2012年01月31日

運が良かった!・・・その2


ブログランキング"banner_02.gif"



 今朝はゆっくり寝ているつもりだったが カーテンを照らす朝焼けの光で目が覚めた。

 羊蹄山を写す絶好のチャンスだと思ったが 体が重かったので諦めて寝ることにした。

 しかしカーテンの光がドンドン明るくなり結局寝付けなかった。

 仕方なく起きることにしたが体中が痛くなかなか起き上がれない。

 やっとの思いで起きだし 居間の窓から羊蹄山を見たが・・・



0130-yo-de.jpg

 デッキの屋根から落ちた雪で視界を大きく遮られていた。

 ならばと 南東側の窓から眺めることにしたが



0130-asayake-2.jpg

 ここは軒先から垂れ下がった氷柱が視界をさえぎっていた。

 屋根の雪がせり出したからだ。


 それから間もなくヨメから電話がかかってきた。

 昨日の今日だ。

 てっきり 体を心配して電話をしてきた と思ったが 

 開口一番『雪はどう?』ときた。

 で 結局ヨメは私の体調については一言も触れることはなかった。


 少々がっかりしたが 冷静に考えれば十分ありうることだ。

 いちいち気にしていたら 40年も一緒にはいられない。


 それはさておき 昨日途中で終わった『幸運』の続きを書くことにする。

 4メートルの高さから転落して助かった理由は幸運が重なったからだと思う。

  @ 足元を掬われて転倒し 仰向けの状態で転落したこと。

    もし頭から転落していたら・・・。

  A 軒下に約1m 比較的新しい雪が積もっていたこと。

    それがクッションになり衝撃を吸収してくれたし 高さも減じてくれた。

    もしそれがなかったら高さ5m、しかも固い地面だ。

  B 足元の厚さ50cmほどの比較的やわらかい雪の座布団に乗ったまま落下したので

    雪の座布団がクッションになり衝撃を吸収してくれた。

    もし 氷の座布団だったら・・・。

  C 落下した足元の雪がその後ろにあった雪と分断され 

    後方の雪が続いて落ちてこなかったこと。

    もし それも落下していたら・・・。


 こうして振り返ると 本当に運が良かったと思う。

 今日も北海道内で二人雪下ろし中の事故で亡くなった。

 一人は2mの高さから転落して命を落とされた。

 時間が経つにつれ また事故のニュースを聞くたびに 背筋が寒くなる。



 明日以降 その後の屋根の様子や 

 豪雪に埋もれて悲鳴を上げている別荘区内の様子をお届けしたい。 

 中には 写した本人が感動した決定的瞬間もある。

 乞ご期待!
 
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:10| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

運が良かった!


ブログランキング"banner_02.gif"



0129-yukigesiki.jpg

 浴室から眺める雪景色はとても美しい。

 しかし 今回はのんびり朝風呂を楽しむ余裕はない。



0129-hasigo.jpg

 入り口側の階段の踊り場の雪の上に梯子を立てかけてデッキの屋根に上り

 そこから 本屋の屋根に上って雪を落とさなければならない。

 しかし 落とす雪は屋根全ではなく 

 電話などの引込み線の周りと 軒先からせり出している部分だけだ。

 以前は 屋根の背骨(稜線)を切り分けていたが 

 天井裏に効率的に暖気を送れるようになったので 今は省略している。

 なお 屋根の最上部の端にしがみついている雪庇は切り離す。

 最初に



0129-de-b.jpg


0129-de-a-3.jpg


 電話などの引込み線周りの雪を取り除き

 続いて軒からせり出している雪庇落としに着手。

 積雪量は多いがまだ固く締まっていないので作業は比較的楽だ。

 で 北西側の屋根の中ほどの雪庇を落としている時予期せぬ事故が起きた。

 足元の雪が突然滑り始めたのだ。

 そうなったら為す術はない。

 そのまま 雪と一緒に屋根から転落してしまった。

 脚を掬われた形だったので 仰向きの状態で落下した。


 落下した瞬間 ウッと息ができないくらい胸が苦しかったが

 大量の雪が続いて落下してくるかもしれないという恐怖が頭をかすめた。

 何が何でも軒下から逃げなければならない。
 
 幸い 全身痛みはなく 手足も動かせたので

 体の向きを変え 這いずり回るようにその場から脱出することができた。

 一呼吸おいて振り返ると


0129-rakusetu.jpg

 事故の状況が良く分った。

 軒先から雪面までは4m弱。

 一歩間違えば

 『高齢者がまた雪下ろし中に転落』とニュース報道されたかもしれない。


 事故直後はほとんど痛みを感じなかったが 時間が経つにつれて

 腰、背中、肩などが少し痛み始めた。

 同じ姿勢で座っているのが辛いし、

 寝返りを打ったり 寝た状態から起きようとすると痛む。


 しかし 体も痛むが 

 ニセコに居を構えて14年、初めて屋根から転落したというショックが大きい。

 『年のせいではない。 ちょっと油断しただけだ』と思いたいが・・・。

 今回 4mの高さから転落しながら大事にいたらなかったのは

 いくつもの幸運が重なっていたと思う。

    (続く)



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:31| Comment(8) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

早く来て良かった・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 これまで何度も書いたことだが・・・。

 JRで新札幌から倶知安まで行く場合 切符を 

 新札幌〜倶知安 で買うと2100円だが

 新札幌〜琴似、琴似〜小樽、小樽〜倶知安と分けて買うと1830円になる。

 実に270円、13%OFFだ。

 理由は簡単。

 同一運賃で乗れる距離に幅があるので 上限ギリギリの駅を見つけて繋いでいくだけだ。

 もちろん 途中欠落区間があったらNG。 

 暇つぶしにはもってこいかも。

 もっとも 緑の窓口さんには怪訝な顔をされるが・・・。 


 

