2007年02月28日

雪の国から...その21

 ニセコに家を建ててから、毎年正月はニセコで過ごしています。いつも、御用納めが終わってから行き、御用始めの前日には札幌に戻っていました。

 しかし、年金生活が始まった2005年は、仕事のことを考える必要がありませんでしたので、早々と12月23日にニセコに行きました。
 
 今もそうですが、札幌にいてもほとんど毎日ニセコの降雪量をチェックしています。

 ですから、11月17日以降ニセコに3メールほど雪が降っていた事は知っていました。

 でも今年は大丈夫。特許物の屋根だ!
 屋根に雪がない我が家を想像し、まさにルンルン気分で一路ニセコを目指しました。

 ところが、我が家に着いた途端その期待はものの見事に裏切られました。

 北西側の屋根
-01-ittemitara.jpg

 信じられない!愕然として思わず絶句。
 しかし、..ヨメは明るい調子で「あら、落ちてないわね。アハハ」だって。
 人の気も知らないで...。

 デッキの屋根
05-12-dekki-yane.jpg

 南東側の屋根
05-12-tounann.jpg

 南側から
06-minami.jpg

 雪が落ちていないだけでなく、どこかのビニールシートが剥がれて垂れ下がっています。

                (続く)

 ..ヨメから、
 「昨晩はぐっすり眠れた。ムカムカはないが食欲はイマイチ。今日の回診で先生から『二回目の治療が終わった段階でその後の治療方針を決める』と言われた。退院の時期は未定」とメールがありました。
 2度目の入院は1週間程度と言われていたらしく、今週末に退院できるかもと期待していたようですが...。残念でした。
 夢にまで見た?三食昼寝付きの生活も飽きてきたようです。

 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。

posted by tosshy at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

雪の国から...その20

 屋根にビニールシートを張る場合、最も気を使ったのは天候でした。

 特に、雨と風は絶対禁物です。雨が降れば滑りやすくなるため極めて危険です。また、少しでも風が吹けば巨大なビニールシートがあおられてコントロール不能になります。

 また、作業量から最低3日間は無風の好天が続いて欲しいと思っていました。

 毎日週間予報をチェックし、2005年10月10日、作業を開始しました。

 ところが、予期せぬ事態に遭遇しました。

 朝から好天だったので、張り切って8時半過ぎに屋根に上がったところ、夜露で屋根が濡れていたのです。

 日が昇って屋根が乾くのを待つ事にしましたが、10月の太陽は低く、なかなか乾きません。

 やっと乾いたと思って屋根に上がると、今度は屋根の色が黒い為、裸足では歩けないほど熱くなっていました。

 仕方なく、屋根の部分は靴下を履き、ビニールシートを張った所は裸足になって作業しました。

 乾いたビニールシートは、靴下を履くよりも裸足の方が滑りません。

 余談ですが、サランラップ(ポリビニリデン系)がビニールシートに対して摩擦抵抗が非常に大きく滑りにくい(水分が介在しても滑りにくい)事を偶然発見?しましたので、裸足にサランラップを巻いて作業することも考えましたが、結局サランラップは使いませんでした。
 なお、命綱はそれを留めるところがなかったので使いませんでした。

 イザ作業を始めてみて、考えていた以上に大変な作業だと気付きました。 

 何よりも一人でするため極めて能率が悪いということです。

 @ 屋根の上で、ビニールシートに結わえたビニール紐を、デッキの屋根に取り付けた垂木のヒートンに結ぶ。
 A 屋根から下りて別の梯子を上り、ビニールシートの反対側に結わえたビニール紐を、外壁の垂木に取り付けたヒートンに縛り、ビニールシートを固定する。
 B ビニールシート同士を接着テープで張り合わせる。

  たったこれだけの事ですが、一人でやると大変でした。

 特に、少しでも風が吹くと、巨大なビニールシートがあおられてとんでもないところに移動してしまいます。つまり、屋根から下りて梯子を上ったとき、結ぶべきビニール紐がないのです。
 何度無駄足を踏んだことか...。

 
 結局、全ての作業を終えるのに丸4日かかりました。

 もし、二人でやったら1日で終わったと思います。

 これが完成した力作?です。

 北西側の屋根
yane-b-1.jpg

 南東側の屋根
yane-bi-hidari-2.jpg

 北側から見た屋根全体
yane-b-2-zenn.jpg

 比較のため試験的に張らなかった部分が見えます。

 デッキの屋根@
hisasi-minami.jpg
 天窓があるため苦労しました。

 デッキの屋根A
hisasi-B-tani.jpg
 谷の部分です。

 我ながらよく出来たと思いました。今でもそう思っています。
 
 我が家の屋根は尾根を軸にシンメトリーになっています。
 ですから、当初「もし1シーズンで表面が埃などで傷ついて滑りが悪くなったら裏返せばいい。そうすれば、最低2年は使えるので、10万円かかったとしても、1年当たりは5万円になる」と計算していました。

 ビニールシートを張った後、風が吹くたびに気になって屋根の様子を見ていて気付いた事がありました。
 それは、屋根に張ったビニールシートは、風が吹き込んで膨らむだけではなく、上を通り抜ける風に吸われて引っ張られるということです。
 中学校レベルの理科の知識があれば分かる事かも知れませんが、実際に張ってみるまで気付きませんでした。

 11月中旬に1週間ほどニセコに滞在しましたそのたとき、毎日10数センチ雪が降りましたが、降った雪がほとんど積もることなく、面白いようにサラサラと滑り落ちました。

 まさに大成功です。ひょっとした特許物かもなんてことを考えたりしました。

 ところが、約1ヵ月後再び訪れると...。

                (続く)


 ..ヨメ情報
 5890
 今日の白血球の数です。

 昨晩眠れなかったとかで、あまり元気はありませんでしたが、体調そのものはそれほど悪くなさそうでした。リツキサン、チョップとも、前回に比べ副作用はかなり軽そうです。


 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。



 

posted by tosshy at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

雪の国から...その19

 9月初め、注文した資材がようやく揃いましたので、早速作業に取り掛かりました。

 @垂木にペンキを塗る。垂木に番号を付し、それぞれ、所定の場所にヒートンを取り付ける。
 Aビニールシートのうち、特殊な形状の部分をカットする。ビニールシートに番号を付し、それぞれにハトメを取り付ける。
 Bビニール紐を、留める箇所に応じた長さに切り、それをビニールシートのハトメに縛る。

