2007年03月23日

さようならワープロ

 ようやく仕事関係の書籍類がなくなりました。

 次に処分しなければならないゴミはワープロです。

 ワープロを初めて買ったのは昭和の終わりころだったと記憶しています。以来、合計5台買いました。

 最初に深く考えないで(というより知識のないまま)パナソニックを買ったため、年賀状作成用に買ったシャープ1台以外は全てパナソニックです。まだ3台残っていました。

 お疲れ様でした
     000-wa-puro.jpg
 まだまだ使えるのに...。

 当時の職場は、官物はごく一部の者に限られ、ほとんどが私物の持込み(しかも許可制)でした。
 主流は東芝(ルポ)か富士通(オアシス)でした。

 最初のころは、以前の定型書式に合わせて打ち込むだけでしたので特に問題ありませんでした。

 しかし、数年後お上から「これを使え」とルポとオアシス用の書式が下りてきました。

 私が使っていたパナワードは他機種との互換性がなく、官物は全員には支給されません。さりとてルポやオアシスを買うのも癪だったので、「準じた書式」ということでパナワードで作成した書式で押し通しました。

 辞める数年前になってようやく官物のパソコンが支給され、一太郎(WORD?)を使うよう指示されましたが、慣れ親しんだワープロに愛着があり、結局、退職(平成17年3月)するまでワープロを使い続けました。
 
 10年前から自宅ではパソコンを使っていますが、仕事には一度も使いませんでした。

 ワープロでも書類を作成する上で別に支障はありませんでしたが、印刷速度が遅いのが難点でした。
 また、最後の1年間は、感熱紙もインクリボンも支給されなくなったため、仕方なくそれらを自分で買っていました。

 ともあれ、ワープロには長い間本当にお世話になりました。

 もしよろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"



 
 



 
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png