2007年03月31日

TV電話?

 夜、ライブメッセンジャーでタイの次男と会話していると、突然どこかで電話のベルが鳴りました。

 携帯電話のベルに似ていましたので、..ヨメに携帯に出るよう頼みましたが違っていました。

 変だなと思いながらPCの画面を見ると、映像と音声の接続を要求するメッセージがありました。
 ひょっとしたらPCの中?何のことか分からないまま、恐る恐る接続しました。
 
 すると、画面にいきなり次男の姿が写りました。

 ビックリ!     
     terebi-dennwa.jpg
 PCの画像は少し修正していますが、実際はかなりキレイに映っています。


 見事な○○頭です。
111-terebi.jpg
 この写真は、臨場感があって気に入っていましたが、あまりにもリアルだったのでブログに載せるかどうかためらいました。  しかし、..ヨメの特別許可が出ましたので、感謝しながらアップしました。...でも、本当にまた生えるのでしょうか?


 どうやら、最近我が家が光に変えたので、当然WEBカメラも付けたと思ったらしく、ネットカフェからテレビ電話を試したことが分かりました。

 しかし、我が家にはWEBカメラがないため、先方の画像(動画)と音声は見たり聞いたり出来ますが、こちらからは画像も音声も送れません。...まるで盗撮モード?

 ともあれ、この変則的スタイルでしばらく会話を楽しみました。次男がキーボードを叩く音がはっきり聞こえてきますし、背景や次男の表情も手に取るように分かります。まさにライブです。

ピースをするよう要求し、次男が応じたの家族で「オーッ」と歓声を上げました。この時点の精神年齢は10歳以下?

 さらに、..ヨメが、次男の後方に時々写る若い女性を目ざとく見つけ、わざわざ「彼女は誰れ?」と聞く始末。

 こうして久しぶりに元気な我が子の姿を見て、馬鹿親はすっかりハイテンション!!

 ネットで調べてみると、WEBカメラ本体は大して高くありません。しかも、ライブメッセンジャーで会話するときそれを使っても無料のようです。

 気に入った!さっそく明日買いに行きます。

 また..ヨメに馬鹿にされそうですが...。

 もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"






2007年03月29日

入院3点セット

 15000!...今朝の白血球の数です。

 素人目には増え過ぎが気になるところですが、今日退院が許可されました。第二クール同様入院から10日目の退院です。

 味が濃いものが食べたいと、早速ラーメン屋に行きました。

 次回(第四クール)の入院は4月9日です。第二クールと第三クールのインターバルに比べて3日短いですが、10日ほど娑婆?の生活ができます。


 入院3点セット
      003-nyuuinn.jpg
 トラベルケース、ノートPCと手提げバッグ...入院時これだけあればOKです。

 タイ旅行の際に買ったトラベルケースが、まさかこのような形で役立つとは...。
 ド派手な手提げバッグはチェンマイ土産です。


 もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




2007年03月28日

共済から国保へ

 3月31日で共済組合の任意継続期間が終了し、4月から国民健康保険に加入する事になります。

 私の試算では年間約16万円負担が増えます。
 
 かなりの負担増ですが、「今までが優遇され過ぎていた」と諦めるしかありません。

 さらに、満65歳になる8月からは、介護保険料が月額1000円ほど高くなり、年金から天引きされてしまいます。

 どうせ払わなければならないとしても、所得税と同じように天引きされると、何となく取られたという気がします。

 札幌市資料館    
      001-siryoukann.jpg
 現役時代、毎日執務室の窓から見ていた由緒ある建物です。診療所に最後の薬を受け取りに行った帰り、見納めになるかもしれないと写しました。

 見慣れた風景
     004-zenntai.jpg
 次男が小学生だったころ、一度私が勤務していた建物を見せてやったことがあります。すると、がっかりしたように「お父さんのビルが一番小さいね」と言いました。子供の目には大きい建物ほど立派な職場に映るんですね。

 大通公園
     006-oodoori-2.jpg
 汚い!!雪解け時期は最悪です。もし観光客が見たらがっかりするに違いありません。しかし、後1ヶ月もすると信じられないほどキレイになります。

 ..ヨメ情報

 3月27日、白血球が1980まで減っていたため退院が許可されませんでした。
 すっかりその気になっていただけに相当落ち込んでいます。

 白血球が減っているため体がだるく、味覚も低下しているそうです。さらに、食事を病室でとるよう指示されたとかで、完全に食欲不振に陥っています。

 医者から「白血球の減少は骨髄の造血能力の回復が遅れているため。この時期よくあること」と言われたそうです。

 数日前「何もしないと体が鈍る。テニス再開に備えて病院内を歩いている」と言っていたので、その疲れのせいかも?

 明日の採血で増加しているといいのですが...。

 よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"







2007年03月27日

空気清浄機

 我が家でもついに空気清浄機を使うことにしました。

     110-kuuki.jpg

 ここ数年、子供たちが家に来る度に、何度もクシャミをしたり鼻をかみ、「この家は空気が悪すぎない?」と言っていました。

 しかし、我々夫婦はタバコを吸わないし、部屋の空気が悪いはずはないと思っていましたし、二人ともクシャミヤや鼻水に悩まされる事がなかったので、「子供たちが脆弱なんだ。若いのに情けない」と思っていました。

