2006年10月31日

いろいろありました。

  @久しぶり...
dekki.jpg

  Aまだありました。
600.jpg 

 10月20日から今日までニセコで遊んでいました。

 おそるおそるブログランキングを見ると、168位まで下がっていました。11日間も更新していなかったので、仕方がありません。
 ネタは沢山仕入れてきました。100位以内復帰を目指して頑張るぞ!

 写真@は10月20日にデッキから眺めた羊蹄山です。家の周囲はすっかり紅葉していましたが、今年の色はいまいちでした。
 
 写真Aは、ニセコ到着直後、オニヨメが「一寸見てくる」と言って秘密基地?に出かけ、1時間ほどでゲットしてきたラクヨウです。霜が降ったら終わりなので、おそらく今年最後のラクヨウだと思います。

 残念ながら我が家の庭のラクヨウは今年も駄目でした。「来年こそ」と期待しています。

 よろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
posted by tosshy at 16:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

PASSPORT

  初めてのパスポート。
passport.jpg

10月4日、ニセコでリゾート気分に浸っていると、タイに留学している次男からいきなり電話があり、「明日帰るから」とだけ言って切れた。

 10月中旬に一時帰国することは聞いていたが、あまりにも突然だ。しかも、到着時刻も航空会社さえ分からない。彼は携帯電話も持っていない。

 さあどうする?
 
 とりあえず、千歳空港に電話。タイからの到着便の時刻を聞き、可能性の高い便に当たりをつけて迎えに行く事にした。

 かくして無事出迎えに成功。

 その後次男は、「寒い、寒い」と言いながらニセコに滞在していたが、手持ち無沙汰で時間をもてあましていたし、帰りの切符を取るのにインターネットが必要ということで、4日後全員で札幌に帰った。

 10月16日、次男はタイに旅立ったが、その途中、「しばらく帰国できないから」と、周南市(山口県)にある、祖父母と今年の3月に亡くなった伯父の墓参りをしたらしい。義姉が感激したことは言うまでもない。

 それはそれとして、我々にとっての一大事は、12月にオニヨメとタイに行く事になったことだ。次男のタイ留学が決まった後、いずれ一度は行くことになるだろうとは思っていたが、こんなに早く行く事になるとは...。

 二人とも海外旅行は初めてだし、なかなか踏ん切りがつかなかったが、次男から強く勧められ、切符まで手配してもらったら、腹を決めるしかない。
 次男は、「いっそ、リタイヤビザを取り、バンコクにマンションを買って移住したら?年金で悠々自適の生活ができるよ」と言っているが、ロングステイならともかく、移住までは...。ニセコにだってまだ移住できていないのに...。無理、無理。

 今回、次男から直接タイでの生活の様子を聞く事ができたため、彼が遠い異国に行ってしまったという気がしなくなった。
 第一、私が北海道に渡った40数年前は、山口から札幌まで40時間以上かかっていたが、今はバンコクまで僅か7,8時間で行けるではないか。

 そのうち、「たかがバンコク、されどバンコク....」というブログを書き始めるかもしれない。

もしよろしかったら、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。
posted by tosshy at 22:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

やるっきゃない?

  写真@:かなりヤバイヨ!
kikenn-1.jpg

  写真A:その根元
kikenn-2-ne.jpg

  写真B:何とか助けたい。
kikenn-3-itaya.jpg

  写真C:その根元
kikenn-4-ne.jpg

 近々またニセコに行きます。

 ニセコの我別荘区の知人のブログによれば、楽しかった秋のイベント(山葡萄、ラクヨウetc)もそろそろフィナーレのようです。

 今年の秋は山葡萄、ラクヨウとも豊作でしたので、皆さん満足されていることでしょう。

 それが終わると今度は冬の支度です。でも、その前に家の近くに生えている危険な二本の木を何とかしなければなりません。大きく傾き屋根の上に被さっている白樺(写真@)と、根元がかなり傷んでいるセンノキ(写真B)です。

 白樺は家を建てた当時からかなり傾いていた木で、年々それが大きくなり、強風が吹くたびにヒヤヒヤしています。根元部分の皮がほとんどなくなっている(写真A)し、切り倒すしかなさそうです。

 センノキは、まだ真っ直ぐ立っていますが、根元から2メートルほど皮が大きく剥がれています。特に根元付近はかなり腐っています(写真C)。

 当初、業者に頼んで2本とも伐採するつもりでしたが、近所の暇人?数人(例の山葡萄仲間)が、「金を掛けることはない。私たちに任せろ」と言ってくれました。非常にありがたいことです。

