2011年09月14日

新品を買うより高くつく修理代!


ブログランキング"banner_02.gif"



 13年前にニセコに家を建てたときからセネカ(ダッチウエスト社製、米国)と言う薪ストーブを使っている。

 とても暖かくこのストーブ1台で24坪の家全体をカバーできるので 

 厳寒期でも浴室の床暖以外は灯油系の暖房を使うことはほとんどない。

 
 数年前からダンパーが下りなくなっているが 

 熱効率が悪いだけで危険性はないのでそのまま使ってきた。

 
 ところが 先日ストーブの灰を取るため燃焼室を掃除していると



        
913-hibi.jpg


        913-hibi-up.jpg

 正面奥の壁が 膨らんで亀裂も入っているではないか!

 素人目にも明らかに異常な状態だ。

 早速メーカー(輸入元)に電話。

 「(熱の)遮蔽版の変形で このまま使い続けると穴が開いて危険」だそうだ。

 修理も可能だが 出張旅費、交換部品代、工賃などがかかり

 新品を購入するより高くつくことが分った。

 変形した遮蔽版以外は傷んでいないのに・・・。

 ヨメに伝えると 案の定

 「ン十万円もしたのに たった13年で壊れるなんて・・・。

 冬は半分もいなかったのだから 使用期間はせいぜい5,6年。

 絶対不良品だ!」

 と怒るおこる・・・。


 物は使えばいずれ壊れるし 13年間使えたのだから必ずしも不良品ではないと思う。

 納得できないのは 部品を交換するだけの修理代が新品を買うより高いことだ。

 明らかに新商品を買わせるための値段設定だと思う。
 
 実に腹立たしいが この際新品を購入するしかない。

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 02:12| Comment(4) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。