2012年02月29日

寒かった2月も残すところ後1日


ブログランキング"banner_02.gif"



227-kawa.jpg

227-yuki.jpg

 明後日からいよいよ春弥生だ。

 雪はまだ1m近く残っているが これからますます日差しが強くなるので

 後一月もすればほとんど消えてしまう。

 待ち遠しかった春は直ぐそこまで来ている。

 と考えると 何となく気持ちが浮き浮きしてきて

 ちょっと気取ってみたくなる。

 この浮き浮き感は北国に住まないと分らない。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:43| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

期待はずれだった直送みかん


ブログランキング"banner_02.gif"



227-mikann.jpg

 三重県のみかん農家から直接買ったみかんが届いた。

 春光柑、ゴールデンオレンジ、清見オレンジが大小色々混じっている。

 添えられた送り状に

 『どのみかんも消毒は年に1回だけなので 見かけは悪いのでお許しください』

 と書いてあったとおり見かけは良くない。

 そんなことはどうでも良い。問題は味だ。

 と思って早速清見オレンジを試食したところ

 ウ〜ン・・・・。

 確かにみずみずしいのだが 酸味が強く甘さが足りない。

 今まで食べてきた清見オレンジとは程遠い味だった。

 まさかこれが本場の味ではないだろうが・・・。


 そのためか ヨメが振込先のことで生産者農家に電話したとき

 『味はどうでしたか』と聞かれ

 『届いたばかりで まだ頂いていません』とごまかしていた。

 このような場合 正直に感想を伝えるべきだったのかもしれないが・・・。


 折角買ったが これだけ酸っぱいとなかなか食べる気にならない。  

 ひょっとしたら 時間が経てば糖度が増すかもしれない。

 それを期待して しばらく寝かせておくことにする。

 なお 値段は20kで6500円(送料込み)。上の写真はその半分。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:22| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

右と左で欄干の色が違う橋


ブログランキング"banner_02.gif"





 野津幌川に歩行者専用の小林橋が架かっている。

 重要な通学路だが架けられてから40年以上経つ古い橋で

 片側の欄干が土台のコンクリート部分の鉄筋が露出するほど傷んでいた。

 今回その修理がようやく終わったのだが
 


225-hasi.jpg

 なぜか 修理した欄干(画面右側)と未修理の欄干の色が違う。

 今後 未修理の欄干を右側の欄干と同じ色に塗装するのかもしれないが・・・。




 赤福 

 226-akahuku.jpg

 次男が出張先から土産を買ってきてくれた。

 全国的にも有名な餅だ。

 そういえば 何年か前 

 製造日を偽造したことが発覚しマスコミで大きく取り上げられたことがあった。

 それはともかく 餡があっさりした甘さでとても美味しい。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:14| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

身近なところに潜む危険


ブログランキング"banner_02.gif"



225-cup.jpg

 何の変哲もない普通のカップ(陶器)に見えるが

 実は非常に危険なカップだった。

 このカップで 冷めたコーヒーを電子レンジで温め

 取り出そうと取っ手に触れたところ

 メチャクチャ熱い!!

 慌てて手を離したが遅かった。



225-yakedo-2.jpg

 中指、人差し指と親指に火傷を負ってしまった。


225-cup-up.jpg

 取っ手が空洞になっているので

 そこにコーヒーが入りそれで取っ手も熱くなったのか?

 しかし 温度設定は70度だ。

 触れた時間も短いし これほどひどい水脹れにはならないはずだ。

 そこで そのカップに3分の1ほど水を入れ

 再度 温度設定を70度にして温めたところ

 カップ上部が下部に比べてメチャクチャ高温になっていた。

 つまりこのカップは 水がなくてもレンジでチンすると熱くなる材質だったのだ。

 『電子レンジ不可』の表示などはなかったし

 メーカーは電子レンジで使うことを想定していなかったらしい。

 しかし ごく普通の使い方でこのような事故が起きた。

 もちろんユーザーの過失もゼロではないかもしれない。

 が 乾燥剤にすら『これは食べられません』と表示される時代だ。

 このメーカーの安全に対する意識の低さは否めない。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:48| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

今日見つけた小さい春


ブログランキング"banner_02.gif"

 

 昨夜8時ころから深々と雪が雪が降り始め 朝起きると新雪が20センチ以上積もっていた。

 積雪深は一挙に98センチに。今季のマックスだ。

 しかし 先日排雪が終わったばかりで道幅が広くなっているので

 雪を道路反対側の崖下に運ぶ(水平移動)だけで済むので楽だ。

 とはいえ 縦横合計30mの道路(車道と片側歩道)のを除雪しなければならず

 たっぷり2時間かかった。

 
 野津幌川の土手では


224-yukisute.jpg

 今日も高齢者?が黙々と雪を運んでいた。

 除雪は何故高齢者しかしないのか?

