2006年09月29日

久しぶりのAランチ

  O HA GI

ohagi.jpg

 朝、オニヨメがいつもより早く起きて何か作っていました。

 ナンと、オハギではありませんか!

 どうやら、テニス仲間に持って行くため作ったらしく、大きいタッパーにぎっしり詰めていました。

 贔屓目かもしれませんが、オニヨメが義母から受け継いだオハギと草餅は絶品です。あの「サザエのオハギ」にも負けないと思っています。
 
 「いくついる?」と聞かれたので遠慮しながら「三つ」と答えました。このところ、おじや、チャーハン、お茶漬けのローテーションが続いていましたので、久しぶりにお昼が楽しみです。

 ...ですが、世の中そう甘くはありません。
 オニヨメは「明日物置が来るから、古い物置の中の物をの整理しておいてね!」と言い残し、あたふたといつものお仕事に出かけました。

 明日、三週間ぶりにニセコに行く予定です。
posted by tosshy at 11:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ストーブ点火

  秋本番

budou-1.jpg 

 ニセコの家では室温が22℃以下になると薪ストーブを焚いていますが、札幌では灯油を使うため20℃まで我慢することにしています。
 
 オニヨメは、「年をとると体が暖まるまで時間がかかる。寒いと何もしたくない」などと、都合のいいときだけトシを持ち出し、ニセコ同様22℃を主張しています。

 そして必ず、「いつまで生きられるか分からないのだから、ケチケチしないで今を大切にしよう」と言います。

 決してケチるわけではありません(私は倹約と思っています)が、一度使い始めるとやめられなくなります。根本にあるのは、内地(本州)人とドサンコの、冬の過ごし方に対する意識の違いなのかもしれませんが...。

 今はおそらく改善されたと思いますが、私が子供のころの本州は、暖房はせいぜい火鉢とコタツでしたので、冬の朝室温が10℃以下になるのは当たり前でした。ですから、朝起きる前に布団の中にシャツやズボンを入れて暖めていましたし、起きだしてからも厚着をして寒さをしのいでいました。

 しかし、北海道では日中はもちろん夜中もストーブを焚き続けるので、室内は一日中快適です。

 もっとも、40年以上前(学生時代)の札幌は、今のように家の断熱が良くなかった(ほとんどなかった)し、夜はストーブを消していましたので、厳寒期には、朝、室内の水が凍ることがありました。朝、枕元に雪が積もっていたという友達もいました。

 今朝、珍しくオニヨメより遅く起きると、すでに部屋が暖まっていました。ニコニコしながら彼女曰く「室温が19.8℃だったよ」

 確かに、朝起きたとき部屋が暖かいと快適です。

 札幌の家の葡萄がようやく色づき始めました。
 ニセコの山葡萄は?多分もう残っていないことでしょう。
 ラクヨウはどうかな?山葡萄と違ってシーズンが長いので、10月になってからでも少しは...と期待しています。

 追記
 夕方、オニヨメが「寒い寒い」と言いながらストーブに点火。そのとき、室温は22.8度でした。一度つけるとこうなるのです。
posted by tosshy at 15:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

賞味期限

  まだ3年しか・・・

shoumikigenn.jpg 

 コニヨメ夫婦が9月17日からニセコに行き、無料の宿泊施設をベースにして、温泉三昧の三日間を過ごしたらしい。

 今日、久しぶりに札幌の我が家に顔を出したコニヨメが開口一番、「ニセコで冷蔵庫にあったソーセージを食べようとしたら、すっぱい味がしたので吐き出したよ。賞味期限切れてない?」

 それを聞いてハッと思い出した。そういえば、昨年3月に亡くなった義母が、可愛がっていたリキ(我が家の愛犬)のために買ってきてくれたソーセージの残りを冷蔵庫に入れたままだった・・・。とすると、義母がまだ元気だった時だから、少なくとも2年半は経っている。
 
 大事に至らなかったのは何よりである。が、まさかそれを食べる奴がいるとは...。

 何分にもオニヨメが賞味期限に無頓着なため、我が家では賞味期限切れは日常茶飯事であり、別に驚くことではない。それ故息子たちは、「油断禁物」と、食べる前に必ず賞味期限を確認している。

