2010年03月22日

ゴミステーション考再び・・・その3


ブログランキング"banner_02.gif"



 カラスネットに限界を感じた矢先、私が属しているゴミステーションのメンバーの有志が、


 手作りゴミステーション

        0907-gomibako.jpg

 廃材を利用して箱型のゴミステーションを作ってくれた。

 内容積は約720L(60×60×200)とやや小さいが、

 折りしもゴミの有料化が始まったばかりで分別が細かくなり、

 指定曜日ごとのゴミの量が減ったため、22戸分のゴミに十分間に合っている。

 その後8ヶ月以上経過したが、いわゆるカラスの被害は皆無であり、

 カラスネットよりも優れている事は明らかである。

 このように堂々と歩道を占拠しているが、今のところ市や警察からは注意は受けていない。

 先日も書いたが、

 このような場所(交通量が少なく、後ろが崖)に設置した場合は黙認してくれているらしい。

 と勝手に解釈している。

 なお、札幌市はいわゆるゴミサークルを推奨しているが、その実態は、



        08-1-gomi.jpg


        08-1-gomi-2.jpg


        319-gomisa-kuru.jpg


        319-gomisa-kuru-2.jpg

 歩道上には固定式のゴミステーションを置かないと言う前提があるため、

 ゴミサークルを推奨しているのだとは思うが、実用性と景観の観点から見て、

 上記の手作りの箱型ゴミステーションとゴミサークルとの優劣は明らかである。

 行政サイドの柔軟な考え、弾力的運用を切望する。

 なお、近くの町内会にも手作りの箱型ゴミステーションが置かれていた。



        317-gomibako.jpg

 行政は歩道上にモノを置く事を『通行の妨げになるから』と頑なに拒む。

 そのことは確かに一理ある。しかし、現状は矛盾だらけと言わざるを得ない。

              (続く)



ブログランキング"banner_02.gif"




posted by tosshy at 02:20| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。