2008年03月31日

朝から快晴!

 羊蹄山
      3-youtei.jpg
 デッキからの眺望です。いつ見ても美しい山です。早くデッキを直さないと・・・。


 アンヌプリ
      7-ann.jpg
 家の前の道路からの眺望です。 

 久しぶりに別荘区の道路を散歩しました。

  花園コースの駐車場
      6-yo-chu.jpg
 久しぶりに車が沢山止まっています。団体客の姿も見えます。

      1-yotei-he.jpg
 ここからだとなぜか羊蹄山が大きく見えます。前方左側が花園コースの駐車場、右側が花園コースコース・スキー場です。


 花園コースとアンヌプリ
      5-annnu.jpg
 今日は花園コースの後方のアンヌプリがくっきりと見えました。

 イワオヌプリ
      8-iwa.jpg


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"




 
 

 

2008年03月30日

今日のニセコです

 我が家の近くの道路です。
      003-zan.JPG
 未だこんなに沢山雪が残っています。
 やはりニセコは札幌とは違いますね。



 花園スキー場
      002-hana.JPG
 我が家から歩いて7,8分のところにあるスキー場です。
 雪質はザラメですがまだまだ滑れそうです。
 しかし、相変わらずガラガラです。もったいないなあ・・・。



 ジャコ川
      004-jyako.JPG
 我が家の下を流れているジャコ川(尻別川の支流の一つ)です。

 今の時期はこうしてその姿を見ることができますが、木々の葉っぱが茂ってくるとまったく見えなくなります。
 しかし、絶えず聞こえるセセラギが心を癒してくれます。

 残念ながら今日は羊蹄山が麓しか見えません。



 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"

2008年03月29日

いざニセコへ!

 午後0時半過ぎ札幌を出発しました。気温3度、小雨。

 10時頃インターネットで見た道路情報では、中山峠の気温は0度、一部アイスバーンでした。気をつけないと・・・。

 しかし、路面は濡れていましたが凍ってはいませんでした。

 中山峠の手前のトンネルを出たあたりから雨が上がり、道路も次第に乾燥してきました。

 いつものように京極の噴出し公園で水を汲み、午後3時前ほぼ予定通り我が家に到着しました。気温4度。曇り。室温7.7度。



 アプローチ      
      4-apuro-chi.jpg
 52日ぶりの我が家です。冬の間除雪をしていたところは雪がすっかり消えています。

 階段へ 

       2-kaidann.jpg
 除雪していないところはまだ雪が残っています。


      6-ki.jpg
 左が入り口階段の踊り場。右側の木が積雪計?です。アップで見ると、

 積雪1メートル
      5-sekisetukei.jpg
 赤いマークが1メートルです。

 ガーン!! 
      1-tesuri.jpg
 心配が的中。デッキの手すりが見事に壊れていました。

 数年前は、この部分から階段の踊り場付近にかけて、手すりが全てバラバラに破壊されました。それに比べれば軽症?

 ですが、どうも構造に問題があるようです。
 手すりも、床板のように取り外し出来るようにしたらいいかも知れません。

 その前に、保険が出るかどうかが心配ですが・・・。

 今冬のトラブルは手すりだけで済みました。しかし、この家は本当に金食い虫です。
 

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

posted by tosshy at 01:38| Comment(0) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

そろそろニセコに行かないと・・・。

 巨大な豆?
      31-mame.jpg
 名前はババーだったかな。硬そうだし、きっと食べられないでしょう。飾りに使うのかな?


 3月12日に帰国した時は、20日頃には行くつもりでした。

 しかし、15日に親戚に不幸があり、その影響で17日に予定していた、オニヨメの狂犬病の5回目のワクチン注射が24日に変更されました。

 更に、そうこうしているうちにオニヨメが26日に友達とお食事会なるものを入れてしまいました。

 こうして今日(27日)行くことになりましたが、朝からぐずついた天気。しかも、午後にかけて雨が強くなるとの予報でした。

 ニセコに行く準備はほとんどしていましたが、何となく億劫だったのでオニヨメに、

 『これから天気が悪くなるらしいよ。明日にしない?』

と聞きました。

 すると、あっさり、

 『そうだね。明日にしよう』

と言うではありませんか。

 もし、彼女が反対したらそのまま行くつもりでしたが、延期するしかありません。

 彼女があっさり延期に同意した理由が、すぐ分かりました。

 『よかった。今日の午後、キタエールでテニスの練習があるから行くわ』



 まあ、それはそれでいいでしょう。どうぞ行ってらっしゃい。

 私の心に引っかかったのは、今までなら、ニセコに行ける状況だったら迷わず行った(行きたかった)のに、今日は何故かそういう気持ちにならなかったことです。

  しかし明日は行かないと・・・。

 今の時期山菜には早いし、行っても何もする事はありませんが、家の状態の確認という大事な用向きがあります。

 それさえなければ、山菜の時期まで行かないかもしれません。

 別に札幌でしたいことがあるわけではありませんが・・・。



 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。 

ブログランキング"banner_02.gif"



 






 

2008年03月27日

NO1はマンゴーでした。

 『南国タイだ。どんな果物でも1年中食べられる』と思っていましたが、南国には南国なりの季節があり、果物にもそれぞれ旬が決まっていました。

 チェンマイの『フルーツ旬カレンダー』

      1-kudamono.jpg
 (『たっぷりチェンマイ!』の78ページの一部を転写)

 今回食べた果物

 マンゴー(マムアン)、オレンジ      
      331-mnngo-.jpg
 マンゴーはとても、とても美味でした!
 しかも、3個(約1キロ)で25〜40バーツ(75〜120円)と安いです!
 オレンジも味が濃く美味(甘く、みずみずしい)です。難点は種が多いことです。


 ドラゴン・フルーツ、マンゴスチン、バ(マ)ファイ、オレンジ
      330-kudamono.jpg
 左がドラゴン・フルーツ、前中がマンゴスチン、右がバファイ。
 バファイは見た目枇杷にそっくりです。味は熟していない日本の富有柿に似ています。
 

 パパイヤ、バナナ、パイナップル
      332-papaiya.jpg
 バナナもパイナップルも味は日本で食べるものと同じでした。

 パパイヤとドラゴン・フルーツ      
      334-doragonn.jpg
 オレンジ色の果肉がパパイヤ。マンゴーに比べると味が薄く物足りません。
 ドラゴン・フルーツも、味が薄く甘みも足りません。
 

 マンゴスチン     
       333-magosuchinn.jpg
 爽やかな甘さで、さっぱりした後味です。
  

 ドラゴン・フルーツの木?      
      334-2-dora-ki.jpg
 早い話、ドラゴン・フルーツはサボテンの実だそうです。

 ランブータン(ンゴ)
      337-okauni.jpg
 見かけはちょっとグロ?

