2010年01月01日

嬉しい拍子抜け。

 冬、ニセコに来るときはいつもハラハラ、ドキドキしている。

 家のことが心配だからだ。

 まずは屋根の雪。

 予めネットで留守中の降雪量を調べて心の準備をしているが、

 屋根にてんこ盛りの雪を目の当たりにすると、思わずため息が出る。



 で、昨日到着したときの我が家は、
       


         1230-touchaku.jpg

 留守中の降雪量が2メートルを超えていたので、

 1メートルくらいは積もっているだろうと覚悟していたが、

 屋根には10センチくらいしか積もっていない!!

 留守中に降った雪のほとんどが落ちていたのだ。

 いつも近所の家の屋根にはほとんど雪がなく、我が家の屋根だけテンコ盛りだったのに・・・。

 ?!?!

 我が目を疑った。

 しかも、全く住んでいなかったのに落ちていたとは・・・まさに奇跡?

 ではない。

 その理由は分かっている。

 秋口に屋根のペンキを塗り替えたからだ。

 ペンキを塗り変えただけでこんなに上手く落ちるんだったら、

 もっと早く塗り替えればよかった。

 11年間の雪との闘いは一体なんだったんだ?

 と落ち込んでいたら、早速ヨメがニタニタしながら、

 『全て無駄だったね』と、情け容赦なく追い討ちを掛けてくる。

 が、いつもの事なのでムカツク心を抑えて軽く受け流す。


 今回ニセコに来た最大の目的は屋根の雪落としだったので、なんだか拍子抜け?

 でもこの結果には大満足だ。

 
 もう一つの心配は水周り。

 ニセコを離れるときは、いつも最大限の注意を払って水を落としてしている。

 しかし、事故は僅かなミスで起きる。

 現に昨年暮れ、流しの下の給湯管に亀裂ができていてひどい目に遭った。

 落とし方が不十分だったのだ。
 


    その時の様子は、2008.12.30と31のブログをご覧ください。

http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/archives/200812-1.html

 どこか凍結していないだろうか?

 実際にお湯や水を出してみないと安心できない。

 幸い今回は水周りの事故はなかった。

 厳密に言えばなくはなかった。

 水落としをした後、1箇所蛇口を閉め忘れていたため、

 通水開始直後若干床を濡らしてしまった。

 もちろんヨメには厳しく叱られたが・・・。


 自分のミスは笑って誤魔化し、他人のミスは厳しく責める。

 この身勝手さは誰も真似が出来ない。

 誰かさんの爪の垢を煎じて飲み、一度でいいからコッテリ仕返しをしてやりたいものだ。



ブログランキング"banner_02.gif"



 応援(上のロゴマークをクリック)してくださいね。 
 


posted by tosshy at 03:13| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。