 新札幌から小樽まで快速エアポートで行き 

 小樽から倶知安行きの鈍行に乗り継ぐ予定だったが

 千歳方面が大雪のためエアポートが大幅に遅れてしまった。

 小樽に近づいた時

 『列車が遅れたため 小樽からの接続列車には乗れません』と車内アナウンスが入った。

 一瞬『さあ困った。次男に小樽まで迎えに来てもらうしかないか』などと考えたが

 直ぐ『臨時特急ニセコエクスプレス乗ってください』とアナウンスされたのでホッとした。

 快速が遅れたおかげで ニセコエクスプレスに乗ることができた。

 もちろん特急料金はいらない。



 ニセコの我が家の様子

0128-wagaya-touchaku.jpg


0128-wagaya.jpg


0128-minami.jpg


0128-makikoya.jpg

 ある程度覚悟はしていたが 想像以上の雪だ。

 ギリギリと言うか少し遅かったかもしれない。

 一番急を要するのは電話などの引込み線の周囲の雪の除去。

 次は 軒からせり出している雪庇の始末だ。

 今でもかなり軒に負担がかかっているのに 

 このまま天井裏に暖気を送った時

 素直に落ちずさらにせり出したら 軒が折れるかもしれない。

 暖気を送る前に雪庇部分だけでも落としておきたい。

 のだが 実はその作業が結構危険である。

 屋根の端が分りにくいからだ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 03:01| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

ニセコの家が大変なことに・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"




 通学路(歩道)

0127-suberidome.jpg

 きちんと除雪され滑り止めの砂も撒かれている。


 結氷

0128-keppyou.jpg

 連日の冷え込みで野津幌川が凍っている。

 流れがあるのでめったに凍ることはないが 今冬の寒さはやはり厳しいようだ。



 

0127-kage-4.jpg

 こうしてモモと写るのもこれが最後になるかも・・・。

 

 夜 次男から『家が大変な事になっているよ』と連絡が入った。

 スキーを兼ねて2週間ぶりに花園に行ったところ 屋根の雪がてんこ盛りになっていたらしい。

 聞けば 正月の時よりも多いとか。

 気象台のHPで積雪を確認したら いつの間にか2mを越していた。

 まさに緊急事態だ。

 ニセコには2月上旬に雪下ろしに行く予定だったが 急遽明日行くことにした。 

 しかし ヨメがお仕事の関係で2月2日まで札幌を離れられないので 汽車で行くしかない。

 次男は仕事があるため日曜日にはいなくなるので

 今回は一人で雪下ろしをしなければならない。

 もし何かあったらそれこそアウトだ。

 今冬は 雪下ろし中の事故ですでにかなりの方が亡くなっている。

 怪我をされた方はその何倍も・・・。

 しかも そのほとんどが65歳以上の高齢者とか。

 体年齢51歳を誇る?私ももちろん余裕で高齢者。

 十分気をつけるつもりだが どこかに一抹の不安がある。

 それにしても ダンナの命より大事なお仕事って一体何だろう?




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:39| Comment(6) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

雪が降らないので助かります。


ブログランキング"banner_02.gif"



0125-taiyou.jpg


0125-yukisute.jpg


0126-dote.jpg


 北陸方面は記録的大雪が降り続いているらしいが

 札幌は連日快晴に恵まれている。

 ただ 気温はかなり低い。 

 札幌市の郊外にある厚別区は連日−20度〜−5度で

 市の中心部に比べ最低気温が10度は低い。

 これだけ寒い日が続くのは珍しい。

 このまま雪が降らなければ良いのだが 予報だと今週末からまた大雪になるとか。

 今から少々憂鬱だが 北陸地方の湿った重い雪のことを考えるとまだいいか・・・。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:17| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

今はまだ良いけど・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今朝はかなり冷えた。

 7時前にヨメが起きた時外は−17度だったらしい。

 その所為かどうか分らないが 私が8時過ぎに起きるとヨメが

 『モモの散歩に行ってないから』と言う。

 いつもモモの朝の散歩は 

 午前中お仕事が入っていない限りヨメが行っているし

 今日は午後からのお仕事だから 当然ヨメが行ってくれると思っていたので

 『えっ?』と聞き返した。

 すると

 『今日は沢山走らなければならないので 脚を疲れさせたくないの』

 だって。

 モモの散歩よりお仕事が優先なの?

 そうではない。 ヨメはモモの散歩の省略など考えていない。

 当然私にモモの散歩に行けということなのだ。

 幸い昨夜は雪が降らなかったので助かったが

 朝夕2回のモモの散歩と雪かきが重なると結構きつい。

 が ヨメは『でもそんなの関係ない!』と思っているらしい。

 健康な体に感謝!!



 狭い町内を一回りすると ブロックごとに除雪の仕方が違うことに気づく。 
 

0125-yukiyama-2.jpg


0125-yukiyama-3.jpg 


0125-yukiyama.jpg


0125-yukiyama-gake.jpg

 この違いは 近くに雪捨て場があるかないかに因るところが大きいと考えられるが

 もう一つ ご近所と同じようにしたい という心理が働いているようだ。

 因みに 我が家は一番下の写真のブロックにある。

 私は 近所のMRロードヒーターに負けじと頑張っているつもりだが

 ヨメは『お父さんはやり過ぎ。皆さんきっと迷惑しているよ』と言う。

 まあ そんなことはどうでも良い。

 大事なのは 人や車がより安全に通れるようにすることだ。

 今冬から札幌市の除排雪のやり方が変わったのか

 除雪回数が減った上 除雪の仕方も雑だ。

 行政に期待できない以上 我々地域住民が頑張るしかない。

 しかし これからますます高齢化が進む。

 5年先のことを考えると恐ろしくなる。
 


ブログランキング"banner_02.gif"



応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:19| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

雪国ではありえない光景


ブログランキング"banner_02.gif"