 高齢者は時間がたっぷりあるし 

 屋根や家の周囲の雪が気になるからか?

 運動不足の解消にはなるかも知れないが 

 どう考えても 無駄な仕事 しなくてもよい仕事としか思えない。

 


 モクレン?

224-yuki-hana.jpg

224-yuki-hana-3.jpg

 
 いつもの影 

224-hutar-1-2.jpg

 まだまだ雪は降るし気温も低いが 陽射しはすっかり強くなった。

 雪の下から顔を出している枯れ草にも春を感じる。 
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
 
posted by tosshy at 02:07| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

9月まで待て!・・・ですか。


ブログランキング"banner_02.gif"

 

 旅行、特に海外に出かけるときは万全の体調にしておく必要がある。

 今のところこれといった自覚症状はなく健康状態は良いと思っている。

 強いて気がかりな点を挙げると 義歯だ。

 作ってから1年以上経つとどうしてもガタツキが生じる。

 できれば旅行に行く前に作り直したいが

 ヨメから『9月まで我慢しなさい』と待ったがかかった。

 理由は簡単。9月になると保険の自己負担が1割になるからだ。

 確かに3割負担と1割負担とでは違いは大きい。

 しかし 私は保険適用のものしか作らないので 3割負担でも2〜3万円しかかからない。

 つまり その差はせいぜい2万円だ。

 毎日使うものだし 義歯が合うかどうかで食事に対するテンションがまるで違う。

 これだけは それを使っている者でしか分からないと思う。

 2万円を惜しんで我慢するか 2万円で快適さを買うか・・・。

 もちろん私は我慢を選ぶ。しかない。

 日頃ヨメは口癖のように

 『残り少ない人生だから悔いが残らないよう楽しまなくっちゃ』

 と言っているが 私の悔いは眼中にないらしい。



 今日も町内のメイン通りで本格的除雪作業をしていた。

223-jyosetu-2.jpg

223-jyosetu-3.jpg

223-jyosetu.jpg

 この大型機械がやって来ると春は近い。 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
 
posted by tosshy at 02:10| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

もうすぐは〜るですね。


ブログランキング"banner_02.gif"

 

 いつも使っているパソコンが 4日ほど本州方面に出張したため 

古いパソコンを使うことになった。

 のだが メチャクチャ遅くかなりストレスがたまる。

 こんなパソコンを使っていたのか・・・。

 しかも なぜかデジカメから写真を取り込めない!

 いつもパソコンのことは子供任せにしていたため からくりがさっぱり分からない。

 しばらく子供は来ないしさあ困った。

 しかし なせばなる。

 悪戦苦闘の末ようやく原因が分かり無事画像の取り込みに成功。

 ということで どうにか アナログ理系出身の面子を保つことができた。



222-kawa.jpg

 野津幌川の土手は捨てられた雪で埋まっている。


222-ski-2.jpg

 対岸のサイクリングロードをスキーで颯爽と滑る人が。

 昨シーズンも見かけた方で 確か90歳を過ぎているはず。

 『スノーシューさえ面倒くさい自分が情けない!』

 と思えばいいのだが・・・。『人それぞれだ』で終わってしまう



222-hikouki.jpg

 空には今日も 丘珠空港に向かうプロペラ機が。

 何処から飛んできたのだろうか。
 



222-yukidoke.jpg

 久しぶりに気温がプラスになったため

 町内のメイン道路は雪が解けて泥んこに。

 しかし この泥んこ道が姿を現すと春は近い。

 春になると楽しみ(半分不安半分)が待っている。

 4年ぶりの海外旅行だ。

 ほぼ日程も決まった。
 
 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
 
posted by tosshy at 12:37| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

2倍は不安、3倍は恐怖。


ブログランキング"banner_02.gif"



 我が町内では昨日 市と町内会が費用を折半して行う年1回の排雪が行われたらしく


221-michi.jpg

221-michi-2.jpg

221-michi-3.jpg

 どの道路もすっかり広くなっていた。


 今冬の降雪量を厚別区と倶知安町を比べると

 今日(2月21日)の9時現在で

 厚別区は 総降雪量447センチ、積雪79センチ(土木センター発表)。

 ほぼ平年並みだ。

 一方倶知安町は 総降雪量914センチ、積雪は220センチ(同町HP)。

 こちらは平年より約100センチ多い。

 倶知安町に降った雪は厚別区の約2倍にすぎないが 積雪は約3倍だ。

 そのため街の風景は全く異なる。

 倶知安町はすっかり雪に埋もれているが 厚別区は雪に埋もれた感じは全くない。

 たかが3倍? とんでもない!