      338-nakami.jpg
 外のヒゲ皮は簡単に剥けます。

      338-2-naka.jpg
 ところが、種の薄皮がなかなか剥けません。
 ライチーに似た味で、さっぱりした甘さです。


 気に入ったマンゴーとオレンジは毎日食べました。

 スイカは日本の方が美味しいです。そのまま食べないでフレッシュジュースにしています。

 イチゴも大粒で見かけはとても美味しそうですが、とても硬く甘さも足りません。ジュース専用だと思います。

 残念だったのは一番食べたかったライチー(リンチー)がシーズンオフだったことです。北部の特産で、大きさがピンポン玉ほどあるとか。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。 

ブログランキング"banner_02.gif"







2008年03月26日

ここまでくれば立派?

 近所のスーパーに安売りの洗剤と砂糖を買いに行ったときのことです。

 『お一人様1個』ですので、早くレジを済ませて再度並ばなければなりませんが、例によって、安売りの日はどのレジも長い列が出来ています。

 やっと自分番だ、と思ったのも束の間、私の前に並んでいた60代?の夫婦の予期せぬ行動でストップがかかりました。

 その夫婦の商品をレジに打ち始めた途端、急に奥さんがいなくなりました。

 買い忘れかな?思っていましたが、レジを打ち終わってもなかなか戻ってきません。

 ご主人が残っているのですから、混んでいる時は、打ち込んだ商品だけでも支払いを済ませるはずです。

 しかし、そのご主人は、

 『今来るから』

と言ったままです。

 その間、隣のレジはどんどん流れていきます。しかし、今更列を変わることも出来ません。

 待つ事数分、ようやくその奥さんが戻ってきましたが、手にしていたのは、何とニラ一束だけです。

 我々を待たせていたことは分かっているはずですが、その奥さんは我々に対して一言もなし・・・。

 いったい何を考えているんだ?でもいいや、終ったから・・・。

 イエイエ、終っていませんでした。

 レジのお姉さんから、

 『合計で1044円になります』

と告げられると、その奥さんは、やおらバッグから小さな袋を取り出し、レジ前のお金を授受するトレーにジャラジャラと小銭をぶちまけました。


      01-1100y.jpg
 再現するとこんな感じです。全部で1100円あります。

 なんじゃこりゃ、とあっけに取られました。

 しかし、さすがレジのお姉さんです。まだ20代の若い方でしたが、
嫌な顔一つせず、1円玉、5円玉、10円玉と硬貨ごとに積み上げ、それを数え始めました。


 100円以上の硬貨は2、3枚で、ほとんどが10円と1円です。

 結局、清算後その奥さんの手に戻されたのは十数円でした。

 レジが空いている時ならまだしも、長蛇の列ができる安売りの日にこのような行動が取れる人はめったにいないと思います。

 ふと、考えました。このお二人は若い頃からこんな感じだったのだろうか?年を取って、自己中傾向が強くなった所為なのか?と・・・。

 後者だとしたら、決して他人事ではありません。

 自分達も、知らず知らずのうちに周囲の人に迷惑をかけているかも知れません。

 人気ブログランキングを応援してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"



 



 



 

 
 


 

 

2008年03月25日

ロングステイに必要な情報

 チェンマイは2回目の訪問ですが、街についてはほとんど記憶がありません。

 そこで、前回と同じ過ちをしない為、あらかじめチェンマイに関する情報をインターネットで調べ、本も何冊か揃えました。


      01-yataizukann.jpg
 『極楽タイの暮らし方』は、日本とタイの生活や文化の違いを分かりやすく解説してあるので買いました。山と谷渓谷社;1500円(+税)。
 『タイの屋台図鑑』は、次男が「屋台を活用しろ」ということで送ってきました。情報センター出版局;1600円(+税)。
  


      02-taigo.jpg
 『タイ』は前回行ったときに買ったものです。実業之日本社;1600円(+税)。
 『タイ語』は、和・英・泰の辞書で、とっさのときに、指差しで使えるかもしれないと考えました。実業之日本社;1180円(+税)。



      1-daco.jpg
 『DACO』はバンコクで発行している、日本語の情報誌です。
 たまたまこの2号がチェンマイに関する特集をしていたということで、次男が送ってきてくれました。
 バンコク・ダコ編集部;90ページほどで、一部税込み500円。


      2-tappuri.jpg
 次男から「役立つよ」と言われ、アマゾンから取り寄せました。情報センター出版局;1600円(+税)。


      4-apart.jpg
 店頭で立ち読みしていて、イラストが多いし、平易な文章でとっつきやすかったので買いました。JTBパブリッシング;1400円(+税)。

 今回一番悩んだのは地図です。

 我々が泊まろうとしている『パーム・マリーナ』が、インターネットで調べても、情報誌などの地図を見ても出ていません。
 
 小さなアパートですので、地図に載っていないのは仕方がないとしても、その住所すら見つけることが出来ません。

 最後に、『パーム・マリーナ』のHPの地図を頼りに、google earth を使って調べていた時、ようやくそれらしい場所を突き止めました。

 市街地から想像以上に遠く離れていました。

 つまり、『パーム・マリーナ』は普通の市街地図の枠の外に位置していたのです。観光地図に載ってるはずがありません。



      36-chennmai-chizu.jpg
 これは、チェンマイ到着後三日目に見つけた地図(1/37000)です。PN・MAP;90バーツ(270円)。
 この地図で、ようやく『パーム・マリーナ』の位置を確認する事ができました。ボールペンの先辺りです。

 白い部分がいわゆる市街地らしく、普通の市街地図はどれもその範囲しか出ていませんでした。

 アップすると、


      35-chizu.jpg
 『パーム・マリーナ』の場所が分かりますか?

 スーパーハイウェイの外はいわゆる郊外とみなされ、タクシーもソンテウ(乗り合いバス)も料金がガクンと高くなります。

 なお、四角いお堀の一辺が約1.7キロです。


 観光情報地図シリーズ     
       3-chizu.jpg
 インターネットで調べている時、欲しいなと思った地図ですが、取り寄せる時間がなかったため諦めていました。

 しかし、後述『CHAO』の事務所でも扱っている事が分かり、2月28日にようやく購入しました。
 ジー・エッチ&アソシエーツ(株);180バーツ。

 縦横約16センチのコンパクトサイズに折りたたまれていますが、屏風のように広がり、表裏合計7枚の地図が収められており、それぞれ縦横30センチの大きさがあります。

 しかも、広げるたびにズームアップするよう地図が配置されている為検索がとても楽でした。

 もちろん、すべて日本語表記で、情報量も多く、一押しの地図だと思いました。



 『CHAO(ちゃ〜お)』      
      2-chao.jpg
 チェンマイで発行されている、日本語の情報誌の一つです。
 いわゆるフリーペーパーです。タブロイド判で16ページ。本屋や日本料理店など日本人が出入りしそうなところに置いてあります。

