2012年10月31日

今年の冬支度は順調に進んでいる。


ブログランキング"banner_02.gif"



 朝方ちょっと日が差したが終日曇り空。

 しかし久しぶりに風のない穏やかな一日だった。

 お陰で冬支度の能率が上がり 後2,3日でクローズできそうな勢いだ。

 我が家の庭を見回すと



1030-niwa-ki.jpg

1030-niwa-3.jpg

1030-niwa-4.jpg

 木々に残った葉っぱが最後の力を振り絞って色を競い合っている。



 今日の羊蹄山は


1030-youtei.jpg


1030-youtei-2.jpg


1030-youtei-3.jpg

 一日シルエット状態。


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:25| Comment(2) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

怖いのは雪だけではなくなった。


ブログランキング"banner_02.gif"



1029-2.jpg

1029-3.jpg

 まる二日間強風が吹き荒れ 折角色づいた木々の葉っぱがほとんど散ってしまった。

 去年までだったら 強風が吹いても大雨が降っても別に不安はなかったが

 今年デッキとその屋根を新しく作り直したことで

 強風が吹く度に、大雨が降るたびに心配になる。

 強風が吹くと飛来物でまた屋根に穴が空くかも知れないし

 大雨が降るとまた雨漏りするからだ。

 屋根材(ポリカのナミイタ)は衝撃に強く 少々の飛来物では穴が開くことはないはずだが

 先日畑に直径5,6センチもあるシラカバの枝が突き刺さっているのを見て

 ポリカでもヤバイかもしれないと不安になった。

 雨漏りは かもしれない ではなく 必ず起きる。

 雪が降り出す前に何としても雨漏りを止めてほしいが

 業者は地方に出かけたままだし絶望的?

 雪だけでなく 風が吹いても 雨が降っても不安な気持ちになるとは・・・。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:37| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

全く色気なし!

posted by tosshy at 02:38| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

クワガタの幼虫?


ブログランキング"banner_02.gif"



1027-huyoudo.jpg

 畑に鋤きこむため腐葉土を掘り起こしていると



1027-youchuu.jpg

 かなり大型の幼虫が続々出てきた。

 ざっと数えて20匹はいただろうか。

 図鑑で調べると どうやらクワガタの幼虫らしい。

 小学生の子供でもいたら飼育させたいところだが

 そのままそっと元の環境に戻してやった。
 

 
 今日の羊蹄山 

1027-youtei-3.jpg

1027-yo-up.jpg

1027-youtei.jpg



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:04| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

天高く古希こける秋・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



 久しぶりの秋晴れの下 一日庭仕事に精を出した。

 ヨメが札幌から運んできたいろんな苗や

 山を下りることになったSさんからいただいた

 アジサイ、モミジ、カサブランカ、ホタルブクロなどを移植をした。

 ヨメが右手の腱鞘炎とかで箸より重いものが持てないため古希が頑張るしかない。

 私はお仕事のし過ぎが原因だと思っているがヨメは薪運びだと言い張る。

 おかげで古希はくたくた、夕方には足がもつれて転びそうになる始末。

 何とも情けない古希でした。

 時々手を休めて眺めた羊蹄山は



1026-youtei-1.jpg

1026-yo-3.jpg

1026-yo-up.jpg

1026-yo-6.jpg

1026-yo-5.jpg

1026-yo-p.jpg

 この秋最高の美しさだった。 

 このまま冬が来なければ良いのだが・・・。

 眼科と内科の定期検査があるので 10日後一時札幌に帰ることになった。

 おそらく年末まで来れないので 今回ここを離れる前に冬囲いをしなければならない。
 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:37| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

