2008年07月01日

デッキの補修はこのくらいにして・・・。

 昨日でデッキの補修はほぼ終ったはずでしたが、念のため隣接するスノコを外してみると、もう1本危険な根太がありました。

 その根太は、今年の春、雪害で壊れた手すりを直した際、業者から

 『1,2年は持つかもしれないが、いずれ直す必要がある』

と指摘されていたものです。

 確かにまだ大丈夫かもしれませんが、想像以上に傷みがひどく、見た以上放置できなくなりました。

 またしてもその修理に半日かかりました。

 他にも直したい箇所が数箇所ありましたが、これ以上デッキに時間をかけられませんので、緊急性を要する箇所だけに止め、午後からようやく屋根の工事に入りました。

 まず、(屋根の下地材を打ち付ける)横木の位置を垂木の上に決めます。

 次に、横木にガタツキが生じないよう垂木の高さを調整します。

 正確にカットしたはずですが、そこは廃材の宿命。

 いざ横木を置いてみると、微妙にガタツキガあります。

 高いところは削り、低い箇所はスペーサーを入れなければなりません。

 地上ならいいのですが、足場のない高所での作業です。

 何よりも安全かつ慎重にしなければなりません。

 しかも、不慣れです。

 道具を忘れて登ったり、上で作業中下に工具を落としたり・・・。

 その都度脚立を使って上がり降りしなければなりません。

 結局この調整だけで午後いっぱいかかりました。



 今日の羊蹄山?

      6-30-yo-kumo.jpg

 こんなに高かったっけ?しかも、まだ真っ白な雪が・・・。

 もちろんそんなはずはありません。


 今日の羊蹄山 

      6-30-yo-1.jpg

 いつもと変わりありません。



 人気ブログランキングに参加しています。

 応援していただければ幸いです。

 よろしかったら、下のロゴマークをクリックしてください。



ブログランキング"banner_02.gif"


 

 

 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。