2008年04月16日

標高差1000M!乗ってみたいですね。

 ふれあいシャトルバス
      1-hyoukousa.jpg
 今日(4月15日)の北海道新聞(朝刊)の記事です。

 標高差1000メートル!

 もしこれが事実なら凄いバス路線だと思います。

 だって、ニセコ町の標高は、役場付近で約150メートル、道の駅付近で約140メートル、ニセコ大橋付近は約100メートルですよ。

 そこから標高差1000メートルの地点は、アンヌプリ国際スキー場の第4リフトの終点あたりになります。

 バスで登るのは大変でしょうね。

 ひょっとして、ゴンドラに乗って行くのかな?

 残念ながら、ホテルやペンションが建っているアンヌプリ国際スキー場付近は標高約400メートルです。

 ですから、ニセコ市街地との標高差はせいぜい300メートルです。

 それにしても、『標高差1000メートル』とはひどいですね。

 この記事を書いた記者の見識を疑います。デスクにもチェックされなかったとは・・・。

 人気ブログランキングを応援(1日1クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"








 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。