2010年06月30日

札幌に戻りました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、7:18

        629-youtei-asa-3.jpg

 自宅のデッキから。しばらくお別れ・・・。



 14:15

        629-youtei.jpg

 近藤湧水の水汲み場から。

 ここから眺めると同じ山とは思えない形をしている。

 形が大きく崩れていて、お世辞にも美しいとは言えない。



 15:15

        629-youtei-naka.jpg

 中山峠から。残念ながら霞んでいる。


 田舎暮らしの疲れを癒すため都会に戻ったが、世の中そう甘くはない。

 明日から白樺の椅子作りという仕事が待っている。

 すでに注文が5脚もたまっているからだ。


ブログランキング"banner_02.gif"

 
posted by tosshy at 02:15| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

はっきり言ってかなり疲れました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今回ニセコに来たのが5月24日。

 途中、内科の定期検査を受けるため一度(一泊二日)札幌に行っただけで、

 一箇月余にわたってニセコ暮らしを続けていたことになる。

 充実したニセコライフだったと言いたいところだが、

 実際は、20日間以上ヨメがいなかったし、

 デッキの修理に明け暮れたため疲労困憊。

 昨日塗装が終わり修理が一段落したので、しばらく札幌に戻って休養することにする。

 田舎暮らしの疲れを都会で癒す。

 こんな生活スタイルがあっても良いと思う。


ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 01:13| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

デッキの修理・・・その7

 デッキの修理もいよいよ最終章に入った。

 最初は取り替えたところだけペンキを塗るつもりだったが、周囲と色が違いすぎるため、

 結局全体を塗りかえることにした。

 これまで、汚れやコケなどをデッキブラシや雑巾でキレイに落としてから塗り替えていたが、

 今回は汚れやコケがひどいところだけ下処理し、それ以外はそのまま上塗りした。

 省力(正しくは手抜き)だ。

 今日でほぼ塗装は終わったが、毎日ペンキや薄め液を嗅いでいる所為か、少々具合が悪くなった。

 経費節約も楽ではない。



 今日の羊蹄山。8:00

        627-youtei.jpg
 
ブログランキング"banner_02.gif"



 
posted by tosshy at 01:41| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

今度こそ完成するでしょう。


ブログランキング"banner_02.gif"



 裏の窓から見る林


         625-mado-hayasi.jpg

 ヨメは『もっと窓を大きくしたかった・・・。』と悔やむが、

 残念ながら豪雪地帯なのでこれが限界だ。

 窓枠の一番下で地面から約3メートルあるが、排雪しないと積雪と屋根からの落雪で窓が埋まってしまう。




        626-gaka-2.jpg 


        626-gaka.jpg


 埼玉県から昔の同僚K君が奥さんと一緒に尋ねてきてくれた。

 札幌で机を並べて働いていたとき、アマチュア画家のK君に、
 
 『ニセコの家に飾る油絵を描いてほしい』と依頼し快諾してもらった。

 その後彼が本州に転勤したため年賀状のやり取りだけになったが、

 彼は私との約束を覚えてくれていて、2年前、奥さんと北海道旅行をしたとき、

 わざわざニセコに立ち寄ってくれ、我が家のデッキから羊蹄山をスケッチして帰った。

 帰宅後そのスケッチを元に描き始めたらしいが思うように描けなかったとのことで、

 今回、北海道旅行の途中、イメージを再構築するためまた我が家に立ち寄ってくれたのだ。

 完成がたのしみだ。



 今日の羊蹄山、17:29

        626-youtei.jpg

 肉眼でも避難小屋らしきものが見える。

 20×で写すと


 避難小屋

        626-hinannkoya.jpg

 間違いなく避難小屋だ。
 
ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 02:02| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

デッキの修理・・・その6


ブログランキング"banner_02.gif"



        625-yukasita.jpg



        625-kumi.jpg


        625-kannsei.jpg


 昨日デッキの下の木枠(柱、梁、桁)の取替えが終わったので

 今日はデッキの上の柱2本の取替えだ。

 2本とも全体の3分の1辺りから下を切り取り、

 その部分に新しい柱を入れ、残した上の柱と繋ぎ合わせることにした。

 問題は、柱部分の屋根が3.5センチと1.5センチ沈んでいたことだ。

 屋根を元の高さに押し上げて柱を入れ替えなければならない。

 サポートと呼ばれる一種のジャッキで少しずつ屋根を持ち上げることになった。

 屋根を少し持ち上げ始めたとき、

 どこかでかすかにメリッという音がしたのでドキッとしたが

 その後異様な音はしなかった。

 兎にも角にも無事柱を交換する事ができた。

 柱が太くなったように見えるのは、化粧板で継ぎ目を隠したため。


 最後に桟板をはめ込み、ガタツキや高さなどを調整して業者の作業が終了。

 その後自分でデッキの上の柱にペンキを塗り始めたが、途中でペンキが足りなくなった。

 この際だから、直したところだけでなくデッキ全体を塗り替えることにした。



 今日の羊蹄山、7:15

        625-youtei-tate.jpg
 
ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 02:07| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