 しかし、最近、私も鼻が詰まり気味でくしゃみが多くなりました。同じ家の中でも部屋によって症状や程度が違うので、加齢のせいだけではないと思うようになりました。

 何分にも築後27年の古い家です。日ごろ使っていない部屋にはかなりの塵や埃(ハウスダスト)がたまっているはずです。

 また、もうすぐまたあの重病人が帰ってきます。彼女には塵や埃、とりわけカビが大敵だそうです。

 効果のほどは未知数ですが、一度空気清浄機とやらを試してみることにしましたました。
 結果がよければ台数を増やすつもりです。

 それにしても、加湿器、除湿機、浄水器、はては空気清浄機と、機械に頼らなければ快適な生活が送れないないとは...変な世の中になったものです。

 蛇足ですが、札幌の家ではニセコから汲んできた水がなくなったら、手作りの簡易浄水器で水道水をろ過して飲んでいます。
 例のナントカ還元水は飲んでいません。

 ..ヨメ情報
 昨日は採血がなく、今朝あったそうです。その結果で退院の可否が決まります。

 もしよろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"



2007年03月26日

病室からの眺め

 昨日急に病室が変わりました。

 第一、第二、第三クール全て違う病室でしたが、三室とも比較的近い場所で、どの部屋も窓か見える景色は向かいの病棟だけでした。
     01-22-byousitukara.jpg
                  (再掲)

 私は入院したその日から、「憂鬱な眺めだ。ますます気が滅入るだろうな」と思っていましたが、..ヨメは、これまで病室からの眺めについて不満を口にした事はありませんでした。

 嬉しい事に、新しい病室からは、僅か(視野の5分の一?)ですが活気あふれる町並みが見えます。

     001-byo.jpg

 ..ヨメがその町並みを見ながら「やはり外の景色が見える方がいいね。一度あそこに見えるレストランに行って食べたいね」と言いました。

 すかさず、「そうでしょう。病棟ばかり見ていると気が滅入るよね。『(向かいの家の壁しか見えない)札幌の家は嫌だ。ニセコに行きたい』と私が言う気持ちが分かるでしょう」と聞きました。

 ところが言下に「それとは違うと思う。お父さんはいつも家にばかりいるからそう感じるだけで、私みたいに出歩いていると全然感じないよ」と切り捨てられました。

 そうか、やはり分かってないな。「殺風景な眺めばかり見ていると気持ちが滅入り、素敵な風景に接すると心が癒される」と言いたかっただけなのに...。

 それはそれとして、残念ながら?この素敵な病室は長居できません。明日の採血の結果如何では即日退院になるかもしれないからです。


 もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"


 


2007年03月25日

ライブメッセンジャー考

 今日のリキ      
     111-riki.jpg 
 やはりカメラを向けると横を向きました。雪がザクザクの粗目状態になっているのが分かりますか。

 今夜、..ヨメがライブメッセンジャーで呼びかけてきました。

 我が家との連絡手段としては、他に、(病室の)電話、携帯電話、メール(携帯メール、Eメール)があるのに、わざわざライブメッセンジャーで連絡してきたのはなぜか?

 ライブメッセンジャーについて少し考えてみました。

 電話、携帯電話、ライブメッセンジャーはリアルタイムで相手と情報交換ができますが、相手が出ないと成り立ちません。

 メールは相手の状態に関係なく情報を送ることができます。しかし、相手が見てくれない限り情報は伝わらないし、情報交換に時間がかかります。もっとも、若者はほぼリアルタイムに情報交換をしているようですが...

 だとすると、ライブメッセンジャーの長所は何でしょうか?

 ライブメッセンジャー同様、リアルタイムで情報をやりとりする電話、携帯電話に比べると、情報量が少なく情報交換に時間がかかります。また、情報は画面上の文字だけですから、相手の声の調子等は分かりません。

 したがって、情報伝達手段としては、電話などに比べると明らかに劣ります。というか、勝負になりません。

 しかし、料金面では勝っています。インターネットの経費は別にして、ライブメッセンジャー自体は無料ですから...。

 もう一つ優れている点は、雑談感覚でのんびりやれるということでしょうか。しかも、二人だけでなく3人でも4人でも同時にできます。また、会話に参加する範囲をあらかじめ限定していますから、安心です。

 一昨日は、タイの次男も加わり、3人で楽しみました。

 このように、ライブメッセンジャーには、電話や、メールとは違った良さがあるように思います。

 ただ、忙しい人や、気が短い方には向かないと思います。
 リタイヤした人など暇がたっぷりある方にお勧めします。ブログ同様きっと老化防止にも役立ちますよ。


 もしよろしかったら、クリック願います。

ブログランキング"banner_02.gif"




 



2007年03月24日

春、春、春

 札幌は、春の強い日差しを受けて雪解けがどんどん進んでいます。今日現在の積雪は42センチです。日陰を除き道路に雪はありません。

 とは言っても北国です。時折湿った重い雪が降ります。このような雪を名残の雪と言うのでしょうか。

 雪と猫柳
111-nekoyanagi.jpg

001-nekoyanagi.jpg
 川原の猫柳の花芽はまだ開きませんが、太い幹の緑が濃くなり、枝の先端部が花芽が膨らむにつれて赤みを帯びてきました。
 真っ白な雪とのコントラストがきれいです。


 ..ヨメ情報
 昨日で第三クールのリツキサンとチョップが終わりました。
 胸のムカムカと不眠傾向が少しあるそうですが、第一、第二に比べると軽いとのことです。
 食欲も旺盛。...ですが、病院食に飽きたらしく、「もっと美味しいものが食べたい」と不満タラタラです。

 今日(3月23日)の白血球の数は6290でした。

 医者から、「第三クールはずっと楽になりますよ」と言われていたらしく、白血球の下がり方も小さいので、「ひょっとしたら早く退院できるかも」と期待しているようですが、果たしてそうなるのか...。問題は白血球の減少をどれだけ抑えられるかです。

 もし、よろしかったらクリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




 