 その過程で、ハトメの間隔をもう少し狭めたがいいかもしれないと考え、ハトメとヒートンを60個ずつ追加注文しました。

 ヒートンやハトメの取り付けは簡単ですので、..ヨメに手伝ってもらうつもりでした。...が、あいにくテニスの試合が詰まっていた為、札幌に帰っていました。

 一人で毎晩のように夜なべをしましたが、この下準備だけで3週近くかかりました。

 次に、出来上がった垂木を外壁にコンクリートボンドで留めました。ところが、これが予想以上に大変でした。

 コンクリートボンドは時間が経てば強い接着力が出ます。しかし、垂直面で垂木の重さに絶えるだけの接着力が出るまで、最低10分間は手で押さえておかなければなりません。
 しかも、梯子に登ったままの作業なのでかなり疲れます。数も多く、この作業だけで1日半かかりました。

 そのとき、優しく癒してくれた羊蹄山です。
001-05-10-youtei.jpg

 次はいよいよ屋根への貼り付けです。

              (続く)
 ..ヨメ情報 
 夕方「無事チョップが終わった。今のところ副作用の症状は出ていない。明日あたりからか?先生が『2回目のリツキサンの効き目で首のリンパ腫がとても小さくなった』と言っていた」とメールがありました。


 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。



posted by tosshy at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の国から...その18

 構想がまとまったところで資材の注文です。
 
 我が家の場合、屋根の形状が単純な切妻ではなく、山あり谷ありです。しかもずぶの素人、どうしても図面だけでは分かりにくい箇所がありました。

 そこで、家を建てたときに設計図を見ながら自分で作った50分の1の模型の屋根に、同じスケールに切った紙を貼って確認しました。

001-mokei.jpg

 遊び半分に作ったものが、意外な所で役に立ちました。

 注文した資材は次のとおりです。

 ビニールシート(0.5ミリ厚)1.35m幅を合計30.5m1.2m幅を合計103.1m...合計31枚。あらかじめ長さを指定してカットしてもらいました。
 垂木(3×4.5×182) 30本
 ヒートン 140個、 ハトメ 140個
 ペンキ 1缶(0.7L)、 ビニール紐 300メートル
 コンクリート用ボンド 1缶(3L)
 耐寒、耐水接着テープ 15巻
 
 合計約8.5万円。..
 
 ヨメ曰く「高いおもちゃだね」...確かにそうです。

              (続く)


 ..ヨメ情報 
 今朝のメールでは体調は良さそうでした。現在、24日のリツキサンに引き続いて2回目のチョップを受けている最中です。


 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。

 

posted by tosshy at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の国から...その17

 前にも書きましたが、100平米の屋根に締まり雪が1メートル積もっていたら、その重さは実に40〜50トンです!
 家の為には屋根に積もった雪は絶対早く落とすべきです。

 定期的に屋根に上って雪下ろしをすればいいのですが、定住していない限り無理ですし、人に頼めば費用が馬鹿になりません。

 ニセコの我が家の場合、屋根の勾配を大きくする事ができないので、天井裏に暖気を送って強制的に落とすしかありません。

 当ブログ「雪の国から...その1〜」に書いてきたように、天井裏に暖気を送る方法をいろいろ試しましたが、決定打はありませんでした。

 2003年ころから、暖気を送るだけでなく、屋根を滑りやすくする方法を考えるようになりました。

 その結果、テーブルクロス等に使われている透明のビニールシートが、表面に水があると滑りやすく、氷も付きにくい事にヒントを得、屋根にビニールシートを張る事を思いつきました。

 ..ヨメに話しましたが、一笑に付されました。ならば実証しようと、札幌の自宅で2シーズンにわたって実験しました。

 コンパネを2枚用意し、日当りがあまりよくない場所を選び、ニセコの屋根と同じ勾配(100分35)にしました。
 1年目は一枚にビニールシート(塩化ビニール樹脂)を張り、もう一枚は何も張りませんでした。翌年は、ビニールシートの他、比較の為、雪などの滑りがいいと言われている、いわゆるブルーシート(ポリエチレン)を張りました。、

 その結果は期待通りでした。ビニールシートは、気温が低くても雪が5センチも積もるとサラサラと滑り落ちました。一方ブルーシートは15センチ積もっても滑りませんでした。
 もちろん、何も張らないコンパネは50センチ積もってもそのままでした。

 絶対使える!そう確信しました。

 その矢先、2005年の2月と3月に重大事故(当ブログ、雪の国から...その11〜13)が起きましたので、いよいよビニール張り作戦を実行することにしました。

 しかも、その年の3月に仕事を辞めましたので、時間だけはたっぷりできました。

 6月から具体的作業を始めましたが、ビニールシートを屋根に張る方法がなかなか思い浮かびませんでした。

 結局、ビニールシートの端にハトメを取り付け、壁(サイディング)にヒートン付きの垂木をコンクリートボンドで接着し、紐で引っ張って固定することにしました。

 ヒートン
01-hiitonn.jpg

 最初は、ゴム紐を使ってワンタッチで着脱する事を考えましたが、ゴムで引っ張ると絶えずテンションがかかっているし、風で引っ張られると、ゴムが伸びてビニールが浮き上がる心配があるので止めました。

 ビニールシートの枚数等は、家の設計図を元に何度も図面を描いて割り出しましたが、実測してみると、僅かですが狂いがありました。

 ビニールシートの厚さは、強度、作業のしやすさ、コストなどを考慮し、0.5ミリにしました。

 横葺き屋根の場合、端の鉄板を折り曲げた部分が鋭利なため、そのままだとビニールシートが簡単に裂けてしまいます。

 そこで、ゴムホースを短く切り、切れ目を入れて二重に重ねて角々に張ることにしました。

 また、端が段々になっているため、そのままビニールシートを張ると隙間ができてしまいますので、寒冷地用強力接着テープでしっかりと隙間を塞がなければなりません。

 ビニールシート同士は、少し重ね合わせて寒冷地用強力接着テープで止めることにしましたが、問題は、隙間なく止めるかどうかです。

 隙間なく止めると、少しでも風が入り込んだ場合、ビニールシートがヨットの帆のように膨らんで剥がれる可能性があります。 そこで、実験的に、隙間なく張リ合わせた部分と、隙間を(風の抜け道)をあけた部分を作る事にしました。
 