 もし屋根に雪が50センチ積もっていたとしても別に不安はないが

 100センチで不安を感じ、150センチになったらそれこそ恐怖を感じる。

 この違いは大きい。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:56| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

気分は旅行者 実は雪深い山奥から降りてきた ただのジジイ


ブログランキング"banner_02.gif"



 ニセコに来てから早10日。気がかりだった屋根の雪もスムーズに落とすことができた。

 慣れれば一人暮らしは気楽で快適だし

 このままニセコに滞在することも考えたが 

 お仕事とモモの世話でヨメがかなり参っているらしいので

 『ヨメ閣下のため 帰っておいてやる』ことにした。

 が 今札幌に帰ると ひょっとしたら 2箇月はニセコに来れないかもしれない。

 そのころは雪も解けているかも・・・。

 なら良いが
 


 今日の我が家の周囲 

220-hutamata.jpg

220-bessou.jpg

 これだけ大量の雪が消えてしまうとは思えない。

 何より気がかりなのは やはりデッキの屋根。



220-de-ya.jpg

 雪の重みで撓みが益々大きくなっている。

 今度来てみたら デッキの屋根が壊れているかもしれない。

 さらに 雪に押されてデッキの手すりや支柱が折れているかもしれない。

 毎年悩まされるこの不安から解放される術はないものか。

 もちろんある。いたって簡単。

 丈夫な構造に作り変えれば良いだけだ。

 しかし 作り変える資金がない。

 だから余計に悔しい。


 今日はバスで札幌に帰った。 

 いつもJRだと飽きるからだ。



 倶知安市街

220-kucchann.jpg


 国道5号線

220-5gousenn.jpg



 余市市街

220-yoichi.jpg



 小樽駅前

220-otaru-s.jpg



 札樽高速道路

220-kousoku.jpg

 道路には全く雪がない。


 約2時間30分で札幌の中心部(北1西4)に到着。料金は1780円。

 そこから地下鉄東西線に乗り換え20分で新さっぽろに。

 キャリーケースを引っ張っているいる姿は ちょっとした旅行者 に見えるかも。

 いや 絶対そうは見えない。

 履いている靴がラバーブーツだから・・・。

 地下街を歩きながら歩行者の靴を観察したが オトモダチは一人もいなかった。

 同じような形をしていているのに 革とゴムでどうして違うのだろう?

 もっとも 私のラバーブーツなど誰一人として気に留めないだろうが・・。


 なお 今回のニセコ滞在で唯一残念だったのは 

 四国にお住まいのある読者から

 『スキーをするためニセコに来たので 花園まで足を延ばしてオニヨメの夫邸を探したが 

 結局見つけることができなかった』

 という連絡をいただいたことだ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:23| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

せめて半月に1回は落としたい。


ブログランキング"banner_02.gif"



 
219-yane-ta.jpg

 朝起きるとまた新雪が・・・。30cmはあるだろうか。


219-sakamichi.jpg

 とりあえず 雪に埋もれてしまった取り付け道路での道(階段)を掘り出した。


 取り付け道路を

 雪の階段を降りたところから公道方向を見ると



219-michi-k.jpg


 公道から我が家方向を見ると 


219-iriguchi.jpg


 明日札幌に帰る予定だが できれば屋根に積もった新雪を落としておきたい。

 前回7時間足らずで屋根の雪が落ちたので まだ時間は十分ある。

 と言うことで 午前9時半天井裏に暖気送風を開始した。

 すると今日は なんと



219-yane-a.jpg

 送風開始後4時間弱で 南東側、北西側両方の屋根の雪がほぼ同時に落下した。

 外気温がマイナ6度以下でもこれだけ早く落ちたのは 

 雪が降ってから時間が経ってないからだと思う。

 降り積もった雪を屋根に長期間放置すればするほど

 自身の重さで圧縮された雪が

 屋根との接触面で解けては凍るを繰り返し 

 分厚い氷となってガチガチに屋根にへばりつき

 簡単には解けなくなるからだと思われる。

 
 つまり ここで暮らしていれば ある程度降り積もったところで 

 早め早めに落とすことができるということだ。

 そうすれば 送風時間を短縮できるし

 第一 屋根への負担も小さくて済む。

 
 定住は無理としても 半月に1回来て下ろすだけでも違うはずだ。

 ただ  



219-ya-de.jpg

 デッキの屋根の雪だけは 上って下ろすしかない。

 が リスクが大きすぎる。

 デッキの屋根も本屋の屋根と同じように

 屋根裏に暖気を送る方法があれば解決するのだが・・・。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:54| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

いっそニセコに移住?