 結局、白樺は伐採し、センノキは外科的手術で治療することになりました。
 ですが、なにせ自信満々の素人イケイケ集団です。正直なところ少々不安です。

 よろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。


 
 
posted by tosshy at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

理屈と膏薬はどこにでも付く...か。

  五割引だよ
S-2.jpg

 朝、居間でボーっとしていると、奥の部屋からオニヨメがニコニコしながらスカートを手にして出てきた。

 「これ買っちゃった。今度、Aさんのところに行く事になっているでしょう。だから...。」

 「で、いくらしたの?」 
  
 「1万...。丁度ファイターズ優勝バーゲンセールをやってて、五割引きだったの。安かったは」

 と言われても、私にはそれが高いのか安いのか全く分からない。

 もし、例のTV取材が実現していたら大変な事になっていたに違いない。まさか、思い切りテンパッて大屋政子のような格好はしないとは思うが...。クワバラ、クワバラ。

 なお、Aさんとは面識がない。痴呆で入院している親族のことで相談する予定だったが、当方の都合でキャンセルになった。

 

 

 
posted by tosshy at 15:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

束の間の夢

  ZZZ....

tuka-yume.jpg 


 先日、全国ネットの某テレビ局系の制作会社から取材の打診があった。

 どうやらこのブログのメインテーマ(オニヨメ)が、ADさんの目に止まったらしい。
 10分程度の枠の中で、「オニヨメ実は家族思いの・・・ほのぼのとした家族愛」をテーマにした作品をつくりたい」とのこと。しかも、日曜夜10時からの時間帯の番組だ。

 緊急家族会議?を開いた結果、オニヨメは若干難色を示していたが、子供たちから「お父さんきっと刺激になるよ。受けなさい。」と後押しされて取材を受けることにした。

 しかし、それからが大変!!

 私は普段のままでいいと思っていたが、オニヨメはそうは行かないらしく、「さあ掃除だ!洋服だ!カットにも行かなくっちゃ。あなたも早く散髪に行きなさいよ!そうだリキ(愛犬)も洗わないと・・・。」と、すっかりテンションが高くなった。

 と同時に、「きっと私だと分かるよね。皆に私の事がばれてしまう。ああどうしよう。恥ずかしいは・・・」とかなり心が揺れていた。

 もちろん私も、「周囲の人から注目されるだろうな。昔の友人、知人から連絡が来るかもしれないな」などと、放映後起こるであろう反応を思い描き妄想を逞しくしていた。

 ところが、二日後、ADから「北海道まで取材に行く費用が出ない」と断りのメールが届き、我が家を挙げての夢物語は僅か数日で儚く消えてしまった。

 残念!ではあるが、ほっとしたのも事実である。・・・矢張り残念か。

 そして昨日、その番組を見た。もちろん私に打診があったオニヨメテーマではないが、制作意図などは良く分かった。

 オニヨメは「ああよかった。大変なことになるところだった。アハハ」と高笑いしていたが、我オニヨメを全国区デビューさせられかったことが残念でならない。

もしよろしければ、左欄外の癒しのワンクリックをお願いします。


 
posted by tosshy at 13:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ラクヨウ

  @ これで十分?

rakuyou.jpg
  
  A 事前処理

raku-shori.jpg

  B 食べごろ

ii-raku.jpg 


 8年前にニセコに居を構えたころは、1時間も探せばダンボール箱いっぱいラクヨウが取れましたので、いつも冷凍庫はラクヨウに占領されていました。

 しかし、我別荘区も年々人口が増えたため?、最近では二人で1時間探しても写真@程度しか採れません。

 それでもまだ秘密基地がありますので、2,3回行けば、自分たちが食べる分は十分確保できます。

 写真Aは塩水に漬けて虫を出しているところです。出始めのころはその必要はありません。

 写真Bは形の良い食べごろのラクヨウです。

 私は元々キノコが苦手でしたので、採るだけでほとんど食べませんでしたが、いつの間にか食べるようになりました。
 
 一般的な食べ方は味噌汁だと思いますが、私はしらす干しと一緒に大根おろしで食べるのが好きです。(柚子を加えるとさらに美味)

 その外、タマネギ(スライス)、人参(細切り)、ピーマン(細切り)と一緒に、めんみを加えた醤油に漬けても美味しいですよ。
posted by tosshy at 01:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