 これまで 野津幌川の土手下に雪を捨てる人は 大抵大型のソリに積んで運んでいたが  

0124-keitora.jpg


 とうとう軽トラが登場した。

 軽トラの荷台にコンパネを立てるなど本格的だ。

 この車なら 排雪のアルバイトができるかもしれない。
 


 昨夜東京では雪が4センチも積もったらしい。

 で お決まりのニュース 

 『自動車のスリップ事故や歩行者の転倒事故が続出』

 が報じられている。

 確かに雪道に不慣れだとその危険は大きい。

 しかし 映像でみると車はほとんど夏タイヤだし 歩行者も夏靴だ。

 北国ではこのような光景はまずない。

 冬タイヤや冬靴を履いていても油断すると滑るのに 夏タイヤや夏靴のままなど論外だ。

 厳しい言い方をすると 慣れ、不慣れ以前の問題だと思う。

 1年に1回使うかどうか分らない冬タイヤや冬靴を買いたくないということだろうが

 ひとたび事故を起こすと それこそ取り返しがつかないことだってある。

 絶対雪道を甘く見てはいけない。 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:43| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

還付申告書を作成したら・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 確定申告(還付申告)の時期がやってきた。

 今年から公的年金が400万円以下の人はその必要がなくなったらしい。

 つまりほとんどの年金生活者がその煩わしさから解放されたわけだが

 ちょっと待てよ。

 それをしない限り 大多数の年金者が受け取るであろう

 納めすぎの所得税が戻ってこないし

 住民税の手続きを自分でしなければならない。

 だったら 今までどおり確定申告(還付)申告したほうがよさそうだ。

 と言うことで インターネットを利用し確定申告書を作成したところ

 今年は約3万円還付されることが分った。

 もっとも 去年はその前の年の譲渡所得が響き

 健康保険料や介護保険料を例年の2倍以上取られたので その分社会保険料控除が大きかったし

 医療費が結構かかり医療費控除もかなりあった。

 また 平成24年度は 平成23年度に比べ 住民税や健康保険料などが大きく減るはず。

 と喜びたいところだが 消費税が上がればささやかな喜びなど吹っ飛んでしまう。

 さらに 10月から年金が1%以上減らされるとか。

 新聞は昨年7月から早々と止めているし これ以上どこを削れば良いのか? 

 結局食費か・・・。

 特に狙われそうなのはオヤツだ。

 例の『ポタポタ焼き』は諦め 自分でホットケーキを焼くしかなさそうだ。




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:06| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

ベトナム料理と言えば・・・


ブログランキング"banner_02.gif"




 初めてフォー(PHO)と呼ばれるベトナムうどんを食べた。


0122-pho-hukuro.jpg


 長男が友人に託したベトナム土産のインスタント食品で


0122-pho.jpg

 麺と粉末スープをどんぶりに入れ

 熱湯400ccを注ぎ 蓋をして3分。

 いわゆる具はほとんどない。餅はトッピングしたもの。

 香りなどに癖はなく比較的食べやすい。

 これで20円なら安い。

 タイのトムヤンクンはナンプラーとパクチーの香りが強すぎるため

 とうとう食べられなかったが 

 フォーだったらたまに食べても良いと思った。

 もちろんインスタントものと本場のそれとは違うとは思うが・・・。 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:34| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

まさかこれを着るようになるとは・・・


ブログランキング"banner_02.gif"



 『今年の冬は例年になく寒い』と言ったら

 直ぐにヨメが『年を取った所為だ』と突っ込んでくる。

 確かにそうかもしれないが 

 今冬は 最高気温が−5度以下の日や 最低気温が−15度以下の日が例年より多い。

 もちろん一日中ストーブを焚いている。

 しかし 築後30年以上経った我が家は暖気がドンドン逃げていく。

 ストーブのある居間こそ25,6度をキープできるが

 それ以外の部屋は冷蔵庫以下だ。

 で とうとう


0122-down-2.jpg


0122-goose.jpg

 これを着ることにした。

 28年前に亡くなった父の遺品と言うべきもので

 シャツや股引の上に着るダウンだ。

 亡くなる1,2年前に買ったらしく新品同様?  

 『北海道は寒いだろうから』と母から渡されたが

 如何にも年寄りくさいものだったので 今まで着る機会はなかった。

 さりとて 捨てるに捨てられなかった。

 しかし 今年の寒さには勝てず 思い切って着ることにした。

 お仕事をしているヨメは 毎年ン万円もするコートを買っているが

 私は仕事を離れてから6年間 新しく買ってもらった衣類は下着のみ。

 下着以外はすべて子供達の『逆お下がり』を着ている。

 ただ

 『働かざる者着るべからず と言われたら返す言葉はない』

 などと深刻に考えているわけではない。

 日ごろほとんど出歩かない私にとって お洒落は無縁だからだ。


 それはともかく

 いざ着ようとしたら ウエストが10センチ以上太いことが分った。

 ゴム紐を取り替えれば良いだけだが

 ヨメは『ミシンがないとできない』と素っ気ない返事。

 ミシンはニセコに置いたままだし・・・さあ困った。

 
 そうか 自分でやればいい。もちろん手縫いだ。



0122-gomu.jpg

 ゴム紐をホッチキスで仮留めし 何とか縫い付けることができた。 

 どうせ外からは見えないところだ。ずり落ちさえしなければOK。

 30年前の物とはいえ ダウンはダウン。これで少しは寒さから解放されそうだ。

 天国の父も母も きっと喜んでいるに違いない。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:14| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

雪道のチャリは怖い!


