2007年11月30日

灯油難民ッて?

 八十路越え 酸漿(ホオズキ)鳴らす とき持てり

      112-appu.jpg
 
 13年前に他界した母が詠んだ句です。朝日歌壇に入選したとか。

 ホオズキを見るたびに思い出します。



 今冬の灯油の高騰ぶりは異常です。

 先日、契約している会社から、『12月1日以降1リットル92円になります』と連絡がありました。

 10月が79円、11月が83円でしたから、この2ヶ月で13円の高騰です。

 各家庭では、室温を下げる、厚着をする、ガラス窓に断熱シートを貼る、カーテンを厚手にする、風呂は続けて入る等など、色々と自己防衛策を講じているようです。

 今日もテレビで、

 『灯油高騰の影響か、最近、灯油難民と呼ばれる、日中、デパートや大型商業施設で時間を潰している、一人暮らしの高齢者が増えている』

と伝えていました。

 以前から、当てなく地下鉄に乗っていると思われる高齢者や、デパートなどの開店と同時に入店し、ぶらぶらと時間を潰している高齢者はいたと思いますが、向寒灯油の高騰で更に増えたということでしょうか・・・。

 長男にこの話をしたら、

 『お父さんも散歩がてらサンピに行ったら?お友達が沢山いるよ』

と、言われました。

 サンピとは、2キロほど離れたところにある大型商業施設のことです。

 そう言えば、・・ヨメは明日も昼前からお出かけ(今日は定期健診、明日はお友達とホテルで会食)だし、オニギリでも持ってサンピに出かけますか・・・。

 古希近し 今日も一人で お留守番 

 なんだか侘しくなりますね・・・。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"




2007年11月29日

他人事ではありません

 サインボール       

      13-sainn.jpg
 誰のサインか分かりますか?
 もちろん、本人の直筆ですよ。
 


 先日あるテレビで、定年前後の中高年層が被害に遭いやすい危険な罠として、海外移住(あるいはロングステイ)と自費出版を取り上げていました。

 永年の夢だった海外生活をするため、斡旋業者に勧められるままフィリッピンに移住したところ、契約内容が全く違い、新築した家もとんでもない欠陥住宅。
 しかも、早期退職し日本の財産を処分したため帰りたくても帰れないケースや、

 自費出版を持ちかけられて数百万円騙し取られたケース

などを紹介していました。

 どちらも、他人事とは思えませんでした。と言うのは、

 海外移住までは考えていませんが、目下ロングステイを計画中ですし、

 自費出版をする気は全くありませんが、もし誰かに、

 『貴方のブログは素晴らしい。感動しました。このままではもったいないので本にしませんか?』

などと言われたら、その気にならないとも限りません。

 実は、昨年秋、あるテレビ局から『鬼嫁テーマ』で取材の打診があったとき、正直言ってちょっぴり舞い上がったことがあるからです。

 その時の反省もあり、先日あるテレビ局のディレクターなる人から、拙ブログのコメント欄に、

 『年末に3時間生放送で行う年金問題の討論会に視聴者の一人として参加しないか』

とコメント?がありましたが、無視を決め込みました。

 なぜなら、私に参加を求める理由が全く書かれていないからです。

 胡散臭いとうか、失礼だからです。

 なお、そのディレクター氏からはその後一切連絡はありません。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 

 







2007年11月28日

代スト?何と手回しのいいこと・・・。

 朝9時、メーカーのサービス係に電話すると、『午後2時に伺います。多少前後するかもしれませんが・・・』との事でした。

 午後2時、時報と同時に若い(といっても30歳くらい?)修理担当者がやってきました。電波時計並の正確さです。

 彼は15分ほど丁寧にストーブの状態を調べ、次のように説明してくれました。

 『別に異常音はありませんね。燃えが悪いのは、燃焼部付近の送油パイプの目詰まりが原因だと思います。煤がカチカチにこびり付いているはずです』

 『対処方法は、とりあえずこびり付いている煤を削り取るか、分解掃除をするか、どちらかです』

 『ただ、煤を削り取るのはあくまでも応急措置ですし、消耗している部品もありますので、長い目で見たら分解掃除の方がいいと思います』

 『費用は(外税で)応急措置は8000円。分解掃除は26000円と部品代です』

 買ってから3年間一度も分解掃除をしていなかったし、この際分解掃除をすべきだと思いましたが、今の時期に何日もストーブなしだとそれこそ大変です。

 しかし、私が躊躇していると、

 『代わりのストーブを用意していますよ』

と言うではありませんか。

 代車ならぬ代ストとは・・・。

 だったら断る理由がありません。

 抜け目がないと言うべきか、商売上手と言うべきか。

 まさに、彼の術中に嵌まった感じです。

 こうでなくっちゃ
      111-nekoneko.jpg
 代ストを一番喜んだのはおネコ様かもしれません。
 昨日は、さっぱり暖かくないストーブの前で丸くなっていましたが、まるで別ネコのようなスタイルです。


 極楽極楽 
      1212-neko-rira.jpg
 ちょっと、リラックスしすぎじゃない?

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。
 
ブログランキング"banner_02.gif"



 

2007年11月27日

さあリキ、札幌に戻るよ。

 今朝の羊蹄山
      012-yote.jpg
 微かに裾野が見えるだけです。昼過ぎから所によって雨か雪だそうです。急いで出発しなくっちゃ。

 リキも一緒です
      
 とても一人?だけニセコにおいて札幌に戻ることはできません。
 しばらく一緒にニセコと札幌の間を行ったり来たりすることになるでしょう。

 今度来る時は?     
      016-saraba.jpg
 屋根の雪はすっかり落ちました。しかし、一ヵ月後はどうなっている事やら・・・。


 寒い、寒い 
      1-neko.jpg
 ニセコの家から札幌の家に戻るといつも寒く感じます。

 札幌の家が相当古いので仕方がないと半ば諦めています。しかし、今回はそれだけではありませんでした。

 居間の石油ストーブの調子が悪く、室温が17度までしか上がらないのです。ニセコの家よりも10度以上低い!