2007年03月23日

さようならワープロ

 ようやく仕事関係の書籍類がなくなりました。

 次に処分しなければならないゴミはワープロです。

 ワープロを初めて買ったのは昭和の終わりころだったと記憶しています。以来、合計5台買いました。

 最初に深く考えないで(というより知識のないまま)パナソニックを買ったため、年賀状作成用に買ったシャープ1台以外は全てパナソニックです。まだ3台残っていました。

 お疲れ様でした
     000-wa-puro.jpg
 まだまだ使えるのに...。

 当時の職場は、官物はごく一部の者に限られ、ほとんどが私物の持込み(しかも許可制)でした。
 主流は東芝(ルポ)か富士通(オアシス)でした。

 最初のころは、以前の定型書式に合わせて打ち込むだけでしたので特に問題ありませんでした。

 しかし、数年後お上から「これを使え」とルポとオアシス用の書式が下りてきました。

 私が使っていたパナワードは他機種との互換性がなく、官物は全員には支給されません。さりとてルポやオアシスを買うのも癪だったので、「準じた書式」ということでパナワードで作成した書式で押し通しました。

 辞める数年前になってようやく官物のパソコンが支給され、一太郎(WORD?)を使うよう指示されましたが、慣れ親しんだワープロに愛着があり、結局、退職(平成17年3月)するまでワープロを使い続けました。
 
 10年前から自宅ではパソコンを使っていますが、仕事には一度も使いませんでした。

 ワープロでも書類を作成する上で別に支障はありませんでしたが、印刷速度が遅いのが難点でした。
 また、最後の1年間は、感熱紙もインクリボンも支給されなくなったため、仕方なくそれらを自分で買っていました。

 ともあれ、ワープロには長い間本当にお世話になりました。

 もしよろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"



 
 



 

2007年03月22日

回復力

必死に生きています 

     012-kaihuku.jpg

 新芽(葉)がこんなに...
     011-kaihuku-1.jpg 

 寒さにやられて瀕死の状態だった例の観葉?植物(当ブログの2月7日を参照)がココまで回復しました。

 新芽(葉)がたくさん出てきたほか、大きく斜めに傾いていた茎が真っ直ぐになり、灰色だった茎が緑色になっています。

 もちろん、..ヨメは喜んでいます。
 きっとまたピンクのキレイな花を咲かせてくれる事でしょう。
 
 ..ヨメ情報
 昨日(3月20日)3回目のリツキサンの投与がありました。過去二回に比べて体調の変化はずっと小さいようです。

 見舞いに来た友達から「元気だね。顔の色艶もいいし、とても重病人には見えないよ」と言われたそうです。

 私も全く同感です。見た目は健康そのものです。脱毛した頭を除けば...。まだカツラをどうするか迷っています。

 明日(3月22日)はチョップです。

 よろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"




 

2007年03月21日

過去?との決別

 もう大丈夫
     001-riki-2.jpg
 珍しくカメラを見ていてくれました。


 今から思えば実に愚かな考えであるが、現役時代は、将来論文でも書くかもしれないと、仕事関係のメモや資料をかなり残していた。

 それを引越しの度に運んでいたわけで、その都度..ヨメに「どうせ無駄だから早く処分しなさい」と言われていた。

 さすがに50歳ころになると、論文を書く意欲や気力はすっかり消え失せ、膨大なメモや資料が完全にお荷物になり、..ヨメからことある毎に強く処分を迫られるようになった。

 かくして、定年の3年くらい前から、それらのメモや資料を暇をみてはシュレッダーにかけて処分していた。

 それでも、2年前に再任用期間が終了したとき、新たなメモや資料がダンボールに数箱もあった。

 職場を去るまでに処分し切れなかったものは、退職後自宅で数ヶ月かけて処分した。同時に仕事関係の書籍も大部分処分した。 ...はずだったが、今回二階の空き部屋を整理したらまだ残っていた。

 次回の燃えるゴミ?     
     001-sigotono-honn.jpg

 この3月で共済の任意継続期間が終わり、元の職場との関わりが無くなる。

 スーツ以上に..ヨメから強く処分を迫られているのが、仕事関係の書籍類である。今後も、それらを手にする機会はまずないと思うし、これを機に、処分したいと考えている。

 淋しさが全く無いといえばウソになるが、過去(仕事)?と決別する節目にしたい。

 よろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"






 

 

2007年03月20日

勿体ない!..で、逆お下がり

 「片付けの基本は物を捨てること」が..ヨメの持論らしい。

 私が退職した途端、事あるごとに「もう、スーツを着る事はないから処分したら?」と言う。

 確かに、この2年間スーツを着る機会は一度もなかったし、そろそろ処分すべきかもしれない。しかし、スーツはサラリーマンにとって、いわば制服であり、それを処分しろと言われることは「社会はスーツを着たお前を必要としなくなった」と宣告されたようで一抹の淋しさがある。

 それはそれとして、..ヨメの言動で納得いかないのは、常日頃私のスーツや子供の衣服、果ては私の大切な道具類を「処分しろ」と言いながら、2年前に亡くなった義母の大量の着物を「着てあげないと可愛そうだから」と、後生大事に取っていることである。

 昨日(3月18日)もこのようなことがあった。

 逆お下がり?
     001-osagari.jpg

 再入院を前に、何を思ったのか..ヨメが、子供たちが出て行った後物置状態になっていた、二階の空き部屋を片付けていた。

 1時間後、..ヨメに呼ばれて2階に行くと、パンパンに詰まった大きいビニール袋が7個置かれていた。

 「○○ちゃんが着ていた服だけど、もう着ないと思うから、今度の燃えるゴミに出しておいて」と言う。

 「捨てていいの?まだ着れるンじゃない?」(私)

 「どうせ着ないに決まっているし、○○ちゃんに言われて高そうな物だけは残しておいたから」(..ヨメ)