ブログランキング"banner_02.gif"




0119-chari.jpg

 雪道で時々自転車を見かける。

 その多くが高齢者で タイヤの空気圧を下げて乗っているが見ているほうが怖い。

 圧雪ならまだ良いが アイスバーンは非常に危険だ。

 私自身 30年以上前 自転車でアイスバーンを走っていて転倒したことがある。

 幸い肘と肩の打撲で済んだが その後数年間 寒くなるとその箇所が痛んだ。

 写真の自転車は車輪の幅が広いのでスパイクタイヤかも知れない。

 もしそうだとしても アイスバーンは危険だと思う。

 ドライバーにとってこのような自転車は迷惑至極。

 それぞれ事情はあるとは思うが できれば雪道の自転車は止めてほしい。

 

0119-kezuru-up.jpg


0119-kezuru.jpg

 幹線道路はこのようにアスファルトが出るまで削るので走りやすいが

 生活道路は後回しになるためどうしても轍ができ、

 ちょっと気温が上がるとそれがザクザクになるから大変だ。



 今日の夕焼け 

0119-yuuyake.jpg


0119-yuuyake-2.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:59| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

ゆっくりさせてください。せめて週に1日くらいは・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 昨夜は雪が降らなかったので 久しぶりに朝ぐっすりと寝ることができた。

 10時ころ起きだし 

 居間のソファーに座ってチェンマイから届いたばかりの雑誌を読んでいると

 掃除機を持って現われたヨメにいきなり

 『朝からゴロゴロしてるんじゃないの。何かしなさい!』

 と怒鳴られた。

 久しぶりに雪かきをしなくてもいいから ゆっくりしていたのに・・・。


 ヨメがお仕事のときは モモの散歩があるので早く起きなければならないし

 ヨメのお仕事がオフの時くらいは朝ゆっくりできる と思っていたのが甘かった。

 そもそもヨメは 自分が働いている時 私がソファーに座っていることが許せないらしい。

 この際 言われたとおりにするしかない。 

 『はい 分りました。何かします』と謝り

 朝食も摂らないでとりあえず外に出た。


 だったら あまりにも哀れな亭主だ。

 『今起きたばっかりだよ』と最大の抵抗を試みた。

 すると 『もう10時だよ。さっさとパンでも食べなさい』

 と優しく?言ってくれたが いつものことながら朝食は完全セルフサービスだ。

 何も準備しないでおいて『さっさと食べろ』ってかい。


 ああ〜 40年前が懐かしい。
 


 危険な氷柱 

2-turara.jpg


3-turara.jpg

 この鋭い氷柱が落下してきたらと思うと・・・。



0117-turara.jpg


0118-turara.jpg

 このまま放置すると窓ガラスが割れる危険がある。  


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:39| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

積雪2メートルか・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 昨夜久しぶりに十数センチ雪が降り今朝の積雪は67センチ。

 ほぼ平年並みの積雪だ。

 しかし 直線距離で30キロしか離れていない岩見沢は

 記録的豪雪で積雪が2メートル近いらしい。

 連日テレビがそのことを報じており 

 家や車がすっぽり雪に埋もれている様子は凄いとしか言いようがない。

 雪の重みで潰れた家もあるとか。

 と 他人事のように書いてきたが 実は内心不安でならない。

 降雪量が岩見沢より多いニセコの家が心配だからだ。

 正月に雪下ろしをしてきたが

 倶知安町のデータでもその後新たに160センチ降っている。

 二日前 花園スキー場にスキーに行った次男が 
 
 心配してメールで送ってきてくれた我が家の屋根の雪は

 すでに落とさなければならないレベルだった。

 ブログにその写真を載せようとしたが 

 ロックがかかっているのか 貼り付けられなかった。



 ヨメは朝早く豪雪の地岩見沢に出かけた。もちろんお仕事だ。

 先週は4日連続、今週は3日連続のお仕事だ。西へ東へとご苦労なこった。

 そうそう 昨日 岩見沢のお仕事仲間に電話した後 ヨメが笑いながら

 「『雪かき大変でしょう』と聞いたら 『お父さんがね』と仰ったので思わず笑っちゃった」

 と言っていた。

 どこのダンナも 体を張ってヨメのお仕事を支えているってことらしい。
 

 


 撮り鉄さん御用達?のカーブ 


0117-ressha.jpg


0117-yuki-2.jpg

 我が家から歩いて数分のところにJR千歳線のカーブがある。

 撮り鉄仲間では有名なポイントらしい。

 今日も熱心な撮り鉄さんが雪の中大きいカメラを構えていた。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:09| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

陸屋根の雪落しは楽だ。


ブログランキング"banner_02.gif"



0116-do-a.jpg

 昨日行われたどんど焼の跡はキレイに片付けられていた。




0116-hokutou.jpg


0116-yane-ann.jpg


0116-dennwasenn.jpg


 今冬初めて屋根に上がった。

 電気・電話などの引込み線やテレビアンテナの支柱に被さっている雪を落とすためだ。

 去年の冬はいきなりドカ雪が降り かなり危険な状態になってから慌てて屋根に上ったが

 今冬は ドカ雪が来る前にあらかじめ落とすことにした。

 ニセコの屋根と違い陸屋根だし

 快晴で風もなく穏やかな天気だったので 作業は楽だった。

 こうしておけば 新雪が2mくらい降っても大丈夫?

 危険な箇所の今冬これまでに降った雪(2.6m)をすべて落としておいたからだ。
 

 今日の夕焼け

0116-yu.jpg


0116-hokutou-yu.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:17| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

どんど焼


ブログランキング"banner_02.gif"




 今日 近所の下野幌神社で行われたどんど焼の様子を・・・。


0113-donndo.jpg


0115-donndo-3.jpg


0115-do-ko.jpg


0115-do-osonae.jpg


0115-donndo-2.jpg


0115-donndo.jpg

 これで1年間無病息災に・・・。


 夕方無事モモが帰ってきた。

 長女の話だと

 モモは我々に置いていかれた後 寂しがる様子はまったくなく

 10年前から飼われているペットのように長女に甘えていたらしい。

 もともと長女は犬好きだし モモも人懐っこい性格なので予想通りだった。

 これで安心して預けられることが分った。

 が 飼い主としてはちょっぴり寂しい気がしないでもない。

 

1-momo.jpg

 朝と夕方5キロずつ散歩させられたらしくいつもより早く熟睡状態?