 先日も、モズクを食べたら賞味期限を1ヶ月過ぎていたし、ニセコに行く日の朝、賞味期限を2ヶ月も過ぎたヨーグルトを食べさせられたことがある。

 オニヨメが自信満々に「7月○日までだから大丈夫」と言うので、それを信じて食べた。しかし、いつもより酸味が強かったので、気になって賞味期限を確認したら、なんと5月○日だった。

 すべて後の祭りで、ニセコに着くまでの2時間半、下の方が心配で生きた心地がしなかった。その日は、ニセコが遠かったこと・・・。

 コニヨメの忠告を受け、早速冷蔵庫の中を調べたところ、昭和物こそなかったが、2、3年前に切れた物はごろごろしていた。しかし、物を大切にする?オニヨメはなかなか捨てようとしない。

 そこで結論。

 「我が家では、胃腸の弱い者は生き残れない!」

もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。

 


 

 
posted by tosshy at 00:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

大活躍

 ドウだ参ったか!

sanni.jpg

 最近のオニヨメは頗る機嫌がよい。

 というのは、このところ好天続きで毎日テニスができるし、試合でも好成績を収めているからだ。

 9月17日に行われた全市規模の大会(団体戦)で優勝し、賞品にお米(キララ397)を5キロ獲得。

 9月25日に行われた市内東部地区の大会(個人戦)では3位に入り、銅メダルと賞品にレトルト食品の詰め合わせを獲得。

 もっとも、お米にうるさいオニヨメは新潟コシヒカリしか食べないので、キララ397はタダなら何でも持っていくコニヨメに即払い下げとなった。レトルト食品だけは私のニセコでの非常食として何とか確保した。
 銅メダルはいずれ不燃物として・・・。
 

 

 
posted by tosshy at 00:44| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

運動不足

 物置と藤の木

monooki.jpg

 移植完了

pa-gora.jpg 

 25年以上使っていた札幌の自宅の物置を取り替えることになった。

 これまで、不具合が生じる度に自分で修理して使ってきたが、数年前から雨漏りがひどく、ドアもきちんと閉まらなくなり、とうとう今年の雪で屋根が凹んでしまった。

 「このままだと来年の冬は越せそうもない」と訴え、ようやく大蔵省の許可が出た。

 ところが、転んでもタダでは起きないのが大蔵大臣ことオニヨメで、「だったら、ついでに物置の前の藤の木を移植して」ときた。

 5,6年以上放置していたため、蔓が想像以上に犬小屋の周りの金網と物置の壁や屋根に複雑に巻きつき、根も広く張っていた。 

 蔓でも根でもバチバチ切れば簡単だが、「できるだけ切らずに残せ」との厳命ゆえ、作業は困難を極め3時間以上かかった。

 蔓は金網を切ることで無事取り出せたが、根は残念ながらかなり切らざるを得なかった。

 こうして、玄関前に移植しパーゴラに巻きつけたが、無事根付くかどうか気がかりである。もし枯れでもしたら大変だ。「だから根を切らずに残せと言ったでしょう」と厳しく責められるに決まっている。

 なお、今日の作業で私は腰の筋を痛め、姿勢を変えるだけでもピリピリ痛みが走っているが、オニヨメは労わりの言葉どころか、一言。
 
 「日ごろ運動不足だからそうなる」 

 確かに、貴女に比べれば運動不足は明らかです。はい。
posted by tosshy at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

ライブカメラ

  秋の雲

youte-kumo.jpg

 枯れすすき

susuki-3.jpg 

 ニセコに行っていないときは、ほとんど毎日インターネットのライブカメラで羊蹄山の様子を見ています。

 いつも見ているのは、ずばり「羊蹄山のカメラ」です。
 10分毎に定点撮影しているので天気の変化はよくわかりますが、画像が小さく画質も悪いのが難点です。また、市街地から写しているので仕方がないのかもしれませんが、電線や窓ガラスの反射光も気になります。

 もう一つは、Grand HIRAFUのサイト内にある、ウェルカムカフェから写している定点カメラです。ここは画像が大きくなりますが、ときどき(しばしば?)ピンボケ状態です。

 ほかに、ニセコビュープラザ(道の駅)から写したものや、アンヌプリを写したライブカメラもありますが、どれもパッとしません。
 
 世界のリゾートを目指している割には少々お粗末です。

 もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
posted by tosshy at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

まずは一安心

  象の家族

zou.jpg 

 タイの次男から待ちに待ったメールが届きました。しかし、

 無事

 たったこれだけです!