                      (続く)

 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。




 

 

 


posted by tosshy at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

雪の国から...その16

 これまで、「雪の国から...その1〜」で、道内屈指の豪雪地帯に、あろうことか屋根の雪が自然落下しにくい家を建ててしまった、愚かな男の苦労談を書いてきました。

 2月13日、「雪の国から...その15」で、今冬初めて導入した雪落し作戦が成功したことを書きました。
 本来ならこれから書く事を先に載せるべきでしたが、新作戦が予想以上に上手くいった嬉しさから思わず書いてしまいました。
 新作戦の内容については後日詳しく報告します。
 
 2005年2月のデッキバラバラ事件(...その13;1月27日)の後、2年前から考えていたプランをいよいよ実行する事にしました。

                  (続く)

 今日のリキ。雪の中だと表情が生き生きしています。とても満11歳とは思えません。
 002-riki.jpg

 家の中だとこんな感じです。ネコがちゃんと日当りのいい場所に陣取っています。
01-riki-neko.jpg


 ..ヨメ情報
 昨日第二クールのリツキサン投与を受けました。
 今朝のメールでは、前回のように動悸、発汗、悪寒、発熱はなかったそうです。ホッとする反面、薬が効かなかったのでは?と不安になります。
 明日はチョップです。前回はリツキサンよりもこの方が副作用が強かったらしいので心配です。


 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。
 

posted by tosshy at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

忘れ物

 昨日予定通り再入院しました。

 二回目だし、手際よく荷物をまとめスムーズに入院、のはずでしたが、夜、「忘れ物一覧」のメールが届きました。

 6100
 昨日の白血球の数です。4日前に比べると3分の2に減少していました。 

 今日から第二クールの治療が始まります。今日は例のリツキサン、26日(月曜日)がチョップです。

001-nekosama.jpg
 先日..ヨメが帰ったとき一番喜んでいた猫様。
 名前はネコ。♀。推定年齢18歳。我が家に迷い込んでからでも15年経っています。
 大声で鳴きながらひとしきり部屋の中を走り回った後、安心しきって眠っています。
posted by tosshy at 13:58| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

ちょっとヤバくない?

 「やはりお米が多かったみたい」

 炊き上がったご飯を混ぜながら..ヨメがつぶやいた。

 そういえば、夕方お米を研ぐためライサーで計っていた..ヨメが、「お父さん、2合にしてはこれ少し多くない」と聞いてきたので、「2合でしょう。下のレバーを押した?」と聞き返し、..ヨメが「下を押したよ」と答えたので、「だったら間違いないよ」と言ったことを思い出した。

 炊き上がったご飯は明らかに2合より多く、試食すると芯が残っている。

 「明日からまた病院食になるので、美味しいご飯を食べたい」と、わざわざニセコの水を使って研いだのに...。

 水を少し足して焚き直したが辛うじて食べられるレベルにしかならなかった。

 歯ごたえのあるご飯を食べながら、..ヨメが「アッ、思い出した。確かに下のレバーを押したけど、真ん中を二つ一緒に押したみたい。久しぶりだったのでうっかりしてたは」とおっしゃるではないか!

001-raisa-.jpg

 下のレバーを二つ一緒に押したということは、上のレバーを押したのと同じである。つまり、お米は2合ではなく3合だったのだ。

 原因が解明できたので「これにて一件落着」...ではあるが、硬いご飯が大量に残ってしまった。しかも明日から一人だ。

 しばらくお粥やオジヤが続きそうだ。どちらも嫌いではないからいけれど...。

 我が家では、今後これに似たようなことが頻繁に起こりそうな気がしてならない。


 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。


posted by tosshy at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

春の足音

 北国札幌も、日差しの強さに春の確かな足音を感じる今日この頃です。

 そのセイでしょうか、一時はもうダメかもしれないと半ば諦めていた鉢植えの花(当ブログ2月7日を参照してください)から新芽が出てきました。良かった!

001-saisei-3.jpg

 ホッとしながらついついバンダナ頭と見比べてしまいます。

 MRSバンダナは葉が落ち始めたばかりですので、新芽が出るのはまだまだ先です。しかも、ちょっと芽吹き始めたころに次のR−チョップが...。完全復活は1年先?
 
 本人にしてみれば長い、長い道のりでしょうね。

 明日また入院します。
 しかし、今回は最初に入院したときに比べ、家族全員の気持ちに余裕があります。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。
 
posted by tosshy at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

バンダナ

 ..ヨメが休暇?をもらって帰宅しました。

 食欲旺盛で、昼は回転寿司、夜はすき焼きでした。

 脱毛がかなり進み、すでにバンダナを手離せない状態です。

 目下の悩みはカツラをどうするかだそうです。

 @ 髪はいずれ元通りに生える。
 A ピンキリだがカツラはかなり高い?(もちろん保険がきかない)
 B がんの治療を受けた友達が、そのとき使ったカツラを貸してくれた。
 C 髪がない状態で調整したカツラは、髪が伸びたら小さくて使えない可能性がある。
 D 急激な脱毛により頭皮が敏感になっているからか、たまに装着時痛みを訴える人がいるらしい。

 003-banndana.jpg

 正直言って「友達の好意を無にしてほしくない」と思っています。しかし、これだけは本人が決めるしかないでしょうね。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。

 




 
 
posted by tosshy at 01:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

にわか主夫の勲章?

 皸(あかぎれ)
001-akagire.jpg

 グロテスクな写真でごめんなさい。

 小学生のころは毎年冬になるとよくできましたが、中学生になってからはできなくなりました。

 ところが今冬、五十年ぶりにできました。しかも、足の踵に加えて右手の親指にもできてしまいました。触れると痛いし、ミカンの汁、冷水、塩水などが沁みます。治るまで右手親指はほとんど使えません。踵を着くと痛いので歩くのも苦労します。

 踵については加齢が主な原因でしょうが、手の親指は洗剤を使った水仕事が続いたためだと思います。
 
 食器洗い機を使えばいいのですが、一人分の食器をわざわざためて洗うのも面倒だし、洗わないままの食器が流しにあると気になり、ついつい手で洗ってしまいます。
 
 また、料理を作るときも、ちょっと暇(間)があると、調理に使った道具(皿、包丁、俎板など)を小まめに洗っています。
 出しっぱなし、使いっぱなしが気になるからです。

 ですから、料理が出来上がったときは調理に使った道具類はほとんど洗い終わっています。

 「だったら、ゴム手袋を使えば」と言われますが、手袋をはめると手元が滑りそうだし、細かな事ができないので使いたくありません。

 生味噌ならぬザーネや馬油をすり込み手足とも少し改善しましたが、先日来の大掃除でまた手の親指がぶり返しました。

 これぞ、にわか主夫の勲章?


