2007年05月04日

豚肉と胡瓜

 当ブログ4月20日「酢豚OR素豚?」の後日談です。

 一流?中華レストランK(Gホテル2F)の酢豚の具が豚肉と胡瓜だけだった事がどうしても納得できなかったので、確認の為Gホテルにメールで照会しました。

 すると、数時間後Gホテルの食堂支配人から丁寧な回答が届きました。要約するとつぎのとおりです。

 『弊レストランは昭和42年から北京料理を用意している。
 北京料理の酢豚は、豚ヒレ肉の拍子切り、野菜は胡瓜のみを使ったシンプルなもので、弊レストランでも同じである。日本でなじみの深い角切りの豚肉に数種類の野菜を使った広東風とは異なる独自のスタイルで出している。
 他店と違う酢豚に関して詳しい説明をしなかった点をお詫びする』

 これで、あの酢豚(素豚?)がその店の酢豚に間違いないことがはっきりしました。しかし、もしあのとき詳しく説明を受けていたら絶対注文しなかったと思います。北京風でも広東風でも、具が豚肉と胡瓜だけではシンプル過ぎます。

 念のため、インターネットで北京料理酢豚のレシピを調べましたが、豚肉と胡瓜だけという記載は見当たりませんでした。また、酢豚の具に色んな野菜を使った北京料理専門店がいくつもありました。

 40年間、(酢豚に関して)忠実に独自のシンプル路線を続けているKはある意味立派です。よほど味に自信があるのでしょうね...。興味のある方はぜひ一度食べてみてください。自信を持ってお勧めしません。

 ど根性タンポポ?
      1100-tanpo.jpg
 大根ならど根性と呼ばれますが、タンポポにとってはごく普通のことですね。

 ..ヨメ情報 

 無事チョップが終わったそうです。ただ、血管が硬くなっている為針を刺すのが大変だったそうです。あと3回もあるのに大丈夫でしょうか?

 今日、初めて病室の..ヨメと画像を使ったメッセンジャーを試しました。何とか画像は送受信できましたが、音声がうまく繋がりませんでした。設定がまずかったのか、速度が遅いからか...。課題が残りました。


 もしよろしかったら、クリックしてください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 

 


今年のGW

 1998年にニセコに家を建てた翌年から、毎年GWは必ずニセコで過ごしていましたが、今年は..ヨメが体調を崩したためやむなく札幌です。

 代わりに娘夫婦がニセコに行っています。

 親の窮状を見かねてわざわざ家の様子を見に行ってくれた感心な子供!と言いたいところですが、動機はそんなに美しくありません。

 早い話、無料の宿泊施設を利用しリゾート気分を味わいたいであろうことは見え見えです。あのデッキで、美しい羊蹄山を眺めながら焼肉を食べ、温泉巡りをするに違いありません。羨ましい限りです。

 しかし、ズーッと締め切ったままだった家に風を通してくれるし、帰りに美味しい水を沢山汲んできてくれるそうですので、お互いの利益が一致したってことで納得する事にしましょう。
 
 ..ヨメ情報

 まだ痰が切れないそうですが、体調はかなりよさそうでした。明日は予定通りチョップです。

 ネコヤナギ     

      001-nekoyanagi-1.jpg

      003-nekoyanagi.jpg

 いつの間にかこんなになっていました。

 もしよろしかったら、クリックしてください。


ブログランキング"banner_02.gif"


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。