2008年07月22日

薪小屋作り(第二期工事)・・・その5

 床の張り方

      721-yuka-1.jpg


      721-yuka-3.jpg

 床の部材は、廃材のうち薪小屋の柱や梁などに使わなかった(残りの)角材などです。

 部材の厚さ、幅や長さがまちまちだし、床下に敷いた砂利面の高さもかなり高低があります。

 そこで、砂利の上に角材などを枕として置いてレベルを調整します。

 それが済むと枕の上に角材などを置くだけで、釘などは一切使いません。

 ・・・が、1枚一枚長さや高さを調整しなければならず結構手間がかかります。



 今日はここまで

      721-yuka-2.jpg

 面積にして全体の70%くらい張り終わったでしょうか?

 やっとゴールが見えてきました。

 
 今日の羊蹄山、18:53

      721-yo.jpg


 今日のおネコ様

      721-neko.jpg

 すっかりリラックスされています。

 獣医に『末期症状』と宣告されてから間もなく1年になりますが、まだまだお元気です。

 末期宣告を受けたときの状況については、


 http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/article/50313739.html

をご覧ください。

 

 人気ブログランキングに参加しています。

 応援(下のロゴマークをクリック)してくださいね。




ブログランキング"banner_02.gif"




 

 

 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。