にとってはどっちでも同じですが・・・。

 8月31日に大事な試合がある由。
 9月3日にも試合が入っていましたが、親戚の法事と重なったため、迷った末に泣く泣くキャンセル。
 もし法事をパスしたら、例の納骨飛ばし事件(本ブログ5月26日を参照されたい)のときのように、またこのブログに書かれると思ったからかもしれません。
  
 今読み返してみると、あのころはオニヨメについてかなりアグレッシブに書いていました。しかし、最近は戦闘意欲が低下したのか少々ダレ気味です。
 涼しくなってきたし?また気合を入れて頑張ります。

 
posted by tosshy at 02:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

雪の力

  無残に曲がった物干し台
yukinochikara.jpg

  ニセコの雪に負けない木々
yukini-katu-ki.jpg

  S市の自宅近くの斜面の白樺
sapporo-sirakaba.jpg

 雪解けとともに姿を現した物干し台です。
 
 ニセコ(倶知安)は年間の平均降雪量が12メートルを超えます。ですから、その雪に埋もれてしまうと、ステンレスのパイプさえ見るも無残に曲がってしまいます。

 一方、その雪に負けることなくしたたかに生き抜いている木があります。
 
 平らなところでは上からの力(雪の重さ)だけですが、斜面では雪の重さに加えて、雪が滑るため計り知れない斜め方向の強い力が木に加わります。
 毎年その力に押されながらも、必死に幹を曲げながら耐え抜いた木だけが生き残ることができます。ニセコの斜面では真っ直ぐな木は一本もありません。

 ちなみに、S市程度の雪(年間平均降雪量約5メートル)だと、斜面でも木はほとんど真っ直ぐに伸びています。
posted by tosshy at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それでも都会が好き?

 S市の自宅二階からの眺め
nikaikara.jpg

  ニセコの我が家のデッキからの眺め
dekkikara.jpg

 秋の気配ー1
susuki.jpg

  秋の気配−2
nanakamado.jpg


 一週間ぶりにニセコからS市の自宅に戻りました。

 窓からの眺めの違いは歴然です。

 「それでも都会が好きですか?」
 「もちろん!」

 何度となく我が家でくり返されてきた会話です。

 ミズナラやイタヤカエデの大木に囲まれているニセコの家は、今回も室温が27度を超えることはありませんでしたが、S市の家は、午後2時半に帰ったとき一階が28度、二階が30度でした。

 しかし、北海道です。暑い暑いと言っているうちに、秋はもうそこまで来ていました。
 
 
posted by tosshy at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

身近な花...

 お名前は?
pin-UP.jpg

  桔梗
hana-2.jpg

  ???

nanndarou.jpg
  
  すずらんの実
suzurann-mi.jpg


 どこにでもある花ですが...最近S市の自宅で写しました。

 鏡沼では今何が咲いているかな?
 ほとんど陽が届かないような森の中で、ひっそりと咲いている可憐な花に出会うことがあります。まさに感動の一瞬です。

 ニセコに行ったら写すぞ!
posted by tosshy at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

GOLD免許なんですが

 やっちゃった... 

garigari.jpg

 朝、道路工事の作業員から、「舗装の補修工事をするので、車庫から車を出しておいてください」と言われ、車を出した結果です。

 オニヨメは車庫に車を止めるとき、降りる側を広くするため、いつも左側の壁に寄せて止めます。
 今朝は壁との隙間が10センチくらいしかなく、「ぎりぎりだな」とは思いながらもそのまま発進しました。前方に作業員がいたので彼らを注視しながら早めに左にハンドルを切ったところ、ガリガリと音がするではありませんか。

 OH MY GOT!

 正直に打ち明けて謝るしかない。もちろんオニヨメに...。

 リキの散歩から帰ったオニヨメは、車を見るなり「明日ニセコに行くのにどうするの?!最低10万はかかるよ!」

 分かってます。言われなくても...。修理代の半分ぐらいは小遣いから出さないとまずいかな...。目下頭の中は大混乱です。

 現在10時ですが、すでに室温は30度を越えました。昨日よりも暑くなりそうです。今日はことさら暑さが堪えます。参った、参った。
 
posted by tosshy at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑中お見舞い申し上げます

 我が別荘区の夏。我が家ではありません
ennkei-natu.jpg

 我が別荘区の冬
ennkei-huyu-1.jpg

  紫陽花
azisai-2.jpg

  沖縄の水族館
suizokukann.jpg

 暑いはずです。S市は五日連続の真夏日とか。しかも、あと2,3日続くそうです。

 ニセコはきっと涼しいだろうな...。

 しかし、オニヨメの都合で九日まで行けません。またテニスの試合か練習だろうと思っていましたが、今回は蔓(バスケタリー)の集まりだそうです。

 暑さ厳しき折、ニセコの我が別荘区の冬景色他をお届けします。一服の清涼剤となれば幸いです。 
posted by tosshy at 00:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

みんな暑い!