 モモは何も言わないが 体力も消耗しただろうし 気疲れもしたに違いない。

 

   

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:16| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

モモの初めてのお泊り会


ブログランキング"banner_02.gif"



 4月上旬からしばらく日本を離れることになり

 その間モモの世話を長女に頼んだ。

 しかし いきなり長期間だとモモが不安がるかも知れないので 

 そのリハーサルをするため 今日モモを長女方に連れて行った。



0114-kitahirohe.jpg


 長女方は札幌のベッドタウンと呼ばれている隣町にあり車で約15分。


0114-momo.jpg


0114-momo-up.jpg

 モモは我が家に来てから3年半になるが

 その間 私達夫婦と離れたことは一度もなく

 必ずどちらかが一緒にいた。

 
 我々が帰る時 モモが一緒に付いて来ようとしたので

 『ダメ お留守番だよ』と言ったら 諦めておとなしくなった。

 
 が

 『どうして置いていくの?』と必死に訴えているような目に見える。

 モモはこの初めての経験をどのように受け止めるのだろうか?



 帰宅後 電話でモモの様子を聞きたい衝動にかられたが ちょっとはしたない?ので我慢。 

 ひょっとしたら

 私達のことなど忘れて 長女夫婦と楽しくやっているかもしれないが・・・。

 なお モモは明日の夕方帰ってくる。


0114-16.jpg


0114-17.5.jpg


 それにしても今夜は冷える。今冬一番の冷え込みかもしれない。
 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:10| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

頑張ったご褒美だって。



ブログランキング"banner_02.gif"



0113-aozora.jpg


0113-aozora-3.jpg


 珍しく昨日の夜は全く雪が降らなかった。

 しかも朝から抜けるような青空が広がり サングラスを掛けないと眩しいほどだ。



 今日のモモ

0113-momo.jpg

 このように 雪の壁や雪の上に背中をこすり付けるのが大好きだ。

 深い新雪だと 体をすっぽり雪に潜らせて遊んでいる。




 今日の夕焼け

0113-yuuyake.jpg


0113-yuuyake-kumo.jpg


 今日は雪かきはしないつもりだったが

 『明日は吹雪く』と言う予報が出たので

 夕方 急遽道路反対側の雪山のスロープを上りやすくした。

 こうしておけば

 もし大雪が降っても スノーダンプで楽に雪を運ぶことができる。

 今日は30分足らずで終わったが 辺りは真っ暗になっていた。

 丁度その時 4日連続でお仕事に出かけていたヨメが悠々とご帰還になった。

 
 

 私のオヤツ

0113-oyatu.jpg

 『お父さん頑張るからオヤツを買ってきてあげた』だって・・・。

 何と心優しい奥方様よ と言いたいところだが

 ひねくれた私はそうは思わない。

 だって 今日のお仕事は午前中で終わったのに 

 『温泉に入ってくるから』と電話してきただけで

 いつものメンバーで女子会ならぬ婆婆会を楽しんできたからだ。

 つまり 少しは良心が咎めたってことか。

 それにしても この程度のオヤツで古希目前の夫が喜ぶと考える貴女は幸せだ。

 もちろん 手ぶらよりは嬉しいけどね。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:09| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

雪国に欠かせない道具


ブログランキング"banner_02.gif"




 今朝7時の気温は−14.5度。

 思ったほど下がらなかったが 予想に反し雪が5センチほど降っていた。

 ということで 今日も約2時間雪かきに汗を流した。

 これで雪かきの連続記録は10日に伸びた。


 歩道の除雪状況

0111-hodou.jpg

 除雪した雪を飛ばせるところは雪の山はできないが

0112-yukiyama.jpg

 雪を飛ばせないところは 除雪した車道の雪も加わり

 車道に大きくはみ出す形で高い雪山ができる。

 歩行者にとっても ドライバーにとっても危険この上ない。

 だからと言って何もしなかったら 

 それこそ 人も車も通行できなくなる。



 除雪用アイテム

0112-dougu.jpg

 これが私が札幌で使っている除雪用の道具だ。

 前列の左から 雪ハネ、スノーダンプ、平スコップ、プッシャー

 後列は いわゆるコンパネ。

 雪ハネは 雪を集めたり 掬って遠くに飛ばす時に

 スノーダンプは 大量の雪を運ぶ時に

 平スコップは 硬い雪をほぐす時に

 プッシャーは 雪を押して集める時に

 コンパネは 雪の壁を作る時に それぞれ使う。

 これらを 用途に応じて使い分けるのだが

 硬い雪に無理やり雪ハネやプッシャーを使うと直ぐ壊れてしまう。

 当然のことながらヨメに厳しく叱られる。

 場合によっては弁償させられることも・・・

 さすがにそれだけはないか。
   


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:51| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

明らかにレッドカードだ!


ブログランキング"banner_02.gif"



 飛行機雲

0111-hikoukigumo.jpg

 冬になるとしばしばこのような飛行機雲が見られるような気がする。

 機影から おそらく旅客機だと思う。

 南南西から北北東に向かって音もなく飛んでいった。行き先は旭川?



 厚別区の今シーズンの累積降雪量は259センチ、積雪は69センチ(11日9時現在)。

 平年値(それぞれ181センチと46センチ)に比べかなりい多い。

 で 皆さん除排雪には苦労されている。

 のは分るが ある交差点でびっくりするような光景を見た。



 ちょっと出過ぎじゃない?!

0111-desugi.jpg

 な、なんと 雪の山が 道路のしかも交差点の 半分以上塞いでいる。


0111-desugi-yoko.jpg

 高さが2メートル以上の巨大な雪山だ。

 自宅前の歩道の雪を積み上げたらしいが

 明らかに通行の妨げになっている。

 反対側から見ると



0111-desugi-hanntai.jpg

 100%反対車線に進まないと交差点には入れない。

 ここまでひどいとレッドカード間違いなしだ。



 今日の夕焼け 

011-kumo.jpg

 夕方3時半ころから散歩に出かけたのはいいが

 メチャクチャ寒い。

 歩くたびに足元で雪がキュッ、キュッと鳴る。

 寒いはずだ 4時過ぎに帰って温度計を見たら−9.7度だった。

 その後さらに温度が下がり


0111-hieru.jpg

 6時前に−11度を下回った。

 この調子だと朝方は−20度に達するかもしれない。

 でも 雪が降るよりはましだ。

 明日こそ 雪かきから解放ますように・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:46| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

