2008年01月13日

ブログ再考

 家の前の雪の状態
      03-maenomichi.jpg
 例年だと、今の時期は道路から除雪された雪が右手の崖の三分の一の高さまで達しています。

 雪が少ない事は住民にとっては助かりますが、その影響で困る人もいるわけですので難しい課題です。


 私がブログを書き始めてから1年半以上が経ちました。

 昨年は・・ヨメが大病を患い長期間入院し大変な一年でしたが、おかげさまで無事寛解を得、海外旅行が出来るまで回復しました。

 ということで、『今年こそ平和ないい年になりますように』と期待して新年を迎えました。

 ところが、年明け早々私のブログのことで脳が大いに活性化する出来事がありました。

 私が遊び心で使っていたある言葉が『安っぽい』とお叱りを受け、素敵な風景だなと思って載せた別荘区内の遠景写真もクレームがつき、快く削除する事になりました。

 たしかに、もし『我が家のの風景』なと書かれた写真に自分の家が写っていたら、その程度の事?でも違和感を覚えるかもしれません。大失敗でした。

 さらには、『ブログは公共の場云々』と高〜い所から厳しくも平易にご指導を受けました。

 ブログって、本当に怖いですね。

 しかし、私のつまらないブログでも、真剣に読んでくださる方がいらっしゃると思うと励みになります。

 もともと自己満足で書き綴ってきたものですが、全国の不特定多数の方が見るわけですので、当然そこには責任が伴います。

 今回の事を肝に銘じてこれからも続けるつもりです。

 で、今回脳が活性化したお陰で、今まで深く考えていませんでしたが、気になることがいくつか大きく浮かんできました。

 たとえ長期滞在者でも、10年も通えばその別荘区における人間模様などが色々と見えてきます。

 今回同様、別荘区の品格にも関わるかもしれないことですので、安っぽくない別荘区になることを願い、(気が向いたとき)順次問題提起したいと思っています。















posted by tosshy at 13:36| Comment(3) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に雪が少ないですね

 道内の読者は今年も雪が少ないことを実感されていると思います。
 しかし、道外の方はなかなか想像できないと思いますので、今日は、その様子をお伝えします。


 『小雪 業者に明暗』      
      02-yuki.jpg
 北海道新聞(H20.1.12夕刊)の一面のトップ記事で、次のような見出しが・・・。 

 除雪待機『経費賄えぬ』
 スキー場今も降雪機
 白老、ゴルフ場は営業最長


 1月も半ば、まさに真冬のはずですが・・・、

 さらに、

 『今年も道内は昨年同様札幌周辺や太平洋側、オホーツク側などで記録的に雪が少ない』

と報じています。

 積雪量が幌加内と函館以外は例年の大きく下回っており、白老町は積雪ゼロです。ゴルフができるはずです。

 また、降雪量も道内の観測地点22箇所の平均が例年の72%だそうで、地域によってばらつきがあるそうです。

 因みに、札幌市雪対策課の発表では、札幌市内に限ってみても降り方はばらばらです。

 例えば、1月12日9時現在の降雪量は中央区96センチ(平年比57%)、白石区111センチ(平年比64%)、札幌気象台119センチ(平年比49%)、そして我が厚別区が148センチ(平年比77%)です。

 なお、倶知安は、同町のホームページによれば、

 1月11日9時現在の積雪量は107センチ、降雪量は406センチです。
 
 昨年同日は積雪量94センチ、降雪量346センチ、一昨年同日は積雪量184センチ、降雪量657センチでした。

 これらでもって直ちに地球温暖化の影響とは言えないかもしれませんが、不気味さを感じます。




 



 


posted by tosshy at 03:07| Comment(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。