2009年02月04日

ハロゲンヒーターの復活。

 屋根の雪を下ろすためにニセコに来た以上、何が何でも雪を落とさないと・・・。

 軒先を見上げながら北西側の雪が落ちない原因を考えた。

 3日連続で天井裏に暖気を送っているのになぜ落ちない?

 昨日書いた雪質の変化(粘り、ザクザク)以外に原因があるはずだ。

 5メートルほどある雪落とし用の道具で軒先を突っつくと、

 解けた雪が大量に軒先部分にに凍り付いていた。


 これだ!

 軒先に凍りついた雪がブレーキ(雪止め)になっていることが分かった。

 屋根裏に暖気を通しても、なかなか軒先には暖気が届かないため、

 屋根の上部で一旦解けた雪が軒先で凍りつきやすい。

 放っておくといつまでも雪が落ちないし、スガ漏りの原因にもなる。

 できるだけ早く凍りついた部分を除去しなければいけない。

 その方法は二つ。

   @ 梯子を架けて屋根に上り、ハンマーかスコップで割る。

   A 屋根裏から重点的に軒先に暖気を送るなどして融かす。

 確実なのは@だが危険が大きすぎる。Aは確実性に欠けるが安全である。

 もちろんAを選択した。雪下ろしの事故は死に直結するからだ。

 
 問題はどうやって軒先を暖めるかだ。

 そこで思いついたのが、


 ハロゲンヒーター

        203-harogenn.jpg

 6、7年前、屋根を天井裏から暖めるために買ったが、

 スポット照射だったため効率が悪く、長い間埃を被っていたヤツだ。

 早速天井裏に上がり、ハロゲンヒーターを軒先に向けてスイッチオン!
 
 (手前の白い箱は結露防止用の除湿機)

 すると、


 落下開>始 

        203-rakkachuu.jpg

 1時間ほどで雪が動き始め、次々に落下し始めた。

 大成功!


 まだ残っている

        203-ochita.jpg

 屋根の上半分と稜線部分に雪が残っているが現時点では仕方がない。


 今日のモモ

        203-mo.jpg

        203-mo-2.jpg

        203-mo-3.jpg

 新雪に頭から突っ込み、雪の中を転げまわる。

 本当に雪が好きだ。



 人気ブログランキングに参加しています。

 応援してくださいね。

 下のロゴマークをクリックしていただくと私に20ポイント入ります。

 ただ、残念ながらポイントになるのは1日1回だけです。



ブログランキング"banner_02.gif"






 






 

 

 

 

 


ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。