 そうかもしれないが、どう考えてもそのまま捨てるのは勿体ない。そこで、..ヨメの反対を押し切り、私にも着られそうなものは残すことにした。

 その結果、3袋が私の手元に残り、2袋は話しを聞いて駆けつけた長女がフリーマーケットに出すとかで持ち帰り、燃えるゴミは2袋だけになった。

 小さい服だけはきつくて着られないが、大きめの服は見た目を気にしなければ別に支障はない。少々派手なのはご愛嬌として目をつぶってもらおう。
 
 これで私は死ぬまで?服を買わなくて済みそうだ。

 逆お下がりと言う言葉があるかどうか分からないが、こういうことがあってもいいと思う。

 ..ヨメ情報
 5600
 今日の白血球の数です。早ければ明後日から第三クールの治療が始まります。

 よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 
 

 

2007年03月19日

年金だけで夢の暮らし?

 ワット・プラタート・ドイ・ステープ     
     001-chennmai-kinnpika.jpg

 今夜、テレビで「夫婦で海外にロングステイ;年金だけで夢の暮らし」という番組をやっていました。

 昨年暮れのタイ旅行の後、海外でのロングステイに漠然と憧れを持つようになりましたので、このテの番組はよく見ます。

 しかも、年金だけで云々となるとついついその気になってしまします。

 取り上げていたのは、人気が高いオーストラリア、ハワイ、マレーシア、ニュージーランド、タイ,サイパンでした。

 登場されたご夫婦はそれぞれ皆幸せそうで、ちょっぴり羨ましい気持ちになりましたが、いざ実行するとなると結構度胸がいるだろうなと思いました。

 また、「年金だけで...」とありましたが、番組の最後まで?が消えませんでした。
 
 現地で生活する場合、いわゆる生活費だけではなく、付随する諸経費も馬鹿にならないでしょうし、第一年金は人によってピンキリです。一体どれだけの年金者が可能でしょうか?

 今日紹介された中で我々夫婦に可能性があるとすれば、物価がとても安いタイ(チェンマイ)くらいでしょうか。

 チェンマイは、先のタイ旅行で最も気に入ったところです。ロングステイするならチェンマイでと思いました。

 チェンマイ遠景
     011-chennmai-ennkei.jpg

 ワット・プラタート...の境内からの眺めです。タイの京都と呼ばれている(おそらく日本人が勝手に呼んでいるのでしょうが...)ように、古い歴史を感じさせる、とても落ち着いた素敵な町です。

 三食昼寝付き、医療充実(医師、看護師付き)、掃除のオバサン付き...。年金ならぬ保険だけで暮らせる、夢のような生活ではありませんか?

 そうです。明日..ヨメが第三クールのため再度入院します。

 よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




 

2007年03月17日

まずは一安心

 今日のリキ

     111-riki-03.jpg


     111-riki-02.jpg


     111-riki-01.jpg

 ようやく普段のリキに戻りました。目も生き生きしてきました。

 ただ、いつまた発作が起きるか分かりませんので、しばらく散歩は近場だけにします。

 よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




2007年03月16日

リキの一大事!

痙攣発作

     111-riki-1.jpg 

 昨日の夜8時過ぎのことです。

 部屋の隅でおとなしく寝ていたリキが、突然激しい痙攣発作に襲われました。
 
 全身の震えと四肢の激しい痙攣、荒い息づかいと激しい動悸。大きく開いた口から泡を吹き、舌は出したまま...。更に失禁。

 10分くらいで一旦治まりましたが、30分後再び激しい発作が始まりました。

 結局、昨晩は5回発作をくり返しました。

 3年ぶりの発作です。私は前回発作を起こしたとき、犬の痙攣発作について調べていましたので慌てませんでしたが、..ヨメはすっかり忘れていたらしく「死ぬかもしれないと」パニック状態でした。

 発作が治まった後は、何事もなかったように朝まで静かに寝ていました。

 前回はすぐ回復しましたが、今回は今日になってもあまり元気がありませんでした。

 相変わらず食欲だけは旺盛で便も正常です。ただ、数回嘔吐しましたので気がかりです。
 
 高齢ですし、しばらく目が離せないと思います。

 痙攣発作2     

     112-2iki.jpg

 痙攣発作3
     113-riki.jpg

 よろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"





 

 

  



 、 

 

2007年03月15日

7350円

 すぐそこまで春が来ているはずなのに、ここ数日続いた雪でまた冬景色になってしまいました。

 新しく50センチくらいは積もったでしょうか。

 大きくなっていた根周り穴(根開け)がすっかり埋まりました。

 3月11日
     3-11-hurumae.jpg

 3月15日
     03-15-hutta.jpg

 3月12日
     03-12-ana.jpg

 3月15日
     03-15-0-hutta.jpg

 尾篭な話で恐縮ですが、今日、..ヨメの指示でウォシュレットを取り付けました。
     01-toire.jpg 

 抗がん剤の影響で便秘になりやすいそうです。入院中に使っていたウォシュレットだと、噴射温水で便意を刺激され、排便が楽になるとかで、急遽我が家でも導入する事になりました。

 自分でも取り付けられることは知っていましたが、何となく面倒くさかったので、取付け工事は業者に依頼するつもりでした。

 しかし、運悪く?商品の横に「簡単に取り付けられます」と書いてあったため、..ヨメが目ざとくそれを見つけ、当然のごとく私の仕事になってしまいました。

 最初、27年前の古い便座のネジがなかなか外れず、完了まで30分くらいかかりましたが、技術的には以前取り付けた食器洗い機よりはるかに簡単でした。
 
 こうして、..ヨメの一言で工事費7350円が浮きました。年金生活者にとっては大金です。

 これからも、面倒くさがらず自分でできることは自分でするようにします。

 よろしければ、タンブンしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"


