2012年01月30日

運が良かった!


ブログランキング"banner_02.gif"



0129-yukigesiki.jpg

 浴室から眺める雪景色はとても美しい。

 しかし 今回はのんびり朝風呂を楽しむ余裕はない。



0129-hasigo.jpg

 入り口側の階段の踊り場の雪の上に梯子を立てかけてデッキの屋根に上り

 そこから 本屋の屋根に上って雪を落とさなければならない。

 しかし 落とす雪は屋根全ではなく 

 電話などの引込み線の周りと 軒先からせり出している部分だけだ。

 以前は 屋根の背骨(稜線)を切り分けていたが 

 天井裏に効率的に暖気を送れるようになったので 今は省略している。

 なお 屋根の最上部の端にしがみついている雪庇は切り離す。

 最初に



0129-de-b.jpg


0129-de-a-3.jpg


 電話などの引込み線周りの雪を取り除き

 続いて軒からせり出している雪庇落としに着手。

 積雪量は多いがまだ固く締まっていないので作業は比較的楽だ。

 で 北西側の屋根の中ほどの雪庇を落としている時予期せぬ事故が起きた。

 足元の雪が突然滑り始めたのだ。

 そうなったら為す術はない。

 そのまま 雪と一緒に屋根から転落してしまった。

 脚を掬われた形だったので 仰向きの状態で落下した。


 落下した瞬間 ウッと息ができないくらい胸が苦しかったが

 大量の雪が続いて落下してくるかもしれないという恐怖が頭をかすめた。

 何が何でも軒下から逃げなければならない。
 
 幸い 全身痛みはなく 手足も動かせたので

 体の向きを変え 這いずり回るようにその場から脱出することができた。

 一呼吸おいて振り返ると


0129-rakusetu.jpg

 事故の状況が良く分った。

 軒先から雪面までは4m弱。

 一歩間違えば

 『高齢者がまた雪下ろし中に転落』とニュース報道されたかもしれない。


 事故直後はほとんど痛みを感じなかったが 時間が経つにつれて

 腰、背中、肩などが少し痛み始めた。

 同じ姿勢で座っているのが辛いし、

 寝返りを打ったり 寝た状態から起きようとすると痛む。


 しかし 体も痛むが 

 ニセコに居を構えて14年、初めて屋根から転落したというショックが大きい。

 『年のせいではない。 ちょっと油断しただけだ』と思いたいが・・・。

 今回 4mの高さから転落しながら大事にいたらなかったのは

 いくつもの幸運が重なっていたと思う。

    (続く)



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  


posted by tosshy at 01:31| Comment(8) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。