 9050

 今日(19日)の白血球の数です。こんなに増えていいのかな?正常範囲をいきなりオーバーしてしまいました。薬が効いたのでしょうが、ちょっと気になります。
 
 退院許可が出ましたので、明日帰って来ます。きっと喜んでいる事でしょう。受け入れ準備はギリギリ間に合いました。

 しかし、23日にまた入院しなければなりません。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。


posted by tosshy at 01:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

不快害虫

 寝室の大きい鉢を動かそうとして鉢を持ち上げたとき、鉢の下の皿を見て仰天!

 夥しい数のワラジムシがいるではありませんか。水に溺れたのか大部分が屍骸でしたが、しぶとく生きているムシもいました。

 早速、皿のムシ達には屋外退去を命じましたが、きっとまだ鉢のどこかに残党が潜んでいるはずです。

 できれば鉢全体を屋外に追放したいところですが、北国はまだまだ冬です。間違いなく植物(名前を知らない観葉植物?)は凍死し、当然私は..ヨメに叱られます。
 仕方なく玄関に置きました。

 早速..ヨメにワラジムシのことをメールしたら、

 「外に置いていた鉢だから、出ると思っていた」

だって...。あれは、出るというレベルではありません。正しくはそこに住んでいると言うべきです。

 ところで、ワラジムシは、子供のころ本州でよく見かけた、ダンゴムシとは違います。

 同じ等脚目で、形や生態はよく似ていますが、ダンゴムシは危険を感じると丸くなりますが、ワラジムシは丸くなりません。

 また、どちらも人体に無害(刺したり、咬んだりしない。病原菌の媒介をしない)ですが、その形状や動き方から不快害虫と呼ばれています。

 北海道の場合、春先、床下などで冬眠していたワラジムシが、間違って?家の中、特にトイレや風呂場に現れます。

 正直言って私は大嫌いです。本当は証拠写真をアップしたかったのですが、写すのさえイヤでした。

 ..ヨメから「絶対枯らさないで!」と言われていたゼラニウムが咲き始めました。

001-hachi-1.jpg

 この花はキレイですが、葉等に触れると独特の臭いを発散させるので、私は苦手です。

 明日の血液検査の結果で退院の可否が決まるそうです。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。
posted by tosshy at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

雪かきの後は大掃除

 ここ二日間雪が降らないので、雪かきから解放されました。

 しかし、今の私にはゆっくり休んでいる暇はありません。寝室の大掃除が残っています。

 昨日、長女の助けを借りて難物の押入れとカーテンは終わりましたが、箪笥、マッサージ機、植木鉢等、部屋に置かれた物を移動して掃除しなければなりません。

 さすがに、そこには年代物の埃はありませんでしたが、一人で家具などを動かすのは一苦労です。今、腰でも痛めたらそれこそアウトですから...。

 久しぶりに大掃除をしながら、現役時代、3年毎の転勤のたびに必死になって大掃除をしたことを懐かしく思い出しました。
 結婚してからだけでも、10回は引っ越しています。

 ウチ2回は..ヨメの出産と妊娠とぶつかり、一人で何もかもやりました。若かったからできたと思います。
 
 後半日あれば寝室は終わります。できれば、居間もしたいと考えています。

 お掃除3点セット。
 000-3.jpg

 ですが、..ヨメへの影響を考え、カビキラーはできるだけ使わないようにしています。
 カーテンを洗うと言ったら..ヨメに怒られたので、仕方なく、掃除機で埃を吸い取り、ファブリーブをスプレーしました。
 畳をマイペットで拭いた後、酢で拭くべきか否か思案しています。


 2970

 今日の白血球の数です。かなり回復しました。5000になれば退院できるかもしれません。

 予定より退院が遅れ、きっと本人はがっかりしたと思いますが、この遅れのお陰?で、何とか迎える準備ができそうです。


 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。
 


posted by tosshy at 01:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

身代わり?

 ..ヨメが入院している病院は、第一クールが終わると、一度退院して2、3日家に帰らなければなりません。

 それが近づいたのか、昨日..ヨメから「寝室の押入れが汚いので掃除しておく事」とメールが来ました。

 確かに、体力が弱っていると埃は禁物です。

 早速、隣町の娘を召集し寝室の掃除に取り掛かりました。

 押入れ上段は日ごろ布団を出し入れしているのでそれ程埃はありませんでしたが、下段の衣装ケースを動かして唖然!
 
 引越し経験豊かな私の目に映ったのは、昭和時代から蓄えられたとしか考えられない大量の埃です。

 あまりのひどさに、「何で怠慢主婦の後始末を私がしなければならないの?!ヘソクリでも出てこないかな。もしあったら貰っちゃうから」と、娘は半切れ状態。

 結局一間幅の押入れの下段だけで、サイクロン式の掃除機のゴミを4回捨てました。

 で、昨日は3時間かかって予定の半分しかできませんでした。

 その経過を「怠慢主婦の後始末云々」と..ヨメにメールしました。するとその返事は、

 「私は、ニセコにいったり来たりで忙しかった。おまけに貴方がが外食しない人だから息抜き出来ませんでした。主婦の大変さが分かりましたか?」

 そこで私は再度、

 「貴女の言葉は説得力がありません。そもそも貴女は年に何日テニスをしていましたか?せめて、せめてその一日だけでも掃除に充ててくれたら、これほどひどくはなっていなかったと思います」とメールしました。

 今朝の..ヨメからのメールだと、大笑いしながら読んだ由。

 ..ヨメの鬼嫁度が、マックスを5とすれば2くらいまで回復したようです。

 それはともかく、今日も娘を呼んで掃除の続きをしました。

 ところが、押入れの隣の納戸を掃除していたとき、とんでもないものを発見しました。

 ..ヨメが大事にしていた人形の哀れな姿です。かなり大量に脱毛しています。

 きっと、副作用で苦しむご主人様の身代わりになったのでしょう。健気じゃありませんか!