デッキの修理・・・その5


ブログランキング"banner_02.gif"



 これは酷い

        624-kusari.jpg

 怪しげな梁を外すと、腐食の状態がよく分かる。
 

 解体中

        624-before.jpg

 慎重に梁と柱を取り外していく。

 腐っていたのはホゾの組み合わせ部分だけだった。

 

 今日はここまで・・・

        624-after.jpg

 計画では梁2本と柱2本だけ取り替える予定だったが、結局梁6本と柱2本を取り替えた。

 見ていると、組み立てるより解体する方が大変そうだった。

 明日は、デッキの上の、直接屋根を支えている柱2本を、上半分だけ残して下半分を取替え、

 桟板を受ける桁を調整する予定。

 なお、デッキから上の柱の塗装は自分ですることにした。

 もちろん、費用節約のためだ。



ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 01:30| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

食事が仕事になったら終わり?


ブログランキング"banner_02.gif"



 私にとって一人暮らしで一番大変なのはやはり食事だ。

 なにせここは市街地から5キロ以上離れた山奥?

 足(車)が無いと外食ができないので、自分で作って食べるしかない。

 しかも、毎日違うメニューなど不可能だ。

 最低二日、時には三日間同じものを食べるわけで、

 楽しいはずの食事が仕事になってしまう。


 今日、約2週間振りにその仕事から解放された。

 ヨメがやっとニセコに戻ってきたのだ。

 で、久しぶりにまともな料理を食べようとしたら、ヨメに

 『他人が作った料理を食べるのは楽でしょう』

 と言われた。

 当たり前だ!


ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 01:09| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

デッキの修理・・・その4


ブログランキング"banner_02.gif"



  塗装終了

        622-tosou.jpg

 作り直した桟板を塗装した。

 これでようやくデッキの修理が終了。

 のはずだったが、

 デッキの下に回って柱や桁などに生えている白いキノコを削り落とし始めると嫌な予感が・・・。

 柱と桁の継ぎ目付近が柔らかくドライバーが簡単に刺さるではないか。

 明らかに腐食が進行している。

 デッキに戻り柱付近の桟板を突っつくと、




        622-hushoku.jpg


        622-hushoku-1.jpg

 案の定豆腐状態だ。

 覚悟を決めてその板をはがすと、




        622-dameda.jpg


        622-hazusuto.jpg


        622-dameda-2.jpg


 デッキの屋根を支えている数本の柱の1本が完全に腐っており、

 その柱は宙に浮いた状態なのだ。

 他の柱に渡している梁が支えてくれているに違いないが、

 今冬、屋根が崩れ落ちなかったのが不思議だ。

 いずれにせよ緊急事態だ。

 ここまで酷くなると素人の手には負えない。

 早速知り合いの業者に連絡して見てもらった。




        622-2honn.jpg

 奥の柱は完全にアウト。

 手前の柱はかろうじて頑張っているが、かなり腐食が進行しているらしく、

 ダメになるのは時間の問題とか。

 結局柱2本と横木(梁)を2本取り替えることになった。

 沈んだ踊り場の修理に始まったデッキの修理は、その後どんどん広がってしまった。

 しかし、これを機に危険箇所をきちんと修理しておけば後10年は大丈夫?

 とは言え、ヨメの口癖じゃないが、この家は本当に『金食い虫』だ。


 そうそう、ヨメが今日の試合で快挙?!

 北海道OGソフトテニス(千歳大会60歳以上の部)で3位になったそうだ。




 今日の羊蹄山、16:42

        622-youtei-2.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"


 




 

 







 
posted by tosshy at 01:14| Comment(2) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

『たいした楽だは』だって。


ブログランキング"banner_02.gif"



 アヤメ?


        621-ayame.jpg

 道路から我が家までのアプローチの側に一輪だけ咲いていた。

 なぜこんなところに?