 燃焼部の煤を取り除き、ファンの埃を掃除し、ゴムホースの空気も抜きましたが、微小でしか燃えません。

 ・・ヨメは分厚いセーターを着たままだし、おネコ様はストーブの前から離れようとしません。

 灯油が異常に高騰したこの折、無駄に燃やすなと言う神様のお告げ?かもしれませんね。

 しかし、考えてみれば、我々が子供の頃、本州では暖房はコタツと火鉢だけでした。

 しかも、建付けが悪く隙間風が容赦なく入ってくるため、室温はせいぜい12、3度だったでしょうか。

 ですから、一度コタツに入ってしまうとトイレ以外は出たくなくなり、誰かが出るとチャンスとばかり、

 『●●持って来て、△△持って来て』と頼んだものです。

 とは言え、やはり寒い!

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 

 

2007年11月25日

冬支度がようやく終りました。

今日の羊蹄山
      11-youtei.jpg
 幻想的な姿でした。

 落下
      1111-rakka.jpg
 昨日に続いて今日も気温がプラスになりました。
 (最高気温が昨日は1.9℃、今日は5.8℃:倶知安測候所)
 雪が落ちにくい我家の屋根も、これだけ気温が高くなると落下します。

 それでも、

 しぶとい!        

      1122-tani.jpg
 谷の部分はなかなか落ちません。
 豪雪地帯で家を建てる場合、絶対避けるべき形状だと思います。

 あれは何?
      14-hata.jpg
 道路端の看板を仕舞ったため、車をバックさせる時の目印がなくなりましたので、ナイロン製のオレンジ色の袋を使って旗を作りました。

 今の時期はまだ必要ありませんが、積雪が増えてくると何か目印がないと、バックは大変です。

 全てが真っ白で、道路と雪の壁の区別がつかなくなり、山勘で20メートルもバックすると2、3回は雪の壁にぶっつかってしまいます。

 ただ、この高さだと正月に来る頃は埋まっている可能性がありますので、もっと高くしなければならないかもしれません。

 ガード
       13-ga-do.jpg
 壁から長く突き出たボイラーの排気筒が困ったチャンです。
 毎年のように屋根の雪庇が落下し、ダメージを受けるからです。

 排気筒が曲がったり凹んだりすると、当然燃えが悪くなります。
 その程度なら未だいいのですが、一度、屋内の接続部分が外れていることに気づかず、排気ガス中毒になりかけたことがあります。

 今年は、例年よりも早く大雪に見舞われたため、準備不足でした。
 仕方なく古い雪はねを二つ組み合わせて作ってみました。

 どう考えても強度不足は否めず、春まで持つかどうか心配です。
 が、ないよりはましか・・・。

 やっと間に合いました 
       16-maki.jpg
 我が家の場合、冬支度でもっとも大事なことは薪の準備です。
 
 1、2年間乾燥させた丸太を、春から秋にかけて、チェーンソーで35センチの長さに切り、斧で適当な大きさに割り、デッキの下に積んでおきます。

 それを、雪が降る前にデッキに上げて積まなければなりません。

 以前は薪をダンボール箱に入れて運んでいましたが、階段の上り下りが大変ですので、デッキの上と下に分かれ、薪を1本ずつ投げ渡すことにしました。

 投げ手と受け手のチームワーク、タイミングが重要ですが、慣れれば非常に能率的です。

 今日は、約1時間で写真の1.5倍程運びました。

 もちろん、久しぶりに心地よい疲れが残りました。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"





 

 


2007年11月24日

重宝しています、リキ用スロープ。

 11月14日
      09-suro-pu.jpg
 後ろ足が悪かったリキのために作ったスロープです。
 リキがいなくなったので、今回撤去するつもりでしたが・・・。

 11月23日
      132-suro.jpg
 モタモタしているうちに毎日のように雪が降り、このようになってしまいました。

 これからでもその気になれば撤去できなくはありませんが、今シーズンはこのまま残す事にします。

 というのは、このスロープが我々にもとても歩きやすいからです。

 傾斜が緩やかだし、途中に滑り止めがあるため雪があっても滑ににくく、今までの階段よりも楽に上り下りできます。

 やはり、年寄りに急な階段は禁物です。負担が大きいし、何よりも危険です。

 今シーズン使ってみて、快適だったら来年は本格的なスロープを作る事にします。

 アンヌプリ、15:35
      14-annnu.jpg
 我らの裏山アンヌプリに太陽が沈むところです。


 羊蹄山が久しぶりに美しい姿を見せてくれました。

 8:43
      1-yo.jpg
 今日こそ晴れてくれないかな・・・。
 朝方、ちょっぴり顔を出してくれましたが、すぐまた雲に隠れてしまいました。しかし、

 15:45
      18-yotei-yuki.jpg
 買い物から帰ってデッキに出てみると・・・ばっちりです!

 16:01
      16-youte-yu.jpg
 16分後、夕日が当たるところが紅く染まりました。

 16:02
      116-yotei-aka.jpg
 そのアップ。目を凝らして見ると避難小屋が・・・。

 16:34
      15-youte-kuraku.jpg
 あっという間に暗くなりました。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"


2007年11月22日

やはり根雪になりそうですね。

8時15分
      11-buru.jpg
 今日も朝から雪。大型ブルが公道を除雪しています。それが終ると小型のブルが来て私道を除雪してくれます。


 10時30分
      123-youte-nai.jpg
 時折薄日が差しますが、もちろん羊蹄山は見えません。


 15時3分
      14-youtei.jpg
 このまま晴れるかなと期待しましたが、数分後には又雪が降り出しました。

 こんな一日でしたから、今日も散歩はパス。
 冬支度もお預け・・・。
 参った、参った。

 なお、ニセコ・マウントリゾート・グラン・ヒラフのHPによれば、明日ヒラフスキー場が一部オープンするそうです。


 ストーブとおネコ様
      15-neko-suto.jpg
 猫はその部屋で一番快適な場所を知っています。

 あるときはソファ−の上に、あるときは床暖の上に、はたまたあるときは日当たりの良い窓辺の座布団の上に・・・。

 押入れで寝ていて体が冷えたのでしょうか、いつの間にかストーブの前に・・・。

 静かに揺らめく炎をじっと見つめています。
 おネコ様も薪ストーブの優しい暖かみが好きなんですね。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"



2007年11月21日

気分はCHIANGMAI?