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山

218-yo-954.jpg


218-yo-up.jpg


218-yo-2.jpg



218-yo-1421.jpg

 どれもデッキから写したものだが

 デッキからの実際の眺めは



218-yo-de-2.jpg

 雪の山と屋根との間に僅かに見えるだけだ。

 雪山に足をかけて上り カメラを突き出して写さなければならない。


 天気が良かったので町内をぶらついてきた。

 先日暖かい日があったからか 居住されている家の屋根の雪はかなり落ちていたが

 長期間留守にされている家の屋根は
 

218-yos.jpg


218-yos-2.jpg


218-ho.jpg


218-ho-2.jpg


218-ho-up.jpg

 2週間前に比べなお一層深刻な状況になっていた。

 いまさら雪を落とせそうもないし じっと春を待つしかない。


 今冬のような雪の降り方は珍しいかもしれないが 

 豪雪地帯で 冬に長期間家を留守にするのは怖い。

 これからドンドン家が古くなるし

 来シーズン以降 冬はニセコで生活することを真剣に考える必要がありそうだ。

 その場合は もちろん単身生活にならざるを得ないが・・・。

 それがダメなら レンタルするか 手放すか・・・。

 今から頭が痛い。




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:45| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

気ままな一人暮らしだが・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今年のように大量に雪が降ると

 居間から羊蹄山の方向を見ても



216-de.jpg

 雪の山しか見えない。 

 以前だったら羊蹄山が見えるように雪の山を崩すところだが

 今はその気は全くない。

 しかし もしどなたかお客さんが来られるなら 頑張って視界を確保すると思う。


 で 今は もっぱら北東に面している和室の窓から外を眺めている。 




217-yukigesiki.jpg

 スノーシューを履けば林の奥まで簡単に行けるが

 一人で行ってもつまらないし こうしてただ眺めるだけだ。
 


217-koya.jpg

 かなり丈夫に作った薪小屋だが あと何年頑張ってくれるだろうか?   



217-yo.jpg


 身を乗り出すとかろうじて羊蹄山を見ることができる。


 ニセコに来てから明日で丁度1週間。

 色々と忙しかったので あっという間に過ぎた。

 こうして一人暮らしをしていると 100%マイペースの気ままな生活だが

 ふと 『何か変だな』と感じる時がある。
 

  

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:10| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

新記録達成!


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日も雪が降ったり止んだりだったが 夕方16時35分ころ


216-youtei.jpg

 羊蹄山がほんのちょっとだけ顔を出した。




 これまで 雪に押し潰されそうな家など豪雪の凄さをいろいろ伝えてきたが 

 今日は違う角度から・・・。

 次の2枚の写真をご覧頂きたい。

 どちらも我が家のデッキからお隣さんの方向を写したものだ。



 夏(8.16)

1-ima-saka.jpg


 冬(2.16)

216-i-s.jpg

215-i-s.jpg

 降り積もった雪と屋根からの落雪で 1階の窓は埋もれてしまっている。

 土台が2mの家でもこのようになる。


 さて 今日の我が家の屋根の雪は、16時48分現在


216-yane.jpg

 まだ40センチほどだった。

 できれば50センチ以上積もったところで落としたいところだが

 このくらいの量を落とすとどうなるか試すことにした。

 まだ屋根の天辺にしがみつく雪庇がないので それを切り離す必要がないので楽だ。


 午後5時 天井裏に送風開始。 この時外気温−7.0度。天井裏は3.0度。

 夜だし気温が下がるので条件はあまり良くない。

 しかし 朝までには落ちるだろうと思っていたが

 23時55分 南東側の雪が落下、7分後北西側の雪が落下。

 今回は送風開始から僅か7時間で落下!! この時外気温は−7.2度、天井裏は13.5度。

 
 倶知安町のHPによれば 今冬倶知安町に降った雪は

 2月16日午前9時現在8m72cmと平年より1m以上多いが

 今日までにその全てを屋根から落としたことになる。

 年間の総降雪量は多い時で約11mなので これから降る量は約2m?