 ヨメが札幌に戻って10日が過ぎた。

 ヨメは札幌ライフを、私はニセコライフをそれぞれ楽しんでいる。

 先日電話でヨメに『楽でしょう?』と聞いたら、

 弾んだ声で『うん。たいした楽だは』と言っていた。

   たいした;北海道弁で『とても』と言う意味

 そりゃあそうだ。家事から解放され自分ペースで好きな事だけしていればいいのだから・・・。

 見方を変えれば、今の我々の生活は、

 ヨメは私が先に死んだ場合のリハーサルを、

 私はヨメが先に死んだ場合のリハーサルをしているようなものだ。

 私は今の生活が決して辛いわけではないが、炊事、洗濯、掃除、モモの世話と結構忙しい。

 特に、最近のように日中大工さんの真似事をしていると、

 クタクタに疲れはて、食事を作る気力さえないことがある。

 一方ヨメはメチャクチャ生活をエンジョイしているようだ。

 つまり、私は心おきなく、安心して先に逝くことができるということらしい。

 が、何とも寂しい限りだ。
 

ブログランキング"banner_02.gif"


  
posted by tosshy at 02:10| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

デッキの修理・・・その3


ブログランキング"banner_02.gif"



 取り替えた桟板の表側

        62o-omote.jpg

 表から見ると明らかに腐っていると分かるものもあるが、

 一見大丈夫そうな板もある。

 しかし、ハンマーで軽くたたくと正常な部分カンカンと乾いた音がするが、

 腐食した部分は低く鈍い音がする。

 裏側をみると、




        620-ura.jpg

 納得と言うか諦めがつく。

 ということで、




        620-dekki-shuuri.jpg


        620-odoriba.jpg

 午前中3時間かけて脱着式の5枚一組の桟板を2組作り直し、

 入り口側階段踊り場の腐った板を3枚取り替えた。

 カウンターテーブルと椅子を元通りに戻し、




        620-d-2mai.jpg

 デッキの修理は終了?

 と思っていたが、もう一組怪しい箇所がある。

 さてどうしたものか・・・。

 Yさんは午前中で帰ったので、自分一人でで作るしかない。

 やり方は分かったし、何とかなるだろうと意を決して作ることにした。



        620-d-3mai.jpg

 所要時間約1時間。我ながらうまく出来たと思う。


 これが取り外した3組目の桟板の裏側。



        620-sann-ura.jpg

 端がかなり腐っていた。やはり作り直して正解だった。


 なお、5枚一組の桟板の材料費は2×4の板代(298円×5)のみ。

 釘は、古い桟板のスクリュー釘(ステンレス製)が錆びていなかったのでそのまま使った。

 もしその釘を新しく買うと一組につき約400円もする。

 桟板を留める細い角材はストックしていた垂木などを利用した。

 どれもデッキ用の材木ではないが、ペンキを塗れば5年はもつと思う。

 壊れたらまた作ればいい。

 もっとも、5年先、10年先に作るだけの元気があればの話しだが・・・。



 今日の羊蹄山、8:13

        620-youtei.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 00:30| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

デッキの修理・・・その2


ブログランキング"banner_02.gif"



 従前同様根太に10センチの角材を使ったら

 同じ失敗をくり返すことになるし費用も馬鹿にならない。

 因みに10センチ×182センチの角材は1本約2000円もする。

 そこで、



        619-uke.jpg

 2年前薪小屋を作ったときに残った短い角材を縦に使い、

 それをアンカーボルトに固定し、
        


        619-karidome.jpg

 上部に切込みを入れて半角材(値段は角材の約1/2)を桁として架けることにした。

 もちろん、Yさんのアイデアだが・・・。

 写真は4隅を釘で仮留めした状態。仕上げは中心を太い六角ボルトで締め付ける。


 こうすれば、

        619-neda.jpg


        619-maekara.jpg

 コンクリートと材木との間に約5センチの隙間が出来、雨などで濡れても乾きやすくなる。

 もちろん強度的にも全く心配ない。

 試しに桟板に使う2×4材を乗せたらピッタリとフィットした。

 明日、脱着式の桟を作り直す予定。

 白樺の椅子(花台)もそうだが、物作りは結構面白い。




 今日の羊蹄山、17:41

        619-youtei.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 00:34| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

デッキの修理・・・その1


ブログランキング"banner_02.gif"



 緑怪人?

        618-hounoki.jpg

 ではなく、朴の木を下から見上げたところ。

 新緑の透過光がとても美しい。


 階段の踊り場の修理が終わったのでデッキ本体の修理に取り掛かった。

 最初、腐った桟板だけ取り替えるつもりだったが、桟板を取り外して愕然とした。

 桟板の端を支える根太(10センチの角材)が、



        618-neda.jpg


        618-up-2.jpg

 半分近く腐っていたのだ。

 春先に、外していた桟板を載せるときそれらしい兆候はあったが、

 まだ1,2年はもつだろうと考えた。

 が、甘かった。その後急速に腐食が進んだらしい。

 桟板を受けるのはその根太だけではないが、何よりも安全第一だ。

 その根太を新しい角材と取り替えることにし、



        618-neda-tekkyo.jpg

 腐った根太を撤去した。

 コンクリートと根太の隙間に水が溜まりやすく、

 常に湿った状態だったことが腐食の原因らしい。

 さて、どうやって改良するか?


