2007年12月10日

7分の3まで復活しました

 1年前の今日、希望と期待に胸膨らませて、

 (本当は不安な気持ち一杯でドキドキしながら...)

タイに向けて出発しました。
      0011-kumonoue.jpg


 そして今年は、

 ・・ヨメが朝早くからテニスの練習に出かけましたのでお留守番です。

 この1週間を振り返ると、3日間テニスに出かけていますので、7分の3になります。全盛時?はコンスタントに7分の5でしたので、まだまだ遠く及びませんが、かなり復活したことになります。

 私はといえば、

 生ゴミの日ですので、まずゴミ出し。

 その後、フレンチトーストを焼いて一人朝食。飲み物はコーヒー、果物はリンゴ。

 灯油の配達が近いので、2階の灯油タンクに給油。
 2箇所あり、合計5缶運びました。今までは両手に灯油缶を持って階段を上り下りしていましたが、最近はムリをしないで1缶ずつ運んでいます。

 ・・ヨメが入院していたときは、この後掃除と洗濯が待っていました。しかし、今はその必要がないので助かります。

 大型ゴミの申し込み。
 EMS小包の料金について問い合わせ。
 郵便物のチェック。

 ひと段落した所でソファーに横になって読書(もちろんチェンマイ関係の本)。

 時々気分転換にパソコンに向かってネットサーフィン。

 そうこうしているうちに12時になり、そろそろ・・ヨメが帰ってくるなとと思っていたら・・ヨメから電話、

 『これからお友達と食事に行くから。お父さん適当に食べてね』

またかよ...。

 今日の昼食
       111-goha n.jpg
 ユメユメ、これだけ?とは言いません。美味しいご飯があるだけで幸せです。これって、Dランチ相当?

 仕方がない、昨日の夕食の残りの鍋でも食べるか、と思って暖めましたが、イザ暖めるとあまり食欲がわきませんでした。

 人気ブログランキングに参加しています。よろしかったら応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


 

 

 


生きる勇気を・・・

 とりあえずこの三冊 
      11-sannsatu.jpg
 去年の失敗を反省し、今回は少しまじめに事前に勉強する事にしました。


 数日前、・・ヨメにテニス仲間Iさんから、

 『今度Aさんの見舞いに行くけど貴女も一緒に行かない?貴女に会いたがっているよ』

 Aさんは今年70歳。所属クラブは違いますが、やはりテニスをされていて、Iさんと親しい方です。

 試合会場などで何度か顔を合わせたくらいで、特に親しい関係ではありませんでしたが、・・ヨメの発病を知り、わざわざ棉の帽子を編んで下さいました。

 ところが数ヶ月前、そのAさんが癌で入院され、闘病生活を送られているそうです。

 ・・ヨメが7月末に治療を終え、寛解を得て退院したことをIさんから聞き、

 さらに、・・ヨメとたまたまお風呂屋さんで会った、Aさんと同じクラブの人から、・・ヨメがすっかり元気になっていた事を聞き、自分のことのように喜んでいらっしゃったそうです。

 ということで、手作りの漬物などを持って見舞いに行ったところ、Aさんは涙を流して喜ばれ、

 『貴女の元気になった姿を見て、貴女から生きる勇気をもらったみたいだわ』

とおっしゃったそうです。

 ・・ヨメは、

 『まさか、あんなに喜んでもらえるとは思っていなかった。見舞いに行ってよかったわ・・・』

と述懐していました。

 後日、Iさんから、

 『Aさん本当に喜んでいたわ。それまでほとんど食事も摂っていなかったのに、貴女が行った日は完食したそうよ!』

と電話がありました。

 重い病気と闘っている人にとっては、100回、1000回の

 『頑張ってね』

といった励ましの言葉よりも、実際に重い病気に打ち勝って元気になった姿を見せることの方が、何倍も勇気を与えることが分かりました。

 久しぶりに、ジーンとする出来事でした。

 幸い、Aさんは治療効果が上がり、病巣も小さくなり痛みも和らいできたそうです。

 一日も早い回復を祈ります。


 人気ブログランキングに参加しています。よろしかったら、応援(クリック)してください。

ブログランキング"banner_02.gif"





 


 
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。