2008年01月04日

究極の積雪計?

 今日の羊蹄山
      1133-yo.jpg
 朝から荒れ模様でしたので、今日もダメかなと諦めていました。
 しかし、午後3時半頃から少しずつ姿を現し始め、午後4時少し前にはここまで回復しました。



 目印の木
      01-mejirusi.jpg
 豪雪地帯に家を建てたからには、どのくらい積もるのか自分の目で確かめたい。

 そう考え、これまで角材や竹の竿を利用し、手作りのメジャーを立てましたが、どれも春まで持ちませんでした。

 降り積もった雪は、僅かでも傾斜があると低い方向にじわじわと移動します。

 つまり、あらゆる物を下方に押すわけで、その力は半端ではありません。

 GLに竿を立てた場合、受ける面積は大きくありませんが、GLが支点になって押されるるわけですから大変です。

 積雪がせいぜい1メートルの札幌では経験したことがなく、その力など考えた事さえありませんでした。

 しかし、積雪が2メートルを越すニセコは想像を超える別世界で、雪の力の怖さを思い知らされました。

 ということで、2年前に建物の近くのイタヤカエデの幹にマジックペンで目印をつけました。



 今日の積雪 
      02-2-sekisetu.jpg
 約1メートルだと分かります。
 因みに、倶知安町の今日現在の積雪は70センチ弱でした。


 人気ブログランキングに参加しています。
 応援(クリック)してくださいね。
 

ブログランキング"banner_02.gif"






 
 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。