 今日の羊蹄山
      11-yote.jpg
 朝、少しだけ顔を出しかけましたが・・・。

 吹雪の中の散歩
16-sann.jpg
 午後,雪が止んでいたので二人で散歩に出かけました。
 しかし、100メートルも行かないうちに急変し吹雪になりました。
 

 近道をしたのはいけれど・・・
      17-hubuki.jpg
 ・・ヨメは『引き返そう』と言いましたが、折角散歩に出たのだからと強引に続行。
 
 吹雪は益々強くなります。しかも、風に向かっていたため後ろ向きに歩かなければなりません。

 結局途中でギブアップ。

 同じ道を引き返すのはしゃくだったので、林を横切る近道をしました。

 が、林の中は思ったよりも雪が深く、冷たい雪が容赦なく長靴の中に入ってきます。

 吹雪の為方向感覚もあやしくなります。

 もちろん、熟知した狭いエリアですので、少し歩けば見覚えのある建物にぶつかります。

 危険は感じませんでしたが、近道は明らかに失敗でした。
 


 Capital of the north
14-chennmai.jpg
 ふと見ると、・・ヨメがこれを着ていました。

 昨年タイに行った時買ってきたTシャツです。
 彼女は冬ニセコの家ではほとんど半袖で過ごしいています。

 室内の温度はいつも28〜29度。

 もちろん、床暖房も常時入っています。
 
 ですから、冬我が家を訪れた人は口を揃えて、

 『暑すぎない?!』

と仰います。

 が、彼女曰く、

 『そう?私の快適温度は25〜30度なの』


 北海道生まれは寒がりで暑さに弱い、とよく言われています。

 しかし、彼女の場合、寒さは苦手ですが暑さは平気らしく、南国に行く事は全く苦にならないとか。

 もっとも、冷房があってのことですが・・・。

 次男が送ってきたチェンマイのアパートのカタログを眺めていると、日増しに気分が高揚してきます。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。
 
ブログランキング"banner_02.gif"



 
 

 

 

 






やはり運動不足になります

 今日は朝から気温がグングン上がり、雪から霙、そして雨になりました。

 因みに今日の最高気温は5.5度(倶知安測候所)でした。

 お陰で屋根の雪が落ち始めました。
      
 落ちる瞬間      
      11-rakka.jpg

 いつも南東側の雪は早く落ちますが、北西側は

 なかなか落ちない
      15-ochinai.jpg
 特に、気温が高く粘り気がある雪はしぶとくしがみ付いています。

 なお、なかなか落ちてくれない雪との戦いは当ブログの『雪の国から・・・その1乃至26』に詳しく書きましたのでご覧ください。

 今日の羊蹄山
      14-you-kumo.jpg
 夕方、久しぶりに姿を現してくれました。

 今日の羊蹄山・・2 
      13-youtei-yuuyajk.jpg
 見る見るうちに雲が赤く染まりました。



 ニセコに来てから・・ヨメと一緒に散歩したのはまだ1回です。

 その後毎日吹雪きが続いたため・・・と言うのは単なる言い訳に過ぎません。

 もしリキがいたら、『そんなの関係ねえ』

と言われそうです。

 しかし、・・ヨメは、何を思ったのか、霙が降る中約1キロ離れた友人方まで歩いてお茶を飲みに行きました。

 帰りはきっと『迎えに来て』と電話してくるだろうと思っていましたが歩いて帰りました。

 今までだったら、100メートル離れた所にだって車で行っていたのに・・・感心なことです。

 一方私は、家の周りで冬支度をしただけ・・・。どう考えても運動不足です。

 今日の歩数ですか?

 分かりません。

 と言うのは、作業中ベルトに付けていた大事な万歩計を落としてしまったからです。

 もちろん探しましたが見つかりません。雪の中に物を落とすと、まず春まで出て来ません。

 何とかしないと・・・。このままだと絶対運動不足になります。

 よろしければ、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"



 


2007年11月19日

急いで冬支度しなければ・・・

 今日も羊蹄山は
      111-youte.jpg
 見えませんでした。
 冗談ではなく、根雪になるかもしれません。

 オーリスは。。。
      112-kuruma.jpg
 真冬なら珍しくありませんが、今からこの調子だと先が思いやられます。もちろんタイヤはスタッドレスにしましたが、ワイパーは冬用に取り替えるのを忘れました。

 デッキの板を。。。 
      113-dekki.jpg
 雪が解けそうもないので、急遽、(デッキの屋根の)雪が落ちるところのデッキの板を取り外しました。
 案の定今朝の冷え込みでがっちり凍り付いていましたので、お湯を掛けてバールで起こしました。

 なんでこうなるの?
      komatta-riki.jpg 
 以前一度アップした写真です。
 数年前、未だ元気だったリキが、板を取り外した直後、裏側の階段を勢い良く駆け上がったまでは良かったのですが、あるはずの板がなかったため、身動き取れなくなった様子です。
 デッキの板を取りはずすたびにこの光景を思い出します。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"



2007年11月18日

リキの最後の贈り物?