気休めかもしれないけれど・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



1024-kowai.jpg

 デッキの屋根の下端(黄色線囲んだ箇所)の下には支えるものが何もない。

 元々あった土台をそのまま利用して新しくデッキを作り

 その上に屋根を架けたため ここだけ飛び出す形になってしまった。

 業者は

 『支柱がなくても2方向から45度の頬杖を取り付けているので構造上は問題ない』

 と言う。

 しかし いくら頬杖があっても下に支えがないため不安を拭いきれない。

 で 今回業者に

 『雪が期待通り落ちるかどうか分からないし屋根端の下に支柱がないと不安だ。

 万一のことを考え 今シーズンだけでも支柱で支えてほしい。

 しかし 夏に支柱があると邪魔なので着脱式にしてほしい』

 と依頼。

 業者は 『それでお客さんの不安が軽減するなら支柱を立てましょう』と承諾。
 


1024-tupparibou.jpg

 このような支柱を立ててくれた。 

 古いデッキを解体した時に出た束石を約70センチ埋め

 その上にジャッキを取り付けた鉄製の単管を立てたものだ。

 束石は凍上防止のため、ジャッキは支柱を着脱するため。

 この支えがあれば 仮に期待通り雪が落ちなくても

 屋根が壊れる危険性は小さくなったと思う。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:46| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

結局消去法ですか。


ブログランキング"banner_02.gif"



 朝方やってきた業者が屋根に上がり 再度コーキングをし

 『怪しいところはしっかりコーキングしました。

 これで暫く様子を見てください』と言い残して帰っっていった。

 しかし その後それほど強くない雨が降り始めると 

 再び同じ箇所からポタンポタン。

 早速業者に電話しその旨伝えた。

 すると業者は

 『やはり本屋根のトタンかなぁ・・・』

 と困惑した様子。

 そして夕方業者は再びやってきて屋根に上り色々調べた後次のように述べた。

 『屋根と壁の取り付け箇所はまったく問題はありませんでした。

 残る可能性は 本屋根端のトタンか壁(サイディング)だと思います。

 トタンについては折り返し箇所を再点検し亀裂などの有無を調べます。

 その後古いコーキングを剥がして新しくコーキングします。

 それで止まらなかったら原因はサイディングです。

 サイディングは経年劣化で撥水能力が低下していますので撥水塗料を塗ります。

 それでも止まらなかったら サイディングを剥がして・・・』

 つまり 可能性のある箇所を一つずつつぶしていくつもりらしい。

 だったら 最初から可能性のある箇所を全て補修すれば良いのに・・・。

 できるだけ金をかけたくない気持ちは分るが時間の無駄だと思う。

 業者が明日からしばらく地方に出張するらしいので

 雨漏りトラブルは当分続きそうだ。



1024-kanousei.jpg

 赤色x印が雨漏り箇所。赤色線で囲った箇所が本屋根端トタンの怪しい箇所。

 黄色線で囲った箇所が怪しい壁(サイディング)。

 まだまだ出口は見えないが かなり原因が絞られてきた感じはする。




 今日の羊蹄山

1024-youtei.jpg

1024-youtei-2.jpg




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:36| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

残念!原因はここではなかった。


ブログランキング"banner_02.gif"



 デッキの屋根の雨漏りの原因について業者は

926-b.jpg

 『屋根と壁との取り付け箇所に問題はない。

 換気口と屋根の距離が近くなったので

 激しい雨が降ると

 屋根に当たった雨滴が撥ねて換気口から浸入する可能性が高い』

 と説明した。 確かにその可能性は否定できない。

 ならばと 私が提案し



1023-a.jpg

 換気口をすっぽり覆う形でカバーを取り付けてもらった。

 もちろん両サイドは空気が通るよう開けてある。

 これで 換気口に雨が降りこんだり 屋根で撥ねた雨滴が浸入することはない。

 後は降雨を待つだけだ。

 夕方から強い雨が降り始めたので 

 30分後恐る恐るデッキに出て雨漏り状況を点検した。

 すると 今までとほぼ同じ箇所にまた漏っているではないか!