山葡萄

  @ 10月2日の収穫

yamabudou-1.jpg

 A 10月6日の収穫

yamabudou-2.jpg 


 今年は木の実は全体的に不作と言われていましたが、山葡萄だけは例年より出来が良かったように思います。

 10月2日、オニヨメとラクヨウ探しに出かけたとき、ついでだからと毎年必ず実をつける山葡萄の木を見に行きました。しかし、案の定誰かにゲットされていました。
 
 散歩道の側にある、別荘区の住人なら誰でも知っている木です。それだけに、最初に採るのは・・・。きっと勇気がある方でしょう。

 オニヨメも私も去年あたりから山葡萄への意欲が低下していましたが、不思議なもので、いざ採れないとなると俄然ファイトが沸き、急遽予定を変更して私の秘密基地?に向かいました。

 そうして1時間ほどでゲットしたのが写真@です。木に登ればまだ採れましたが、高枝を切るハサミが届く範囲だけにしました。それでも3.9キロありました。(実は3.4キロ、廃棄率13%)

 3日後、リキの散歩中に出会った別荘区内のYさんにうっかり?「山葡萄を採ってきた。まだ沢山残っている」と話したのが運のつきで、翌日、仲間5人を秘密基地に案内する羽目になりました。

 そのときの収穫が写真Aです。5家族で分けてもこれだけ(4.8キロ)ありました。皆さん大満足の様子でした。
 ただ、青い実が少し混じっていたため、実は3.9キロ(廃棄率20%)でした。

 私は大収穫を喜んでいましたが、後始末が大変らしくオニヨメに「今年はもう採ってこないで!」と釘を刺されました。

 ともあれ@、Aすべて、ジャム、ヨーグルトソース、ジュースにしました。

 山の幸に感謝!


 
posted by tosshy at 02:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

Rhubarb-4

  @ ルバーブ:10月1日

ruba-1.jpg

  A ルバーブ:10月7日

ruba-2.jpg

  B クルミとトチの実

kurumi-tochi.jpg

  C クルミの実

kurumi-appu.jpg

  D トチの実

tochi.jpg


 写真@とAはたった一本だけ生き残っていた、ルバーブの最後?の姿です。

 蕗のように、冬は地上部が枯れても、春に再び新芽が出てくるといいのですが・・・。ルバーブジャムへの道は遠そうです。

 写真Bは散歩道で拾ったクルミの実(右)とトチの実です。クルミの実が木に成っているときはかなり大きく見えましたが、手にしてみると意外に小さくびっくり(がっかり)しました。トチの実は、少ししか採れなかったので、餅は諦めました。

 写真CとDはそのアップです。背景に写ってる山葡萄については後日説明します。
posted by tosshy at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

私キレイ?

  ベニテングダケ   

benitenngu.jpg


 ニセコの家の周りでベニテングダケが10本ほど生えました。

 とても目立つド派手な毒キノコで、毎年必ず生える招かざる客ですが、写真写りが良い?ためか、以前買ったキノコに関する本の表紙に載っていました。

 残念ながら、今年も我が家の庭にラクヨウは生えませんでした。しかし、オニヨメによれば、落ち葉を集めているとき、うっかり小さなラクヨウ?を一緒に掃いてしまったとのことですので、まだ菌が生きている可能性があります。
 来年は期待できるかもしれません。

 
posted by tosshy at 01:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

初冠雪?

 羊蹄山(左)、アンヌプリ(中)、イワオヌプリ(右):中山峠から

nakayama.jpg 

 ニセコ地方、昨晩の嵐がウソのように朝から青空が広がっていましたが、残念ながら羊蹄山は雲がかかっていて中腹までしか望めませんでした。

 午後、10日ぶりに札幌に帰る途中、中山峠から羊蹄山の頂上付近に僅かながら白っぽいものが見えました。薄くもやがかかっていたので、自信はありませんが、ひょっとすると初冠雪かもしれません。

 ニセコも中山峠もこの10日間で木々の葉がすっかり黄色くなりました。
 紅葉の見ごろは1週間くらい先になると思います。ただ、今回の嵐でかなり葉が落ちたので、あまり期待できません。

 ニセコはやはり自然の宝庫です。今年も山葡萄とラクヨウがたくさん採れました。順次その成果を報告します。

 
 

 
posted by tosshy at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png