 よく降ります  
      12-yuki-yuki.jpg
 朝から吹雪模様。ひょっとしたら、このまま根雪になるのかもしれません。

 今日の羊蹄山?
      14-youte.jpg
 もちろん見えません。

 これはどうでしょう?
      11-turu-ume.jpg
 昨日ゲットしてきた蔓梅モドキの大き目の枝を、・・ヨメが和室に飾りました。


 チェンマイ、ロングステイプランが急浮上してきました。

 タイ在住の次男とのやりとりです(ライブメッセージ)

 『リキ2号の話どうなった?』(次男)

 『悩んでいます』(私)

 『どうして?』(次男)

 『今のペットは長生きなので、もしそれが要介護になったら大変だし、自分達で最後まで面倒見ることができないかもしれない。それに、ペットがいると旅行に行くのも大変だし・・・』(私)

 『リキ2号も、旅行も大切だよ。何をするにしても、体が自由に動くときだよ』(次男)

 『それは分かっているけど・・・』(私)

 『だったら実行あるのみ』(次男)

 『しかし,冬は長期間ニセコを空けられない』(私)

 『それなら、冬が終った3月から4月にかけて旅行し、その後でリキ2号を考えればいい。もしまたタイに来るのだったら、サービスアパートを借りてロングステイするといいよ。チェンマイなら、バンコクより安いし、日本人も多く生活しやすいみたいだよ』(次男)

 このことを・・ヨメに話すと、すっかり乗り気になってしまいました。

 『旅行するなら今のうちです。きっとリキの最後のプレゼントだよ』(次男)

 『リキの最後のプレゼント?』(私)

 『リキは、自分のせいでお父さん達が旅行に行くのが大変だと分かっていたに違いない。だから、お父さん達が元気なうちに旅行をさせてやろうと考えてあのような形で天国に行ったのだと思うよ。リキのこの気持ちを無駄にしたら可哀想だよ』(次男)

 なるほど、そういう考え方もあるのか・・・。

 ・・ヨメに話すと、頷きながら、

 『私もそう思う。だって、いつもリキの前で”お前がいるから何をするのも大変なんだよナ”と話していたでしょう。それを聞かされる度に心を痛めて悩んでいたんだきっと。リキのためにもロングステイするしかない!』

と言うではありませんか・・・。こりゃあ大変なことになった!

 私同様リキの激しい痙攣発作をみている長男は、リキ2号の導入に慎重ですが、次のような注文を付けてきました。

 『まあ、お父さん達が決めることだけど、ペットショップでは絶対買わないでください。これまで我が家で飼ってきたペットは、全て迷い込んだ猫や親猫からはぐれた生まれたばかりの子猫,飼い主の都合で飼えなくなった犬でしょう。どうせ買うなら今度もそういう犬にしてほしい。ネットで里親を探している犬を調べたらいいよ』

 長女も、我々がペットロス症候群になったり、運動不足で健康を害す事を心配し、リキ2号の導入を勧めてくれます。

 かくして、来年3月から4月にかけてのチェンマイロングステイ、その後でリキ2号の導入という方向に話が進み始めました。

 贈り物をしてくれたくらいだから、きっとリキは許してくれるは思いますが・・・。

 思い出の品
      15-omoide.jpg
 リキ用の首輪、胴輪、引き紐です。
 綺麗に洗いました。大切に取っておくつもりです。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"



 

 
 

 

 

2007年11月17日

リキ2号を、と勧められていますが・・・。

 ツルウメモドキ(蔓梅擬)
      1-turu-ume.jpg
 立派な枝ぶり?ですね。山葡萄同様雌雄異株だそうです。
 場所ですか?もちろん内緒。

 いかがでしょうか?    

      5-gennkann.jpg
 デッキの出入り口の横に飾ってみました。


 今日のおネコ様
      3-neko.jpg
 お気に入りのポジションで、雪景色を見ながら物思いに耽っている後姿には哀愁が漂っています。


 早いもので、リキが突然逝ってから4日が経ちました。

 我々がペットロス症候群になることを心配し、子供たちは、

 『リキ=ニセコ=リキだよ。早くリキ2号を考えなさい』

と,言ってくれます。しかし、

 『初七日も過ぎていないのに、何と不謹慎な!それではリキが可哀想過ぎる!!』

などとは思っていませんが、この夏に痙攣発作を起こしてからのリキを間近に見てきた者としてはどうしても躊躇ってしまいます。

 以前から、『また犬を飼うならラブ』と決めていましたし、大型犬の介護は本当に大変です。

 また、ペットがいると旅行するとき何かと制約されます。

 しかも、最近のペットは長生きですので、下手をするとペットを遺産にする事になるかもしれません。

  ただ、・・ヨメは、

 『長期旅行はせいぜい年に1回だし、留守番は子供に頼めばいい。それよりも、毎日の充実した生活が大切じゃない?』

と、かなり心がぐらついています。

 当分私の葛藤が続きそうです。


 今日の羊蹄山
      222-yo.jpg
 視界を遮っていた大木の葉が落ちたため、右側の裾野も見えるようになりました。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"





 



2007年11月16日

運動不足解消は大変です

 リキと歩いた散歩道
      1-sannpo.jpg
 前方に見えるのが我らが花園地区の裏山?アンヌプリ(1308m)です。この山の周囲にグラン・ヒラフ、ニセコ東山、ニセコアンヌプリなどいくつものスキー場が点在しています。

 日課だったリキとの朝夕の散歩がなくなったため、このままではどうしても運動不足になります。

 さりとて一人でただ歩くのもつまらないし、ダメモトで・・ヨメを誘ってみました。

 すると、意外や意外、『いいよ』と快諾。

 そうか、彼女も運動不足なんだ。

 散歩する時はいつもリキと一緒でしたので、この道を二人で歩くのは初めてかもしれません。

 一周約2キロのコースですが、リキとの思い出を噛み締めながらゆっくり歩きましたので、40分もかかりました。

 今日の歩数は約7000歩。目標の10000歩には遠く及びませんでした。朝の散歩だけでは目標達成は困難のようです。

 やはり朝夕2回必要か。ちょっと大変だな・・・。

 今日の羊蹄山
       2-kyou-you.jpg
 雪雲の切れ間からチラッと美しい姿を見せてくれました。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。


ブログランキング"banner_02.gif"




 
 
 

雪が降ると思い出します。

 今日の羊蹄山?
      1-yuki.jpg
 天気予報が当たりました。朝起きると一面の銀世界です。
 残念ながら羊蹄山は見えません。

 15時現在、我が家(標高300メートル)の積雪は15センチです。因みに、倶知安測候所(標高176メートル)が発表した積雪は7センチです。やはり山は雪が多いですね。

 リキは雪が大、大、大好きでした。生きていたらきっと大喜びしたのに・・・。


 リキと・・ヨメ
      2-riki.jpg
 約1年前(12月3日)の写真です。三人?で散歩しました。

 
 はいポーズ
      3-riki-2.jpg
 寒さなんかへっちゃらです。
 
 頑張ってます
      5-riki-4.jpg
 棒投げ遊びが大好きで、棒がないときは自分で調達してきて、『さあ、投げて!』と要求していました。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいネ。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"


2007年11月14日

ペットロス症候群?