 がっかりしたことは言うまでもない。

 しかし これで雨漏りの原因が換気口ではないことがはっきりした。

 と言うことは

 やはり屋根と壁の取り付け部分の不具合が原因としか考えられない。

 明日また業者に状況を説明するが

 業者は例によって『壁にヒビが・・・、中のタイベックスが・・・』

 などといろいろ言い訳をし 自分の施工ミスをはぐらかそうとするに違いない。

 だからといって雨漏りが許されるわけはない。

 雨漏りが完全に止まるまで 何度でも修理させるつもりだ。


 気分を変えて我が家の紅葉の様子を・・・。



1023-momiji.jpg

1023-momiji-2.jpg

1023-ita-mo.jpg

1023-michi-2.jpg


 別荘区内を歩いても


1023-bessouku.jpg

1023-bessouku-mo-2.jpg

 紅葉が美しい。


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:36| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

そろそろ平地でも初雪が降りそうだ。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山

1022-youtei.jpg


1022-youtei-4.jpg

 ここ数日寒い日が続き 手前の林の紅葉が一気に進んだ。 


1022-youtei-5.jpg

 七合目あたりから上は真っ白に・・・。

 これが段々下がってきて やがて平地でも雪が降る。

 因みにニセコ(倶知安)の初雪は平年値が10月24日。

 もういつ雪が降ってもおかしくない。

 今週中に峠越えをするヨメは今日冬タイヤに履き替えたとか。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:49| Comment(2) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

薪ストーブの勧め。


ブログランキング"banner_02.gif"



 室温が22度まで下がると火が恋しくなる。

 生まれ育った山口では冬の暖房は火鉢とコタツだけだったので

 真冬は当然室温が10度以下になっていた。 

 しかし 家族全員思い切り厚着をして寒さに耐えるしかなかった。

 コタツに入っても背中が寒いので丹前(ドテラ)を羽織っていたし

 誰かがコタツを出ると 待ってましたとばかり

 『みかん持ってきて』などと用事を頼んでいた。

 そのように寒さに耐えていたからこそ風邪をひきにくい体をつくることができたと思う。

 ところが 50年近く北国に暮らすと体がすっかり北国使用になったらしく

 ちょっと寒いと思ったらすぐストーブを点けたくなる。

 我ながら情けないと思う。

 この別荘区内でも 

 本州から来た人は体が未だ本州使用のままらしく

 室温が15,6度まで下がらないと暖房を入れないとか。

 そのうち室温20度で暖房を入れたくなるかもよ・・・。

 それはともかく 折角暖房器具があるのだから使わない手はない。

 問題はどの暖房器具を使うかだ。

 ついつい使いたくなるのが スイッチONだけで済む灯油暖房(CH,床ダン)だ。

 しかし それを使うとヨメに叱られるので 薪ストーブを使わざるを得ない。

 先日も何か用事があって電話をかけてきたとき

 『薪ストーブを使いなさいよ。灯油はダメだよ』 

 と念を押された。

 理由は簡単。

 『薪はタダだけど灯油は金がかかる』と言う考えからだ。

 その考えには大いに疑義があるが逆らうことは出来ない。

 で 毎日



1011-st-2.jpg

 こうして薪ストーブを焚いている。

 薪ストーブは灯油暖房に比べるといろいろと面倒くさいが 優しい暖かさだし趣がある。

 都会ではいろんな制約から薪ストーブの使用は困難だと思うが

 もし可能であれば是非お使いいただきたい。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:33| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

やはり変だよ今年の秋は・・・


ブログランキング"banner_02.gif"




1020-youtei.jpg

 木々の葉っぱがようやく黄色くなり始めたが 

 例年とっくに赤くなっているはずの紅葉がまだくすんだ緑のままだ。

 今年は紅葉の秋を通り越していきなり冬になるのかもしれない。




1020-gomuhimo.jpg

 古希過ぎて 緩んだパンツの ゴム直す

 ヨメがいないからではない。

 ヨメがいてもきっと私が直していると思う。

 別に愛着があるわけではない。

 ただもったいないだけだ。

 戦中生まれの私は

 ゴムが伸びただけで 穴が開いていない物を捨てることはできない。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:18| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

憂鬱な季節が近づいてきた。


ブログランキング"banner_02.gif"



