2007年02月08日

ぬか喜び

 点滴...鎖に見えて仕方がない
000-tennteki.jpg

 朝方、..ヨメから「元気です。吹雪いているから今日は来なくてもいいです」とメールがきたが、見舞いに行くことは私にとって気分転換になるので吹雪の中を出かけた。

 今朝看護婦さんから、「今の時期白血球は変動しやすく、一時的に増えても回復したわけではありません。実際に減少するのはこれからです。そこから増加したら本当の回復ですよ」と言われたとかで、「ぬか喜びだった」と少々がっかりしていた。やはりそうだったのか...。

 しかし、前回よりもずっと顔色がよく表情も明るかった。食事も80%食べる事ができたらしく、本人も満足していた。

 ..ヨメ曰く「お医者さんも言っていたけど、私って外の人より副作用が軽いかもしれない。思っていたより体力があるみたい。やっぱ、テニスをやっていたからだわ」
 ...きっとそうでしょうとも。

 これから始まる副作用との闘いを勝ち抜くためには、何よりも十分に体力をつけておく必要がある。大事なのは食事と睡眠だ。

 チョップから1週間後(明後日)あたりから白血球が急速に減少し抵抗力が弱くなる可能性があるため、感染症に罹らないよう特段の注意が必要とのこと。

 それを防ぐため、明日から新たな薬の投与の外、いろいろ厳しい制約が始まる。

 食事は院内食のみ。入浴は医師の許可が必要。病室から出るときはマスクをすること。面会は親族のみ。面会者もマスクをすること。etc

 首尾よく行けば、1週間程で再び白血球が増加し免疫力が回復するらしく、白血球が一定のレベルに達したら、次のクールが始まるまでに2日ほど外泊ができるそうだ。


 よろしかったら、左欄外の人気ブログランキングをクリック願います。


posted by tosshy at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。