02-ninngyou.jpg

01-atama.jpg

 
 もしよろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。




posted by tosshy at 20:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

全身筋肉痛

 2月11日、ニセコの雪下ろしを無事終え、クタクタに疲れて札幌に戻ってきたのに、その後札幌は毎日のように雪が降っています。しかも、湿った重たい雪が!

 私の日ごろの行いが悪いのか、神様が意地悪なのかは分りませんが...。

 家族は、「疲れるからもう雪かきはしなくてもいい。通り道だけにしなさい。今お父さんに倒れられたらそれこそ大変だから」と言いますが、ご近所の手前最低限のことはやらざるを得ません。

 不幸?にも我が家は角にあるため二方向合計約30メートルもしなければなりません。今までは人家のない反対側歩道上に積み上げていましたが、そこが高くなりそれ以上放り上げるのが難しくなったため、人家側の歩道の一部に積むしかありません。
 しかし、上手に積み上げないと車道に崩れてきますので、コンパネを使って崩れにくくします。

 久しぶりの全身筋肉痛!疲れもピークで、昨日は一日中横になっていましたが、寝返りするのも苦痛でした。しかも巨大な口内炎に見舞われ、二日間ほとんど何も口に出来ませんでした。

 悪い事は重なるもので、台風並みに発達した低気圧が北海道に接近したらしく、夕方から大荒れの天気で、再び湿った重い雪が降り始めました。

 このまま朝まで降るのか!?
01-hutteru.jpg
 
 「もう止めた!明日は雪かきはしないぞ」と思って1時前に床に就きました。ブログを書くエネルギーもありませんでした。


 今朝は7時に目が覚めました。本当はもっと寝ていたいのですが、可燃物ゴミを出す日です。可燃ゴミの日は収集車が早く来るので油断できません。

 天気予報では今日も荒れ模様のはずでしたが、なぜか好天で陽が差しています。窓を開けると矢張り湿った雪がどっさり積もっていました。

 これはほっとけない!昨日飲んだQPゴールドが効いたのか、少し体調がが回復していましたので、結局また雪かきをしました。

 それにしても、今冬の厚別区はよく雪が降ります。
 今日の9時現在の降雪量が423センチで、依然札幌10区のトップです。昨年より100センチも多く、すでに昨年の総降雪量を越えています。
 一番少ない手稲区より148センチも多く降っています。
 因みに倶知安は598センチでした。

 ただ、昨年の今頃は、厚別区は二番目に少なく、北区は451センチ、手稲区は388センチも降っていました。
 場所、年によって、降り方に違いがあるものです。

 我が町内の様子。 
01-motttosemai.jpg

 早く排雪しないと!
02-semai-kouenn.jpg
 

 1040
 今日の白血球の数です。数を増やす治療をしていますが思うように増えていません。本人は週末の一時退院を楽しみにしていましたが、残念ながらとても無理だと思います。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。

 
posted by tosshy at 17:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

雪の国から...その15

 今回ニセコに行った目的は屋根の雪を下ろすことです。

 データーだと、1月3日にニセコを離れてから、約280センチ雪が降っていますので、途中落ちていなければ、屋根には1メートル以上雪があるはずです。

 とすると、屋根全体の雪の重さは約50トンにも達します。
 (締まり雪比重を0.5、屋根100平米、積雪1m)
 2000CCクラスの乗用車30台以上です。それが屋根に乗った状態ですよ。家が潰れないのが不思議な気がします。もし、地震が起きたら一発で倒壊することでしょう。一刻も早く下ろす必要があります。

 夜の11時に札幌を出発し、深夜1時半前に着きました。 
 暖冬の所為か、道路はほとんど乾燥していました。

 着いたとき室温は−1.1℃、天井裏は−3.4度、外気温は−8.0℃。 水廻りは異状なし。

 コートを着たまま、震えながらボイラー薪ストーブに点火。

 1時間で室温が20℃近くまで上がりましたが、家全体は冷えたままです。その後、風呂に入って寝ましたが、翌日(実際はその日)の作業のため、ボイラーの温度を上げ、薪ストーブに大量の薪を入れ、朝まで火が消えないようにしました。

 朝9時過ぎに起床。晴れ。気温も高くなりそうです。

 この屋根の雪を落とすわけです。積雪は軒部分が約1.2メートル、屋根の上部が約0.7メートルほどです。

08-korewo-otosu.jpg

 まず、屋根上部の雪庇を、
011-0-yane-cutmae.jpg

 @このようにカットします。
011-yane-cut.jpg


 次に、A軒先から大きくせり出している雪を切り落とし、B屋根の背骨(尾根)部分に切れ目をいれ、雪を左右に分断します。
 
 私の経験から、@、A、Bはいずれも不可欠の事前準備だと思います。
 今回は長男が手伝ってくれたので2時間ほどで終わりましたが、一人だったら5時間はかかります。

 これで準備完了。後は天井裏に暖気を送るだけです。
012-yane-jyunnbi-ok.jpg

 雪が落下する部分の雪が少ないのは、雪を落とす為、予め排雪しておいたからです。

 12時15分、天井裏への暖気通風開始。天井裏の強力除湿機ON。
 天井裏の温度5.2℃、外気温2.0℃、薄曇、微風。
 天井上部の温度43℃。

 従来いろんな方法を試してきましたが、最初のころは雪が落ち始めるまで48時間もかかりました。その後色々と改良?を重ね(当ブログ、雪の国からを参照してください)、2年前には12時間まで短縮する事ができました。

 今年、更なる改良を加えましたので、果たして上手くいくかどうか興味半分、不安半分でした。

 ところが、今回は通風開始からわずか1時間で天井裏の温度が14.5度まで上昇し、南側の屋根の雪が動き始めたではありませんか。
 1時間半後、ついに南側の一部が落下し始めました。そのとき天井裏の温度は17.2℃でした。

 屋根の背骨部分の切れが拡大しています。
014-kiremakaudai.jpg

 落ちるぞ!
019-ochiruzo.jpg

 大きい雪塊が落ちる様は見ごたえがあります。
015-rakka-dai.jpg

 かくして通風開始から2時間で南側半分は全て落下しました。北側半分も動き始めています。
016-hannbunn.jpg

 これなら大丈夫だ。そう確信できましたので、二十数キロ離れた坂本公園まで甘露水を汲みに行き、夕食の買い物をしました。 3時間後に帰ったときは北側も全部落下していました。
018-zennbu.jpg