 いつも朝は7時半過ぎまで寝ているが 今朝はなぜか6時半過ぎに眼が覚めた。


1019-youtei.jpg

 早起きしたお陰でいつもと違う表情の羊蹄山を見ることが出来た。


1019-youtei-3.jpg

 昨日の夜雪が降ったらしく麓近くまで白くなっている。

 テレビも『札幌市郊外の中山峠で積雪5cm』と報じていた。

 札幌とニセコを行き来するたびに通る230号線にある峠で標高は835m。

 いよいよ大嫌いな冬が近づいてきた。思わずため息が出る。

 冬が嫌いな理由は雪が降るからだ。 

 寒くても構わないが 雪だけはごめんだ。

 しかも 我が家は北海道でも有数の豪雪地帯ニセコにある。

 冬が近づくたびに 

 50年前、大自然と雪に憧れてしょっぱい海を渡ってきた自分を

 さらに

 15年前愚かにもこの豪雪地帯に居を構えた自分を呪いたくなる。

 次の2枚の写真をご覧頂きたい。



 2012.10・18 

1018-michi.jpg

 自然に囲まれた素晴らしい環境・・・

 ところが真冬には



 2012.2.19

0219-michi.jpg

 すっかり雪に埋もれてしまう。

 毎日ブルなどで除雪してもらっているので道路が確保できているが

 もし人力でこの道を確保するとしたら気が遠くなる。

 というか これだけ本道路から奥まっていると機械が入らない限り住むのは不可能だと思う。

 この 別荘区内には

 5月から10月をニセコで暮らし 冬は本州に帰っている人がいる。

 私もできれば冬はニセコの家をクローズして南国で過ごしたい。

 しかし 残念ながら我が家は冬クローズすることが出来ない。

 時々屋根の雪を下ろさないと家が潰れる恐れがあるからだ。

 『もっと頑丈な家にすればよかった』 と悔やんでみても もう遅い。

 本屋の屋根の雪は強制通風で落ちる。問題は新しくしたデッキの屋根だ。

 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:45| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

Sさんに感謝


ブログランキング"banner_02.gif"



 連日雨が続いているが ほとんど夜中に降り日中は降らないので外の仕事が捗る。

 今日は久しぶりに羊蹄山がくっきり見えた。

 頂上は雲に隠れていたが 8合目付近から上はすっかり冬の装いだった。



 今日の羊蹄山、8:45

1018-youtei.jpg


 16:11

1018-youtei-4.jpg


 16:14

1018-youtei-6.jpg


 16:15

1018-youtei-7.jpg


 16:28

1018-youtei-9.jpg


1018-youtei-10-up.jpg


 16:40

1018-youtei-13.jpg


 16:41

1018-youtei-14.jpg



 高齢のため山を下りられることになった近所のSさんから

 『庭の木や花はどれでも自由に持っていっていいですよ』と言われていた。

 折角のご好意だし カサブランカ、アジサイ、ツリバナなどを頂くことにしたが

 時間がなくそのままになっていた。

 今日ようやく樹高1.5mほどのツリバナを掘り起こし

 日当たりの良い一等地に移植した。

 アジサイなどもこれからボチボチ移植したい。




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:00| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

50年前にタイムスリップ?


ブログランキング"banner_02.gif"



 今ではほとんど見かけない風景を・・・。

 その1

1017-oogata.jpg

 油を運ぶタンクローリーではない。

 大型のバキュームカーだ。

 久しぶりにこの大型バキュームカーを見て

 今から50年前 初めて札幌に来た時

 未舗装の道路を土埃を舞い上げながら走り回る大型バキュームカーに 

 カルチャーショックを受けた事を思い出した。

 当時は 郷里山口はもちろん北の都札幌もほとんどの家がこの車の世話になっていたので

 別にバキュームカーが珍しかったわけではない。

 郷里のバキュームカーがせいぜい2トントラック程度だったのに比べ

 札幌を走るバキュームカーの大きさに驚かされたのだ。



 その2

1017-amamori.jpg

 デッキの雨漏りは依然として続いている。

 漏る量はそれほど多くないが 

 できるだけデッキを濡らしたくないのでこうして受けることにした。

 我々が子供のころは まだ家が粗末だったので 家庭でも学校でも雨漏りは珍しくなく

 雨が降ると 慌ててなべ、洗面器、バケツなどを総動員して漏ってくる雨を受けたものだ。



 今日の羊蹄山 

1017-youtei.jpg

 雲にぽっかりと開いた穴から 光の束が真っ直ぐ降りている。

 ちょっと珍しい?