 フリーペーパーですから、もちろんたくさん広告が載っています。しかし、日本のフリーペパーと大きく違うのは、自ら『ちょっとディープな北タイ情報誌』と謳っているように、チェンマイに限らず北タイに関する情報はもちろん、いろんな側面からの興味深いコラムがあることです。

 ですから、単に何処どこの飯が美味い、何処どこで祭りがあるといった情報だけではなく、北タイの人々の生活ぶりを知ることができます。

 また、『ロングステイの光と影』のように、辛口のコラムもあります。

 ロングステイの果てに、色んな事情から異国で孤独な死を迎えるに至った数多くの老人や、彼らの死後のトラブルなどに関するコラムです。

 安易にロングステイを考えている人への警鐘だと思いますが、読んでいるだけで辛くなります。

 なお、『CHAO』は日本でも入手できますし、インターネットでもWEB版を見ることができます。北タイやチェンマイに関心のある方は是非一度ご覧ください。


 http://weblog.chaocnx.com/

 その関連ですが、『CHAO』の編集長新明天庵氏のブログもお勧めします。

 http://chaocnx.seesaa.net/


 上記情報源のうち、今回特に役立ったのは『CHAO』、二種類の『地図』、『DACO』、『たっぷりチェンマイ!』、『チェンマイアパート日記』です。

 もう一つ役立った情報源は、やはりインターネットでした。日本ではもちろん、チェンマイでも知りたい情報を直ぐ調べることが出来ました。

 ロングステイする場合、インターネット環境は不可欠だと痛感しました。インターネット情報の他、Eメールやライブメッセンジャーを活用することで、外国にいることさえ忘れてしまいます。

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"




 

 

 

 

 

 

2008年03月24日

ピン川ってどんな川?

 Ping river(ピン川)。

 チェンマイのことを書き始めてからときどき出てくる川の名前です。

 前回チェンマイに行った時もこの川の辺を歩いたことは覚えていますが、名前はすっかり忘れていました。

 しかし、今回は街に出る度に必ず渡っていましたので、しっかりと記憶に残りました。

 ピン川は、チェンマイの北約100キロメートルの、ミャンマーとの国境付近を源流とし、チェンマイを目指して南下します。

 今回、私と長女が参加した象トレッキングや筏下りは、チェンマイから車で1時間ほど遡ったところでした。

      7-zou-2.jpg

      8-ikada-kudari.jpg

      5-ikada.jpg

 チェンマイの旧市街地(お堀の中)の東約1キロメートル付近を南に流れています。この付近の川幅は100メートル程でしょうか。

      14-hotori.jpg
 水量が多くゆったりと流れています。

      2-r-saido.jpg
 東側の岸辺にはリバーサイドレストランが連なっています。

      1-hune.jpg
 ナイトクルージングも・・・。

      12-hanntai-kara.jpg
 昼間反対側の岸から見るとこんな感じです。



      17-hune-2.jpg

      29-hasikara-hune.jpg

 その後、
      33-minami.jpg
 (再掲)

 タイ北部の平野を潤しながらひたすら南下します。

 途中、ワン川、ヨム川、ナーン川と合流し、チャオプラヤー川となって、


      31-bannkoku.jpg
 
 バンコクから、バンコク湾に注いでいます。
 チェンマイから実に700キロメートル以上の旅です。

 なお、ピン川の水量はチャオプラヤー川の支流の中で最も多いそうです。

 振り返ると、

     32-jyouryuu.jpg

 チェンマイはこの上流にありますが、もちろん見えません。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。
 

 
ブログランキング"banner_02.gif"


 




 

2008年03月22日

とても安上がりです。

 今日はチェンマイの衣について少々・・・。

 なんですが、私はこと衣(着るもの、身に付けるもの)に関してはまったくのオンチです。

 百聞は一見に如かず。とりあえず、服装に視点を置いて何枚か写真を集めてみました。


 まず、バザールの様子から。
      40-huku.jpg

      42-huku-2.jpg 

      44-huku-4.jpg

      48-huku-8.jpg

 地元女性はほとんどがジーパン。スカートはきわめてマレ。
 男性、特に白人観光客はほとんど短パン。
 男女とも、上はほとんどがTシャツ。
 履物は、男女ともサンダルが主流。


 象トレッキングの時の様子。
      46-huku-6-zou.jpg

      417-zou-kyuukei.jpg
 観光客は半袖。象使いは長袖の上着を・・・。


 北部、ミャンマーとの国境に行った時の様子。

      411-kokkyou.jpg
 チェンマイに比べると粗末?裸足の子供も・・・。

      412-oyako.jpg

      416-oyako-2.jpg

      418-oyako.jpg
 幸せそうな親子の姿は万国共通。

      413-koutei.jpg
 校庭で遊ぶ小学生?

      415-gekou-2.jpg
 集団下校?

 今回は、『暑季になる前の涼しいチェンマイ』ということで、半袖のほか長袖も沢山持っていきましたが、私の場合、専ら半袖のTシャツで長袖はほとんど着ませんでした。

 下は、ほとんど薄手の長ズボンをはいていました。ただ、昼間外を歩く時は短パンの方が快適です。

 履物はスニーカーでとおしました。

 オニヨメは、いつも長袖シャツに長ズボン。手袋、帽子、日傘。もちろん日焼け対策です。足元はサンダル。

 チェンマイでは、寒い?時期にこの服装で済むわけですから、こと衣に関しては本当にお金がかからないと思います。
 
 
 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。 

ブログランキング"banner_02.gif"



2008年03月21日

日本昔(じゃない今の)話

 昔、むかし蝦夷と呼ばれていた、北の海の道の国に、婆さまと爺さまが僅かな年金で細々と暮らしています。

 婆さまは、今日もまたラケット片手にオーリスで颯爽と街へ遊びに出かけました。

 しかし、いつもと違い、出かける前に黒玉とか言う秘薬を2錠飲みました。この秘薬は疲労回復にたいそう効果があるそうです。

 秘薬を飲んでまで遊びに夢中になれる婆さまに、ただただ頭が下がります。


      10-kurodama.jpg
 因みに、1錠約30円です。

 爺さまは、今日もまた独り静かにお留守番です。て言うか〜何もする事がないだけです。

 しかし、いつもと違い、婆さまが作ってくれた饂飩をお昼に食べる事ができました。美味!!