 落下した雪が土台の上まで達しています。もし排雪をしなかったら、窓が埋もれてしまいますし、落ち切れなかった雪で軒が折れることもあります。(当ブログ「雪の国から...その11〜12」を参照)

 天井裏への送風を中止。除湿機はその後もつけたままです。
 2時間ほどで天井裏の温度、湿度とも送風開始時に戻りますので除湿機を止めます。今回は7時間で1.1L水が溜まりました。送風時間が長くなればそれだけ天井裏に上る湿気が増えますので、短時間で終わるほどいいと思います。

 ところが、その夜また雪が降り、朝にはこうなっていました。
01-asaniha.jpg

 しかし、これから降る雪は量が知れていますし、気温が上がれば自然に落下することもありますので、わざわざ落とさなくても大丈夫だと思います。

 今回は予想以上に成功裏に終わりました。しかし、その原因は新方式の効果だけではなく、気象条件にも恵まれていたと思います。

 デッキバラバラ事件(当ブログ「雪の国から...その13」の翌年、私なりに智恵を絞った雪を落とすユニークな方法をトライしています。本来はそれを先に書くべきでした。
 順序が逆になりましたが、いずれ折を見てそれについても触れたいと思います。

 なお、今回の改良点については、別の機会に詳しく説明します。

 1150

 今日の白血球の数値です。かなり減っていますが、医者によれば想定内らしく「白血球を増やす治療」が始まったそうです。

 「あれが食べたい、これが食べたい」と要求が増えています。食欲が出てきた事はいいことです。
 しかし、味覚が戻ったとはいいながら、食の好みが大きく変わっています。

 もしよろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。






posted by tosshy at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

もう勘弁して!

 庭に何筋も狐の足跡がありました。
06-kitune-kurosu.jpg

 リキ(満11歳)はニセコが大好きです。
1-riki.jpg

 札幌にいるときに比べ、表情が生き生きしています。そうです。私と同じです。
02-riki.jpg

 昨夜ニセコから帰ってきました。

 天気予報では札幌も雪になっていましたが、思ったほど積もっていませんでした。

 まずはホッとして家に入ると、風呂場の前が水浸しではありませんか!

 なんじゃこりゃあ?!まさかボイラーが...昨年秋に取り替えたばかりです。もしものことがあったら怒られる!
 
 留守にするのは短期間だし、凍結防止装置があるので大丈夫と高をくくって水抜きをしなかったのが失敗だったのか?

 しかし、幸いボイラーには異常がなく、洗濯機と水道の蛇口との繫ぎ目からの漏水でした。良かった...。おかげ?でサニタリー部分がキレイになりました。

 ニセコの家では水落とし手順のチェックリストを作っています。そうしないと安心できません。しかし、札幌だとついつい甘く考えがちです。

 「油断禁物。北国では、冬期に家を留守にするときは、横着をしないでしっかり水を落とすこと」

 朝、外を見てびっくり!なんと、夜の間に20センチくらい雪が降っているではありませんか。ガクッ!
 家の前の歩道と車道の雪を寄せ集めるだけで1時間半もかかりました。今日は完全にグロッキーです。
 全身筋肉痛。食欲もなし。ストーブの前で一寸横になったら知らない間に2時間眠っていました。
 もう雪はいりません!勘弁してください!

 ..ヨメはかなり体調が回復したようです。今朝のメールだと味覚も戻り、朝食を完食したそうです。

 ということで、今日は見舞いに行くのを中止しました。

 元気が戻ったら、今回のニセコでの屋根の雪下ろしの様子を書くつもりです。

 僅か2日留守をしただけなのに、100位以下に落ちていました。もしよろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。

 



posted by tosshy at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

2600

 朝起きるとまず最初に..ヨメからのメールを開く。

 「寝てばかりいるため、腰が痛くて目が覚めた。今午前3時。向きを変えても痛くて寝付かれないのでメールを打つことにした。昨日より少しは良いが相変わらず気分が優れない」

 10時半過ぎのメール
 
 「今、回診が終わった。白血球がどんどん減っていくので、今の時期が一番辛いらしい」

 14時40分のメール

 「昨日の血液検査のデータをもらった。白血球が2600に減っていた。赤血球は412万、ヘモグロビンは11.1、血小板は19.8だった」

 思ったほど減っていなかった。さて、この事をどう理解したらいいか? とにかく、辛くても頑張ってもらうしかない。
 
 これからの数日間が感染症の危険が最も大きく、面会も注意を要す。面会に行く度に..ヨメから「早くニセコに行って屋根の雪を下ろしてきて」と言われているし、しばらく面会を休んでニセコに雪下ろしに行く事にする。
 幸い自称超多忙の長男が一緒に行ってくれるので助かる。長男の仕事の関係で12日には帰札しなければならない。今晩行ったとしても、勝負は二日間だ。

 今日、突然?市の除雪隊がやってきた。

 昨日ブログに町内会の排雪が遅い事を書いたからか?もちろんそんなはずはない。単なる偶然である。

 これは小型だが、ロータリー車の威力は凄い!
01-jyosetu.jpg

 その後をブルがキレイにしていく。
0002-buru.jpg

 何と頼もしい後姿だろう。
004-pea.jpg

 そして道が広くなった。
003-kirei.jpg

 ただ、今回はいわゆる排雪ではなく、車道にはみ出していた雪の塊を崖側の雪山の上に飛ばしただけである。

 それはそれでいいのだが、これから新たに降った雪をその上に人力で投げ上げるのは大変だ。矢張り早く排雪してほしい。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。


 

 
posted by tosshy at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暖冬

 朝方..ヨメから「今日は全然ダメ。熱はないけどお腹が張って気持ちが悪い」とメールがあった。

 その後メールが来ないので、体調が悪いに違いない。
 医者が言ったとおり副作用がひどくなってきたのか?

