2010年08月14日

『親の婚活』

         813-sora-kumo.jpg 


 結婚を目指していろいろと努力・活動することを『婚活』と言うらしい。

 だとすると、最近よく目にする『親の婚活を支援する云々』とは、

 連れ合いを亡くし再婚相手を見つけたいけど見つけられない親のために、

 子供が積極的に支援すること、だと思っていた。

 
 ところがとんでもない誤解だった。

 年齢が高い独身の子供を持つ親が子供の代わりに『婚活』すること、

 つまり、親同士が子供の代わりに合コン(代理見合い)することだった。

 しかも、それを支援(企画)する商売が繁盛していると言うから驚きだ。


 今日もテレビでその特集をやっていた。

 70代のある老夫婦が

 40代の息子のために何度も集団見合いに参加している姿は見ていて切なかった。

 息子の老後を案じて何とか結婚させてやりたいという気持ちは分からなくもない。

 親にとって、子供が結婚して家庭を持ってくれることは最大の喜び(安心)だからだ。


 しかし、結婚だけは何よりも本人の気持ち・意思が大事だ。

 それに、同じ独身でも、結婚したくてもできない人、結婚に興味・関心がない人、

 結婚したくない人と色々だ。

 親の婚活ブームの昨今、もし親が勝手に動いているとしたら心配だ。


 たしかに親の代理見合いは交際のきっかけを作るという意味はある。

 しかし、結婚はあくまで自分の意思で決めるものであり、最後まで責任を持つものだ。

 (たとえ将来オニに変身しても・・・。)


 駆け落ちしてでも幸せを掴む・・・結婚するならそのくらいの覚悟が欲しいものだ。


ブログランキング"banner_02.gif"


           ↑ 
 応援(クリック)してくださいね。
 右欄外のカテゴリ『索引』は過去ログへの近道です。ご利用ください。 

 


posted by tosshy at 02:33| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。