2010年06月20日

デッキの修理・・・その2


ブログランキング"banner_02.gif"



 従前同様根太に10センチの角材を使ったら

 同じ失敗をくり返すことになるし費用も馬鹿にならない。

 因みに10センチ×182センチの角材は1本約2000円もする。

 そこで、



        619-uke.jpg

 2年前薪小屋を作ったときに残った短い角材を縦に使い、

 それをアンカーボルトに固定し、
        


        619-karidome.jpg

 上部に切込みを入れて半角材(値段は角材の約1/2)を桁として架けることにした。

 もちろん、Yさんのアイデアだが・・・。

 写真は4隅を釘で仮留めした状態。仕上げは中心を太い六角ボルトで締め付ける。


 こうすれば、

        619-neda.jpg


        619-maekara.jpg

 コンクリートと材木との間に約5センチの隙間が出来、雨などで濡れても乾きやすくなる。

 もちろん強度的にも全く心配ない。

 試しに桟板に使う2×4材を乗せたらピッタリとフィットした。

 明日、脱着式の桟を作り直す予定。

 白樺の椅子(花台)もそうだが、物作りは結構面白い。




 今日の羊蹄山、17:41

        619-youtei.jpg

ブログランキング"banner_02.gif"


posted by tosshy at 00:34| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png