老後の生きがいが雪かきとは・・・


ブログランキング"banner_02.gif"



 昨日 黙々と雪かきをしている時 昨年定年を迎えた近所のAさん夫婦が通りかかり

 奥さんから「ご主人頑張りますね」と言われた。

 「家で何もしないでゴロゴロしてといると (ヨメ)に叱られるので仕方ないんですよ」

 と答えると

 奥さんが笑いながら「まさか・・・」とおっしゃったので

 「いいえ。これが年金暮らしの現実ですよ」と言った。


 今朝 ヨメが Aさんの奥さんに会った時 奥さんと次のような会話があったとか。

 「昨日ご主人から聞いた話だけど、家に帰ってから夫に『あれ冗談だよね』と言ったら

 夫は真剣な顔で『本当かもしれないよ』と言っていたワ。

 そして『僕も怒られないよう何かしなくっちゃ』と言い残して出かけ

 夕方まで帰ってこなかったワ」(Aさんの奥さん)

 「どこへ行ったの?」(ヨメ)

 「パチンコに決まっているでしょう!」(Aさんの奥さん)


 
 今日も朝から雪かきに追われた。

 サラサラの軽い雪だったので運ぶのは楽だが 積み上げるのは大変だ。 

 雪ハネで叩いて形を作ろうとしても直ぐ崩れてしまう。

 湿った雪は固めやすいがメチャクチャ重く サラサラの雪は運びやすいが固めにくい。

 3時間かかってようやく昨日の雪を処理し終えたと思ったら


0110-hubuki.jpg

 無情の雪が雪がまた降り始めた。しかも吹雪だ。

 これで明日もすることができた。よかった、よかった。

 残り少ない人生・・・こんなことの繰り返しで良いのだろうか?
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:27| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

予算がないのは分るけど・・・


ブログランキング"banner_02.gif"




 BEFOR

0107-yama-2.jpg


0107-yama.jpg


 AFTER

0109-hiroku-3.jpg


0109-kirei.jpg


 昨日、今日とまる二日かかって

 家の周りの歩道3箇所に積み上げていた雪をようやく道路反対側の崖下に運び終えた。



0109-sinohaisetu.jpg


0109-hiroku-2.jpg


 また 予定より早く年1回の市の排雪(崖側に飛ばすだけ)が入ったのだが

 今年は歩道まで1メートル以上残している。

 予算が足りないのでケチったに違いない。

 それにしてもひどすぎる。

 で



0109-burokku.jpg


0109-kabe.jpg

 私が積み上げた雪の壁はそっくり残っている。

 つまり 私にとっては今日の市の排雪はまったく恩恵がなかったことになる。

 苦労してこのように高く積み上げたのに・・・。

 ひょっとしたら 高く積み上げていたので 

 あえて崩さず 手をつけずに残したのかもしれない。

 だとすると

 車道に大きくせりだしたまま残しておいた方がよかったのかもしれない。

 来年以降は(個人の)雪かきのやり方を考える必要がありそうだ。
 


 今日で7日連続の雪かきだ。さすがに疲れた。

 一区切り付いたのでしばらく休みたい。と考えていたが甘かった。

 外を見たら気づかない間に新雪が10センチ以上積もっていた。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:49| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

ブルの置き土産の後始末


ブログランキング"banner_02.gif"



ブルの置土産、BEFORE

0107-buru.jpg

 やはりブルが残していった雪の塊を処理することにした。

 ヨメから『2週間もすれば市の排雪が入るしほっといたら?無駄だよ』

 と言われたが 家でゴロゴロしていると『何かしたら?』と怒られるので

 何かをすることにしたのだ。

 何もしなければしないで怒られ 何かしようとするとすぐケチを付けられる。

 わけだが ヨメの目障りにならないよう絶えず気を使うことが無事に生きる術?


 さて その量をざっと計算すると約6.5㎥、比重を0.3とすると約2t。

 量的には大したことはないが

 ブルが残した雪は硬く締まっているため 雪ハネでは全く歯が立たない。

 アルミ製の平スコップでもはね返されるし

 剣先スコップでは能率が悪いので

 先端部をアルミ板で補強したスノーダンプで少しずつ崩すしかなかった。

 しかし 勢いをつけて雪の塊に突っ込むたびに肩や肘にズシンとひびく。

 少し崩しては コンパネで壁を補強し上部を平らにしておいた雪山に

 雪ハネで放り上げる。 

 その作業をくり返すこと約4時間



0107-buru-a-2.jpg

 ようやくブルの置き土産をすべて雪山の上に移すことができた。

 これで車道の幅が1.2m広くなった。

 このことに意義を見出すかどうかが ヨメと私の考え方の違いだと思う。

 ただ うっかり『ああ疲れた』などと口にすると

 『好きでやったんでしょう!』と怒られるので

 『今日は早めに風呂に入るかな・・・』と婉曲的にアピールするしかない。

 
 その効果かどうか定かではないが

 今日はオヤツにアイスクリームが当たったし 風呂にも早く入ることができた。



 今日の夕焼け

0107-yuuyake.jpg


 カラスの月見? 


0107-karasu.jpg



0107-t-k-4.jpg


0107-t-k.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:13| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

雪国の宿命かもしれませんが・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



朝 窓の外を見てびっくり!

