2007年08月30日

看板の次は斜面階段の補修

 取り付け道路を約30メートル進み、緩やかな斜面を数メートル下ったところに我が家があります。

 その斜面には家を建てたときに設置した階段が有ります。
 
 数年前から土留め用の木が腐り始めましたので、毎年1、2本取り替えています。

 最初は、業者が残していった焼き杉の丸太を使いましたが、それがなくなってからは自然木を利用しています。

 複雑に曲がっている為作業は少し技術?を要しますが、自然木ならではの趣があると評判は上々です。

 ただ、ほとんどが白樺ですのでとても腐りやすく、そのまま使うと1年で駄目になります。

 しかし、しっかり皮を剥いで防腐剤を塗っておくと3、4年は持ちます。白樺の美しい模様を生かせないのが残念ですが、屋外で利用する場合は仕方がありません。

 準備OK        
      1-jyaridome-jyunnbi.jpg
 昨年秋の段階で3本駄目になりましたので、雪が降る前に近くの林に行き、倒木の中からから適当な大きさの木を見つけて確保しておきました。2本が白樺、1本はイタヤカエデ。

 上り
      004-jyaridome-nobori.jpg

 下り      
      003-jyaridome.jpg

 作業の中で大変なのは皮むきです。道具が鉈しかありませんので・・・。今回全工程は二日半でした。

 もしよろしかったら、ブログランキングにご協力を・・・。
 左欄外の『人気ブログランキング』をクリック願います。
 





posted by tosshy at 23:26| Comment(4) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。