2012年09月06日

『ありえへんこと』の後始末・・・その2


ブログランキング"banner_02.gif"



 昨日の虹

904-niji-2.jpg



 今回屋根に張られた屋根材は こちらが指示したポリカではなく

 ガラスネット強化ナミイタ(硬質塩化ビニルナミイタ)だった。

 業者は

 『2,3年前にも同じナミイタで施工したことがあり 

 その後 大きい雪庇が落下しても損傷がなかった。

 だから このナミイタはてっきりポリカだと思っていた』

 と 釈明。

 つまり 誤認識だったと言いたいらしい。

 しかし いやしくもプロがポリカと塩ビを間違えるだろうか?

 さらに気になるのは 以前業者が『屋根材は18万円で済んだ』と言っていたことだ。

 今回張ったナミイタの数は約30枚だから 1枚約6000円になる。

 当初はそれを信じていたが 今回調べていくうちに18万円がでたらめな値段だと分った。

 今回の塩ビのナミイタ(T社製)はメーカの希望設計価格は1枚3150円なので

 94500円にしかならない。

 因みに 同じT社の塩ビと同じサイズのポリカのナミイタは設計価格が4800円なので

 もしそれを使ったとしても144000円にしかならない。

 さも安く仕上げたような口ぶりだったが デタラメも良いところだ。 

 しかも それをポリカだと称して使ったとしたら許しがたい。

 今回 たまたま完工前に事故が起きたため資材が間違っていたことが発覚したが

 もし引渡しを受けた後に事故が起きたら おそらく面倒なことになったと思う。

 結局 全てこちらが希望するポリカのナミイタに張り替えることを約束し

 『ポリカも卸しで1枚6000円だそうです。それを卸しと折半します』

 と言う。

 業者らが負担するのは当然だが この期に及んでもまだでたらめなことを言っている。

 そこで 塩ビとポリカの設計価格を示して 『変だよその値段』と追及。

 業者は驚き『そうだったんですか。知らなかった・・・』と言う。

 しかし 一連の流れから 

 資材の値段を上乗せして利益を上げている と考えるのが妥当だろう。

 技術で金を取るのなら許せるが このようなところで儲けようとするとしたら情けない。

 もっと ギリギリ追及しても良かったが

 全面張替えを約束したのでそれ以上追い込むことは止めた。

 その代わり 『当初の契約どおり 残金は完工後支払う』ことを伝えた。

 なお インターネットの安売りサイトだと

 同じポリカのナミイタが1枚1710円(20枚以上送料無料)で購入できる。

 つまり屋根材は51300円で済む。

 業者にそのことを伝えると

 『そうですか・・・問屋が一番安いと思っていました』

 と言うだけで ネットで購入する気などなさそうだった。

 仕入先(問屋)との絡みがあり

 簡単にネットに切り替えられないのかもしれない。

 『私が屋根材を買うのでそれを使え。

 その代わり屋根材として計上した18万円を値引きしろ』

 と要求したいところだが ・・に鞭打つようだったので思いとどまった。

 やはり私は基本的に甘いらしい。

 お陰で私は13万円も高い物を買うことになる。

          つづくかも・・・
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:13| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png