 昨日(11月13日)、午後2時過ぎに札幌の家を出発し、ニセコに向かっていました。

 40分くらい走った頃、いつもはトランクの中で静かに寝ているリキが、なぜかゴソゴソ動き回っています。

 変だな?どうしたのかな?

 それから5分も経ったでしょうか、

 突然苦しそうなうめき声を発してドサッと倒れる音が聞こえました。

 また癲癇発作が起きたのか?

 しかし、癲癇発作の場合は倒れた後痙攣で激しく震えますが、今回はコトリとも音がしません。

 『変だよ。様子を見よう』(・・ヨメ)

 直ぐ車を止めてトランクを開けるや否や、・・ヨメが叫びました

 『お父さん、リキが死んでる!!』

 驚いて、リキの胸に手を当てると動悸が伝わってきました(伝わってきたよう感じました)ので、

 『心臓動いているよ』(私)

 『良く見てごらん。絶対死んでるから!』(・・ヨメ)

 リキの頭を持ち上げようとしましたが、力なくダランと下がりました。

 まさか、

 今度はリキの胸に耳を当てました。

 すると、さっきは伝わってきた動悸が聞こえませんでした。

 心臓麻痺?

 『やはり死んでるみたい』(私)

 すっかり取り乱した・・ヨメ、

 『リキ!お前どうして死んじゃったの!!』

 一瞬動物病院に担ぎ込む事が頭を掠めましたが、

 『もう心臓マッサージしてもダメだよね。うちはペットにそこまではしないよね』(・・ヨメ)

 『そうだね』(私)

 辛い決断でした。


 問題は、そのままニセコに行くか、札幌に引き返すかです。

 しかし、まだ札幌市内だし、子供たちにもお別れをさせてやりたかったので自宅に戻る事にしました。


 寝ているの?
      011-yasuraka.jpg
 いつも寝ている場所に安置してやりました。とても安らかな表情で、今にもむっくりと起き出してきそうです。

 長男が、菊の花とリキが大好きだったアンパンを買って来てくれました。

 先日一時帰国しタイに戻った次男から、

 『きっとリキは僕の帰国を待ってくれていたんだね』 

と、メッセージが届きました。

 そうかもしれませんね。

 あるいは君がリキとお別れをするために帰ってきたのかも・・・。


 リキの亡骸を前にして・・ヨメとの会話。

 『リキは、我々の為に気を遣って逝ってしまったのかな』(私)

 『そうだよきっと。リキの前で“お前がいるから海外旅行に行くのが大変なんだ”と話したからね』(・・ヨメ)

 また、リキが歩けなくなった時の介護を覚悟していましたが、その必要がなくなりました。

 『親孝行だよね』(私)

 『そうだね』(・・ヨメ)

 もちろん朝まで部屋の明かりは消さないでおいてやりました。

 お別れ
      02-owakare.jpg
 出棺?の10分前です。おネコ様が神妙な顔でリキを覗いています。きっと、最後のお別れをしているのでしょう。

 リキの煙・・・
      03-kemuri.jpg
 長女が火葬場まで来てくれました。
 
 リキが窯に入れられ、重い鉄の扉が閉められたときは・・・
 

 無事に火葬が終った後、その足でお骨と一緒にニセコに向かうつもりでしたが、大事な忘れ物に気づきました。

 なんと、バタバタしていたため、おネコ様を乗せてくるのを忘れていました。
 

 ニセコへの道
      08-youtei.jpg
 リキと一緒に何度も通った道です。

 『リキ、見てごらん羊蹄山だよ』

 ニセコの我が家
      07-huyu.jpg
 僅か3週間ですっかり様子が変わっていました。

 落ち葉の絨毯
      010-ochiba.jpg
 凄い量の落ち葉です。もういらなくなったリキ用のスロープが見えます。これを撤去するのがまた辛いな・・・。

 こんなに小さくなっちゃって・・・
      05-okotu.jpg
 しかし、まだリキが死んだという実感がありまません。
 11年間以上、リキ中心の生活をしてきましたので、この気持ちの整理には時間がかかりそうです。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"


 

 


 

 
 
 



 

 



 

2007年11月13日

リキよ安らかに...

 ありし日のリキ
       1111-riki.jpg
 あまりにもあっけない最後でした。
 今夜は身内だけの通夜。
 明日朝9時、11年10ヶ月過ごした我が家ともお別れです。
posted by tosshy at 18:06| Comment(9) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

良いこともあります。強がりかもしれませんが...。

 初冬の青空
      1100-aozora.jpg
 しばらくぐずついた天気が続いていましたが、今日は朝から抜けるような青空が広がっていました。 

 しかし、予報では明日からまた下り坂で、雪の可能性もあるとか...。

 このチャンスを逃す手はありません。これからニセコに向かいます。

 思い立ったらすぐ動ける。これがカレンダーに予定が無い者の強みです。

 今年は雪が少し遅いみたいですが、行ったらすぐ冬の仕度をしなければなりません。

 ブログを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"



2007年11月12日

昨日の続きです

自転車で近くを流れている野津幌川の両岸の利用状況を見て回りました。

 テニスコート
      13-tenisu.jpg
 土手の上を走っているサイクリングロードの横にあります。
 なお、このコートは..ヨメのホームコート?の一つです。

