2009年06月29日

視力回復への道・・・その6(予期せぬ展開)

 ヨメは外から帰って来たときなかなか手を洗おうとしない。

 今日もそうだったので「帰ったらすぐ洗ってよ」と言うと渋々洗った。

 その後、ヨメがモモをサークルから出して室内で遊ばせ始めたので、


 「手術が終わるまで出さないでよ」と頼んだが、

 「まだ手術していないでしょう。ネェ、モモ」と聞き入れない。


 「今日から感染症予防の目薬を点し始めたんだよ。少しは協力してよ」と頼んだ。

 するとヨメは、

 「みんな入院して手術を受けるのにどうして日帰りにするの?

 日帰りを希望するのは我がままだよ。その上『あれするな、これするな』と

 周りにいろいろ注文を付けられたら、いい迷惑だ』

 と言うではないか!


 「我がまま」は仕方ないとしても「迷惑」とまで言われるとは・・・。

 ショックだったのは、今回の手術だけの事ではない。

 将来の自分の姿「病気即入院(厄介払い)」を暗示しているように感じたからだ。

 「自宅でヨメの介護を受けながら療養生活を送る」など、

 とんでもない幻想?

 言い換えれば、「病気になったらそこで人生が終わる」と、

 今から覚悟しておかなければならないと思った。

 
 仕方がない(と言うか腹が立った)ので、

 明日病院に電話してこれからでも入院できないか聞くことにする。

 入院になればそれこそヨメの思う壺だとは分かっていても・・・。


 それにしても、ダンナの病状が気にならないのだろうか?

 モモだったら、ちょっとした異変でも気にするのに・・・。


 

ブログランキング"banner_02.gif"



  ↑ ↑ 

 応援(クリック)してくださいね。 

 





 


posted by tosshy at 01:04| Comment(2) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。