 次男らしいと言えばいかにもそうだし、十分事足りるわけですが、もう少し何か書いてもいいのでは?

 しかし、そのように育てのは我々ですので仕方がありません。

 なお、前々回の写真「微笑の国」と今回の写真「象の家族」は次男が写したものです。



 
posted by tosshy at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

せめてオニギリを...

 200/2

ohiru.jpg 

 今日は朝から久しぶりに快晴です。

 10時過ぎ、「私はオニギリをもったけど、お父さんはお昼どうする?どうせ家にいて何もしないんだから、人を当てにしないでお昼くらい自分で作りなさい。そうそう、昨日の芋、一本200円もしたんだから...。」

 そう言い残すとオニヨメは今日もトレーニングに出かけました。

 食卓の上の皿には、半分に折られた焼き芋がドーンと置かれていました。

 最近はあのオニギリ(6月30日のブログを参照されたい)さえ当たらなくなりました。芋も一本あれば昼食の代わりになりますが、半分では足りません。昨日おじやを食べたし、今日は又チャーハンか...。

もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
posted by tosshy at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大事件

  微笑の国

tai.jpg

 タイで軍事クーデター!

 今年の5月から次男がタイに留学しており,「まさか...」と不安が過ぎりました。

 これまで外国の出来事にはほとんど関心がありませんでしたが、息子が住んでいる国で起きたクーデターとなると話は別です。

 今のところ、一般市民や外国人、在留邦人が被害には遭っていないようですが、戦車や銃を手にした兵士の写真、さらには戒厳令という言葉に言い知れぬ不安を感じます。

 しかし、母親(オニヨメ)は今日も能天気に朝からテニス三昧。
 父親はしょぼくれてお留守番。昼、冷蔵庫から3日前の冷や飯を取り出し、さすがに三日連続のチャーハンには飽きたので、昨夜の残りの味噌汁でおじやを作る。そのうち、我が家でもクーデターが起きるぞ。

 それはともかく、早速、無事を確認するため次男にメールを送りましたが、まだ返事がありません。


  
 
posted by tosshy at 01:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

33.3%

写真@ ウド、たらんぼ、蕨の群生地。

suki-.jpg

  写真A 至福の時

kuturogi-asa.jpg  




 今朝の新聞報道によると、我らが倶知安町が、住宅地の基準地価上昇率全国一だそうです。テレビの全国ニュースでも大きく取り上げていました。

 何であれ日本一になることは大変なことです。

 僅か2年で地価が6倍になるなんて・・・。まさに豪州資本様様?
 
 「万歳!」と叫びたいところですが、残念ながら大きく値上がりしているのは、同じ倶知安でも比羅夫エリアだけです。

 比羅夫から10キロ離れた我々の花園エリアも、豪州資本が壮大な開発計画を立てているようですが、なぜかほとんど進展していません。

 ただ、我が別荘区では豪州人が2軒家を建築中ですし、動きがあるのは確かです。

 写真@は、豪州資本が開発しようとしている、花園スキー場から倶知安市街地方面を写したものです。

 写真Aは、地価の値上がりを密かに期待しているに違いない、オニヨメとコニヨメです。羊蹄山を眺めながら、悠々と朝食を召し上がっています。
 足元にいるのは、我が家の愛犬リキ(10歳)です。人が何か食べていると、欲しそうな目でじっと見ていますが、決して「くれ」とは要求しません。


posted by tosshy at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ぶらっとそこまで

  写真@ イワオヌプリ

iwao-.jpg

  写真A アンヌプリ

annnu-kara.jpg

  写真B アンヌプリとイワオヌプリ

annnu-iwao.jpg

  写真C ナイスロケーション

youtei-kara.jpg 

 9月2日、澄み切った青空に誘われて、ワイススキー場のヒュッテまで行きました。

 我が家から10キロ足らずですが、原チャリには少々きつい登り坂でした。

 写真@は、ヒュッテの近くから写したイワオヌプリです。間近で見上げたイワオヌプリは、お世辞にも美形とは言えませんが、とても雄雄しく魅力的でした。
 
 写真Aは、@と同じ場所から写した我らが別荘区の裏山(アンヌプリ)です。ふだんと見る角度がちょっと違うだけで、別の山に見えました。しかし、なだらかな稜線はやはり優美でした。

 写真Bは、ワイスホテル(旧緑館)の下の道から写したアンヌプリ(左)と、イワオヌプリです。

 写真Cは、五色温泉方面から倶知安市街地に向かって下る途中にある、花園牧場、倶知安市街そして羊蹄山を一望できる場所です。

 よろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
 
posted by tosshy at 02:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

ド派手!