ブログランキング"banner_02.gif"

 
 
posted by tosshy at 00:36| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

雨降りってイヤですねぇ。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日のデッキ、16:47

        617-dekki.jpg


 朝から雨模様だったので今日もデッキの補修は中止。

 別に急ぐ仕事ではないし、まずは安全第一で・・・。

 しかし、雨が降ると本当に何もすることがない。

 外の仕事は出来ないし、バイクにも乗れない。



 裏の林

        617-makikoya.jpg

 この林の右手奥にタケノコ畑がある。


 アプローチ

        617-saka.jpg

 北西側にある台所の窓から道路方向を見るとこんな感じ。

ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 00:55| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

料理のレパートリーが増えました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、6:53

        616-youtei.jpg

 朝方は雲の上に顔を出していたが、間もなく雨雲の中に隠れてしまった。


 午前中、友人の車に乗せてもらい1週間ぶりに町まで食料の買出しに出かけた。

 卵、牛乳、ヨーグルト、豚バラ肉、鶏の胸肉、牛と豚のひき肉、もやし、

 バナナ、生しいたけ、豆腐、レトルト食品など、合計約2800円。

 これでまた1週間過ごさなければならない。

 今日の夕食のメインは、テレビで紹介していたひき肉の甘辛ソボロ丼。

 初めて作ったが簡単で結構美味い。

 なお、甘辛ソボロは保存が効き(冷蔵庫で1週間)、

 それを使って肉じゃがやオムレツなどが作れるとか。



キジバト

        616-hato.jpg

 裏庭でキジバト(別名山鳩)の番が何か啄ばんでいた。

 キジバトは雑食性で果実や種子のほか昆虫やミミズなどを食べるらしい。
 

ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 01:27| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

踊り場の修理・・・その2


ブログランキング"banner_02.gif"



        615-boruto.jpg


        615-boruto-naka.jpg


 沈んだ踊り場は、釘で横向きに柱に留められただけで下からの支えはなかった。

 これだと、明らかに上からの力に弱い。

 人の重みだけなら大丈夫だが、積雪2メートル以上の豪雪地帯では厳しい。

 降り積もった雪の重さだけでも数トンになるし、

 春先に屋根からドーンと激しく落下する氷塊のエネルギーは想像を絶す。

 これまで手すりが3回、踊り場が1回バラバラに破壊されている。

 そこで今回、踊り場を柱に留め直し、さらに下から支えることにした。


        615-hokyou.jpg

 まず、沈んだ踊り場をジャッキで持ち上げてボルトで柱に留め、

 拡げた土台の上に、柱と並べて補強の支柱を立て、それで踊り場を支えた。

 もちろん支柱と柱はずれないよう釘で留めてある。

 すると、

 
 
         615-kaidann.jpg

 踊り場が見事に?復活した。

 ニセコ暮らしにデッキは不可欠だが、雪国ならではの苦労が伴う。

 最初、沈んだ踊り場をどうやって持ち上げたらいいか分からなかったが、

 Yさんのアイデアで車のジャッキを使い簡単にクリアできた。

 踊り場の次は、腐った桟板などの交換だ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 01:17| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

美しい山々。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、6:20

        614-youtei.jpg

 
        614-youtei-2.jpg

 デッキから見える山は羊蹄山だけだが、バイクでちょっと走ると、



 ワイスホルン

        614-waisu.jpg



 アンヌプリとイワオヌプリ

        614-ann-iwao.jpg

 どの山も個性的で実に美しい。
 
ブログランキング"banner_02.gif"

 
posted by tosshy at 00:20| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

嬉しい瞬間。


ブログランキング"banner_02.gif"