 仮にそれが全部屋根に残ったとしても 圧縮されるのでせいぜい50〜60センチ。

 それに 3月になれば気温が上がるので自然落下が期待できる。

 つまり 今冬はもう屋根の雪下ろしはしなくてもよさそうだ。

 デッキの屋根の雪は気がかりだが 運を天に任せるしかない。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:41| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

そしてまた今日は猛吹雪


ブログランキング"banner_02.gif"




215-hubuki-0.jpg

 今日は一日中猛吹雪。

 しかし 風が強いと


215-wagaya-2.jpg

 屋根にはほとんど雪が積もらない。

 そのかわり どこかに吹き溜まりができる。



215-kaidann.jpg


215-kaidann-2.jpg

 吹雪が止んだ時を狙い 埋まった道を掘り出さなければならない。

 雪山を上って下ってまた上り



215-oriru.jpg

 再び下りて高さ2mのデッキに到達。

 距離にして20mほどだが 足腰が弱ったらきついと思う。




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:19| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

僅か8時間30分!


ブログランキング"banner_02.gif"



 2月13日後6時10分 突然轟音とともに屋根の雪が滑り落ちた。

 大急ぎで外に出て確認すると


13-ochita.jpg

 屋根全体の雪が見事に落ちていた。

 天井裏に暖気を送り始めてから僅か8時間30分での落下だ。

 この時天井裏の温度は12.5度、外気温は−4度。

 予想をはるかに上回るスピードに満足。

 暖気を送るタイミングが良かったようだ。


 翌朝(14日)屋根を見ると


214-yane-asa.jpg

 天辺の塊を残し その後降った雪もほとんど落ちていた。

 日中気温がプラスになったこともあり 夕方には



214-wagaya.jpg

 厄介者がほとんど消えた。

 のは本屋の屋根だけで

 南東から見ると


214-minami.jpg

 デッキの屋根の雪は依然てんこ盛り状態だ。

 何とか落としたいところだが 

 すでに落ちた雪が屋根まで迫っており 落とした雪の行き場がない。

 第一怖い。

 雪が落ちる方向から上らなければならないし 天窓が2箇所もあるからだ。

 
 西側から見ると



 214-wagaya-nisi.jpg

214-d-ya.jpg

 てんこ盛り・・・ではない。

 昨日3時間かけてせっせと雪を落としたので 

 かなり減っている。はず。

 天窓さえなければもう少し落とせるのだが・・・。


 今回の屋根の雪下ろし大作戦はこれにて終了。

 なお 屋根に上ったことで明り取りの窓の問題箇所を見つけた。

 窓枠の一部が腐っていたのだ。

 直ぐにでも修理したいが 場所が場所だけに今は無理。

 何とか春まで持ちこたえてほしい。

 それにしても 無駄な金がかかる家だ!

 と ヨメの気持ちを代弁しつつ本音も吐露。



 今日の羊蹄山、15:03  

214-youtei.jpg

 デッキから見ると雪に遮られこんな感じ。


 アンヌプリ方向、16:09
 
214-ann-m.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:51| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

昨日は吹雪今日は快晴


ブログランキング"banner_02.gif"



12日は終日荒れ模様。

12-hubuki.jpg


12-hubuki-2.jpg


12-hubuki-3.jpg

 散歩に出かけたが 途中から吹雪がひどくなったので引き返した。


212-kiresou.jpg

 電線が今にも切れそうだ。



212-wagaya.jpg

 雪に埋もれそうな我が家の遠景。


212-makikoya.jpg

 自慢の薪小屋が雪の重みに必死に耐えている。


 打って変わって今日は 朝から昨日の猛吹雪がうそのような好天気。
 
 気温も少し上がるらしい。

 屋根の雪を落とすには絶好だ。

 11日に来た時−7.7度だった天井裏が1.2度まで上昇している。

 ということで 9時40分 天井裏への暖気送風を開始。

 前回は28時間かかったが 今回は24時間以内に落としたい。

 その間に



13-hasigo.jpg

 どうしても気になっていたデッキの屋根の雪を少しでも落とすことにした。

 梯子を架けて上るまでが大変だが 上ってしまえば別に怖くない。 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:29| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

性懲りもなくまた屋根に・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 前回屋根の雪を落とした時 天辺付近に雪の塊が残った。