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:10| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

斜面階段の土留め工事が終了


ブログランキング"banner_02.gif"



 土留めの材料は

1016-zairyou.jpg

 全てデッキ工事で出た廃材。

 階段のステップだった板(幅23センチ,厚さ4センチ)と屋根の垂木(4.5センチ角)。

 板を階段の幅60センチに切りそろえ 

 杭用の垂木も60センチに切りそろえ 丸ノコで先端を尖らせた。

 板は真っ白いカビが生えたものが多かったので

 カビを削り落としてカビキラーをかけ 乾いた後防腐剤を塗った。

 垂木は傷んでいなかったので直接防腐剤を塗った。




 BEFORE−1

1016-B-3.jpg

 AFTER−1

1016-A-5.jpg


 BEFORE−2  

1016-B.jpg


 AFTER−2

1016-A-3.jpg


 BEFORE−3

1016-B-2.jpg


 AFTER−3 

1016-A-4.jpg


 午前2時間、午後2時間合計4時間の力作?

 見栄えはともかく これで階段が崩れにくくなるはず。

 実際に上り下りしてみると 段差(23センチ)が外人サイズで気合が必要。

 が 他に緩やかなスロープもあるし めったに使わないのでまッいいか。

 因みに 我が家のデッキの階段は入り口側は16センチ、裏側は20センチ。




ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:47| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

羊蹄山の初冠雪2012


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山

1015-youtei-2.jpg

 肉眼でもうっすらと白いものが見える。

 望遠で見ると



1015-hatukann.jpg

 やはり雪だ。今年の初冠雪は10月15日!

 平年が10月2日、去年が10月1日、一昨年が9月24日だったのでかなり遅い。

 この調子で毎年遅くなってくれたら良いのだが・・・。




1015-momoji.jpg

 我が家の庭の紅葉がようやく色づき始めた。

 これから一気に紅葉が進みそうだ。




 BEFORE,10月7日 

1007-b.jpg

 薪を割る直前の様子。



 AFTER、10月15日

1015-kirei-2.jpg

 薪を割り、薪小屋を片付け、割った薪を積み、薪割りで出た木の皮を集め、

 デッキを壊した時の廃材を仕分けして整理し・・・。

 約1週間ですっかりきれいなった。

 我ながら良く頑張ったと思う。誰も誉めてくれないので自分で誉めるしかない。

 で 自分に対するご褒美は 大奮発して巨峰!

 &30円引きのプリンと菓子パン4個。

 久しぶりの贅沢だ。

 家の周囲の片づけが一段落したので 明日から庭の整備に戻る。

 まずは 気になっていた斜面に作った階段の土留め?
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:14| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

使えるのは2年先


ブログランキング"banner_02.gif"



 午後から雨になる予報だったので

 昨日割ったまま外においていた薪を片付けなければならない。

 機械で割った薪は一本ずつが片手では持てないほど重かったが

 斧で割った薪は片手で楽に持てる太さなので扱いやすかった。

 メロン用のダンボールに十数本ずつ入れ 黙々と運ぶこと数十回?



1014-maki.jpg

 2時間足らずで全て積むことができた。

 今年切り倒したシラカバが中心なので ここで2年間乾燥させて使う。

 厳寒期だとこの量では10日も持たないかもしれない。
 



 今朝の羊蹄山 

1014-youtei.jpg


1014-youtei-2.jpg


1014-youtei-4.jpg


 水平に流れる雲は良く見るが 今朝の雲は強風の所為か斜め上から下に流れていた。 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:47| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