  涼しい風が心地いい...
neko-atui.jpg

  入れてくれてありがとう
riki-atui-1.jpg

 気持ちいいな        
riki-atui-3.jpg

  だんだん眠たくなってきた  
riki-atui-4.jpg

  おやすみなさい
riki-atui-6.jpg 

 今年の北海道はとにかく暑いです。8月3日に戻ってきてから連日30度を越えています。

 寒がりのネコもさすがに暑いらしく、ちゃんと風通しの良い涼しい場所を見つけて悠々とお昼寝です。このとき室温は29.5度でした。

 ふだんリキを入れている外のケージが、(午前中日が当たるため)11時前に33度を越えました。暑さが大の苦手なリキがグロッキー寸前だったので、北側にある玄関の中に入れてやりました。そのとき玄関の温度は28度でした。しかも、床(化粧タイル)がひんやりとしているので気持ち良さそうです。5分もしないうちに白川夜船...。

 正午に居間の室温が30度を越えました。

 早く涼しいニセコに行きたい!
posted by tosshy at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

たかがトマトだが...

  トマト
tomato.jpg 

 北海道に帰った翌日、歯の修理(治療ではありません)に行きました。

 歯医者さんに「アイスを齧ろうとしたら割れました」と訴えたところ、先生曰く「アイスは硬いですよ」  
 そうか、私にとってはアイスさえ硬い食べ物になったのか...。
 
 壊れた歯は何とか元通りに復元することができましたが、いつまた割れるかも知れないという不安が付きまといます。
 
 ですから、テレビでグルメ番組をやっていると、とても寂しい気持ちになります。というのは、味云々以前に、まず、自分が食べることが出来るかどうかという視点で見ざるを得ないからです。

 思うように噛むことができないと、味覚を失ったような錯覚に陥ります。味覚にとっての食感、特に噛むことの大切さを痛感させられました。

 私の場合、上の前歯がそっくりダメになったため、物を噛み切る力が極端に弱く、肉類はもとより、生野菜など筋のあるもの、弾力のあるものは絶望的です。また、水分の少ないものは口蓋にひっつくし、粘りのあるものは入れ歯がはずれるので苦手です。
 現在、安心して食べることができるのは豆腐、プリン、ヨーグルトくらいです。

 以前、テレビで、入れ歯の人が煎餅をバリバリ食べているCMを見たことがあります。新しい歯に慣れることで、ある程度は噛めるようになるとは思いますが、絶対自分の歯には適わないと思います。

 皿の上に並べたトマトの違いが分かりますか?

 右のトマトは薄くスライスしてあるのでどうにか食べられますが、左のトマトは断面が三角になっている(厚い部分がある)ため苦労します。

 悲しいことに我がオニヨメは、私の状態を十分知っているはずなのですが、なぜかトマトをスライスしてくれません。

posted by tosshy at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道も暑い

  雲の上
kumonoue.jpg

  萩焼
hagiyaki -2.jpg

  萩焼ー2
hagiyaki-1.jpg 

 8月3日、一週間ぶりに北海道に帰ってきました。

 涼しい北海道を期待していましたが、連日真夏日ではありませんか!特にクーラーのない室内は31〜32度になります。

 ただ、やはり北海道です。夕方から急に気温が下がり、窓を開けていると寒いくらいです。

 実家で古い萩焼の抹茶茶碗を見つけました。すっかり埃を被っていたものの、素人目にも土産物店で売っている物よりは立派そうでした。

 丼代わりにもらって行こうと思いましたが、聞けばそこそこに高価な物らしかったので諦めました。
posted by tosshy at 00:53| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

角島の風景

 角島大橋ー往き
tunosima-hasi-1.jpg 

 角島灯台
tunosima-toudai.jpg

 角島の海水浴場
tunosima-kaisuiyokujyou.jpg

 角島の海 
tunosima-umi.jpg

 角島大橋ー帰り
tunosima-hasi-2.jpg

 川尻岬を後にして、その日の目的地角島に向かいました。
 小さいころ、海がとてもきれいで古い灯台があると聞いていた島です。

 角島には角島大橋を通って車で行くことができました。角島大橋は今年の春に訪れた沖縄の古宇利大橋に似ていました。
 
 角島大橋は、全長約1780メートで、平成12年11月に完成したそうです。
 昨年2月に古宇利大橋(全長約1960メートル)ができるまでは、無料で渡れる日本一長い橋だったとか。
 残念ながら「無料大橋日本一」の座は譲りましたが、日本土木学会デザイン賞2003で優秀賞を受賞していました。

 角島灯台は、明治時代に作られた御影石作りの灯台で、高さが約29.6メートルあるそうです。灯台のてっぺんからの眺めは素晴らしく、近い将来一大リゾート地になる可能性があると思いました。

 角島は、お勧めスポットです。ちなみに、同島で、映画「四日間の奇跡」のロケが行われたそうです。
posted by tosshy at 10:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川尻岬の風景

  若者たちが楽しそうに泳いでいました
kawajiri.jpg

  きれいな海です
kireina-umi-gake.jpg

  名前はわかりませんが・・・
hana.jpg

  北海道でも見たようなユリ  

yuri.jpg

  地元では、東洋のモンサン・ミシェルと呼ばれている?
monsan-misheru.jpg

  きれいな海水浴場
kawajiri-umi.jpg 


 日本海はまだまだきれいです。県北の須佐の海同様、楊貴妃の墓?がある川尻岬の海もきれいでした。
posted by tosshy at 02:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

楊貴妃の墓?