 



2007年03月14日

タンブン

 朝、窓を開けてびっくり。新雪が15センチほど積もっていました。すっかり真冬に逆戻りです。

     001-yukigesiki.jpg

 久しぶりに雪かきをしたおかげで、歩数が1万歩を越えました。毎日2回リキの散歩をしていますが、日常生活だけだと、せいぜい7500歩で、なかなか1万歩にはなりません。

 しかし、今週は雪模様の天気が続くそうですので、しばらく運動不足を解消できそうです。

     01-sinnsatu-yuki.jpg

     03-yuki-douro.jpg

 今日のリキ
     01-riki-yokome.jpg

 カメラを向けると何故か横を向きます。

 タンブン
 今日新しく覚えた言葉です。

 短文?、単文?、それとも探聞?いいえ違います。
 タイ語で「徳を積むこと」だそうです。

 タイ仏教の考えでは、現世で身に降りかかる出来事すべてが前世の徳の高低で決まるそうです。

 すなわち、現世で幸福な人は前世で徳が高かった(徳ををたくさん積んでいた)からで、不幸な人は前世の徳が低かった(努力が足りなかった)たらだそうです。それゆえ、タイの人は来世の幸せために精一杯徳を積むのだそうです。

 来世のことはともかく、徳を積む事は良い事です。身近な事からタンブンに心がけたいと思います。

 因みにYAHOOで検索したら、タンブンだけで69000もありました。

 もしよろしかったら、タンブンしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"



2007年03月13日

大変ですね。僕も頑張ります!

 夜の10時過ぎ、バンコクの次男からメールが届きました。なぜか今回は、46時間もかかっています。

 ..ヨメが首を長くして待っていた返事のメールです。

 (実は、3月10日、..ヨメの希望でその脱毛した姿を添付したメールを次男に送り、それに対する反応を待っていました。当ブログ「母親の顔;3月11日」を参照してください)

 やっと来たかと、ニコニコしながらそのメールを開いた途端、..ヨメの顔が苦笑いに変わり、一言「あの野郎メ!」

 そこには、

 「それは、貴女がよく言う天罰では?  フサフサ次男」と書かれていました。

 いかにも次男らしいジョークに、長男と大笑いしました。

 次男似?     
     01-tennbatu.jpg

 今頃、きっとこんな顔でニヤニヤしているに違いありません。


 もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"


2007年03月12日

通院します。

 排雪(3月1日)の様子     
     01-haisetu-1.jpg

     001-haisetu-2.jpg

     002-haisetu.jpg

 今朝の町内     

     001-asa-yuki.jpg
 あれだけあった雪が排雪後急速に解け、すっかり少なくなりました。今朝もうっすらと雪が積もりましたが、春の雪はすぐ解けます。

 リキ二態
     001-riki-kosuri.jpg

     002-riki-kosuri.jpg

 喜んで新雪に体をこすり付けます。表面が解けて黒くなった雪の上でお構いなしですから、あっという間に「泥んこハリー」状態です。
 
 ..ヨメ情報

 1900
 今日の白血球の数です。先生から、「少し少ないので入院しますか?通院しますか?」と聞かれ、即座に「通院します」と答えたそうです。

 こうして、明後日まで3日間通院する事になりました。

 第一クールでは、この時期白血が1040と今回の約半分でしたし、食欲不振、ムカムカなどの症状がありました。今回はそれはほとんどないらしく、自分としては入院しなくてもいいと考えているようです。

 また、入院しても、一日1本白血球の数を増やす注射をし、後は横になっているだけらしいので、確かに退屈だと思います。
 それに、3月19日には第三クールでイヤでも入院するわけですから、今ココで入院したくない気持ちも分かります。

 ただ、免疫力が低下しているときの健康管理を考えると、家族としては入院してもらった方が安心です。


もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




2007年03月11日

母親の顔

 ..ヨメの毛髪がどんどん抜けていく様子は、被写体としては大いに興味があったが、さすがにカメラを向ける事ができなかった。

 今朝、鏡に向かって化粧をしていた ..ヨメが、突然「私の写真を撮って」と言い出した。一瞬驚いたが、きっと何か思う所があるのだろうと考え、言われるまま写した。

 不思議な事に、このような写真は実物よりも迫力がある。

 すると、「それを○○ちゃん(次男)にメールで送って。そして、『お母さんはこれだけ苦労しています。だから貴方も頑張ってください』と書いておいて」と言う。

 こうして、..ヨメのスキンヘッド写真がはるばる海を越えてタイまで飛んでいった。

 しかし、今日はとうとう次男からメールが来なかった。

 ..ヨメががっかりしたことは言うまでもない。

 「あまりにショックが大きくて書けなかったんじゃない?」と慰めたが、「まさか。あの野郎、冷たいんだから...」とご機嫌斜めである。

 ..ヨメが久しぶりに見せた母親の顔だった。


 今日の野津幌川
      001-nozuhoro.jpg

 朝方少し雪が降りましたが、春の強い日差しを受けて急速に雪解けが進んでいます。

 よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 

2007年03月10日

リアルタイム トーク

 windowsのlive-messengerなるものを始めました。

 あらかじめ設定した友人あるいは家族間でリアルタイムのチャット(会話)ができます。

 早速バンコクにいる次男と会話しました。途中から長男が参加し、トライアングルの会話になりました。

 ところがトライアングルになった途端、私だけが二人の会話に付いていけず、ドンドン取り残されてしまいました。..ヨメはもっと大変でした。

 最初は原因が分からず大いに焦りましたが、キーボードを叩く速度が遅い上、書き言葉で書こうとしていたからだと分かりました。

 話し言葉でテンポよくキーを叩かないと、とても会話についていけません。まさに若者文化です。

 しかし、今までのメールよりはるかに便利です。
 タイとの距離がますます近くなった感じがしました。...が、ドサクサ紛れにスーツを買わされるハメになりました。

 次男のアパートから    
     01-bannkoku.jpg

 よろしかったら、クリック願います。


ブログランキング"banner_02.gif"