昔ながらの薪割りも悪くない。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、8:26

1013-youtei-2.jpg


 13:11

1013-youtei-3.jpg



 薪割機で割り残した 長すぎる薪をチェーンソーで短く切り、細めの薪を斧で割った。


1013-makiwari-2.jpg

 薪を狙い通り一発で割った時の爽快感はたまらない。

 細くても入り組んだ節があると斧ではなかなか割れないので楔を打ち込んで割る。

 また 昨年ストーブを入れ替えた際業者から

 『細い枝でも割れる限り割っておいた方が乾燥してよく燃える』

 と言われたので 直径7,8センチまで割った。

 細い薪は斧を振り下ろすコントロールが命。

 神経を使うが狙い通り割れるとこれまた爽快感がある。

 機械を使わない薪割りはめちゃくちゃ疲れるが これはこれで結構楽しい。 

 明日 割った薪をデッキの下に積み上げなければならない。

 一人だし 一輪車も使えないので時間がかかりそうだ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください
  
posted by tosshy at 01:44| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

珍客?


ブログランキング"banner_02.gif"



 先日薪を割った時大量にでたミズナラの皮を片付けていると

 雨で大量の水を含んだ皮の間から見慣れない小動物が出てきた。




1012-ezo (1).jpg


1012-ezo (2).jpg


1012-ezo-mae.jpg

 体長十数センチ、全身黒色(腹はくすんだ白色)、粘膜で覆われている。

 動作は極めて緩慢。

 ヤモリやイモリではない。

 早速ネットで調査。 どうやら『エゾサンショウウオ』らしい。

 我が家のすぐ下を流れているジャコ川から上ってきた?

 しかし すぐ下と言っても直線で40m以上離れているし 高低差が7,8mもある。

 どう考えても無理だ。

 では一体どこからやって来たのか?

 ひょっとしたら 川ではなく日陰のじめじめしたところに棲んでいるのかも。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:28| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

悪い予感が当たってしまった。


ブログランキング"banner_02.gif"



 午前中断続的に激しい雨が降った。

 ひょっとしたらと建築中の隣家の方を見ると



1011-norimenn-kara.jpg

 案の定玄関に通じるスロープが崩れ 濁った水がドンドン流れていた。

 このスロープは4日前に造成したばかりのいわゆる盛土だ。

 表面を叩いて固めただけだったので雨が降ったら崩れる事は目に見えていた。

 いずれ しっかりしたスロープにするのだろうと考えていたが

 その前に強い雨が降ったため早々と欠陥が露呈した。

 我が家にとって由々しきことは泥水が我が家に流れ込んできたことだ。

 幸い昼前に雨が上がり泥水の流入は止まったので その先にある畑への影響はなかった。

 しかし この状態が続くとやがて水路が出来 

 雨が降るたびに泥水が流れ込むようになる。

 盛土をする前は全くなかったことだ。 

 盛土をしたことで高低差が生じ

 法面を下った雨水(泥水)に勢いがついて運悪く我が家の方向に流れ出したらしい。

 今日のことから 

 たとえ法面を崩れないよう整備したとしても 

 法面の方向が同じなら雨水は再び我が家に流れてくる可能性があると言える。

 明日にでも現場責任者に状況を説明しその対策を考えてもらうつもりだ。

 隣家の工事関係者へのクレームは 先日の再生砕石の件に続いて2回目だ。


   http://niseko-vs-tennis.seesaa.net/article/281997688.html

 騒音や振動などはある意味お互い様だし工事が終われば解決する。

 しかし 再生砕石問題や今回のような問題は放置すると後々まで尾を引くので 

 たとえうるさいと思われても言わざるを得ない。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:10| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

無事330キロを搬入


ブログランキング"banner_02.gif"



 去年作った米のストッカーは11袋も入らないことが分ったので

 急遽側面を少し嵩上げした。



1010-1.jpg

 しかし 9袋が限界。


1010-2.jpg

 とりあえずそのまま蓋をした。

 さて はみ出した2袋をどうするか?