 エゾハルゼミ

        611-semi.jpg

 体は小さいが集団でジージーと鳴くので結構やかましい。



 今日の羊蹄山、13:09

        613-youtei-u.jpg



 ジャコ川

        613-jyako.jpg


 我が家の崖下を尻別川の支流の一つジャコ川が流れている。

 直線距離で僅か40メートルしか離れていないので、そのセセラギがとてもよく聞こえる。

 初めて我が家を訪れた客は、真正面に見える羊蹄山とジャコ川のセセラギに驚き、

 『なんと贅沢な・・・』と感嘆の声を上げる。

 私にとっては見慣れた風景、聞きなれた音に過ぎないが、

 遠路はるばる尋ねてきてくれた客人がそう言ってくれると無上の喜びを感じる。


 12年前に居を構えたときは我が家の庭から崖を下りることができたが、

 その後樹木や笹薮が茂ったため、今では崖まで近づくことさえ難しくなった。


 しかし、我が家の前の林を抜けて、いわゆるSロードを5分ほど進むとジャコ川に出る。

 さらにジャコ川に沿って10分ほど進むと広い大地が開ける。

 このルートはいくつかあるモモの散歩道の一つだ。

 林(森)、崖、川と変化に富んでいるし、人に出会うこともないので私は一番好きだ。

 先日、遊びに来たタケノコ娘の一人を案内したらとても気に入ってくれた。 


ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 01:48| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

ニセコライフを満喫しています。


ブログランキング"banner_02.gif"



 (どの画像もクリックすると大きくなります)

 新緑と青空

        612-sinnryoku-3.jpg


        612-sinnryoku-2.jpg

 抜けるような青空を背景に、鮮やかな新緑がますます映えている。



 今日の羊蹄山、9:03

        612-youtei.jpg


 今日のアンヌプリ、9:05

        612-ann.jpg

 羊蹄山もアンヌプリも残雪がかなり少なくなった。

 最近は、鶯に代わって蝉がやかましいほど鳴いている。



 餌台

        612-esadai.jpg

 昨日は蓬を摘み、薪小屋のボルトを締めなおした。

 今日は窓ガラスを拭き、冬の間に壊れた餌台を修理した。

 ニセコにいると、いろいろとすることがあるので結構忙しい。

 が、これこそ私にとってはニセコライフ。


ブログランキング"banner_02.gif"


 

posted by tosshy at 01:23| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

寛解から3年経ちました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日はヨメの3箇月毎の定期検査日。

 昼前ヨメから『異常なし。マーカー,腎臓、肝臓全てOK』と電話があった。

 まずは一安心。この7月で治療が終わってから丁度3年になる。

 これで益々お仕事に精を出すことだろう。




 熊笹の花

          611-sasanohana.jpg

 孟宗竹は約60年に1回しか咲かず、咲いたらその竹は枯れるとか。

 熊笹も同じ竹の仲間(イネ科)だから数十年に一度しか咲かないのかもしれない。

 なお、花には実がなり食べられるらしい。




 蓬の新芽

         611-yomo-600.jpg


         611-5.jpg


 モモと散歩に行ったついでに蓬を摘んできた。

 重曹を入れた熱湯で灰汁抜きをした後半日冷水で晒し、

 500〜600グラムに分けて冷凍保存する。

 なお、皿に載っている量が600グラム。これで3〜4合の草餅を作ることが出来る。

 


 今日の羊蹄山、12:10


         611-yo-dekki.jpg

 山には雪が残っているが、手前の新緑が目に沁みる。



 18:25 

        611-youtei-p.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"



  

 
 
posted by tosshy at 01:17| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

田舎暮らしと別荘暮らし


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日のワイスホルン、10:20

        610-waisu.jpg

 (倶知安市街地からの眺め)

 ようやく白馬が姿を現した。特に頭部と首が美しい。




 今日の羊蹄山、18:19

        610-youtei.jpg

 

 今日ヨメが札幌に帰った。

 今回は3ヶ月毎の定期検査、町内会の仕事、車検そしてお仕事と行事が立て込んでいるため、

 当分戻ってこない。

 ということで、これから約2週間また一人暮らしになる。

 ヨメが帰る前に一緒に下界(街)に降りて食料品を買い込んできた。

 動かなかったバイクのバッテリーを取り替えたので行動範囲が広くなった。

 もちろん(その気になれば)下界まで買い物にも行ける。

 
 『人生の楽園』というテレビ番組に登場する夫婦は、

 ほとんど共通の趣味を持っていて、いつも二人で田舎暮らしを楽しんでいる。

 しかし、残念ながら我々夫婦は共通の趣味がない、というか、

 ヨメが基本的に田舎暮らしを望んでいない(都会志向が強い)ため、

 二人でのんびりとニセコ暮らしを楽しむ事はできない。

 つまり、ヨメにとって生活の拠点はあくまで都会であり、

 山菜の季節など、気が向いたときだけ田舎に来るという生き方なのだ。

 もっとも、私自身本当に田舎暮らしを望んでいるかどうか疑わしい。

 1年中ニセコで生活することを考えたら気が滅入りそうになる。

 やはり生活の拠点は都会で、ときおり田舎に来てのんびりしたいだけなのかもしれない。

 では、ヨメと私の違いは一体何か?

