2012年01月01日

雪との闘い2011in niseko・・・その3


ブログランキング"banner_02.gif"



 アンヌプリ

1231-ann.jpg



 羊蹄山

1231-youtei.jpg

 我が家のデッキから


 昨日 本屋の屋根の雪がすっかり落ち 

 開け閉めが少しきつくなっていたドアや障子がスムーズに動くようになった。

 しかし デッキの屋根の雪は外気温が上がらない限り いくら天井裏を暖めても落ちない。
 


1228-dekki-yane.jpg

 12月28日の夜に見た時は 本屋の屋根に目がいき 

 デッキの屋根は下の柱が半分腐っている屋根の雪だけで落とすつもりだった。



1229-iriguchi-hasigo.jpg


 入り口階段の踊り場の雪山に梯子を架けてデッキの屋根に上ると


1229-yanenoue.jpg

 かろうじて煙突の先端が見えるだけだった。


 まず本屋の屋根の雪庇を切り落とし



1229-noboru.jpg

 次に梯子の場所を変えてデッキの屋根に上り 危険部位の雪を落とした。


1229-minami-kara.jpg


 デッキの屋根の雪はこれで終わりにするつもりだったが 


1230-kikenn-2.jpg

 そのまま雪を残した所の屋根が少し沈んでいるように見えるではないか。

 このままだと この後雪が大量に降ったら屋根が持たないかもしれない。

 大至急雪を下ろす必要がある。

 業者に頼めばかなりの出費だし ヨメは私にさせたいらしかったが

 デッキの屋根には3箇所明り取りのガラスがあるので危険が大きく

(業者も一度ガラスを割っている)できればやりたくない。 

 
 早速昨冬雪下ろしを頼んだ業者に電話したが応答がない。

 どうやら今年の仕事は終わったらしい。

 仕事が始まるまで待つのは無理?

 だとすると私がするしかない。



1230-otosu.jpg

1230-otosu-2.jpg

 屋根にガラスさえなければ何ともないのだが

 どこにガラスがあるのか分らないままの作業は辛い。

 時々ヨメにガラスの位置を教えてもらいながら 3時間ほどで無事作業を終了。



1230-a-minami.jpg

 トタンが出るほど雪を落とすと足元が滑りやすくなるので

 移動用の足場部分の雪は トタンに凍りついたままの状態で10センチ以上残した。

 ガラス部分の雪はガラスに力が伝わらないよう30センチ以上残した。 

 それでも 90%以上の雪は落としたと思う。

 ようやく体年齢51歳の体力が役立った。

 こうして今回の雪下ろし作戦は無事終了した。

 と言いたいところだが 残念ながら建物などへの被害は皆無ではなかった。


 (続く)


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:18| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。