 婆さまの優しい心遣いにただただ感謝。



 間もなく年金生活が始まってまる3年になります。

 この間いろんなことがありましたが、今、こうして二人が元気でいられるだけで幸せだと思います。

 元気なら、ニセコにも行けます。海外でまたロングステイも出来ます。



 そろそろチェンマイでの生活、特に衣食住について、感想などを書いていきたいと考えています。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


 
 

2008年03月20日

主のいない誕生祝

 夕方オニヨメが、

 『今日は○○(長男)の誕生日だからすき焼きにしない?』

と提案。お腹の調子も回復していたのでもちろん賛成。

 早速材料を買って来て長男にライブメッセ。

 『今夜すき焼きだけど何時ころ帰る?』

ところが、

 『分かんないな。彼女次第だから・・・』

とつれない返事。さらに、

 『今日、俺の誕生日!知ってた?』

ときた。

 『だからすき焼きにしたんだよ!』

 『アッそうか。それはどうもありがとう。当てにしないで先に食べてていいよ。それにさ、30過ぎてから親子水入らずの誕生祝もちょっとね・・・』

だって。

言われてみれば確かにそうだ。

 誕生日を彼女と二人で祝える長男を素直に喜ぶべきだと思う。

 かくして老夫婦水入らずで長男の誕生日を祝ってすき焼きを食べる事になった。

 ところが、ところが、久しぶりに食べたすきの焼きの何と美味かったことか!

 決して高い肉ではないが、やはり和牛は美味い。
 牛肉はこうでなくっちゃ・・・。

 そういえばタイで口にした牛肉は、どれもこれも正常な歯の持ち主でさえ苦労するくらい硬かった。まさか水牛では?

 もちろん私は最初から噛む事を諦めていた。無駄な抵抗はしないに限る。

 もし異国で義歯が割れたりしたらそれこそ一大事だから・・・。

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"


 



 

2008年03月19日

早く生活のリズムを取り戻さなければ・・・

 帰国から1週間。

 この1週間で家の周りの雪解けがどんどん進みました。

      224-dote.jpg

      225-neake.jpg
 根明けがますます大きくなりました。

 気象台のデータだと札幌の積雪は今日現在で27センチ。あと1週間もすれば積雪ゼロになるかもしれませんね。

 因みに、倶知安は今日ようやく積雪が1メートルを切り97センチ。


 帰国後しばらくは、時計を見るたびにタイの時間に直しては『未だ起きてないな』、『今ころバザールを歩いていたな』などと考えていましたが、最近ようやくそれがなくなりました。

 オニヨメは、旅行疲れは微塵もないらしく元気溌剌です。

 この1週間でテニス3回!

 それだけではありません、一昨日北見で行われた親戚(父方叔父)の葬儀に参列し昨日の夜帰ってきました。もちろんオーリス(車)です。往復650キロはあるでしょうか。
 
 しかも、今日も午後からテニスに出かけました。

 本来なら私も一緒に行くべきでしょうが、ちょっと体調を崩していためパス。

 頭痛、体のダルさ、発熱・・・疲れからくる風邪でしょうか、市販の薬を飲んで2日間寝ていたらそれらの症状は治まりましたが、昨日から今度はお腹の調子がよくありません。しかし、痛みはほとんどなく、前回タイから帰国した直後のように激しくはありません。

 ここ数年、風邪など引いたことはなかったのに・・・。
 
 年を取ってくると、疲れが、直ぐには出ないで時間が経ってから出るようですね。
 

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


2008年03月18日

もう少し早ければ・・・

 1ドルが
      1-95doru.jpg 
 円高というかドル安の影響は大きいですね。

 あくまでも個人レベルでの考えですが、

 2月中旬にタイに行ったときのレートは10000円が3000バーツ弱でした。それが少しずつ円高になり、今日は何と3225バーツになっていました。

 10万円だと2000バーツ以上違います。

 2000バーツあれば、

 タクシーを一日チャーターできます。

 二人で象のトレッキングに行けます。

 ソンテウ(乗り合いバス)なら100回乗れます。

 なんだか損をしたような・・・。

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"

2008年03月16日

思わず買ってしまったCD.

 サンデイバザールをブラブラしているとき、とても素敵な歌声が聞こえてきました。

 見ると、決して若くない痩身の男性が一人、通りの中央でギターを弾きながら歌っていました。彼の前の棚にはCDが何枚か重ねてありました。

 私は音楽に関しては全くの素人ですが、雑踏の中でもクリアに聞こえる澄んだ声に感心し、しばらく立ち止まって聞き惚れていました。

 タイ語ですので、もちろん歌詞の意味はわかりませんが、ロマンチックな歌を歌っている雰囲気が伝わってきます。

 一度はそのまま通り過ぎましたが、戻ってCDの値段を尋ねると120バーツとのことでした。

 安い!! もちろん買ってしまいました。

 そのジャケットが、


      2-ura.jpg

      1-omote.jpg

です。

 帰国後聞いた時も、やはりクリアで甘い素敵な歌声でした。

 それ以外に、CDを6枚買いました。


      3-omote-6.jpg


      4-ura-6.jpg

 真ん中の2枚はKITTYに『チェンマイで流行っているディスコ音楽がほしい』と頼んで買って来てもらったもので、2枚で550バーツでした。いわゆる正規のCDです。

 他の4枚は近所のバザールで売っていたもので、4枚で339バーツでした。この4枚の値段はいい加減です。最初の言い値に『高い』と言ったら、いきなり半額にしてくれました。

 なお、6枚とも頼まれたもので、中身については分かりません。
 

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"





 

2008年03月14日

48時間経過しました。もう大丈夫?

  車窓から
      6-shasou.jpg 
 JRで千歳空港から新札幌に向う途中の風景です。
 郊外は未だ真っ白です。しかし、強い日差しは春を感じさせます。


 崖の雪
      1-gake.jpg
 我が家の西側の崖には沢山雪が残っていました。『根明け(根開け)』がハッキリしています。

 家の横の雪
      2-yoko.jpg
 長男の話だと、我々がチェンマイに発った後、札幌、特に厚別区は豪雪に見舞われ、家の横に止めていた車が2回雪に埋もれて動かなくなったそうです。
 1回目はJAFに応援を頼み、2回目は近所の人に助けてもらったそうです。4WDが動かなくなるのだからかなりの雪だったに違いありません。

 因みに、土木事務所の統計では2月11日から2月末までの厚別区の降雪量は約200センチ(今冬の降雪量は553センチ)、中央区は約120センチ(今冬の降雪量は382センチ)です。
 如何に厚別区が多かったかが分かります。


 おネコ様
      7-neko.jpg
 未だ生きてました。優しい(甘い)ご主人様が帰ってきたからでしょうかご機嫌です。

 お腹の調子

 前回タイに行った時は、タイでは一度もお腹を壊しませんでしたが、帰国から12時間ほど経ったころ、急に激しい下痢に見舞われまる三日以上止まりませんでした。ただ、痛みはありませんでした。