 ヨメが私より都会ですることが多いだけだと思う。 

 二人にとっての田舎での生活は、程度の差こそあるが

 良いとこ取りでしかないのかもしれない。

 ある本に、我々のようなライフスタイルを

 定住型の『田舎暮らし』と区別して『別荘暮らし』と書いてあった。

 
 それはともかく、ニセコはこれからの2ヶ月間は1年の中でも最高の季節だ。

 ニセコ暮らしを満喫しない手はない。


ブログランキング"banner_02.gif"


  
posted by tosshy at 00:57| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

新しい畑を発見しました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日もまた例の場所にお宝(白樺の小枝)を集めに行った。

 昨年秋に切り倒され一冬過ごしているが全く傷んでいない。

 このまま朽ちさせるのはあまりにもったいない。

 地主さんに『薪にしたいので譲って欲しい』と聞いたら、

 『いいですよ。ついでのときトラックで運んであげます』

 と言ってくれたので、その内ドーンと届くと思う。

 それほど太くないので、玉切りして半分に割るだけで薪として使えそうだ。


 前回小枝を集めに行ったとき、近くにワラビの群生地があったことを書いた。

 今回、ちょっと脇道に入ってみたら、ウドとフキが群生していた。

 ウドはとても太いし、フキもグリーンで太くて長い。

 先のワラビと言い、今日見つけたウドもフキも、

 我々の別荘区の周りではちょっとお目にかかれない一級品だ。

 ラッキー!!

 
 ハクサンチドリ

        609-hakusann-tate.jpg

 我が家の庭のハクサンチドリがようやく咲き始めた。

 以前はもう少し赤みがかっていたが、今年はなぜか紫が濃い。
 

ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 01:55| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

何か物足りない・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 車窓から

        608-umiu.jpg

 JRの快速エアポートで札幌から小樽に向かう途中、張碓の近くでパシャリ。

 最初カモメかなと思ったが、よく見ると海鵜のようだ。




 今日の羊蹄山、16:30 

        608-youtei.jpg


        608-youtei-2.jpg

 例のチュウリップの形がかなり崩れてしまった。

 目が良い人はチュウリップの少し上にある避難小屋が見える。

 念のため更に拡大すると、




 避難小屋

        608-hinannkoya-2.jpg

 細長い建物が確認できる。


 デッキで焼肉

        608-yakiniku.jpg


        608-yuuge.jpg

 ロケーションは最高、肉は奮発して100グラム5000円の黒毛和牛の霜降り。

 もちろん炭火焼だ。

 これで美味くないはずはないのだが何か物足りない。

 

        608-momo-2.jpg


        608-momo.jpg

 そう。ジジ、ババだけの寂しい寂しい焼肉だからだ。

 愛犬モモはいる。しかしねぇ・・・。

   このデッキで焼肉を食べたい人いませんか?大歓迎しますよ。

   もちろん、お肉は持参していただきますけど・・・。

 なお、今日の肉の値段について訂正と言うか、告白しないと・・・。

 マルが一つ多かった。

   100グラム5000円もする肉を簡単に食べられるはずがないでしょう。

   数秒間でも信じた方・・・ごめんなさい!!
 

ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 02:05| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

JR料金の怪?再び


ブログランキング"banner_02.gif"




 内科の定期検査を受けるため2週間ぶりに札幌に戻った。

 車がないのでJRを利用するしかない。

 倶知安から新札幌までの運賃は2100円だが、倶知安〜小樽、小樽〜琴似、

 琴似〜新札幌と三つに分けて買うと1830円で済む。

 いつものことながら窓口で怪訝な顔をされる。

 そのまま知らん顔をしていてもいいのだが、あえて

 『こうすると270円安くなりますよ』と教えてやる。

 しかし駅員はたいてい黙って頷くだけだ。

 反応の鈍さに少々がっかりする。

 私は言外に

 『あなた方は客の無知をいいことに高い料金を取ろうとしているのですよ』

 と言うメッセージを込めているつもりだが、99.99%理解されていないと思う。

 まあ、早い話、意地悪爺さんってところだが・・・。

 明日またニセコに帰る。



ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 01:23| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

今年もタケノコ娘がやってきました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、7:38

        606-youtei.jpg

 朝から抜けるような青空が広がっていた。

 タケノコ狩りには絶好のコンディションだ。




 入念に準備

         606-jyunnbibanntann.jpg

 10時40分タケノコ娘3人が到着。

 早速タケノコ狩り用の服装に着替える。

 頭に防虫ネットを被り、全身に防虫スプレーを吹きかける。

 二人はスニーカーだが一人はなんと地下足袋だ。

 この日のために買ったらしい。やる気満々だ。

 さすがマネージャー?
 