 かなり大きい塊だし できれば上って落としたかったが

 雪がない時に上るのは危険なので諦めるしかなかった。

 特にあの事故の後だったので・・・。 

 ところが 1週間ぶりに来てみるとまだ残っているではないか。

 このまま天井裏に暖気を送ってもまた残る可能性がある。

 折角屋根に雪が積もったし 

 屋根に上り 天辺の雪庇を切り落とすついでにその塊をほぐすことにした。
 


BEFORE

211-enntotu.jpg


211-minami.jpg


 AFTER

211-enntotu-a.jpg


211-minami-a.jpg


211-yane-a.jpg


211-nisi-a.jpg


 まだ雪が少なかったので30分ほどで終了。

 できれば デッキの屋根の雪も落としたいが 

 これだけ大量にあると上って落とすのはさすがに怖いので諦めるしかない。

 万一屋根が壊れても 記録的豪雪による雪害として保険がおりるかもしれないし・・・。

 なお


212-mado-2.jpg

 室内から見ると 吹き抜け上部の明り取りの窓がヤバイ。

 まさか雪に押されてガラスが割れることはないとは思うが・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:28| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

再びニセコへ


ブログランキング"banner_02.gif"



 先週の日曜日に札幌に帰ってから ニセコ方面は結構雪が降っている。

 屋根が気になるが ヨメが乗り気ではないし汽車は面倒だ。

 行くかどうか迷っていたとき 運良く次男が札幌に帰ってきた。 

 で 次男の車でニセコまで送ってもらうことになった。

 1週間分の食料を買い込み 早朝7時過ぎ 気温−13度の中札幌を出発。

 

211-souchou.jpg


711-s-d.jpg


211-nobori.jpg


211-kudari-2.jpg


211-ki-2.jpg


 9時半過ぎ無事ニセコの家に到着。

211-yane.jpg


 屋根には40センチほどしか雪はなかった。

 途中気温が高い日があったので1回落ちたようだ。

 この量なら急いで落とす必要はない。

 その前にしなければならないことがある。

 そう 前回落としたときから気になっていたことだ。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:40| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

豪雪地帯の家について


ブログランキング"banner_02.gif"



 北陸地方の豪雪ニュースを見るたびに不思議に思うことがある。


 まず 毎年積雪深が2m以上の豪雪地帯なのに 

 ほとんどの家の屋根の傾斜が3,4寸勾配と小さいことだ。

 屋根に上って雪を下ろすことを前提にしているため勾配が小さいのか?

 だとしたら これから建てる家は 

 雪下ろし中の転落事故を防ぐため

 屋根に積もった雪が自然に落ちるよう その勾配を大きくすべきだと思う。

 北陸同様降雪量が多いニセコ地方の(新しい)家は 

 屋根の勾配が大きく ほとんどが矩勾配(かねこうばい10/10;45度)にしている。

 矩勾配でも 小屋根があると谷の部分は落ちにくいし

 今冬のように気温が低い年は住んでいてもなかなか落ちない。

 が、切り妻、片流れなど単純な形の屋根は 普通の年ならまず落ちる。

 自然に落ちるのであれば 屋根に上って雪下ろしをする必要はない。

 第一 矩勾配は素人では危険過ぎてとても上れない。

 因みに ニセコの我が家の屋根は 勾配が35/100と小さい。

 だから上る気になり 15年目にして始めて転落してしまった。

 運良く命拾いしたからこうして書くことができるし 事故の怖さを伝えたい。


 また 北陸地方の家の基礎部分が低いことも理解できない。

 ニセコ地方の(新しい)家はほとんど基礎を2m以上にしている。

 そうすれば 床下部分を有効に利用できるし 1階部分を雪から守ることもできる。

 すっぽりと雪の中に埋もれた家の中で 

 軋む音に怯えながら暮らしている老人の姿を見るのは辛い。


 もちろん 屋根の勾配を大きくし基礎を高くすると費用が嵩む。

 しかし 安全と快適さと買うと思えば 決して悪い選択ではないと思う。

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:07| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

ちょっとしか離れていないのに・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 連日記録的豪雪のニュースが報じられている新篠津村や岩見沢市は

 どちらも札幌の我が家の北東方向にあり 直線距離で18キロ〜30キロしか離れていない。

 今冬 新篠津村も岩見沢市も積雪深が2mを超えているが

 我々の厚別区は 9日時点で降雪量は平年値より少し多いものの

 積雪深は69センチと平年値を下回っている。

 特に2月6日以降は好天続きで降雪量はゼロに近い。

 お陰で除雪は助かっているが 気温の上下が激しかったため



209-rinnku.jpg


209-rinnku-2.jpg

 駐車場はまるでスケートリンクだし


209-rinnku-saka.jpg

 坂道はリュージュコースのようになってしまった。
 
 いくら慣れていても これだけツルツルになると人も車も大変だ。


 降ったら降ったで除雪や雪下ろしに苦労し 

 降らなければ降らないでテカテカ路面に苦労する。

 雪国の宿命とはいえ 雪は本当に厄介者だ。
 
 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:40| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