 


 

2007年03月09日

ギリギリセーフ

 ..ヨメ情報

2800
今日の白血球の数です。ギリギリのところで痛い筋肉注射は免れたそうですが、今後更に減少する可能性があるため、来週の月曜日に再検査です。

 副作用の症状として、脱毛のほか、胸のムカムカ、便秘、味覚の鈍麻、手足の先の軽い痺れなどを訴えています。
 胸のムカムカは第一クールの後よりは軽いみたいですが、長引いています。

 頭髪は現在80%が抜けた状態です。第一クールではチョップの2週間後から抜け始めましたので、今回も来週の初めあたりからまた抜けるかもしれません。

 抜け始めてからずーっとバンダナを被っていましたが、蒸れるらしく、最近はときどきそれをとっています。
 
 いずれ生えてくるとは分かっていても、あまりにも哀れな姿なので正視できません。
 私が上の前歯を失ったとき..ヨメに大笑いされたので、本当は笑ってやりたいところですが...。

 脱毛が進む..ヨメの姿を見て、毛髪の大切さを再認識させられました。

 老犬リキ、11歳
001-riki.jpg

 今日も、野津幌川でリキと遊びました。小さいときから木の枝等を食いちぎるのが好きです。
 しかし、数年前から上の犬歯が右左とも抜け落ちていますので、苦労しています。


よろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"




2007年03月08日

春よ来い、早く来い

 しばらく暖かい日が続いていましたが、今朝はぐっと冷え込みました。
 
 日中も気温がプラスにならず、ザクザクだった雪が再び固く締まりましたので、久しぶりにリキと一緒に近くの野津幌(のづほろ;ノッポロ)川の川淵を歩いてみました。

 野津幌川
      03-noduhorokawa.jpg

 毎年少しずつ両岸の整備が進み、少し上流の河川敷にはパークゴルフ場があります。しかし、生活用水が流れ込んでいるため、正直言ってかなり汚い川です。

 大姥百合
     01-ooubayuri.jpg

 もちろん花は枯れていますが、茎がとても太くしっかりと立っていました。雪の下にはきっと大きい根があることでしょう。

 そのアップ
     02-ooubayuri-2.jpg

 夏は雑草が生茂っているため、今まで全く気が付きませんでした。今年の夏、もう一度見に行ってみます。

 猫柳
     04-nekoyanagi.jpg

 厳しい冬を乗り切った花芽が見えます。後10日もすれば花穂が一斉に開く事でしょう。


 よろしかったら、クリックしてください。
 
ブログランキング"banner_02.gif"



 


 

 


2007年03月07日

雪の国から...その26

 当ブログ「雪の国から...その16〜25」(2/25〜3/4)に書いたように、2005年の冬に自信を持って実行した一大プロジェクトは、残念ながら失敗に終わりました。

 しかし、そこで諦めたらそれまでの苦労が水泡に帰してしまいます。
 何か良い方法はないか?その後も屋根の雪を簡単に落とす方法をいろいろ考えました。

 屋根の勾配を大きくすることはできない。屋根の滑りを良くすることもできない。屋根に上っての雪下ろしはそろそろキツイ。
 しかし、天井裏をちゃんと暖めることができれば、今の屋根でも間違いなく雪は落ちる。

 そこで、これまで何度か試してきた屋根裏を暖める方法の問題点(能率の悪さ)を検討した結果、天井部のできるだけ高い部分に換気ファンを取り付け、高所の暖気を強制的に天井裏に送ることを考えました。

 早速、建築士と業者に相談しましたが、返事は「どれだけ効果があるか疑問」でした。

 しかし、他に良いアイデアが浮かびませんでしたので、ダメモトでいいからと、強引に工事を依頼しました。

 結局、排気ファンを3個、吸気ファンを1個取り付けることにしました。全部排気にしなかったのは、天井裏と部屋の気圧を調節する為です。上部にあるのが排気ファンです。

     1-2-fan.jpg

     1-3-fan.jpg


 また、業者の提案で、排気ファンの先に口径150ミリの蛇腹を取り付けて、軒先部分まで暖気が行き渡るようにしました。

     000-dakuto.jpg


 この作戦の結果は当ブログ「雪の国から...その15」(2/13)に書いたとおり大成功です。

 当初の計画では、屋根裏に上る階段口を閉じたままで送風する予定でしたが、開けておいたほうが能率が良いことが分かりましたので、開けたまま送風しました。

     001-kaidann-neko.jpg
                    (再掲)

 また、150ミリの蛇腹用としては最大の換気ファンを使いましたが、蛇腹とファンをもっと大きくすれば、さらに能率が上がったと思いました。
 ただ、そうすると値段が相当高くなるらしいので仕方がありません。

 なお、今回のおもちゃは15万円です。
 しかし、このように無駄にならなかったし、来年以降も使えますので..ヨメには叱られませんでした。

 「雪の国から」シリーズは今回で一応終わりです。

 しかし、私の理想は、定住していなくても、どんなに寒くても屋根の雪が自然に?落ちることです。ですから、これからも理想の実現を目指して雪との闘いが続きます。
 いずれ近い将来、「新・雪の国から」シリーズをお送りする事になると思います。

 よろしかったらクリック願います。


ブログランキング"banner_02.gif"






 

 


2007年03月06日

2回目の退院

 今日(2月5日)、..ヨメが第二クールの治療を終えて帰ってきました。

 今朝は白血球が3680だった由。もし2000以下だったら退院できないため、かなりドキドキしたそうです。

 医者が驚くほど薬効顕著らしく、当初の計画通り治療を進めることになりました。まずは一安心です。

 第一クールが終わったときは僅か二泊三日の帰宅でしたが、今回は二週間です。
 ただ、この間に1、2回白血球の検査があり、もし大きく減っていたら、白血球を増やす筋肉注射をしなければならないそうです。その注射がとても痛いらしく、今から心配しています。

 「健康を取り戻したらこの海でダイビングをする」と今から張り切っています。
 
 プーケット
  001-umi.jpg

 ...でも、貴女はカナヅチですよ! 残念!!