  久津部落
kuzu.jpg

  売店
youkihi-mise.jpg

  ココは唐の国?
youkihi-niwa.jpg

  楊貴妃の碑
youkihi-hi.jpg

  楊貴妃の墓
youkihi-haka.jpg


 その説明 
youkihi-setumei.jpg


 萩から角島に向かう途中、楊貴妃の墓なるものがあることを知り、ちょっと気になって立ち寄りました。

 案内板に従って日本海に突き出た向津具半島を西に進むと、半島の先端近くで久津というところに出ました。油谷湾に面した小さな集落です。
 北に山、南に海...ここも老後を過ごしたくなるところでした。
 
 楊貴妃の墓はそこにありました。

 墓の真偽のほどはともかく、その集落でとても美味しい煮干を手に入れることができました。

 その後、久津の近くの川尻岬を見学し、3歳から3年間暮らしたことがある旧菱海村を50年ぶりに訪れました。
 幼いとき、とても大きいと思っていた川がとても小さかったことや、高いと思っていた山が小さな丘だったことに驚きました。
 残念ながら、昔住んでいた家は残っていませんでした。

posted by tosshy at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

リゾート気分

  穏やかな朝の海

odayakana-asa.jpg

  こんな別荘がほしいな

bessou.jpg

  静かな海面に映るヨット

totto-kage.jpg

  泊まったホテル

tanaka-hotel.jpg

  もうすぐ巣立ち?

tubame.jpg


 朝、ホテルから見る風景はまさにリゾート。

 心癒される穏やかな海。海上に浮かぶ別荘?係留されたヨット群。 

 ただ、ヨットハーバーの周囲にぐるり張り意巡らされている金網は興ざめの極み。目指す岸壁に行けないではないか!
 プライベートビーチをその外から指をくわえて眺める気分だった。貧乏人の僻みか・・・。

 数十年ぶりにツバメの巣を見ました。巣立ちは間近かでしょうか・・・。
 子供のころ、当時住んでいた山口の我が家の梁で、毎年ツバメが雛を育てていたことを思い出しました。



 
posted by tosshy at 08:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

ホテルからの眺め

  ヨットハーバー

yotto.jpg

  その夜景

yotto-yuuyake.jpg

  その朝

yotto-asada.jpg

   穏やかな朝

asa.jpg

   その2

umi-kagami.jpg 


 萩で泊まったホテルからの眺めです。

 どう見ても高級?リゾート地です。
 萩にこのような施設ができているとは・・・。30年ぶりに訪れた萩もすっかり変わっていました。

 日本海なのに、まるで瀬戸内海のように凪いでいました。朝もとても穏やかでした。
posted by tosshy at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面白ポスト

  面白ポスト

kawatta-post.jpg

  道の駅発祥の駅?

michino-eki-1.jpg

  ホルンフェルス断層

susa.jpg

  なんとなく・・・海

umi-yuuyake.jpg 


 島根県のとある道の駅で見つけた変わった形のポストです。
 隣に「シルク染め織舘」という資料館がありましたので、おそらく繭をイメージしたのでしょう。

 道の駅発祥の駅という看板を見つけました。???
 
 萩市須佐にあるホルンフェルス断層と、ただの海。なんとなく写しました。
posted by tosshy at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

津和野

  堀割り

tuwano-kawa.jpg

  太った鯉

tuwano-koi.jpg

  鴎外の旧家の門

ougai-seika-mon.jpg

  同上の庭

ougai-niwa.jpg

  同上の室内

ougai-seika-heya.jpg

 昨日は津和野から益田に抜け、日本海側を南下して萩に泊まりました。

 津和野と言えば、森鴎外と掘割に泳ぐ鯉でしょう。それにしても暑かった!

 今日は日本海側をさらに西に走り、途中川尻岬(なんと、そこに楊貴妃の墓がありました)に立ち寄り、角島まで行き、美祢、山口、防府を通って湯野温泉に帰りました。

 詳細は追って・・・。乞ご期待。

 実にしまらない話ですが、昨日アイスキャンディを齧っている時、バキッという音とともに、大事な入れ歯が折れてしまいました。で、折角のご馳走?が半分以上食べられませんでした。口惜しい!
 新しい歯ができるまで、ひたすら辛抱、辛抱・・・。
posted by tosshy at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png