2007年09月26日

牛乳パックを小さくする方法

 我が家は結構牛乳を消費しています。3人家族ですが、平均すると1リットル入りのパックを二日に3本は買っています。

 ですから、あっという間に空パックが溜まってしまいます。

 しかし、我が家の場合、薪ストーブの着火材に利用していますのでゴミとして処分する事はありません。

 * 薪ストーブのマニュアルによると、牛乳の紙パックにはワックスがあるので好ましくないそうです。しかし、10年間使っていますが今のところトラブルはありません。

 これらのパックをリサイクルに出すときは、洗って、開いて、乾かして...だと思いますが、着火材として使うときは、空間を残したままの方がいいので、今までは洗って乾かしただけでした。

 問題は、かさばる空パックの保管と(ニセコへの)移送です。

 ..ヨメが入院している間に、物置が空パックで一杯になりましたので、早くニセコへ持って行かなければなりませんが、1回に運べるのはせいぜい30個です。

 大量に運ぶ為には小さくする必要がありますが、開くためには、縦一箇所と、底の部分を3辺切らなければならず結構手間がかかります。(特に縦の部分は鋏でも包丁でも切りにくい)。

 しかも、着火材として使いにくくなるし...。

 そうか、開かないで潰せばいい!

 底の部分を... 
      0001-soko-kiru.jpg
 3辺切り、上部の開け口を押し開くだけで小さくなります。しかも、底の部分だけなら安全かつ簡単に切れます。

 150個
      0002-140.jpg
 包丁片手に格闘すること30分。物置を占領していた空パックがこんなに小さくなりました。
 全部で150個もありました。

 もしよろしかったら、ブログランキングを応援してください。
 あなたのワンクリックをお待ちしています。


ブログランキング"banner_02.gif"


  

 

 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。