2007年03月21日

過去?との決別

 もう大丈夫
     001-riki-2.jpg
 珍しくカメラを見ていてくれました。


 今から思えば実に愚かな考えであるが、現役時代は、将来論文でも書くかもしれないと、仕事関係のメモや資料をかなり残していた。

 それを引越しの度に運んでいたわけで、その都度..ヨメに「どうせ無駄だから早く処分しなさい」と言われていた。

 さすがに50歳ころになると、論文を書く意欲や気力はすっかり消え失せ、膨大なメモや資料が完全にお荷物になり、..ヨメからことある毎に強く処分を迫られるようになった。

 かくして、定年の3年くらい前から、それらのメモや資料を暇をみてはシュレッダーにかけて処分していた。

 それでも、2年前に再任用期間が終了したとき、新たなメモや資料がダンボールに数箱もあった。

 職場を去るまでに処分し切れなかったものは、退職後自宅で数ヶ月かけて処分した。同時に仕事関係の書籍も大部分処分した。 ...はずだったが、今回二階の空き部屋を整理したらまだ残っていた。

 次回の燃えるゴミ?     
     001-sigotono-honn.jpg

 この3月で共済の任意継続期間が終わり、元の職場との関わりが無くなる。

 スーツ以上に..ヨメから強く処分を迫られているのが、仕事関係の書籍類である。今後も、それらを手にする機会はまずないと思うし、これを機に、処分したいと考えている。

 淋しさが全く無いといえばウソになるが、過去(仕事)?と決別する節目にしたい。

 よろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"






 

 
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png