ヨメの親友、いいえ諸悪の根源です。

posted by tosshy at 01:18| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

札幌の除雪はニセコよりハードだ。


ブログランキング"banner_02.gif"



 昨日に続いて今日も朝から除雪。

 私の不在中に降った雪はせいぜい50cmだが 

 昨日今日と日中気温がプラスになったため メチャクチャ重い。
 


207-tumiage.jpg

 固く締まった雪はブロック状に切り取り それを積み上げて壁を作り

 固まっていない雪は コンパネを使い押し固めて壁にする。

 その後 残りの雪をスノーダンプで黙々と雪山の上に運ぶ。

 単純な作業だが 雪が重いのでかなりハード。

 ニセコでの除雪よりはるかに疲れる。

 ニセコの場合は通路を作るだけだが 札幌では雪を積み上げなければならないからだ。

 まる二日かかってようやく全作業量の約80%が終わった。

 明後日あたりからまた大雪になりそうなので 明日中には全て終える必要がある。

  


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:30| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

ヨメはおランチ ダンナはオジヤ

posted by tosshy at 02:01| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

都会に戻ってリフレッシュ!?


ブログランキング"banner_02.gif"



 雪のアーチ

4-arch.jpg

 今年も去年と同じ場所にアーチができていた。


 屋根の雪下ろしが一段落したので札幌に戻った。

 札幌の除雪が気がかりだった と言うより気分転換だ。

 しばらく都会でリフレッシュし 来週再びニセコに行く予定。

 もっとも 都会に戻っても家の周りを除雪するだけだが・・・。


 今日 ニセコの家を離れる時デッキの屋根は 


205-dekki.jpg

2-dekki.jpg

 しっかり雪が残っている。正直なところ上って落としたいが 

 家族から『命を懸けるまでもない!』と言われているので我慢。

 一方 本屋の屋根は


205-yane.jpg

 その後新雪が20センチほど積もった程度なのでまだ安心。

 しかし 例年2月だけで2mは降るので油断できない。

 もう一回落とせば完璧?少なくとも本屋の屋根だけは。

 デッキの屋根は なるようになると開き直るしかない。

 悔しいけど・・・。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:34| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

2012冬の羊蹄山


ブログランキング"banner_02.gif"



2004-yuki.jpg

 今日は朝から雪。

2004-yuki-2.jpg

 夜になっても降り続く。



 1月30日から2月1日にかけて我が家から写した羊蹄山を・・・。

1月30日

3-youtei.jpg


5-yo.jpg


12-youtei.jpg



1月31日


6-youtei.jpg


11-yo.jpg


8-yo-hinann.jpg

 避難小屋(冬は無人)がはっきり見える。

9-yo.jpg


9-yo-up.jpg

 夕日を浴び山全体がオレンジ色に輝いていた。

8-yo-hinann-yu.jpg

 

2月1日

10-youtei.jpg

 山の上にかかっているのは月ではない。弱弱しい冬の太陽だ。

10-youtei-2.jpg


 天気が良かったので色んな場所から写したかったが アシがないので身動きが取れない。 



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:35| Comment(0) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

ニセコの青い空と白い雪


ブログランキング"banner_02.gif"



 先日 抜けるような青空が広がったとき 散歩がてら町内を一回りした。

 真っ白い雪と青空のコントラストが美しい。
 


 ワイスホルン

1-waisu-2.jpg


 イワオヌプリ

2-iwao-3.jpg

 
 雪の壁

3-michi.jpg


 アンヌプリとイワオヌプリ

6-ann-iwao.jpg


 アンヌプリ

4-ann-michi.jpg


4-ann-2.jpg


 別荘区遠景

7-m-y.jpg

 花園スキー場から別荘区内に入るとまずこの風景が目に入ってくる。

 我が家はここから歩いて数分のところにある。

 明日は美しい羊蹄山をお届けしたい。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:30| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

頑丈です。ニセコの家は・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今朝もカーテンを照らす朝日の誘惑に負けて予定より早く起きた。


0202-asahi.jpg

 ニセコで家を建てるとき最も大切な条件は頑丈さだと思う。

 例年だと居住していれば屋根の雪はまず落ちる。

 しかし今年の雪は違う。

 定住されている方の家の屋根にもかなり雪が残っている。

 もちろん 時間が経てば落ちるとは思うが・・・。

 冬期間留守勝ちの家は言わずもがな。

 別荘区内を一周してみると



8-k.jpg


0131-hi-2.jpg


1-yo.jpg


5-humei.jpg


3-sa.jpg


7-yoko.jpg


4-hotel.jpg


9-saka.jpg


6-ma.jpg

 ほとんどが定住されていない方の家だが 中には定住されている方の家もある。

 これらの家と比べると我が家は明らかにちゃちだ。

 嫌でも屋根の雪下ろしに神経質にならざるを得ない。

 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:20| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

