2009年03月13日

カレンダーレスの生活ってまずいよね。

 突然、『今日は何日?』『何曜日?』などと聞かれた場合、

 いわゆる現役世代なら迷うことなく正しく答えられると思う。

 ところが、リタイヤして年金生活を送るようになると、

 咄嗟にはなかなか答えられない(かもしれない)。

 我が家の場合、働いている子供がいるので平日と休日の区別は簡単につくが、

 年寄りだけだと、それさえ分からなく可能性がある。


 試しにヨメに『今日は・・・?』聞いてみたら、

 『え〜と・・・テニスがあったから、12日で木曜日』

 と答えた。

 もし私が聞かれたら、きっと、

 『え〜と・・・生ゴミの日だから木曜日で12日かな』

 と答えると思う。

 日にちや曜日などをほとんど意識する必要がない生活を送っているため、

 決まった行事や予定を頼り(基準、手がかり)に答えるしかない。

 もしそれらがない日だったらまずアウト?


 日にちや曜日でこれだから、何年?となるとますます怪しい。

 ヨメに今年は何年か聞いてみた。

 すると、西暦は正しく答えたが元号(平成)年は間違った。

 私自身、咄嗟に両方正しく答える自信はない。


 ただ、不思議なことに月は迷わない。

 ひょっとすると、月は季節との結びつきが大きいからかもしれない。

 もし、これが怪しくなったらそれこそ大変だ。

 
 
 人気ブログランキングに参加しています。

 応援(クリック)してくださいね。



ブログランキング"banner_02.gif"




 
 

 


 

 


 

posted by tosshy at 02:05| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png