 ですから、今回もひょっとして・・・と心配していましたが、48時間以上経ってもまったく異常がありませんので、もう大丈夫だと思います。

 なお、今回もタイにいるとき一度もお腹を壊しませんでした。

 ただ、体重が2キロ減っていました。別に体調が悪かったわけではありません。恐らく、日本にいたときに比べて食べる絶対量が少なく、しかも運動量が多かったからだと思います。
 ちょっと街に出れば軽く1万歩を越します。1万5000歩以上も数回ありました。
 なお、オニヨメは『期待していたけど1キロしか減らなかった』そうです。
 
 私は、昨日(帰国した翌日)は午前11時半まで、今日は午前10時まで寝ていました。やはり疲れが溜まっていたのでしょうね。

 しかし、オニヨメは昨日の午後には、『テニスの仲間に土産を渡してくる』と言って出かけました。

 もちろん、ジャージーを着て、ラケットも持って・・・。

 今日は『疲れをとる』と、近くの温泉に行っています。



 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"



2008年03月13日

無事帰国しました。

 3月11日。いよいよチェンマイを離れて日本に帰る日です。バンコクと名古屋で乗り換えて千歳へ・・・。

 朝から荷物作りに追われました。まず、バンコクにいる次男に送る荷物を作り、発送はKittyに頼みました。

 次に、我々の荷物です。かなり、機内持ち込み手荷物に回しましたが、それでもめちゃくちゃ重い!!

 重量オーバー間違いなしです。しかし,秤がないのでどのくらいオーバーか分かりません。とりあえずそのまま持って行く事にしました。

 5キロくらいまでのオーバーなら目をつぶってくれるところが多いそうですが、さてチェンマイ空港は?

 チェンマイ空港発は21時。19時Kittyが妹と車で迎えに来てくれました。


 Kitty 姉妹

      3-simai.jpg
 向って左がKittyです。
 彼女達と私の服装の違いが際立っています。私は、少しでもケースの荷物を軽くしようと、気温30℃近いところで冬用のコートを着ています。
 まさにサウナ状態です。
 
 しかし、この努力も空しくケースは二つで52キロもありました。
 ヤバイ!超過料金いくらかな?と考えていると、

 Kittyがニコニコしながら、『ラッキー、今日は空いているから大丈夫』と言ってくれました。

 受付嬢は何も言わず手続きを進めてくれました。良かった・・・。

 しかし、名古屋までしか発券してくれません。さらに、

 『荷物は名古屋で受け取ってください』

と言うではありませんか!なぜ?

 チェンマイに来た時は、千歳で預け、チェンマイで受け取る事ができたのに・・・。一旦名古屋で受け取り、再度預けなければなりません。

 面倒臭いし、せっかく12キロオーバーのままパスできたのに・・・。

 Kittyにも確認しましたが、やはり預けなおすしかないとのことでした。

 日本の空港だと2個で12キロオーバーは見逃してくれないだろうな・・・。仕方がない、超過料金払うしかない。と思っていると、オニヨメが『名古屋で荷物を詰め替えて軽くする』と言い出しました。
 

 バンコク(スワナプーム)空港。

      4-bannkoku.jpg
 
 出国はチェンマイではなくここでします。

 前回のときもそうでしたが、この空港はイミグレへの案内が不親切です。深夜の所為か人手も足りません。

 しかも、イミグレの女性職員は無愛想でニコリともしません。無表情のまま淡々と機械的にさばいている感じです。

 何が微笑みの国だ!

 一方男性職員は絶えず同僚とおしゃべりをしたままで、ほとんどこちらの顔を見ようとしません。

 それはそれとして、何事もなく(当たり前ですが)出国手続きを終え、搭乗控え室へ行こうとしてびっくり!

 電光掲示板の予定時刻にANA便がありません。ANAのはずなのに・・・。その時刻の名古屋行きはタイ航空しかありません。

 変だな?あらためて搭乗券を見ましたがどこにもANAの文字がありません。

 そうか、ANAとタイ航空が提携しているのか。

 やっとスチュワーデスが日本人になると思っていただけに、ちょっとがっかりしましたが仕方がありません。それに乗るしかありません。

 ひょっとしたら機内食がタイ料理?そんな取るに足りない不安が頭を過ぎりました。

 バンコク発は午前0時10分。

 日本との時差は2時間です。前回それを忘れていて乗り換えの仁川空港であわてた経験がありますので、離陸(30分遅れました)後、時計を日本時間に合わせました。

 名古屋到着は7時30分の予定ですので、約5時間で着くことになります。

 満席。ほとんどが日本人でした。

 エコノミー(狭い席)で寝るのは辛いですね。
 もっとも、エコノミーしか乗ったことがありませんので他のクラスのことは分かりませんが・・・。

 なかなか寝付かれず、ウトウトしたと思ったら夜が明けました。

 すると、いきなりジュースのサービスです。寝起きに濃すぎるジュースはこたえます。

 無理をして半分位飲んだと思ったら朝食です。

 案の定タイ料理!最後の最後にこれかよ・・・。

 お腹は空いているはずですが、食欲なし。

 しかし、これも値段のうち、食べなきゃ損だ!ということでお粥を注文しました。

 ところが大正解。あっさりしていてとても美味しいお粥でした。

 名古屋空港には8時10分に到着しました。40分遅れですが、千歳行きは9時50分ですので、乗り換えの時間はたっぷりあります。

 しかし、その間に入国手続き、乗り換え手続き(名古屋から千歳までの発券)のほか、チェンマイで預けた荷物を引き取って再び預けなければなりません。さらに、(長女に指示されていた)マイレージも・・・。

 預けた荷物を受け取り、入国手続きを終えると、早速オニヨメは詰め替え用の袋を求めてどこかに行ってしまいました。

 10分後、この袋を見つけて戻ってきました。
  

    9-hukuro.jpg
 1050円。これなら何とかなりそうです。

 早速、ロビーの椅子で店を広げて荷物の詰め替え開始。

 もし人通りが多かったら少々憚られましたが、幸い空いていましたので心置きなく作業できました。


 いざカウンターへ
      5-nagoya.jpg
 
 カウンターで発券してもらう際、予め用意しておいたマイレージカードを提出し、自信満々『マイレージお願いします』と言ったところ、係りの女性が妙にニッコリして、

 『お客様、これはJALのカードです』

 またやってしまった・・・。これで2回目です。

 ANAのカードを何所にしまったか直ぐには分からないので、マイレージ関係は後日する事にして、問題の荷物を預けに行きました。

 何と、二つで39キロ!もちろん無事パスしました。

 ところが、その後がいけません。

 保安検査所を通る時、ストップがかかりました。

 どうやら、詰め替えたブルーの袋の中に危険物があったようです。

 心当たりはないのに・・・。係員と袋の中身を調べていたオニヨメが、『分かった、あれだ』と言い出し、化粧用のポーチを取り出すと、その中から何と剃刀が出てきたではありませんか。

