2010年09月06日

意志の弱さが命取り?


ブログランキング"banner_02.gif"



 2006.12にヨメが発病したときから 私は全面的に家事をするようになった。

 退院(2007.7)後は体調の回復状況を見ながら少しずつ権限?を戻したが、

 なぜか食事の後片付けだけは戻し損ねた。

 しかし、退院から約1年経つと 体調が100%以上回復しフル回転でお仕事に出かけるようになった。

 元気になったことは嬉しいが、物事には限度がある。 5/7はないだろう・・・。

 で、堪忍袋の緒が切れた私は1年ほど前

 『お仕事に行った日は後片付けをしない!』

 と宣言した。

 これで少しはお仕事を減らすかも と期待したが、

 敵もさる者引っ掻(か)くもの 全く変化はなかった。


 当然私は公約を実行し ヨメも当初は黙々と後片付けをしていたが

 やがて 食事が終わってもなかなか後片付けをしなくなった。

 結局はするのだが・・・。

 当然ゴミ屋敷ならぬゴミ台所と化し 夜遅く仕事から帰ってきた長男が

 あまりのひどさに絶句する始末。 

 
 それを平然と眺めるだけの勇気?があれば 私の人生は変わっていたかもしれない。

 が、気の弱い私にはそのような勇気はない。

 疲れて帰ってくる長男に 少しでも気持ち良く食事をさせてやりたいので 

 食後、テレビを点けたまま ソファーで高鼾をかいているヨメを横目に 

 無意識に後片付けをするようになった。

 夕食の片付けだけでない。気がついたら朝食と昼食の片付けもしていた ということが多くなった。


 なお、ここ数年?ヨメに朝食を作ってもらったことは数えるほどしかない。

 って言うか 朝食と昼食は99%セルフサービスだ。

 真偽の程は定かではないが お仕事仲間ではそれが普通らしい。


 見かねた子供達が 『たまにはお父さんに朝食を作ってやれば?』と言っても。

 『お父さんは朝が遅いから 作っても冷めるでしょう。だから作らないの』と一蹴。

 冷めてもいい。たまにはヨメが作ってくれた朝食が食べたい!


 と言ったところで 所詮ないものねだり。無駄な抵抗は止めよう。

 残念ながら これが年金生活に入った男達の現実だ。


ブログランキング"banner_02.gif"


応援(クリック)してくださいね。
右欄外のカテゴリ『索引』は過去ログへの近道です。これまでアップした写真一覧を追加しましたのでご利用ください。


posted by tosshy at 01:29| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。