2007年01月10日

雪の国から...その8

 見るたびにため息が出ます。
01-umoretaie.jpg 

 昨日で「タイ旅行」の報告は終了です。

 振り返ってみると、書き漏らした事が沢山ありました。機会があればまた書きたいと思っています。

 どんな事でも結構です。ご感想などをお聞かせいただければ幸いです。

 さて、再び「雪の国から」(ニセコでの雪との戦い)に戻ります。

 「雪の国から」1〜7では、

 @ 家の引渡しから二ヵ月後に、水道管が凍結して破裂し、家が水浸しになったこと。

 A 新築した最初の冬、数年振りの豪雪に見舞われ、積雪による重みで軒の一部が折れたこと。

 B 設計ミス(デザインを重視するあまり屋根の勾配を小さくしすぎた)から屋根の雪が自然には落ちず、一冬に2、3回は屋根の雪下ろしをしなければならないことが明らかになったこと。

 C 天井裏に部屋(物置?)を作ったことから、それに通じる階段を利用し、天井裏に暖気を送って屋根の雪を落とそうとしたが、思うように天井裏の温度が上がらず失敗したこと。

などを書きました。これから、その後の雪との終わりなき戦いの様子を報告します。
 

 


posted by tosshy at 13:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。