 いざ出陣!

        606-izashutujinn.jpg

 二人は何度も来ているので道に迷う心配はなかったが、一人は初めてだったので地図を渡した。

 藪に入ると採ることに夢中になるため、

 仲間のことなど構っている余裕などなく、必ずバラバラになるからだ。




 今日の収穫 

        606-shuukaku.jpg

 午前1時間、午後1時間の成果だ。

 量的にはまずまず?ただ、少々スリムなものが混じっているのが残念。

 どうしても長く伸びたタケノコに目がいき、

 枯葉の下に隠れている太いタケノコを見落とすらしい。

 しかし、きっと満足してくれた事だろう。




 今日のワイスホルン、13:37

        606-waisu.jpg

 頂上付近の残雪がかなり馬らしくなってきた。



 今日の羊蹄山、14:30

        606-youtei-2.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 01:03| Comment(4) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ニセコ暮らしを満喫しています。


ブログランキング"banner_02.gif"



 我が家のアスパラ

        6-5-asupara.jpg

 ヨメが丹精こめて?育てているアスパラがようやく芽を出した。

 今年は一体何本採れるのか?きっと高いアスパラだぞ!




 タケノコ畑

        605-takenokohatake.jpg

 我が家の庭続きにあるタケノコ畑(早い話しただの笹薮)。

 冬の間に、地上約4メートルに取り付けた目印の赤色のスコップが何とか見える。

 我が家から直線で約100メートルしか離れていないが、

 一旦藪の中に中に入ると2メートル以上ある笹に視界を遮られ、

 まったく方向感覚が無くなる。

 今では笑い話だが、最初のころは何度も家に戻るのに苦労した。

 もちろん今は畑への道を整備したし、ところどころに目印をつけている。




 白樺の椅子(花台)、最新作

        605-isu.jpg

 ヨメから、『ニセコの家にも置きたい』と言われていたので・・・。

 背もたれの高さは約142センチ。

 なお、ヨメが勝手に3脚も注文を受けているらしいので、

 札幌に戻ったら作らなければならない。




 今日の羊蹄山、13:32

        605-youtei-dekki.jpg


 17:12、花園スキー場の駐車場から

        605-youtei.jpg

 どの写真もクリックすると大きくなります。

ブログランキング"banner_02.gif"

 
posted by tosshy at 00:32| Comment(2) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

蜂はやっつけました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 これでどうだ!

        604-hachi.jpg

 床下屋内の換気口に被せてあった防虫ネットをしっかり止め、

 巣に殺虫剤をスプレーした。蜂は出てこなかった。

 その後換気口の出入り口を外側から布ガムテープで塞いだ。

 戻ってきた一匹の蜂がしばらく出入り口付近をブンブン飛び回っていた

(アップで見ると中央の下に蜂が写っている。)が、

 いつの間にかいなくなった。どうやら諦めたらしい。

 たった一匹?で一生懸命巣作りに励んでいたのに、と思うと

 ちょっと可哀想な気がしたが仕方がない。

 これにて一件落着?

 しかし、いつ又どこに作るかわからないので油断できない。




 今日の羊蹄山、15:05

        604-youtei-kaede.jpg


 18:04 

        604-youtei.jpg

 午前中はどんよりと曇っていたが、午後になり漸く晴れてきた。

 やっぱこの山が見えないと・・・。




 ジャコ川

        604-jyakogawa.jpg

 ここはマイナスイオンだらけ?

ブログランキング"banner_02.gif"

 
 
posted by tosshy at 01:57| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

早く何とかしないと・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



        603-a0ba-2.jpg


        603-hayasi-2.jpg

 今日は朝から雨模様。しかし、モモの散歩は欠かせない。
 
 予報では明日もぐずつくらしいが、土曜辺りから天気が回復し気温も上がるとか。

 タケノコ娘達がやってくる日曜日は晴れマークだし、

 タケノコ狩りには最高のコンディション?




 土台の換気口

        603-kannkikou.jpg

 外から見たら全く分からないが中が大変なことになっていた。


 蜂の巣

        603-hachinosu-net.jpg

        603-hachinosu.jpg

 コンクリートの厚みの部分に蜂がまた巣を作り始めていた。

 5月25日、その換気口からセンサーライトのコードを外に出すとき、

 ゴルフボール大の巣を見つけて取り除いたので、

 まさか同じところには作らないだろうと高をくくっていた。

 しかし、いつの間にかまた同じ場所に作り始めていた。

 前回より一回り大きい。

 蜂もどうやらここが気に入ったらしい。

 これ以上大きくならないうちに撤去し換気口を塞ぐ必要がある。

 もし内側に虫除けのネットを張っていなかったら、床下に作られていたかもしれない。


ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 00:57| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ムシさえいなければ最高なのですが・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、16:54

        602-youtei-dekki.jpg

 ジャコ川のセセラギを聞きながらここで飲むコーヒーは格別。

 なのだが、ブヨと蚊には悩まされる。今年は例年より多いように思う。

 自然を楽しむ代償か?