 ゲートボール場
      14-ge-to.jpg
 最近はパークゴルフに押されてあまり人気がないそうです。テニスコートのすぐ横にあります。

 パークゴルフ場
      17-pa-ku.jpg
 サイクリングロードの両側に広がっています。ここは11月5日閉鎖され、来シーズンに向けてコース整備が行われていました。

 自転車公園
      18-jitennsha.jpg
 ここは子供が小さいときよく利用していました。

 その一方、いわゆる河川敷は、

 未整備
      16-kasennjiki.jpg
 土手は整備が進んでいますが、河川敷は手付かず状態です。昨日書いた畑はこのすぐ近くにありました。

 整備された美しい公園、テニスコート、パークゴルフ場等も結構です。
 
 しかし、マンションや集合住宅に住んでいるため、土いじりをしたくてもできない高齢者の方が多いと思います。

 そのような方のために、河川敷を利用して菜園用の場所を作ってもいいのではないでしょうか?上手に作れば、決して美観を損ねる事はないと思います。

 現に、河川敷ではありませんがサイクリングロードの近くに以前から高齢者の為の畑が設けられています。

 収穫は終わりました
      15-hatake.jpg
 ここは人気が高く、希望してもなかなか抽選に当たらないそうです。

 こんな所で畑を、
 
 危ないですよ! 
      12-sennrosoba.jpg
 もっとも、ここで作っている方は、時々リキの散歩の途中で見かけますが、必ずしも高齢者ではありません。

 多分JRの敷地内だと思います。しかし、道路より1メートルほど高いからか、柵や立ち入り禁止の立て札はありません。

 黙認状態?それとも地権者(JR?)の許可を得ている?

 一方、線路の反対側は、

 keep out
      19-kikenn.jpg
 柵と立札があリます。ただ、この内容では誰が立てたか分かりませんが...。

 よろしかったら、『人気ブログランキング』を応援(クリック)してください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"



 


2007年11月11日

割り切れない気持ち

 あれ?看板を立ててはいけませんよ!
      12-kannbann.jpg
 リキの散歩道の河川敷に立っている看板?です。

 実は、毎年そこで畑を作っている人がいました。

 しかも、とても素人とは思えない見事な畑でした。

 ずーっと長い間黙認状態でしたが、数年前『ここで畑を作ってはいけません』という立て札が立てられました。

 それでも、畑は作られ続けました。

 すると、2年ほど前、その畑に握りこぶし大の大量の砂利が入れられ、この看板が立てられました。

 以来、畑は作られなくなりました。

 そこを通る度に、壊れそうな自転車に乗ってその畑を作りにきていた、今時珍しいほどの粗末な身なりをした老夫婦の姿が思い出されます。

 彼らにとって畑仕事は唯一の楽しみだったに違いありません。

 ところが、非情にも、お上はそれを奪ってしまいました。

 もちろん、ダメな事はダメです。最近社会問題になっている、都会の河川敷を私物化している輩と変わりありません。

 そのことに異論はありませんが、老後の唯一の楽しみを奪われたであろう、あの老夫婦を不憫に思うのは私だけでしょうか?

 よろしかったら、『人気ブログランキング』を応援(クリック)してください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"







2007年11月09日

Congratulation!

 美酒?      
      14-kannpai.jpg
 新さっぽろSホテル32階。

 朝9時過ぎ、隣町の長女から電話がかかってきました。

 『お母さん、貴女の娘が合格したよ!』(長女)

 『良かったね。おめでとう!』(..ヨメ)

 今朝社労士試験の合格発表があり、その報告をしてきました。

 長女は3年前に結婚した後も仕事(情報誌の編集)を続けていましたが、時間が不規則だったため1年ほどで退職しました。

 しかし、専業主婦で終わりたくなかったらしく、『何か資格を取りたい』と一念発起し社労士を目指し始めました。

 練習で(冷やかし半分に)受けた1回目は当然論外の成績でKO。2回目は僅か3点差に泣きましたが、今回3回目(本人の気持ちは2回目)の挑戦で合格する事が出来ました。

 自己採点では合格ラインに達していたそうですが、発表が近づくにつれて不安が...。

 ですから、今朝合格を知らせてきた直後、

 『心配だからお父さんも確かめて』とメールしてきました。

 仕方なく官報のサイトにアクセスして確認しました。もちろん彼女の受験番号が載っていました。

 念のため、それをプリントアウトし、デジカメで写してメールで送りました。

 これで安心しましたか?


 お昼は4人で『祝合格ランチ』だ!!
 
 4人?

 我々夫婦と長女夫婦ですが...何か?

 でも、今日は金曜日では?

 最大の協力者、婿殿が『妻の合格発表日』に合わせて年休をとっただけですよ。

 それを聞いて..ヨメは、

 『優しいね!』

 だって。あえてコメントは差し控えます。

 
 さて、お祝いのランチは長女の希望でイタリヤ料理。しかし、
 
 前菜      
       15-zennsai.jpg
 なんじゃこりゃ!雑草のような葉もの野菜のてんこ盛りだ。ベジタリヤンじゃないぞ!
 若者はこんなものを好むの?

 やっぱ、和食懐石でしょう。年寄りには...。

 
 折角ですから、半年振りに上ったSホテル32階からの眺望を...。

 百年記念塔
       11-hyakunenn.jpg
 小学生がよく遠足に行くところ?近くに開拓の村があります。

 地平線?     
       13-chiheisenn.jpg
 北海道らしい風景です。

 僅かに見える山のアップ
       12-yama.jpg
 夕張方面かな?
 