  目立つなあ

hadehade.jpg

dohade.jpg

 9月8日、倶知安駅前のスーパーでとても目立つ車を見かけました。

 ボデーには「日本一周歌旅、6周目」等と書いてありました。すごいですね。

 今日はどこを走っているのでしょうか。
posted by tosshy at 12:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

ノースヒルズへ

 今日は、我別荘区(ノースヒルズ)へご案内します。
 
 小樽方面から国道5号線を南下してきた場合は、倶知安町内の南3西1交差点を右折し、道道58号線を五色温泉に向かってください。
 
 曲がりくねった山道を5キロほど進むと、前方に残雪が白馬の形に見えることで有名なワイスホルン(1046M)が見え、左側に次のような案内板がありますので、そこを左折してください。

iriguchi.jpg

 すると場違いなほど立派な道路に出ます。元々ゴルフ場用に作った道路だと思いますが、その道路のおかげで我らがノースヒルズがグレードアップしているかも・・・。
 我家に初めて来た人は、山の中の別荘ということで、険しい山道を想像しているらしく、その道路に入った途端、「すごい!」と声をあげます。

bessouhe.jpg

 左手に羊蹄山が見えます。

hidari.jpg

 右手にゴルフ場が、そしてその奥にアンヌプリ(左:1308M)とイワオヌプリ(1116M)が見えます。

migi.jpg

 800Mほど進むと、左手に現地案内所の看板がありますので、そこを左に曲がってください。なお、入り口に各戸別の案内図があります。

 もし、ニセコ町方面から国道5号線を北上してきた場合は、倶知安橋を渡り南11西1交差点を左折し、道々343号線を比羅夫に向かってください。そこまで来る間に比羅夫ルートが何箇所かありますが、遠回りになりますので倶知安橋を渡ってから曲がってください。
 
 比羅夫に向かって1キロほど進むと、花園スキー場への案内板がありますので、そこを右に曲がってください。緩やかな登りのほぼ直線の道に出ます。
 左に羊蹄山が見えます。


hidari-youtei.jpg


 2キロほど進むと右前方にワイスホルンが見えてきます。

chikamichi.jpg

 2年前に開通したばかりの快適な道路ですが、ノースヒルズへの入り口が分かりにくいのが難点です。うっかりしていると、花園スキー場の駐車場に出てしまいます。

 しかし、この道ができたおかで、ニセコ町や比羅夫方面に行くのが楽になりました。ホーマックが3キロも近くなりました。古い地図だと、途中で道が切れています。

 なお、小樽方面から来た場合、国道沿いのワイス温泉から少し倶知安に進んだところに岩内に抜ける道(広域農道?)があり、そこを右折すると、旧緑館の下で道々58号線に出ます。結構な山道ですが、片道一車線で全線舗装されており、信号はないし、対向車もほとんどなく、快適なドライブが楽しめますよ。距離も倶知安を通るよりも5,6キロ近いかと思います。ただし、冬期間は緑館の手前で閉鎖されます。
 
 もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックを御願いします。



posted by tosshy at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

8×8=64

  いただきます!

tannjyoubi.jpg


 ニセコで一人暮らしをしているときの標準的夕食です。

 卵、トマト、キュウリ、ナスは欠かせません。味噌汁の具はキャベツとワカメです。もちろん水は甘露水です。
 
 ただ、この日は特別の日(誕生日)だったので豪華にシーチキンを一缶付けました。 

 結婚以来三十五年、初めて一人で誕生日を迎えました。オニヨメが元気でいる限り、来年もきっと一人(独り?)で誕生日を迎えていると思います。

 なぜなら、この時期オニヨメは試合が目白押しで、「試合の一週間前はびっしり練習しなければいけない」(オニヨメ)らしく、札幌を離れられないからです。
 
 確かに趣味を持つことは大切です。しかし、「どのような趣味でも度が過ぎると傍迷惑」と思っているのは私だけでしょうか?
 