0106-23cm.jpg

 一晩で新雪が23cmも積もっていた。

 我が町内の様子は・・・



0106-michi-tate.jpg


0106-dote.jpg

 野津幌川の土手から河川敷に捨てられる雪が ドンドン前へせり出している。


0106-michi-sita.jpg


0106-michi.jpg


 ブルが入る前なので 車道は車1台がやっと通れるスペースしかない。

 交通量が多いところ以外の歩道は完全に雪に隠れている。

 このくらい雪が積もると 毎年のように

 除排雪方法を巡り 住民同士 住民と行政 住民と業者の間で色んなトラブルが起きる。

 今日もテレビで 

 除雪を巡るトラブルから隣人に暴力を振るった男が掴まったことを報じていた。

 我が町内でも 2年前 雪のトラブルからスコップを振り上げた老人がいた。

 たかが除排雪 されど除排雪・・・雪国では毎年くり返される深刻な問題だ。
 

我が家の西側の崖、BEFORE

0106-gake.jpg


 我が家の西側の崖、AFTER

0106-gake-yoru.jpg


 朝9時半から作業を始め 一区切り付いたところで時計を見たら午後1時半だった。

 作業が終わった後ブルが来て ドッサリ雪の塊を置いていった。

 このまま放置するか それともこの雪を雪山の上にあげるか・・・。

 もし雪山に上げるとしたら 硬くて重いので2時間はかかりそうだ。


 雪国ゆえの宿命かもしれないが どう考えても全く非生産的な重労働だと思う。

 これからますます高齢化していくことを考えると 深刻な社会問題と言わざるを得ない。

 もっとも 金さえ出せばほとんど解決できるかもしれない。

 しかし ほとんどの人はそれを思うように出せないから辛い。

 雪をただキレイだとか好きだ言える環境にある人は幸せだ。

 貧乏人の僻みかもしれないが・・・。
 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:53| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

札幌の除雪はニセコよりきつい!


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の下野幌神社境内

0105-yuki-2.jpg


0105-omikuji-2.jpg

 結び付けられたお御籤がすっかり雪化粧している。


 札幌に戻ってから毎日除雪に追われている。


 ニセコの場合 雪が降るたびに管理会社が敷地の奥までブルで道をつけてくれるので

 そこから玄関まで僅か十数メートルを 人が歩く幅だけ除雪すれば良い。

 それも 雪ハネで直ぐ横におくだけなので楽だ。

 屋根の雪はそこで暮らしていればある程度積もると自然に落ちるし

 もし落ちないときは天井裏へ暖気を送れば簡単に落ちる。

 デッキの屋根の雪だけは屋根に上って落とさなければならないが

 半月に1回落とせばよいし 半月だったら積もっている雪は少なく危険も小さい。


 一方札幌は 降雪量こそニセコの半分以下だが ニセコより除雪範囲がはるかに広いし

 ブルが硬い雪の塊をどっさり置いていく。

 しかも 道路反対側まで運んでうず高く積み上げなければならないので

 肉体的負担は札幌の方がはるかに大きい。

 後何年自分で除雪できるか分らないが 遠からず排雪業者に依頼することになると思う。

 年金暮らしには痛い出費だが それをケチって腰でも痛めたら

 それこそもっと痛い出費になる。もちろん肉体的苦痛も大きい。

 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:29| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

モモのお泊り会の準備


ブログランキング"banner_02.gif"



 4月上旬からヨメと二人でしばらく日本を離れるかもしれない。

 その間モモの世話は隣町の長女がしてくれることになったが

 長女が『いきなりだとモモが不安がるかもしれないのでリハーサルをしたほうが良いよ』

 と言うので 今月中に一度モモを長女方に預けることになった。

 しかし 枕が替わると熟睡できないかもしれないので

 モモが日ごろ使っている枕を持たせることにした。

 で その話の流れから 新しくモモ用のベッドを買った。



0104-bed.jpg

0104-bed-2.jpg

 モモはすっかりこのベッドが気に入ったようだ。

 これでモモを安心してももお泊り会に出すことができる。

 こんなことを書くと きっと人は『なんという親ばか』と思うだろうな。

 自分でも書きながらそう思ったくらいだから・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:31| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

北国で 冬に家を留守にする時は・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 札幌の家は 厳寒期以外は1,2日留守にするだけだったら水を落とさない。

 今回は1週間ほど留守にするため水落しが必要

 と考えボイラーのメーカーに電話で水の落とし方を聞いた。

 しかし メーカーの担当者から

 『水道の給水栓を留めてもボイラー内部の水は落ちません。

 内部に凍結防止のヒーターがありますので 電源をいれたままにしておいてください。

 ボイラー内の水を落とす時は専門業者に頼んでください』

 と言われた。

 ボイラー内の水が素人では落とせないとは驚きだ。

 ボイラー内部の水は凍結防止ヒーターがあるので良いとして

 ボイラーまでの給水管はどうなるの?

 給水栓を閉めて ボイラーの電源を入れたままにして大丈夫?

 で 今回は給水栓を閉めず 蛇口を少し開けて水が糸状に出るようにした。

 そうすれば 管内の水に僅かに流れができ凍結しにくいからだ。

 問題は1週間でどのくらい水が流れるかだ。

 気になったので その状態で10分間水を出して計った。

 すると 蛇口1箇所から1週間に0.7㎥流れることが分った。

 この量なら管が破裂した時のことを考えると安い。


 幸い今回は全くトラブルは起きていなかったが 厳寒期はこのやり方では心配だ。

 ニセコの家同様 管の凍結を防止するため凍結防止帯を巻く必要がありそうだ。




 予報では今日は吹雪のはずだったが 雪がちらついた程度だった。

0103-arasinomae.jpg

 しかし 北東方向の真っ黒な雪雲が不気味だ。 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  

posted by tosshy at 02:12| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

郷の駅の500円ラーメン再び・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 予定より早くニセコでの雪との闘い第一ラウンドが終わった。