 それにしても最近の雪の降り方は変だ。
 
 我がA区は札幌市の10区の中では例年降雪量が二番目に多いが、昨年は少なく9番目だった。しかし、今冬は今日現在一番多い(359センチ)。最も少ないT区に比べると129センチも多い。実に1.5倍も降った事になる。同じ札幌市内でもこんなに違いがある。隣接している二つの区と比べても19%も多い。

 ちなみにニセコ(倶知安)は例年だとこの時期すでに8メートル以上(平成17年883センチ、平成18年が878センチ)降っているが、今年は少なく今日現在549センチである。それでも我が区の1.5倍である。

 排雪を頼んだ管理会社によれば、我が家の屋根にはしっかりと雪が乗っているらしい。
 1月3日にニセコを離れた時はほとんど屋根にはなかったが、その後280センチも降っており、一度も落ちていないとすれば...大変だ。

 なお、昨年4メートルもの積雪を記録した新潟県津南町の今日現在の積雪は53センチ、「雪国」の舞台の越後湯沢は15センチ、カマクラで有名な秋田県横手市は9センチだった。

 今日の我が町内の様子です。

 車道と自宅前歩道の雪を反対側(公園)に積み上げています。車一台通るのがやっとです。
009-yukiyama-semai-kouenn.jpg

 両側に家があるところです。各戸が玄関前(と車道)の雪を横の歩道に積み上げるため、車道にまで溢れています。
006-yukiyama-ryougawa.jpg

 反対側に家がない所は、反対側の崖を利用して雪を積み上げる事ができるので、このように整然としています。車道も広く確保しています。角の家は、雪山の上部を削って見通しを良くしています。
002-yukiyama-kirei.jpg

 同じ条件でも...。こりゃあダメだ。要は住民の意識の問題でしょうね。
007-yukiyama-tenuki.jpg

 これ以上降ったら通れなくなりそうです。
 町内会で年に一度排雪していますが、何故かいつもその時期が遅く、雪が少なくなってからなので意味がありません。と言うより、無駄使いです。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。
 

 
posted by tosshy at 01:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ぬか喜び

 点滴...鎖に見えて仕方がない
000-tennteki.jpg

 朝方、..ヨメから「元気です。吹雪いているから今日は来なくてもいいです」とメールがきたが、見舞いに行くことは私にとって気分転換になるので吹雪の中を出かけた。

 今朝看護婦さんから、「今の時期白血球は変動しやすく、一時的に増えても回復したわけではありません。実際に減少するのはこれからです。そこから増加したら本当の回復ですよ」と言われたとかで、「ぬか喜びだった」と少々がっかりしていた。やはりそうだったのか...。

 しかし、前回よりもずっと顔色がよく表情も明るかった。食事も80%食べる事ができたらしく、本人も満足していた。

 ..ヨメ曰く「お医者さんも言っていたけど、私って外の人より副作用が軽いかもしれない。思っていたより体力があるみたい。やっぱ、テニスをやっていたからだわ」
 ...きっとそうでしょうとも。

 これから始まる副作用との闘いを勝ち抜くためには、何よりも十分に体力をつけておく必要がある。大事なのは食事と睡眠だ。

 チョップから1週間後(明後日)あたりから白血球が急速に減少し抵抗力が弱くなる可能性があるため、感染症に罹らないよう特段の注意が必要とのこと。

 それを防ぐため、明日から新たな薬の投与の外、いろいろ厳しい制約が始まる。

 食事は院内食のみ。入浴は医師の許可が必要。病室から出るときはマスクをすること。面会は親族のみ。面会者もマスクをすること。etc

 首尾よく行けば、1週間程で再び白血球が増加し免疫力が回復するらしく、白血球が一定のレベルに達したら、次のクールが始まるまでに2日ほど外泊ができるそうだ。


 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。
posted by tosshy at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

3600

 こんなになっちゃって...。
001-hana.jpg
 ..ヨメが大事にしていた花。何かを象徴している?
 大丈夫。ちゃんとまた芽が出てくるから...。

001-tai.jpg
 タイで見かけた同じ花。

 朝10時過ぎ..ヨメから続けて3通メールがきた。

 元気になったのかな?

 午後1時ころ、今度は「ブログが読めないのでいろいろ操作していたら、インターネットにも繋がらなくなった」と電話を掛けてきた。

 またかよ! SEESAAがメンテナンス中なのでブログが読めないのは当たり前だが、ネットまで切れるとは...。ネット開通後一週間も経たないのに2回目だ。

 パソコンの状態を聞くと、ダイアルアップができていないらしいことが分かったので、ユーザーID とパスワード を携帯電話宛てメールで送り、それを使って設定するよう伝えた。

 その後何も連絡がなかったが、未読だったパソコンのメールを読んでいたので、ネットが復活した事が確認できた。

 なお、我々は同じメールアドレスでメールのやり取りをしている。しかし、REをくり返しているとどっちが送ったか分からなくなり、送ったメールを自分で開く事があったので、必ず件名に「 ○○へ」を入れるようにした。

 昨日はあれほど弱っていたのに、今日は電話の声が元気だったし、パソコンにも触っているので体調が良いらしいなと思っていると、夕方「今日は白血球が3600だった。元気が出たのはそのせいらしい。夕食もほとんど食べる事が出来た」とメールがきた。

 前回(2月2日)が2680だったので、目覚しい回復だ。
 ただ、「副作用は薬が効いている証拠」と聞いていたので、回復が早いと逆に不安になる。1000以下になる人がいるというのに、これでいいのだろうか?


 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。







posted by tosshy at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

薬が効いてきました

 昨日は夕方以降・・ヨメからメールがなかったので、きっと体調が優れないのだろうと案じていた。

 すると、朝9時過ぎ、・・ヨメから「今日来るとき、みかんとゼリーかヨーグルトを買ってきて。それだったら食べられるかもしれない」と電話があった。

 蚊の鳴くような弱弱しい声だったので、「具合が悪いの?」と聞くと、「胸がムカムカして食欲がない。昨日の夜はほとんど眠れなかった」と言う。

 気になったのでいつもより1時間早く見舞いに行くと、点滴をつけたまま力なくベッドで横になっていた。気のせいか目が窪んでいる。

 「熱はないけど、とにかく体が重くてだるい」と言う。

 しかし、午前中の回診で先生から、「ずいぶん腫れが小さくなりましたね。白血球が減ってくると、熱が出なくても体がだるくなります」と言われた由。

 つまり薬が効いているということか。

 見れば、確かに首の周囲の腫れが目に見えて小さくなっている。

 ・・ヨメはようやくベッドから起き上がると、「食べてみる」と言い、みかんを一個とぶどうゼリーを半分食べた。
 みかんを食べているとき、「美味しい?」と聞くと、「甘い」と答えた。甘いはずだよ、糖度13を選んだのだから。まだ味覚は残っているようだ。