よろしかったら、クリック願います。

ブログランキング"banner_02.gif"




 

2007年03月05日

雪の国から...ちょっと一服

 根開け
      001-neake.jpg

 毎年これを見ると春を感じます。

 「根開け」あるいは「根周り穴」と言うそうですが、どちらも広辞苑には載っていません。

 私自身、北海道に来るまで見たことがありませんでした。

 最初は、生きている樹木が持っているエネルギーが周りの雪を溶かすのかなと考えました。
 しかし、不思議な事に枯れた木や電柱の根元にも同じように穴ができます。何故だ?

     111-po-ru.jpg

     003-dennchuu.jpg

 どうやら、生きている樹木のエネルギーではなく、春が近づき段々と強くなった、太陽の光と熱によって暖められた樹の幹(あるいは電柱)が周りの雪を溶かしているようです。

 当然、樹が太いほど、雪が深いほどその穴は大きくなります。

              (続く)

 よろしかったらクリック願います。
 
ブログランキング"banner_02.gif"



 ポールや電柱の根元の「根開け」を追加しました。3/6
 

 

2007年03月04日

雪の国から...その25

 2006年2月28日、約1ヵ月半ぶりにニセコを訪れ、3月10日まで滞在しました。

 そのときの羊蹄山とアンヌプリです。

 羊蹄山    

      06-03-youtei.jpg

 
 アンヌプリ

     06-03-an-nu.jpg

 丁度今と同じ時期です。今年もきっとこのように見えているでしょう。 


 そのときの屋根

     06-03-chigai.jpg

 ビニールシートがあるところは雪がきれいに落ちています。

 その後、

 屋根の雪がすっかりなくなりました。

     06-03-yukigatokete.jpg

 すると、ビニールシートが哀れな姿を現しました。

 結局、ビニールシートは北西側が1枚、尾根が1枚、そして南東側が2枚、合計4枚剥がれていました。

 南東側は、垂木も1本なくなっています。その垂木は、剥がれたビニールシートと一緒に南東側のデッキの前に落ちていました。

 この状態で強風が吹けば被害が大きくなると考え、天気が良い日に家本体の屋根のビニールシートを撤去しました。

 その後また雪が降りました。気温は結構高かったのですが、家本体の屋根の雪は、

 落ちていません。

     06-03-hagasitaato.jpg


 しかし、ビニールシートを残していたデッキの屋根は、

 キレイに落ちました。

     06-03-minami.jpg

 私の、画期的プロジェクト(ビニール張り大作戦)は、ある意味では成功ですが、やはり失敗と言わざるを得ません。
 
 +要素 

 @ 明らかに雪が落ちやすくなる。
 A 雪の落下地点が、張らないときに比べて、1.5メート以上家から離れる。(家への影響が小さくなる)
 
 −要素

 @ 風に弱い。
 A 寒さで硬くなりもろくなる。
 B 繰り返して利用することが不可能(コストが高くつく)。
 C 張る作業が大変(技術的に難しく、危険が伴う)。
 D 住んでいない時、低温が続くと効果は小さい。
 E 張った後は屋根に上れなくなる(雪庇を落とせない)。 

 こうして、私の「もしかしたら特許」の夢は儚く消え、膨大な有害産業廃棄物が残りました。

 もちろん、可能限り有効に再利用するつもりですが、中途半端に厚く用途が限られるため、頭が痛いところです。

              (続く)

 よろしかったら、クリックしてください。
          
ブログランキング"banner_02.gif"



 
 



 

2007年03月03日

雪の国から...その24

 2005年の冬は、例年に比べて特に沢山雪が降ったわけではありません。 
 
 しかし、昨日「雪の国から...その23」でも書いたように、12月の日最低気温がとても低く、しかも、寒暖の差の大きい日が続いたため、定住されていない家のほとんどが、屋根に2メートル近い雪が積もったままでした。その状態は1月になっても続きました。

 ニセコに家を建ててから8度目の冬でしたが、これほど屋根の雪が落ちなかった事はありませんでした。

 次の写真は、いずれも我が家から写したご近所の様子です。

 初冬
ima-natu.jpg

 2006.1
ima-ochinai.jpg

 初冬の写真と比べると、雪の多さが分かります。
 いつもの年ならココまで積もらないうちに落ちていますが、落ちる気配はありません。

 一軒おいたお隣
06-sakahasi-2.jpg

 アップで見ると、煙突が完全に雪に飲み込まれていることが分かります。

 2006.1
ima-ochita.jpg

 1月上旬のある日の明け方、爆弾でも落ちたようなものすごい地響きで目が覚めました。なんと、お隣の屋根の雪がキレイに落ちていました。

 落下した部厚い雪(氷)の塊を見てください。2階の窓の高さまで達しています。

変だなあ?そのときはどうして落ちたか理解できませんでしたが、後日、不在がちのお隣を管理している会社が、家を暖めて雪を落とした事が分かりました。それを聞いて納得。

 雪の凄さ、怖さをまざまざと見せ付けられた感じがしました。

            (続く)
 ..ヨメ情報
 3470 
 今日の白血球の数です。
 再び減少し始めました。
 しかし、かなり体調が良いらしく、暇を持て余していました。


 よろしかったら、クリック願います。


ブログランキング"banner_02.gif"