 よろしかったら、『人気ブログランキング』を応援(クリック)してくださいね。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"




 

 

 
 



 

 

 

2007年11月08日

都会に住む事の難しさ

気持ちは分かりますが...
      08-hikari.jpg
 数日前の北海道新聞の記事です。

 都心のマンション。藻岩山が正面に見えるからそのマンションを買ったのに、目の前に高いマンションが建ったら...。

 一戸建て住宅が建ち並ぶ閑静な住宅地。長い間燦燦と陽光が降り注いでいたのに、南側に高いマンションが建ったら...。

 このように、眺望権や日照権を奪われるとして、新しい高層マンションの建設に反対する住民の気持ちはよく分かります。

 しかし、マンションにお住まいの方の主張には少なからず身勝手さを感じます。

 なぜなら、そのマンションが建つ前から、その後方に住んでいた多くの住民の存在が忘れられているからです。

 この記事もその点への配慮が全くありません。そのマンションの後方の住民にも取材し、その意見も載せるべきだと思います。

 もっとも、そのマンションが透明なら話しは別ですが...。

 私自身、隣の家が南側の目の前(その距離5メートル)に建っているため、毎日圧迫感を感じていますし、陽射しが必要な冬に極めて日当たりが悪くなるため、それが嫌で広い田舎にセカンドハウスを求めました。

 あえて恥を書けば...、

 買う前に図面を見ていますので、家と家の間の距離、屋根の高さが分かっていました。

 札幌(北緯43度)の冬至における太陽の南中高度も分かります。

 で、冬至でもテラスの窓の上半分は陽が差す計算でした。

 ところが、実際に住んでみると、最も条件が悪いときは窓の上部10センチくらいしか陽が差しません。

 計算違い?ありえない?

 理由は簡単です。セキスイハイムが降った雪をそのまま屋根に載せておく構造だったからです。

 つまり、屋根の積雪が50センチなら、窓も50センチ日陰になるということです。

 私のように、目の前に家が建っている事を承知で買っても段々ストレスが溜まります。まして、後から目の前にドカーンと建てられたらブチ切れると思います。

 都会に住む事の難しさを痛感させられる記事でした。



 リキと散歩     
       02-sannpo.jpg
 ニセコでは、時々夫婦でリキと散歩をしていますが、札幌では一緒に出かけることはほとんどありません。今日はカメラを持ってついていきました。

 そういえば、この辺りでも最近一緒に散歩している高齢者夫婦が多くなりました。

 よろしかったら、『人気ブログランキング』を応援(クリック)してくださいね。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"



 

 

 

2007年11月06日

ある老人の一日

 すごい!
      09-kuuki-ma.jpg
 7ヶ月ぶりに空気清浄機の蓋を開けてびっくり!まるで雪が降ったようにフィルターに埃が張り付いています。

      09-2-kuuki.jpg
 掃除機を当てるとほら!
 この機械の威力は凄いですね。っていうか、我が家の部屋の空気の汚さが改めて証明されました。
 床や家具の後ろならともかく、空気中の埃がこんなにあったとは・・・。これからはもっと早くフィルターを掃除します。


 今日は、朝早く(8:30)・・ヨメが隣町までテニスの練習に出かけました。

 当然?リキの散歩は私の仕事になります。もちろん自ら手を上げました。

 リキの散歩から帰った後、あまりに天気が良かったので洗濯をしました。

 ところが、洗濯用の籠の中身をそのまま洗濯したら、その中に・・ヨメのセーターが入っていました。

 セーターを他の洗濯物と一緒に洗濯したらまずいことぐらい私も知っています。

 さあ困った。

 しかし、洗ってしまったものは仕方がありません。

 これでどうだ?      
      03-se-ta-.jpg
 型崩れしないよう、太目のハンガーにバスタオルを巻いて陰干しにしました。

 昼食はAランチ(筋子のオニギリ)と昨夜の味噌汁の残り。

 オニギリは、今日の昼・・ヨメがいないことが分かっていましたので、昨夜のうちに私が握っておいたものです。

 で、それを一人侘しく食べている時・・ヨメが帰ってきました。

 部屋に入ってくるなり干されたセーターを見つけました。

 『セーター洗ったの?!』(・・ヨメ)

 『だって、籠の中に入っていたから気づかなかった』(私)

 きっと文句を言うだろうと思っていましたが、珍しくそれ以上何も言いませんでした。

 しかし、

 『これからIさんとお風呂に行くから』

と、言い残して再び出て行きました。

 午後は、約1時間パソコンの番兵をした後、日当りの良いところで1時間半昼寝。

 午後4時頃から約30分リキの散歩。

      04-yuyake.jpg

 その後、道路に溜まった落ち葉を掃除し、米を研ぎました。

 ・・ヨメが帰ってきたのは今日も午後5時過ぎ。

 北国の冬は日暮れが早く、外はもちろん真っ暗になっていました。

 さて、明日はどんな一日になるのでしょうか?

 恐らく今日と変わりないでしょうね。

 だって、私のカレンダーは明日も真っ白ですから・・・。


 よろしかったら、『人気ブログランキング』を応援(クリック)してくださいね。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"


 


 

危ない!空から石が降ってきた!

 6時28分 
      02-asayake-2.jpg
 今朝は、窓の外の明るさでいつもより早く目が覚めました。
 紅(黄)葉はほとんど散ったはずなのに、朝陽を照らされて土手の木々が茜色に染まっていました。
 カーテンを閉め忘れたお陰で、美しい風景を見ることが出来ました。

 
 朝、・・ヨメがリキと散歩していた時次のような事があったそうです。

 歩いていると、突然、直ぐ目の前に親指の先程の小石が降ってきた。

 しかも、続けて2個も。

 びっくりして、側のマンションを見上げると、5階にある一軒の家のベランダのガラス戸が開いていて、上を見ている・・ヨメに気づいたのか、人影がサッと隠れた。一瞬黒い髪が見えただけで年齢までは分からなかった。

      03-madokara.jpg

 その家以外に窓や戸が開いている所はなく、そこが怪しいと考え、

 『そこの5階の人、危ないから石を投げないでください!』

と大声で怒鳴った。

 すると、間もなく40代後半の女性がマンションから出てきて、

 『うちの子が何かを投げたみたいです』

と言ったので、

 『危ないから、物を投げないよう言ってやってください』

と注意した。

 その女性は、『分かりました』

と言って帰っていった。


 ・・ヨメは、母親と思われる女性が直ぐ出て来て子供が投げた事を認めたので納得したそうです。

 しかし、詳しく聞いてみると、その女性は、

 『体に当たりませんでしたか?怪我はありませんか?』

と相手の状態を尋ねていないし、

 『すみませんでした』

と謝罪の言葉もなかったそうです。おかしいと思いませんか?

