2011年09月19日

DutchWestからJøtulに


ブログランキング"banner_02.gif"



 札幌の家に戻る途中 ばんけいスキー場に立ち寄った。

 同スキー場で薪ストーブイベントがあると聞いていたからだ。

 そこに行くまでは現在使っているセネカ(DutchWest社製)と同じ機種を買うつもりだったが

 ヨメが「同じストーブはつまらない。この際変えよう」と言い出した。

 それもそうだなと思いながら いろいろ見ていると

 担当者からJøtul社製のF400を勧められた。

 大きさ、火力は両者ほぼ同じだが 

 F400はセネカに比べ燃焼方式がシンプルでメンテナンスも楽とのこと。

 今まで知らないままガンガン焚いていたが

 セネカは 燃焼効率を維持するため

 数年毎に約3万円のキャタリティックコンバスターを交換する必要があったらしい。

 交換しないまま使い続けると

 燃焼効率が悪いだけでなく ストーブの寿命を縮める可能性があるとか。

 我が家の場合 13年間コンバスターを一度も交換しなかった。

 さらに ダンパーも下がらないまま使っていたし 

 気密性を高めるガスケットも全く交換していなかった。

 私は今回不具合が起きたのは仕方がないと考えているが 

 ヨメは「最初に説明されなかった」と納得しない。

 読もうと思えば資料はあったわけで 業者を一方的に責めることはできない。


 で 肝心の値段だが F400はセネカより約7万円高いが

 今回のイベント特価で40%OFFになるので 

 30%OFFで買う予定だったセネカと大きい違いはない。

 もちろんセネカも40%OFFだが・・・。


 ヨメは「ン十万円もしたのに十数年で壊れるなんて納得できない」と不満タラタラだが

 道具には寿命があると思うべし。

 ストーブばかり責めるのは酷?

 ヨメが9割以上使っている我が家の車を考えてみよう。

 わずか3〜5年で新車に買い換えているではないか。

 まだまだ乗れるのに・・・。しかも0が一つ多いのに・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 02:29| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。