気になる残った雪


ブログランキング"banner_02.gif"



0131-asahi.jpg

 冬のニセコでは珍しく二日続きで美しい朝焼けを見ることができた。

 
 屋根の雪が落ちたし 後は排雪を待つだけだ。

 朝8時過ぎ 管理会社の重機がやってきた。


0131-haisetu.jpg


0131-buru.jpg

 南東側の雪は南の広い空き地にそのまま押していける。

 しかし北西側は隣家があるた押していけない。 


0131-ro-tari-.jpg


0131-tobasu.jpg

 ロータリーで飛ばすしかない。



0131-yane.jpg

 約2時間で屋根から落ちた雪はきれいになくなった。

 費用は16800円。今冬2回目の排雪だから痛い。

 雪さえこんなに降らなければ必要のない出費だと考えると腹立たしいが

 人力でやろうとしても絶対無理。

 好き好んでこのようなところに家を建てたのだから諦めるしかない。
 



0131-yo-yo-2.jpg

 今日の羊蹄山はことのほか美しい。

 ただ 南東側から我が家を見ると



0131-minami.jpg


 デッキの屋根は大量の雪がそのまま残っている。

 今回その雪は諦めるとしても

 本屋の屋根の頂上付近に残った雪が気になって仕方がない。

 上ってちょっと切れ目を入れたら落ちそうだ。

 まだ体に痛みが残っているので我慢しているが

 痛みが軽くなったら上りたくなるに違いない。

 もちろん分っている。二度も幸運に恵まれるとは限らないことを・・・。

 
 屋根の雪下ろし関係は今日でひとまず終わり

 明日から豪雪のニセコの様子を書きたいと思う。

 もちろん美しい羊蹄山や雪景色はある。

 が、今回のメインは豪雪の下で呻き声をあげている家々だ。

 オーバーではなく今冬の雪は本当に凄い。 
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:13| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

落雪の瞬間


ブログランキング"banner_02.gif"



 今回ニセコに来た目的は屋根の雪を落とすことだ。

 しかし 雪より先に人間が落ちてしまったのだから全く洒落にならない。

 幸い 運良く大事に至らず済んだが

 一歩間違っていたら 恐らくこうしてブログは書いていなかったはず。

 と言うか 今ごろは灰になっていたかもしれない。
 


 1月30日、12:05

0130-ochirumae.jpg

 この程度のせり出し方だとまだ落ちそうもない。


 1月30日、15:51

0130-seridasi.jpg

 そろそろ落ちるかもしれない。

 と思って和室の窓を閉め 居間に戻った直後

 轟音とともに南東側の雪が落ちた。

 慌てて和室の窓から外を見ると



 1月30日、16:08


0130-rakusetu.jpg

 分厚い雪の塊が折り重なっている。

 前回は南東側の落下から程なく北西側も落ちた。

 とりあえず外に出て屋根の様子を見ることにした。



0130-ochitayuki.jpg


0130-hannbunn.jpg

 南東側は頂上付近を残しきれいに落ちているが 北西側は残っている。

 昨日からあまり動いた様子はないし もう少し時間がかかるかな。

 と思ったとき 突然北西側の雪が動き始めた。

 慌ててシャッターを切った。




0130-rakusetu-2.jpg

 まさに落下の瞬間だ。

 久しぶりに良い写真が撮れた。

 が もしこの下にいたら・・・。



0130-yane-a.jpg


 今回 屋根裏に強制送風を開始後約28時間で落ちたことになるが

 前回は約18時間で落ちている。

 その原因としては

 外気温や雪質の違い、風や日差しの有無など色んな要素が考えられる。

 が 最大の原因は 前回に比べ室温のあげ方が足りなかったことかもしれない。

 前回はヨメの指示で 32,3度になるまでガンガンストーブを焚いて半袖になっていたが

 今回は29度をキープしていたからだ。

 別に意識して薪をケチったわけではないが

 ヨメから『やはりお父さんはケチだね』と言われそうだ。


 こうして屋根の雪はほとんど落ちた。

 例年ならこの時期に雪を落としたら そのままにしておいても大丈夫だが

 今年は雪が多そうなので排雪しておいたほうが安心できる。

 早速管理会社に排雪を依頼。もちろん有料だ。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:27| Comment(2) | 日記7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png