 

 ヨメが札幌に戻っているので足(車)がない。

 原チャリに乗ろうとしたらバッテリーが上がっていた。

 チャージャーは札幌においてきたし、かなり古いバッテリーなので

 この際取り替えることにした。

 友人の車に乗せてもらい町に下りてバッテリーを買ってきたが、

 新しいバッテリーのプラグの捩子アナが少し大きいため固定できない。

 仕方がないので、捩子にアルミホイルを巻いて締めたら何とか固定できた。

 もちろんエンジンは掛かった。

 しかし、あくまで応急措置?なので、いずれサイズの合う捩子に取り替える必要がある。

 これで行動範囲が大きく広がった。



 今日のモモ

        602-momo.jpg

 流れが速いので決して深いところには行かない。 
 
ブログランキング"banner_02.gif"

posted by tosshy at 01:09| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

カッコウが鳴いていました。


ブログランキング"banner_02.gif"



 残雪

        530-zannsetu.jpg

 家の近くの沢にはまだこんなに残っている。


 鴨の番

        530-kamo-2.jpg

 家の近くの調整池にまだいた。 
 
 ひょっとして彼らもここの定住者?

 余程居心地がいいらしい。


 この時期この辺りは都会の騒音に負けないくらい賑やか?である。
 
 鶯が一日中鳴いているし、雪解け水でジャコ川がゴウゴウと流れているからだ。

 しかし、都会の騒音と違い全く不快感はない。


 今日、今年初めて郭公の鳴き声を聞いた。


 踊り場の修理は基礎のコンクリートが固まるまでしばらく中断。

 暇ができたので、今が旬のワラビ、ウド、フキ、タケノコ採りに出かければいいのだが、

 ワラビはそれほど好きではないし、ウドもフキも食べ過ぎたのか食傷気味だし、

 タケノコは後の始末が大変だし・・・。

 で、
 



        601-dekki.jpg

 
 冬の間に表面がザラザラに傷んだデッキのカウンターテーブルを直すことにした。

 と言っても、サンダーをかけてニスを塗るだけだが・・・。

 60番と120番をかけたところで手がジンジン痺れてきたので今日は中止。

 かなりキレイになったができれば240番までかけたい。


ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 01:30| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

踊り場の修理・・・その1


ブログランキング"banner_02.gif"



 薪小屋を建ててくれた一級建築士Yさんの指導を受けながら、

 階段の踊り場の修理をしている。

 現在の踊り場は、柱に横方向に釘で止めただけだったので、

 四隅の柱を補強し、下からも踊り場を支えることにした。

 ただ既存の束石では受ける余裕がないため、束石を取り込む形で新たに基礎を作る必要がある。

 で、初めて基礎作りに挑戦した。


        529-kiso.jpg

 まず束石の周りを掘って捨てコンを流し、


        531-hokyou.jpg

 型枠を作って鉄筋を組み、その中にコンクリートを練って流し込んだ。

 型枠は古いコンパネを、鉄筋は薪小屋を作ったときの残りを、

 コンクリート用の砂利は庭に敷いてある砂利をそれぞれ利用した。

 結局買った材料は、セメント1袋(25キロ)と砂3袋、

 補強用の2×4材2本だけで、合計約2300円。

 柱と束石の間のスペーサーを抜くため車のジャッキで柱を持ち上げている。

 踊り場を持ち上げるときはジャッキが4台必要だ。

 コンクリートを捏ねる作業は体力を消耗したが、基礎作りの手順が少し分かったので、

 機会があったらまた作ってみたい。

 

 我が家の庭に私が大事にしている花がいくつかある。

 シラネアオイ、カタクリ、オオバナノエンレイソウそして、




        531-hakusann.jpg

 この花だ。

 12年前に家を建てたときから自生していたもので、

 なぜか数年前に一度消えたが 昨年再び復活した。

 3月末に来たときはまだ雪に埋もれていたが、こうして元気な姿を見せてくれた。

 


       531-hakusann-up.jpg

 アップで見ると蕾がかなり大きく膨らんでいる。

 そう、、ハクサンチドリだ。


ブログランキング"banner_02.gif"


 
posted by tosshy at 02:39| Comment(5) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png