 
 

2007年03月02日

雪の国から...その23

 こうして、当面の危機は回避する事ができましたので、早速排雪を依頼しました。

01-haisetu.jpg


 しかし、問題は屋根に張ったビニールの効果の検証です。

 ..ヨメには、「張ったから落ちなかった」と言われましたが、私は「絶対落ちるはずだ」と思っていました。

 なお、剥がれていたビニールは12月末時点で南東側の1枚だけでした。

 その後、1月16日までニセコに滞在し、屋根に雪が30〜40センチ積もるたびに合計5回天井裏に通風して落としました。

 その結果、屋根の上端の雪庇を切り落としたときは、2〜3時間で落下し始めました。ところが、試しに雪庇を切り落とさなかったときは、落ち始めるまで20時間以上かかりました。

 屋根上端の雪庇さえ切り落としておけば、尾根に切れ目を入れたり、軒先の雪を落とさなくて2〜3時間で落下し始めた訳ですから、ビニールシートの効果はあったと確信しました。

 では、どうして12月23日に行ったとき落ちていなかったのか?また、そのとき天井裏に通風してもなかなか落ちなかったのは何故か?

 気のせいか、羊蹄山も暗い表情です
 
001-youtei-taiyou.jpg


 札幌に戻り、インターネットで気象データを調べたところ、その手がかりを見つけました。

 それは、2005年12月の日最低気温が−11.3℃と、他の年に比べて顕著に低かったのです。因みに、2001年は−8.4℃、2002年は−9.0℃、2003年は−5.6℃、2004年はー6.0℃です。1944年以降の統計で二番目の低さです。

 日最高気温は−1.3℃でした。ここ数年では低い方ですが他の年と顕著な違いはありませんでした。

 ところが、11月末から12月上旬にかけて日最高気温がプラスの日が続いており、プラス3.8度になった日もありました。

 このことから、2005年の12月は寒暖の差が大きい日がくり返されていたことが分かったのです。

 つまり、「日中温度が上がって解けて移動した雪が、落ちないまま夜間の寒さで凍った。それをくり返すうちに、粘度の強い雪になり、あのように屋根にへばりついていた」と考えました。

 なお、屋根の勾配が大きい近所のお宅は、いつもの年なら定住されていなくても自然に屋根の雪が雪が落ちていましたが、2005年の冬は、ほとんどのお宅がずっと屋根に積もったままでした。

 美しい冬景色...ですが
05-12-toome-tuinn.jpg

 アップで見ると
05-12-ochizu-mizuno.jpg

 裏に回ると
05-12-mizuo-2.jpg

 どうやって行くの?
05-12-ochizu-dokoka.jpg

 頑丈な家です
05-12-sasaki.jpg

 いつもは落ちるのに...
06-sakahasi.jpg

 次回は、この年の雪の凄さを見せ付けられた写真をお届けします。

            (続く)

 よろしかったら、人気ブログランキングをクリック願います。
posted by tosshy at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

雪の国から...その22

 何故落ちなかったのか?その原因を考える前に、まず積もっている大量の雪を落とさなければなりません。

 夕方4時ころ到着した時、室温はー0.1℃、天井裏は−2.9℃でした。その後、家中の暖房器具をフル稼動させ、5時間後ようやく室温が30℃近くまで上がりましたので、天井裏への送風を始めました。天井裏ー0.7℃、外気温−4℃。

 送風開始2時間後の、南東側屋根
05-12-nanntou-yoru.jpg
 少しずれ始めました。

 同じく、北西側の屋根
05-12-hokusei-yoru.jpg
 中心付近の垂れ下がりが大きくなっています。

 翌24日朝の南東側屋根の北側角付近
06-01-nakanaka-ochinai.jpg
 かなり大きくせり出しましたが、落ちそうもありません。

 同じく北西側屋根
06-01-yokuasa.jpg
 中央付近が大きく垂れ下がっています。大抵はココまでせり出す前に先端部分が離れて落下しますが、相当雪の粘度が強くなっているようです。

 結局、24日は大きくせり出しただけで落ちませんでした。
 
 がっかりしている私に..ヨメのきつい一言、
 「ビニールを張ったから落ちないんじゃない?10万円がパーになったかもよ」

 心の中で、「だから女はロマンがないよな...」とつぶやきましたが、残念ながら返す言葉が見つかりませんでした。

 それはともかく屋根の軒に致命的とも言える負担をかけていることは明らかですので、何とか一刻も早く雪を落とさなければなりません。

 さりとて、ビニールを張ったため、危険すぎて屋根に上って落とす事はできません。

 仕方なく、翌25日、梯子をかけて、柄を長くしたスコップを使って屋根の上端の雪庇を切り落とす事にしました。

 以前にも書きましたが、先にこの部分をカットしてから送風すべきでした。

OT|PQ|.jpg

 @とAは何とか切り落とす事ができましたが、Bはデッキの屋根の雪に阻まれて落とせませんでした。

 するとどうでしょう!雪庇を切り落とした2分後に北西側の屋根の雪が落下し始めました。
 この写真には写っていませんが、@の(尾根に)線対称部分の雪庇を切り落とした20分後に南東側の屋根の雪が落下し始めました。北西側よりも時間がかかったのは、Bを切り落とせなかったからだと思います。

06-01-ochitaga-minami.jpg

 雪庇を切り落とせなかった部分がしっかり残っています。

              (続く)
 
 
 
 

 



posted by tosshy at 10:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png