 もちろん、即没収。お咎めなし。

 9時50分、予定通りANA機は千歳空港に向けてテイクオフ。

 11時30分、無事千歳空港に到着しました。

 飛行機を降りた途端、ヒンヤリとした空気に触れ北海道に帰ったという実感が湧きました。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"








 

 
 



 

2008年03月11日

チェンマイ最後の夜

 チェンマイで有名なバザールはいわゆるナイトバザール、サンデイバザール、サタデイバザールですが、それら以外に毎日どこかでバザールが開かれているようです。

 パームマリーナ(アパート)から1キロほど離れたところにミーショプラザーという広場があり、そこでも毎週月,火の二日バザールが開かれます。


 ミーショーバザール?      
      05-baza.jpg
 最後の夜だし、涼しくなった夕方、外食がてら出かけました。

 すし  

      1-susi.jpg
 きれいに並べられたお寿司が売られています。1個5バーツと10バーツ(15円と30円)ですので安いと思います。
 『絶対まずい』という先入観と、高温の場所に生ものを長時間置いていることへの不安もあり、どうしても買う気になれません。
 もっとも、一度も買っていないので、味については何もいえませんが・・・。
 日本食をイメージさせるためでしょうか、垂れ幕に日の丸が描かれていますが、中心の太陽がちょっと小さすぎます。


 あんこ餅

      3-mochi.jpg
 垂れ幕に書かれた『あんこ餅』という字があまりにも健気でしたので思わず買ってしまいました。漢字を知らないタイ人が一生懸命真似て書いたに違いありません。
 3個で20バーツ。皮は餅というより求肥です。あんは餡とはちょっと・・・。


 小犬  

      2-inu.jpg
 5000〜9000バーツ。かなり高価です。一体どんな人に買われるのでしょうか?

 最後に・・・。

 エキサイティングで楽しい1ヶ月でしたが、チェンマイを離れるにあたり、ちょっと心が痛んだことを書きます。

 次の3枚の写真をご覧ください。
     

       4-hutari.jpg


      7-abekku.jpg


      9-kappuru.jpg


 街中いたるところで、いわゆる白人男性とタイ人らしき女性のカップルを見かけます。

 しかも、親子(中には爺さんと孫)ほど年が離れているカップルです。

 私が見かけた日本人らしき男性高齢者は、日本食レストランで一人寂しく?食べている人くらいでした。ですから、タイ人らしき女性を連れているのは白人男性だけと思っていました。

 しかし、目ざといオニヨメは若いタイ人らしき女性を連れている日本人らしきお爺ちゃんを何人か見たそうです。

 母国では誰からも相手にされない、むしろ邪魔者扱いされているようなお爺ちゃんが、ここだと若い女性にもてるのだから、人生最後の天国なのかもしれませんね・・・。

 『需要と供給』と言えばそれまでですが、所詮金で結ばれているだけの関係です。なぜか釈然としないものを感じます。

 特に、そのような女性のほとんどが生活困窮者で、子供も抱えていると聞くと・・・。

 今日バザールで見たカップルは、男性は左手薬指に指輪をしていましたが、女性はしていませんでした。

 因みに、我がアパートの近くで見かける白人のおじいちゃんのパートナーは、この1ヶ月で少なくとも3人代わっています。余計なお世話でしょうが・・・。



 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"




 

2008年03月10日

ラスト・サンデイ・バザール

 今日もサンデイバザールに行きました。もちろん足はソンテウです。

 ソンテウ
      002-sonn.jpg

 ソンテウの中
      02-sonteu.jpg
 奥にある木の箱のような物が補助椅子です。

 満席のとき新たなお客が乗ってくると、奥に腰掛けていた客の一人が補助椅子に移り、他のお客が順番に詰めて空席を作ります。

 また、椅子も補助椅子も満席の時に女性が乗ってくると、座っていた男性の誰か(大抵は若者)が、自発的にすっと立ち上がって席を譲ります。天井が低く車内では立っていられないので、当然彼は後部デッキに立つことになります。
 女性は当然といった顔で譲られた椅子に座ります。

 日本ではまずありえない光景だと思います。



 明るい時のサンデイバザール      
      05-s-b-hiru.jpg
 サンデイバザール見学は、オニヨメは4週連続、私は先週パスしましたので3回目です。

 それにしてもよく通いました。
 さすがのオニヨメも『もう飽きた』と言っていました。あきる程バザールに通う人はめったにいないでしょう。


 夜のサンデイバザール  
      
03-s-b.jpg

 足裏マッサージ
      04-asi.jpg
 バザールに限らず街中いたるところで見かけます。
 とても気持ちが良く、病み付きになるそうですが、私は一度も受けた事がありません。特に理由はありませんが、あえて言えば、人に足裏を触られるとくすぐったいから?


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"



 

2008年03月09日

チェンマイの太陽

 朝陽
      0001-asahi.jpg
 撮影:2006.12.16。前回チェンマイに来た時写しました。
 古い写真でごめんなさい。今回は連日朝寝坊しているため、写す機会がありません。

 
  夕陽
      1-2-akai-tayou.jpg
 チェンマイの太陽は朝陽も夕陽も感動的美しさですが、毎日こうだと慣れっこになってしまいます。しかし、今日の太陽は一際紅く見えました。

 何だろう?
      1-1-guraida-.jpg
 画面に突然小さな物体が入ってきました。焦ってシャッターを切ったため、残念ながらピントが手前の椰子の葉に合ってしまいました。
 チャージに手間取り2枚目を写そうとした時は、どこかに消えていました。
 右上隅に点のように見える物体は、どうやらパラグライダーのようです。 
 
 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"

2008年03月08日

日本のオバちゃんだってたくましい!

 ピン川 

      4-kisibe.jpg
 旧市街地(ターペー門)の東約1.3キロ付近を北から南に流れている、幅100メートルほどの川です。 

      5-kisibe-2.jpg
 

 昨日(6日)、一人で街に出かけたオニヨメが、帰ってくるなり得意満面の笑みを浮かべながら、

 『今日は行きが15バーツ、帰りが14バーツだったよ』

と言うではありませんか。

 『片道20バーツじゃなかったの?』

と聞くと、

 『タイの人を見ていると、結構行き先や値段も聞かずに乗っているし、皆15バーツしか払っていないことが分かった。最初は日本人だから20バーツでも仕方がないと思っていたけど、今日は車の色で行き先が分かっていたので、試しに何も聞かないで乗り、15バーツしか払わないで下りたがOKだった。帰りも同じように黙って乗り、下りる時15バーツ払った。すると、なぜか1バーツ釣りをくれた。少しミーチョークに近いところで乗ったからかもしれない・・・』

とのことでした。

 要するに、

 『行き先を聞いたり、値段を聞くからナメラレてふっかけられる。ツラットして乗ればタイ人価格でOKだと分かった』

そうです。

 そこで、今日(7日)二人でそれを検証することにしました。

 普段着のまま、交通量が多い通りまで行き待つ事15分、お目当ての緑色のソンテウが来ました。彼女が車道に近づき腕を前に伸ばすとそのソンテウが止まりましたので、そのまま黙って後ろから乗り込みました。

 ところが、私は15バーツで下りる自信がありませんでしたので、とりあえず20バーツ用意し、彼女の後に続きました。

 彼女が、堂々と?15バーツしか払わず、運転手から何も言われなかったので、『よしいける』と思い、20バーツ渡しました。

 今までだったらそのまま立ち去りますが、当然のような顔をしてお釣りを待ちました。すると運転手は、躊躇することなく5バーツお釣りをくれました。

 大成功!!