 2,3日ニセコでゆっくりしても良かったのだが

 予報だと 今日をはずすと天候が荒れ模様になるらしかったので

 帰れる時に(札幌に)帰ることにした。


 次に来る予定は2月10日前後だ。

 これから迎える厳寒期に1ヶ月以上家を留守にすることになるので

 水落としに最大の注意を払わなければならない。

 油断すると 給水管や蛇口などが壊れ大変な事になる。

 注意しなければならないのは 管や蛇口だけではない。

 水滴が付きやすい風呂場のタイルもしっかり水滴を拭き取らなければならない。

 水滴が乾燥する前に強い寒波に見舞われると




1-tairu.jpg


 水滴がタイルに凍りつき タイルの表面が剥離することがある。


 今日のルートは京極、喜茂別、中山峠、定山渓経由。

 京極で水を汲み、喜茂別で地域おこし協力隊が始めた500円ラーメンを食べるためだ。




 味噌ラーメン

0102-miso.jpg


 醤油ラーメン

0102-shouyu.jpg

 わざわざ立ち寄って食べるのは それが特別美味しいからではない。

 店内の張り紙に書かれているように


1-aisatu.jpg


1-kinnga.jpg

 地域おこしのため 都会から過疎地にやってきた若者が始めた店だ。

 彼らを少しでも応援してやりたいからだ。


 札幌からR230号線で中山峠を越えて喜茂別町市街地に入ると

 国道の左手に郷の駅がある。

 もし 郷の駅の近くを通ったときは500円ラーメンを是非・・・。

 



 喜茂別から中山峠へ 

0102-nobori.jpg


 中山峠頂上付近 

0102-nakayama.jpg


 中山峠から定山渓へ 


0102-kudari.jpg

 
 真冬なのに道路には雪がほとんどなく 快適なドライブだった。

 冬のドライブは 時間に余裕がある限り天候を見て決めるのがベスト。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  





 


 
posted by tosshy at 02:21| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

雪との闘い2011in niseko・・・その4


ブログランキング"banner_02.gif"



1231-momo-3.jpg

 雪下ろしに追われているうちに新年を迎えた。

 元気が余っているのはモモだけ?


 兎にも角に何とかも雪下ろしは終わった。

 しかし 残念ながら建物は無事ではなかった。

 気づいただけで3箇所ダメージを受けていた。



1230-en-hibi.jpg

 遠目では良く分らないが


0101-kiretu.jpg

 手前にある突き出た屋根の壁面に亀裂が入っている。

 過去に一度折れた箇所で 修理した後も毎年このようになる。

 重傷ではないし いつもこのまま放置しているが

 不思議な事に そのうち亀裂の幅が小さくなる。



1230-enntotu-ha.jpg

 煙突の水切り用の袴が一部凹んでいる。

 ここが凹んだのは14年目で初めてだ。

 コーキングに影響がないといいのだが・・・。

 春になったら上ってチェックしたい。



1230-de-hasira.jpg

 残るトラブルは中央に写っている短い柱だ。

 家の外(南側)から見ると




1230-minzmi.jpg

 その位置が分りやすいかも。 

1230-hasira.jpg

 近づいてみると ボルトを通した部分で折れそうになっている。

 これは取り替えるしかない。もちろん雪が解けてからだ。

 
 あれだけ雪が降ったにしては被害は小さかった。と思う。

 問題は まだ年間の降雪量の半分も降っていないので

 最低もう一回は雪下ろしをしなければならないということだ。

 毎年1月殻2月にかけて大量に降るので

 次回の雪下ろしは 2月10日前後になると思う。

 このままニセコに滞在していれば

 ある程度積もったところで雪を落とすことができるので苦労しなくて済む。

 のだが 札幌の家も除雪しなければならないので 長く家を空けられない。

 
 (補 遺)


 先日天井裏への暖気送風と同時に天井裏の除湿器をONにすることを書いた。

 で 24時間稼動させた結果 2.5Lの水を取り除くことができた。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:17| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

雪との闘い2011in niseko・・・その3


ブログランキング"banner_02.gif"



 アンヌプリ

1231-ann.jpg



 羊蹄山

1231-youtei.jpg

 我が家のデッキから


 昨日 本屋の屋根の雪がすっかり落ち 

 開け閉めが少しきつくなっていたドアや障子がスムーズに動くようになった。

 しかし デッキの屋根の雪は外気温が上がらない限り いくら天井裏を暖めても落ちない。
 


1228-dekki-yane.jpg

 12月28日の夜に見た時は 本屋の屋根に目がいき 

 デッキの屋根は下の柱が半分腐っている屋根の雪だけで落とすつもりだった。



1229-iriguchi-hasigo.jpg


 入り口階段の踊り場の雪山に梯子を架けてデッキの屋根に上ると


1229-yanenoue.jpg

 かろうじて煙突の先端が見えるだけだった。


 まず本屋の屋根の雪庇を切り落とし



1229-noboru.jpg

 次に梯子の場所を変えてデッキの屋根に上り 危険部位の雪を落とした。


1229-minami-kara.jpg


 デッキの屋根の雪はこれで終わりにするつもりだったが 


1230-kikenn-2.jpg

 そのまま雪を残した所の屋根が少し沈んでいるように見えるではないか。

 このままだと この後雪が大量に降ったら屋根が持たないかもしれない。

 大至急雪を下ろす必要がある。

 業者に頼めばかなりの出費だし ヨメは私にさせたいらしかったが

 デッキの屋根には3箇所明り取りのガラスがあるので危険が大きく

(業者も一度ガラスを割っている)できればやりたくない。 

 
 早速昨冬雪下ろしを頼んだ業者に電話したが応答がない。

 どうやら今年の仕事は終わったらしい。

 仕事が始まるまで待つのは無理?

 だとすると私がするしかない。



1230-otosu.jpg

1230-otosu-2.jpg

 屋根にガラスさえなければ何ともないのだが

 どこにガラスがあるのか分らないままの作業は辛い。

 時々ヨメにガラスの位置を教えてもらいながら 3時間ほどで無事作業を終了。



1230-a-minami.jpg

 トタンが出るほど雪を落とすと足元が滑りやすくなるので

 移動用の足場部分の雪は トタンに凍りついたままの状態で10センチ以上残した。

 ガラス部分の雪はガラスに力が伝わらないよう30センチ以上残した。 

 それでも 90%以上の雪は落としたと思う。

 ようやく体年齢51歳の体力が役立った。

 こうして今回の雪下ろし作戦は無事終了した。

 と言いたいところだが 残念ながら建物などへの被害は皆無ではなかった。


 (続く)


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:18| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png