 夕方6時ころ、・・ヨメから「今日は夕食を少し食べられた」とメールが来た。少しでも食べる事が出来たのでホッとしたに違いない。食べなくっちゃと思いながら食べられなかったのだから・・・。

 もちろん私もホッとした。

 食事の次は快眠だ。今夜こそぐっすり眠れるといいのだが・・・。

 病室からの眺め
001-byousitukara.jpg

 殺風景で、見ているだけで気が滅入ります。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。


 
posted by tosshy at 00:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

万歩計

 今日(2月4日)の歩数
01-1mannpo.jpg 

 「健康維持の為、一日1万歩は歩きましょう」と言われるようになったのはいつごろからだろうか。

 私は健康が気になり始めた4、5年前から毎日歩数を記録している。

 働いていたときは、普通の日は平均7000歩、土日などはぐっと少なく4000歩ほどだった。しかし、余程意識して歩かないと一日1万歩は大変だとは思いつつ何も努力しなかった。実際1万歩を越える事はほとんどなかった。

 二年前にリタイヤしてからは、毎日が休日になり、..ヨメの買い物に付き合えば6000歩を越えるが、大抵は4000歩以下だった。
 一日一回犬の散歩に行ってそれだから、もしそれがなければ2000歩もおぼつかない。明らかに運動不足である。

 しかし、ニセコに行っているときは、そこで生活しているだけで1万歩を下回ることはなかった。ちょっと外回りの仕事をするとすぐに1万5000歩になり、2万歩越えも珍しくなかった。

 ..ヨメが入院してから2週間が過ぎた。驚いた事に、この間1万歩を切ったのは2回だけだった。しかも一番少ない日で9000歩で、平均すると1万3500歩だった。
 つまり、毎日ニセコにいるときと同じくらい歩いている事になる。とすると、今はある意味で健康的な生活なのかもしれない。

 体脂肪が18%±から15%±になったし、血圧も上が120〜130、下が70〜80と、上下とも15ずつ低くなっている。

 「悪い事ばかりではない」...そう考える事にしよう。

 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。





posted by tosshy at 00:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

横取り

いつものように午後見舞いに行くと、..ヨメは点滴を受けながらベッドで横になっていた。

 「今日は食欲がない。熱は37度くらいだが、何となく胸がムカムカして気分がすぐれない。口の周りにヘルペスができそうだ」という。

 段々点滴が入りにくくなり、今日は痛みを伴う由。液が入らなくなれば別の血管に針を刺し替えなければならず、それがまた痛いそうだ。      また、毎日何種類もの錠剤を数十錠?も飲まされるため、それも辛いらしい。

 1月22日 5660  1月29日 4150  2月2日 2680

 これは、白血球の数である。入院当日と一週間後、そしてリツキサン投与の二日後(抗がん剤投与当日)の数値である。

 予想通り、白血球が急速に減少している。もちろん、赤血球、ヘモグロビン、血小板も次第に減少している。

 これから益々ひどくなるだろうし、いくら「副作用の症状は薬が病気を攻撃している証し」と言われても、辛いと思う。

 昨日は投与されたいろんな薬をインターネットで調べたらしいが、今日はパソコンを立ち上げる気力がないという。入院後一番辛そうな表情だった。
 
 ということで、今日は1時間ほどで病室を後にした。

 今日も「これリキにやって」と病院食の残りのパンを渡されたが、もったいないので一度もリキにはやっていない。結構美味しいパンだ。
 リキとは、我が家の愛犬(ラブラドール、♂、11歳)である。

001-pan.jpg

posted by tosshy at 00:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

チョップ療法

 一昨日のリツキサン投与に続き、今日はチョップ療法が行われました。

 夕方、「リツキサンの時と違ってまだ変化はない」と電話がありました。副作用が少ない事を願っています。
 しかし、抗がん剤の場合、時間の経過とともに副作用の症状が現れるらしいので、気をつけなければならないのはこれからです。

 脱毛が始まるのは2週間後あたりからだそうです。それまでに帽子かバンダナを用意しなければ...。それとも鬘(かつら)?

 これではダメ?...でしょうね。
001-bousi.jpg
posted by tosshy at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

ネット病室...その2

 入院中だということを忘れないように!
01-net.jpg 

 朝の8時前、..ヨメから待っていたメールが着信。

 「夜8時ころから発熱し、39度まで上がったが、解熱剤が効き朝方には37度台まで下がった」

 矢張り発熱していました。

 午後、見舞いに行くとベッドで横になっていました。腕には点滴の管がついたままでした。しかし、思っていたよりは元気そうで、「まだ37度3分あるので少しダルいけど、大分楽になった」と言っていました。

 何とか第一回目のリツキサン投与は乗り切ったようです。

 病院からもらった治療スケジュール表によれば、明日、第一回目のチョップ療法(抗がん剤投与?)が行われます。これまた大変だとは思いますが、頑張って乗り切ってほしいと願っています。

 持ち込んだノートPCをインターネットに接続。もちろん無事開通。これで退屈な入院生活が少しは紛れることでしょう。

 ..ヨメは、早速、ニコニコしながらタイにいる次男にメールを送信していました。メールの度に「酒を飲みすぎるな。タバコはやめろ」と書いていますが効き目はないようです。困ったものです。

posted by tosshy at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット病室

 どこでもネット!便利になりました。

001-phs.jpg 


 今日(1月31日)、第一回目のリツキサンの投与がありました。

 ..ヨメから投与終了後「動悸、発汗、悪寒のみ。発熱なし」とメールがありました。このまま熱が出ないことを祈ります。その後メールがないので、ひょっとしたら具合が悪いのかもしれません。心配です。

 PHSを契約し病室でもインターネットを使えるようにしました。速度を抑えて定額の使い放題にしましたが、自宅で試したところ0.06出ていました。昔使っていたISDNよりは早いようです。

 明日早速PCとPHSを持って行きます。インターネットを使う元気があればいいのですが...。

 
posted by tosshy at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png