今の親ってこうなのかなア・・・。

 5階から親指大の小石ですから、仮に下にいる人に当たっても致命的なダメージは与えないかもしれません。あるいはその点を考えてその大きさにしたのかも・・・。

 しかし、悪戯にしては度が過ぎます。

 しかも、投げてきたのが5階にはないはずの石ですし、投げるために持って上がっていた可能性が高く、今回が初めてだとは思えません。

 また、・・ヨメの怒鳴り声に直ぐ反応した母親の行動からみて、母親は日ごろから子供がそのような事をする事を知っていた可能性があります。

 もちろん、今回のことを警察沙汰にするつもりはありません。

 ただ、その子の行為や母親の対応、態度から予後が心配になります。

 その子の行動が今後エスカレートしない事を願うのみです。



 もしよろしかったら、
 『人気ブログランキング』をクリックしてください。
 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"






2007年11月04日

Bランチ?

 秋の桜と月
      013-kosumosu-tuki.jpg
 秋桜をもう少し画面に入れた方が良かったかな?



 11月の予定
      02-karennda.jpg
 ちょっと分かりにくい写真で恐縮ですが、薄くボールペンで書かれたところが11月の予定です。

 私の?  

 いいえ・・ヨメのテニスの練習日等の予定です。11月だけで11回も入っています。

 因みに私のカレンダーは10年先まで真っ白で〜す。

 ということで、

 ・・ヨメは、昨日は朝から招待選手の試合とかを隣町まで見に行きました。

 昼過ぎには帰ってくるだろうと思い、心をこめて?チャーハンを作って待っていましたが・・・。帰ってきたのは夕方でした。

 でも、仕方ありません。頼まれたわけでもないのに勝手に作ったのですから。

 そして今日は、11時過ぎ、

 『ちょっと行ってくるから』

と言い残し、車で30分の所にある学校に練習に出かけました。

 去年までは、出かけるときは私のためオニギリは作っておいてくれたのに、

http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/archives/20060620-1.html

http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/archives/20060630-1.html

http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/archives/20060929-1.html

 今日は何もありません!

 せめて冷ご飯でも残っていれば何とかなるのですが・・・。

 食材を買いに行くのは面倒くさいし、お昼抜きにするつもりでしたが、朝が軽めだったため空腹に耐え切れなくなりました。

 仕方がない、あれを作るか!

 Bランチ?
      03-ranchi.jpg
 新鮮な牛乳とちょっと古い食パンで作りました。歯にもお腹にもとても優しいお昼です。

 65歳の年金生活者のお昼としてはこれで十分?

 そんなわけないでしょう!!

 でも、嬉しい事もありました。それは、

 『練習開始時間を聞き間違えたらしく、行ったら終っていた』

と聞いたときです。

 
 よろしかったら、
 次の『人気ブログランキング』をクリックしてください。左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。


ブログランキング"banner_02.gif"


 

リセット

 冬に備えて
      011-hakusai.jpg 

      012-daikon.jpg
 何でも食べるリキも、大根は苦手のようです。



 この2週間、当ブログの『人気ブログランキング』は右肩下がりが続いています。

 ブログ解析で見ると、アクセス数(訪問者数)は決して減っていませんが、なぜか応援のクリック数だけが減っているのです。

 家族からは、『きっと面白くないんだ』と言われるし、すっかり落ち込んでいたところに・・ヨメのキツイ一言。

 『朝から晩までパソコンの番兵ばかりしないで、少しは働きなさい!』

 自分は、一日に9時間ぶっ通しでチャングムのDVDを見たくせに、私がパソコンの前に座っているのは気に食わないのか・・・。

 ・・ヨメの一言で、パソコンに触れることもブログを書く気もすっかり萎えてしまいました。

 確かに、客観的に見るとつまらない事しか書いていないよな。

 いっそ止めてしまおうか?

 1年半以上続けたのだから、そろそろ潮時かも・・・。

 しかし、もし止めたらどうなる?

 また、あの生き地獄状態に舞い戻るかもしれない。

 ここ数日間、そんなことを毎日自問自答していました。

 それを知ってか知らずか、日増しに回復している・・ヨメはその基本姿勢(生き方?)、

 これまで散々我慢してきたのだから、これからはやりたいことは我慢しないでやる。

を忠実に実行しています。

 ひょっとすると、我々夫婦の幸せの合計は決まっていて、一人の幸せが増えると他方の幸せが減る、のかもしれません。

 ですから、以前は好きだったテレビ番組『人生の楽園』が最近は嫌いになりました。

 なぜなら、その番組に出てくる夫婦は皆共通の生き甲斐を持ち、仲睦まじく、幸せそうに人生を送っているからです。

 一方我々は・・・

 残念ながら、人生の楽園に出てくる夫婦のように共通の生き甲斐は見当たりません。

 ・・ヨメの復活は、1年半前の状態、つまり本ブログの出発点(サブタイトル)に戻ると言う事がようやく分かってきました。

 だったら、闘うしかないじゃありませんか!

 それに、こんなブログでも毎日100人近い方が訪問してくださっています。

 ここ数日サボった間にランキングが更に下がってしまいました。

 リセットして(気合を入れ直して)また頑張るとしますか。


 ここはどこでしょう?
      010-chitose.jpg
 未来に通じるタイムトンネル?いいえ、新千歳空港の駐車場とターミナルを結ぶ道です。
 11月1日、次男が10日間の休暇を終えタイに帰りました。


 よろしかったら、人気ブログランキングを応援してください。

 『人気ブログランキング』をクリック!


ブログランキング"banner_02.gif"



 左欄外にも同じものがあります。どちらでも結構です。

 

 



 
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png