 そんなこんなで愚痴っているうちに、世間から高齢者(65歳以上)と呼ばれるまで残り1年となりました。早く、オニヨメから「いい加減にしなさい」と言われるような趣味を見つけたいものです。

 

 
posted by tosshy at 01:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

秋の収穫

  9月8日撮影

jagaimo.jpg 今年も我が家の野菜は散々でした。
 
 トマトは何とか実が成ったものの、なかなか赤くならず、やっと赤くなった実を食べてみましたが、トマトとは程遠い味でした。

 ナスも成るにはなりましたが、硬いしまずいし食用不適。

 キュウリは苗のうちに枯れました。

 カボチャもテニスボールとソフトボールの中間くらいの大きさです。まだ葉は枯れていませんが、絶望的です。

 ただ、ダメもとで掘ったジャガイモが少し収穫できました。畳一枚ほどの広さですので、マアマアかな?味は未確認です。

 私は、不作(凶作)の原因を「我が家の日当たりの悪さと天候不順」と思っています。しかし、オニヨメは「努力不足」と考えているらしく、来年に備えて牛糞や油粕を買いました。

 だったら、もう少しニセコに滞在してほしいものです。

 もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックを御願いします。

 
posted by tosshy at 14:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子孫に美田を残さず

  アンヌプリ:ミルク工房から

himawari.jpg  

  羊蹄山:ミルク工房から

miruku-koubou.jpg 

 いつも新聞はテレビの番組欄しか見ない(と私が勝手に思っているだけかもしれませんが・・・)オニヨメが珍しく、「お父さん、新聞にいいことが書いてあるよ」と言うではありませんか。

 言われるまま「道新」を見ると、湘南長寿園病院の院長さんが書かれている「ボケないための生活術」というコラムで、

 「自分で稼いだお金は自分のために使う、お金と頭は使いよう、生きてるときに有効に使うことが元気の秘訣云々」とあり、「旅行など趣味への投資」を勧めておられました。

 専門的裏づけの有無はともかく、日ごろオニヨメが口にしていることと全く同じです。わが意を得たりと、彼女がますます勢いづきそうです。
 
 私も基本的には賛成ですが、まだそれに徹する勇気がありません。

 オニヨメの趣味はずばりテニスですが、さて私の趣味は?ニセコの別荘が趣味と言えば趣味ですが、肝心なのは、その使い方だと思っています。

 今漠然と考えているのは、自分が楽しむだけではもったいないので、ニセコに興味や関心がある人へのサービスです。


posted by tosshy at 01:30| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

向日葵

  B9月13日撮影

domawari.jpg

  @8月16日撮影

sa-himawari.jpg

  A8月30日撮影

ni-himawari.jpg


 @は札幌で咲いた向日葵です。

 Aはニセコで咲いた向日葵です。

 どちらも昨年同じ花から採った種です。条件によってこんなに差があるとは・・・。

オニヨメの希望でBを追加しました。栄養が良いとこうなるのですね。
posted by tosshy at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

羊蹄山の山頂から昇る月

 あっ月だ

tuki-deta.jpg

 昇ってきた

tuki-2.jpg

 10倍ズーム

tuki-kakudai.jpg

 天空へ

tuki-tennkuu.jpg 


 9月5日、我が家のデッキで羊蹄山を見ていたら、頂上付近の雲の中から月がひょっこり顔を出しました。後3、4日で満月でしょうか。

 羊蹄山は我が家の東南方向にあります。ニセコに家を建ててから8年になりますが、今の時期に羊蹄山の頂上付近から月が昇ることは知りませんでした。

 その後、毎日、満月が昇る瞬間を狙ってスタンバイしていましたが、雲に邪魔されてダメでした。再び月が羊蹄山の頂上付近から昇るのは半年先? 