 帰りもまったく同じ方法で一人15バーツで済みました。

 タクシーだと往復400バーツもかかりますが、今日は往復(二人で)僅か60バーツで済みました。

 ガイドブックなどには『ソンテウを乗りこなせるようになったら楽しい』と書いてあります。

 漸くその意味が分かってきました。

 街まで30バーツで往復できる事が分かったセイでしょうか、最初の頃『ここは遠すぎる』と不満ばかり言っていたオニヨメが、最近はそれを口にしなくなりました。

 日本のオバちゃんも、先日ご紹介しました山奥のあのオバちゃんに負けていませんね。


 鉄橋という名前の橋      
      3-tekkyou.jpg

      6-tekkyou-2.jpg

      2-kawa.jpg
 これで水が綺麗だと良いのですが・・・。

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

 
ブログランキング"banner_02.gif"












2008年03月07日

たくましいオバちゃん

 国境に近いとある小さな集落を通りかかったとき、道路に柵を互い違いに並べただけのチャチな検問所?があり、兵士に止められました。

 なんだろうと思っていると、兵士の側に小柄なオバちゃんがいて、車から降りた新明天庵さんと何か話していました。


      10-obachann.jpg

 間もなく、そのオバちゃんが大きい荷物数個と一緒に車の荷台に乗ってきたではありませんか。

      10-2-oba.jpg

 どうやら、ヒッチハイクをするため若い兵士に頼んで我々の車を止めさせたようです。

 車に戻った新明天庵さんは笑いながら、

 「『乗せてください』ではなく、『乗せていけ。5キロ先だ』だから参るよな」

と、おっしゃっていました。

 確かにあれだけの荷物を持って山道を5キロも歩くのは大変です。

 タイでは困った人を見たら助けるのが当たり前だそうです。ですから、あのオバちゃんにしてみれば、乗せてもらって当然ということでしょうか。

 日本だと乗せてもらった人は大抵の場合恐縮していますが、このオバちゃんは実に堂々としていました。

 きっと常習犯?というか、辺鄙な山奥で暮らすための生活の知恵なのでしょう。

 なんだかほのぼのとさせられる情景でした。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"






2008年03月06日

印象に残ったこと

 昨日は、タイ北西方面に遠出しました。

 ガイドはチェンマイ在住の新明天庵さん、ドライバーは新明天庵さんの親友Aさん。

 チェンマイの北約60キロにあるチンダオの少し先から左折して山道に入り、ミャンマーとの国境ゲートまで行き、その後、国境線にほぼ並行して北上し、2箇所目の国境ゲートまで行きました。

 その間、フェイルーク王室農業開発センター、アンカン王室農業センター、国際リゾート地、少数民族の集落などに立ち寄りました。

 走行距離は約350キロ。何もかもが珍しく、写した写真は軽く300枚を超えていました。

 とりあえず今日は、インパクトが強かった何枚かを紹介します。

  
      0008-kokkyou-1.jpg
 最初のゲートです。50メートルくらい手前に若い兵士が一人銃を持って立っていましたが、門のところまでOKだということでしたので、恐る恐る近づいて記念写真を撮りました。


      0009-ko-up.jpg
 この柵の向うは緩衝地帯です。柵の間からわずかにミャンマー軍の建物が見えます。

 日本は島国ですのでこのような国境がありません。身の危険はまったく感じませんでしたが、何となく緊張しました。


      0007-keimusho.jpg
 タイ語、英語、中国語、ミャンマー語?でしょうか。
 唯一理解できる英語を読むと、

 『不法入国者は懲役2年、罰金最高20000バーツ、不法就労者は懲役3ヶ月、罰金5000バーツ』

などと書いてあります。

 タイ側は門を開いているのに、なぜかミャンマー側が門を閉じているため、人々は行き来できないそうです。



      111-3-kokkyou.jpg
 二箇所目のゲートです。

      112-kokkyou.jpg
 若い兵士がサッカーボールを蹴っているのを見るとホッとします。


      0004-heisi.jpg
 柵の隙間から望遠で写しました。ミャンマー軍兵士がしゃがんでいます。何を考えているのでしょうか?

 機関銃 

     0003-kikannjyuu.jpg
 その兵士の方向に機関銃が向けられていましたので一瞬ドキッとしました。
 しかし、近くに兵士の姿はありません。かなり古そうだし、銃身も錆びています。しばらく使った形跡はありません。

 触ると、言いようのない冷たさがありました。

 
 敵?陣地 

      0005-jinnchi.jpg
 数百メートルは離れているでしょうか、見晴らしの良さそうな丘の上にミャンマー軍の陣地が見えます。

      0006-up.jpg
 向うでも機関銃がこちらに銃口を向けているのでしょうね。

 新明天庵さんによると、『タイ軍側は電気がありTVを見ているが、ミャンマー軍側は電気がないためロウソクだけらしい』とのことです。
 

おまけ
      111-nakayosi.jpg
 国境に近い小さな集落でも・・・・タイでは多いですね。


 今日は、普通のツアーでは絶対不可能な体験をする事ができました。
 
 新明天庵さん、Aさん本当にお世話になりました。

 このお二人との出会いは、今回のロングステイでの最大の収穫です。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。
ブログランキング"banner_02.gif"


2008年03月05日

残りわずか1週間となりました。

 チェンマイにきてから3週間が経ちました。あっという間に過ぎた感じです。
 後1週間でここを離れなくてはなりません。

 私は特に目標があったわけではなく、淡々と日々を送ってきましたし、残り1週間もそのスタイルは変わらないと思います。
 しかし、オニヨメはやり残したことが沢山あるらしく、しきりにメモしています。

 残り1週間でそれらを片付ける?とか。
 まあ、精々頑張ってもらいましょう。

 明日は、ブログを通じて知り合った、地元チェンマイ在住のYさんのお誘いで日帰り旅行をする予定です。



 揃って何所へ行くの?
      015-kamo.jpg
 親子でしょうか?

