2007年12月06日

限界ペット?

 今日のおネコ様
      01-kekoda.jpg
 早く起きろ!外に出せ!家に入れろ!
 新しい水をくれ!トイレを綺麗にしろ!
 これはイヤだ!あれもイヤだ!もっと旨いものをよこせ!

 どこからともなく我が家に迷い込んでから早16年。
 最近の我がままぶりは、あの・・ヨメさえも敵わない。
 ココまでくれば立派なもの。

 もし、許されるならお前を、

 『限界ペット』

と呼ばせてもらおう。その定義は、

 高齢で限りなく我侭。もはや癒しの要素は無く、周囲から、『まだ?』、『そろそろいいんじゃない?』などと、熱く期待されているペット。

 ...ですが、まだまだ長生きしそうだな。
 それにしてもフテブテシイ面構えです。


 今日は、午後から・・ヨメがテニスの練習に出かけましたので、いつものようにお留守番でした。

 すると、こんな電話がありました。

 『もしもし、○○さんですか?』(中年女性)

 『はい、そうです』(私)

 『先ほどリンゴを注文していただいた△△ですが...お母さんいる?』(中年女性)

 いきなり『お母さんいる?』と聞いてきましたので、一瞬ビックリしましたが、そのしゃべり方から、どうやら私を子供と間違えたらしい事が分かりました。

 普通は旦那が家にいるはずがない時間帯ですから,仕方がありません。

 さて、身分?を名乗るべきか否か?と迷いつつも、この際子供になりきることにし、

 『今、出かけています』(私)

 すると、

 『そう。...実はね。送り先の住所なんだけど、最後の番地が分からないの』(中年女性)

 たまたま電話の前に送り先の住所を書いた紙がありましたので、即座に、

 『5番地です』(私)

 『5番地だけでいいの?』(中年女性)

 『はい。田舎ですので番地だけで届きます』(私)

 『そうなの。どうもありがとうね』(中年女性)

 『よろしくお願いします』(私)

 かくして、無事子供を演じきることができました。

 あの中年のオバサン?まさか電話の向こうで65歳の子供が話しているとは...。

 幸い、たまたま入れ歯をしっかりと装着していましたので、フガフガのしゃべりかたではありませんでしたが、まさか子供に間違えられるとは...。

 もし機会があったら、何歳くらいの子供と思ったのか聞いてみたいものです。

 なお、電話で子供と間違えられた事は今回が初めてではありません。知らない人はもちろん、親戚のオジサンを相手に子供を演じたこともあります。

 相手が勝手に勘違いしているわけですし、演じきったときの快感もありますし...。一種のRPG?

 もっとも、『人が悪い』と言われれば否定できませんね。

 よろしかったら、人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"








  







 

 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。