2008年03月07日

たくましいオバちゃん

 国境に近いとある小さな集落を通りかかったとき、道路に柵を互い違いに並べただけのチャチな検問所?があり、兵士に止められました。

 なんだろうと思っていると、兵士の側に小柄なオバちゃんがいて、車から降りた新明天庵さんと何か話していました。


      10-obachann.jpg

 間もなく、そのオバちゃんが大きい荷物数個と一緒に車の荷台に乗ってきたではありませんか。

      10-2-oba.jpg

 どうやら、ヒッチハイクをするため若い兵士に頼んで我々の車を止めさせたようです。

 車に戻った新明天庵さんは笑いながら、

 「『乗せてください』ではなく、『乗せていけ。5キロ先だ』だから参るよな」

と、おっしゃっていました。

 確かにあれだけの荷物を持って山道を5キロも歩くのは大変です。

 タイでは困った人を見たら助けるのが当たり前だそうです。ですから、あのオバちゃんにしてみれば、乗せてもらって当然ということでしょうか。

 日本だと乗せてもらった人は大抵の場合恐縮していますが、このオバちゃんは実に堂々としていました。

 きっと常習犯?というか、辺鄙な山奥で暮らすための生活の知恵なのでしょう。

 なんだかほのぼのとさせられる情景でした。


 人気ブログランキングを応援(クリック)してくださいね。

ブログランキング"banner_02.gif"








ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。