2009年11月10日

『乗り鉄』って何?

 今朝の北海道新聞の25面、

 根強い人気を誇る鉄道。「鉄ちゃん」と称されるマニアの中でも乗車好きを「乗り鉄」と呼ぶ。

 という書き出しで始まる記事は興味深かった。



        1110-tabi.jpg

 3日間かけて北海道を一周する旅だ。

 一日目は札幌ー函館ー釧路ー根室、二日目は根室ー網走ー旭川ー稚内、

 そして三日目は稚内ー札幌ー様似ー札幌。

 乗車距離は実に2600キロに及ぶ。

 しかも、その目的はただ乗るだけらしい。



   車窓を流れいく風景をただぼんやりと眺める・・・。

   学生時代、郷里(山口)と北海道の間を幾度となく行き来したころを思い出し、

   ジーンとこみ上げてくるものがあった。



 ヨメにこの記事のことを話すと、言下に

 『ただ乗るだけじゃつまらないでしょう!観光地を見るとかしないと・・・』

 と否定されてしまった。

 『そうかなあ。ぼんやり景色を眺めるだけでも面白くない?』と言ったが、

 『だったら、お父さん行きなさい!』

 と突き放されてしまった。


 ガーン!!

 まさに夢と現実のギャップだ。


 記事に登場した、道内4200キロを5日間かけて乗る千葉県の「乗り鉄夫婦」を羨ましく思った。

 我が家の場合、海外旅行以外乗り物は原則車。しかも、モモも一緒。
 
 もちろんモモに責任はない。

 ヨメには、ダンナなしの旅行はあっても、モモなしの旅行は考えられないからだ。


 なお、記事は「乗り鉄」の先駆けともいえる文豪・内田百閧ェ

 「何も用事がないけれど、汽車で大阪に行ってこようと思う」

 と旅に出て随筆「阿房列車」を著したことも紹介していた。

 是非一度読んでみたいと思う。



ブログランキング"banner_02.gif"



 応援(クリック)してくださいね。


posted by tosshy at 10:47| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。