よろしければ、左欄外の「癒しのワンクリック」を御願いします。

 
posted by tosshy at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬支度ー1

 @6時間かかりました
maki-1.jpg

  A上手に積みました
maki-2.jpg

 Bこれでも足りません
maki-3.jpg 


 写真@は、先日オニヨメに尻を叩かれて割った薪です。

 たったこれだけですが、三日間延べ6時間かかりました。その後、数日間首と肩の筋が痛みました。

 写真Aは、それをデッキに積んだ様子です。

 以前は割った薪を5,6本ずつダンボールに入れてはデッキの上まで運んでいました。しかし、重くてかなり重労働だったので、去年から、一人が下から放り投げ、もう一人が2メートル上のデッキでキャッチすることにしました。最初は何度も失敗しましたが、要領をつかむと実に能率的です。

 写真Bは、去年割っておいた薪を積んだものです。

 例年通り月の半分をニセコで過ごせば、一冬で@AB全部が消えてなくなります。とりあえず、薪については次の冬の備えができました。しかし、割らなければならない薪が4,5年分溜まっていますので、暇を見つけて(客観的にはいつも暇ですが・・・)少しずつ割るつもりです。

 どなたか、薪割り体験をしてみたい人はいませんか?スパッと割れたときの快感はたまりませんよ。

 
posted by tosshy at 02:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

ちょっとショックだったこと

 洞爺湖サイロ展望台近くのカフェ

kireina-hana.jpg

 その裏庭

yagi.jpg

 Y氏方から洞爺湖を望む

douya.jpg

 先日、久しぶりにかっての同僚Y氏を訪ねました。
 
 彼はまだ現役ですが、4,5年前に洞爺湖の近くに別荘を建て、週末はほとんどそこで過ごしているそうです。
 
 ニセコの我が家から50キロ弱。約1時間で着きました。

 想像していたとおり、洞爺湖を見下ろす丘の上に建つ素敵なログハウスでした。敷地もかなり広く、何坪あるか分からない?とか。

 また、我が家と違って日当たり抜群で、トマト、とうきび、ナンバンなどが実に見事に実っていました。もちろん手入れも行き届いていました。

 土産に頂いたトマトやとうきびの美味しかったこと!!冗談抜きで、今年食べた中で最高の味でした。

 「現役で働いている人があれだけのものを作れるのだから、(暇をもてあましている)貴方にできないはずはない。来年はもっと気合を入れて真面目に作りなさい!」だって・・・。

 もちろん、我がオニヨメのお言葉です。

 それはさておき、何よりショックだったのは、私のブログの存在を知るY氏から「Tさんが、こんなにマメだとは知らなかった。現役時代何もしなかったのに・・・」と言われたことです。Tさんとはもちろん私のことです。

 確かに、現役時代嫌々仕事をしていたので、職場では必要最低限?のことしかしていませんでしたが、他人からもそう思われていたとは・・・。出世しなかったはずです。

 ただ、このブログを通じて、私の隠れた一面を知ってもらえたことは良かったと思っています。


 
 
posted by tosshy at 12:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rhubarb-3

 8月26日
-1.jpg

 9月8日
ruba-bu-2.jpg 

 その後のルバーブの様子です。

 成長するどころか、見るたびに葉の数が減っていました。
 10本近く出た芽も、いつの間にか残り一つになってしまいました。

 このままだと、とても冬は越せそうもありません。次回(ニセコに行く)まで生き残っているかどうか・・・。

 なお、原因は不明です。
posted by tosshy at 00:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

鬼嫁ならぬ鬼胡桃

  鬼グルミの木

onigurumi-no-ki.jpg

  鬼グルミの実

onigurumi-up.jpg


 リキの散歩道でクルミの大木を見つけました。
 ニセコに居を構えてから毎日のように通っている道の傍にありましたが、まったく気づきませんでした。 

 クルミ科の落葉高木で、正式名は「鬼胡桃(おにぐるみ)」だとか。

 完熟すると外皮が黒くなって自然に落下するそうですので、それを待って採取することにします。

 これまで、秋の行事?は「山葡萄とラクヨウ」でしたが、今年は「クルミ」が加わりました。忙しくなりそうです。

 ちなみに本家鬼・・は今日も朝からお仕事です。

 
posted by tosshy at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

500メートル

 秋の雲(8月25日、ニセコ)

hakegumo.jpg

 朝もや、8月27日 

asamoya.jpg

 やはりニセコの我が家ではADSLはダメでした。

 8月28日、NTTの技術の方に色々試してもらいましたが、「無理」だと分かりました。あと500メートル街に近ければ何とかなったのに・・・。
 残念です。

 当初はADSLがダメならISDNをと考えていましたが、OG資本のリゾート計画と一緒に光が来ることを期待して見送ることにしました。

 今日、半月ぶりに札幌に戻りました。
 しばらく札幌に滞在する予定ですので、順次ニセコの様子をお届けします。
posted by tosshy at 21:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png