 鴨も暑さは苦手?
      16-hikage.jpg
 ちゃんと木の陰で並んで休んでいます。

 お尻カイカイ     
       44-zou.jpg
 砂浴びをしているところです。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


2008年03月04日

喪服は英語で何と言うの?

 オニヨメが『タイで洋服を作ると安いらしい。喪服がほしい』と言い出しましたので、KITTY嬢に、『喪服を作りたい。テーラーを紹介して欲しい』と聞きました。

 ところが、『喪服』がなかなか通じませんでした。

 『Mourning dress』は駄目。『Funeral dress』も駄目。

 結局、『Black dress』で何とか理解してもらえました。

 しかし、『オーダーメイドは時間がかかるので、既製品の中から選んだらどうですか?』と言われ、デパートに案内してくれました。

 上着とワンピースの組み合わせで約7000バーツでした。

 『日本だと10万円はする』(オニヨメ)そうですので確かに安いと思います。

 しかし、デザインが気に入らないとかで結局買いませんでした。

 私だったら、安さにつられてきっと買ったと思います。着られればいいわけだし、着ているうちに好きになるでしょうから・・・。

 女性の服へのこだわりはどうも違うようですね。

 デパートからの帰り、再度旧市街地をゆっくりと散策しました。
 
 歩くと色々新しい発見があります。今日はの癒し系は・・・


 路地裏の猫
      12-neko.jpg
 庶民的?猫。
 タイでは犬に比べて猫の数が少ないように思います。
 

 ショウウインドウ内?の猫
      111-2-neko.jpg
 何となくセレブっぽいお姿。なお、この写真はニマンヘミン通りで写しました。

 路上の鶏
      42-niwatori.jpg
 庶民的?鶏。たくましさを感じます。

 お屋敷の鶏
      10-niwatori.jpg
 広いお屋敷の庭を悠々と歩いていました。これもセレブ鶏?

 街中のリス
      13-risu.jpg
 10メートル以上ある高い電線を走りぬけた後、大木の枝にジャンプして消えていきました。

 どの写真もクリックすると大きくなります


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"


 

2008年03月03日

癒し系・・・その2:二匹のガチョウ

 アパートの前の庭に二羽のガチョウがいます。

 この二羽はいつも一緒にいますので、おそらく番だと思います。


      22-gaga.jpg

      12-gachou.jpg

      20-nihiki.jpg
 二羽がこんなに離れる事はめったにありません。


      24-ennkei.jpg
 池の反対側からアパートを写しました。2羽のガチョウが池を泳いでいます。


      13-gachou-ike.jpg
 池の中でもこの通りです。


      11-ga-asi.jpg
 大きい方のガチョウが片足を上げる事はほとんどありません。 


       18-korede.jpg
  ところが、小さい方のガチョウは、いつも片足で立っています。

 さて、この2羽のガチョウを見て、皆さんはどう感じましたか?

 『素敵だな・・・』

 『羨ましいな・・・』

 『可愛そうに・・・』

 etc...


 ひょっとしたら(その感じ方は)あなたの連れ合い(恋人)に対する現在の心理状態を反映しているかもしれませんよ。



 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"




2008年03月02日

やはりソンテウに限る?

 今日も、街までソンテウで往復しました。二人で合計80バーツでした。タクシーなら400バーツかかりますので、五分の一です。

 乗り方さえ分かれば別に難しくはなさそうです。これに慣れたらもうタクシーには乗れないかもしれませんね。

 ただ、ソンテウが拾える場所まで約10分自転車に乗って行かなければなりませんし、炎天下、お目当てのソンテウがいつ来るか分からないまま待つのは結構大変です。

 因みに今日は10分程待ちました。

 帰りは街中で拾いますのでそれほど待つ必要はありませんが、ソンテウを下りてからまた自転車です。

 その点タクシーは、アパートまで来てくれるので日向でじっと待つ必要はないし、冷房車だし、排気ガスも吸わなくて済みます。

 さてどちらを選ぶか?

 オニヨメは100%ソンテウです。私も最近大きくソンテウに傾きました。

 最大の理由はもちろん値段ですが、ソンテウの場合乗り合いなので、タイの人々との自然な触れ合いがあります。
 互いに言葉は通じなくても、身振りなどで結構気持が通じるから不思議です。


 古布?  
     124-kire.jpg 
 金、土、日に開かれる山岳民族のバザールでオニヨメが買いました。
 何かに使った形跡がある刺繍の布です。これを利用してバッグを作るとか。

 似たような布が何十枚もあり、この二枚を選ぶのに1時間くらい悩んでいました。1枚150バーツですので、私だったら適当に5,6枚買うかもしれません。

 なお、結構バイヤーのような人が大量に纏め買いしていました。それを加工して新しい商品にするのでしょうか?


 タイでは色んな果物をこの様にミラミッド状に積み上げて売っています。 
 

オレンジ
      122-mikan.jpg 
 実に見事です。

 いちご
      123-ichigo.jpg
 何とイチゴまでも・・・。ここまで来ると一種の芸術?

 1キロでわずか15バーツ! めちゃくちゃ安いと思いました。
 しかし、残念なことに、このイチゴは見かけは美味しそうですが、果肉がかなり硬くスプーンではなかなか潰せません)、酸味が強く甘さが足りません。

 前回タイに来た時、安いからと大量に買って失敗しましたので、今回はまだ買っていません。
 
 

 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。
 
ブログランキング"banner_02.gif"


   
 

2008年03月01日

ちょっと一休み

 昨日少々歩きすぎました(歩数計は17000を超えていました)ので、今日は休息日です。

 『疲れたら休む』

 ロングステイだとこれが出来るので助かります。

 8時頃起きだし、一日中ボーっとして過ごしました。

 さすがのオニヨメも昨日の疲れが残っているらしく、今日はおとなしくしていました。

 しかし、残り10日あまり、これからは買い物に全力投球するとか・・・。

 私には理解できませんが、色んな店を見て回るだけでワクワクするそうです。

 これから時々チェンマイで写した癒し系?の写真をいくつかご紹介します。
 今日はその1『犬』です。


      1-inu.jpg
 サンデーバザールで見かけました。沢山の人でごった返しているのに悠々と寝ていました。もしかすると、客寄せでそうさせてるのかもしれませんが・・・。


      43-pu-doru.jpg
 お洒落なショッピングセンターの中を自由に動き回っていました。


      49-inu-kago.jpg
 じっとご主人様の帰りを待っています。

 
     47-oyainu.jpg
 2006年に花万博が行われた、とても広い公園の中で見かけました。街の中の野良犬と違い、毛並みが良く、汚れていません。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"



 


 





ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png