 それにしても1袋30キロは重かった。

 台の上に置いた状態なら抱えやすいが

 地面に近いところから抱え上げるのはきつい。

 前屈みになって持ち上げようとすると腰を痛めるので 

 しっかり膝を曲げて腰を落とし 膝を伸ばして立ち上がる必要がある。

 最近膝関節の調子がイマイチなので不安だったが何とか無事終了。

 
 予報では明日は雨。

 久しぶりにゆっくり休めそうだ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:29| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

疲労困憊・・・

posted by tosshy at 01:01| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

やはり全部は積めなかった。


ブログランキング"banner_02.gif"



 9時半過ぎからヨメと二人で薪の積み上げを開始。

 役割分担はいつも同じ。

 私が薪を薪小屋まで運びヨメが積み上げていく。

 薪小屋は4坪の広さがあるが

 すでにタタミ2枚分の薪が積まれているので残りは6畳分。

 通路が必要なので利用できるスペースはMAXでタタミ4枚分。

 あれだけの薪を果たして積むことができるだろうか?

 まず最長部分(2.7m)に3列並べることにした。

 高さは取るときのことを考え1.8mに抑えた。


1008-2retume.jpg

 1列目が終わり 2列目を並べているところ。


1008-end.jpg

 井桁の様に積めばいいが少々テクニックを要す。

 このような積み方は簡単だが

 高く積むとどうしても端が崩れるので 端にストッパーが必要になる。

 3列目のストッパー(FIRE WOOD END?)をセット。

 いわゆるBOOK ENDと同じ原理だ。

 ただ EDNの板の幅が30cmしかないので 



1008-3rerume.jpg

 今回のように45cmもある薪を積む場合は

 底板と同じ厚さの板を平行に並べて安定をよくする。




1008-owari.jpg

 夕方4時 ようやく3列目の積み上げを終了。

 で 結局



1008-nokori.jpg

 これだけ積み残しができた。全体の1割程度だろうか。

 もう一列薪小屋の中か薪小屋の外(軒下)に積み上げるしかない。





 今日の羊蹄山、13:22 

1008-youtei.jpg


 16:40

1008-youtei-2.jpg


 17:06

1008-akaezo.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:27| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

無事薪割り完了!


ブログランキング"banner_02.gif"



1007-b-1.jpg

 午前9時薪割開始。メンバーは昨日と同じ5人。


1007-kikai-4.jpg

 これだけ太くても


1007-kikai.jpg

 わずか7,8秒で割ってしまう。



1007-kikai-5.jpg

 向きを変えながらさらに小さく割っていく。

 この太さだと最低8分割は必要。

 午後3時 



1007-a-1.jpg

 全ての薪を割り終えた。

 途中の小休止と昼休みを除くと実際の稼働時間は約4時間半。

 使ったガソリンは約3L。

 全員小さな擦り傷やアザを作っていたが大きい怪我はなかった。

 こうして無事薪割りは終わった。後はそれを薪小屋に積み上げるだけだ。

 なお デッキの薪積みも



1007-maki-1.jpg

1007-maki-2.jpg

 完了。滞在が月の半分程度ならこれで春まで大丈夫。

 デッキの下にもこれとほぼ同じ量の薪をストックするのでフル滞在も可?


 今日の羊蹄山



1007-youtei.jpg

1007-youtei-3.jpg

1007-youtei-4.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 02:03| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

いよいよ薪割りだ!


ブログランキング"banner_02.gif"



1005-maki.jpg

 これが玉切りしたままの薪。

 デッキの工事が終わり次第近所のKさんから大型の薪割機を借りて割るつもりだった。

 すると たまたま近所のSさんもKさんから薪割機を借りると言う話を聞いたので

 Sさんと一緒に割ることにした。

 いくら機械を使うとはいえ 人手が多いほど楽だからだ。

 早速今日Sさん方の薪割りを行った。

 当初 Sさんと二人で割るつもりだったが

 Kさんのほか強力な助っ人が二人来てくれたので

 3式の薪をわずか3時間半で片付けることができた。

 それも ただ割るだけでなく 

 割った薪を全て20m以上離れた薪置き場に積み上げたのだから驚きだ。

 改めて大型薪割機(22Ton)の威力に感動。

 同時に助っ人の皆さんに感謝。

 このように Sさん方の薪割が予定より早く終わったので

 明日我が家の薪割りだ。

 割る薪の量はSさん方とほぼ同じだが薪が太いので大変?

 ただ 我が家の場合 まだ割った薪を積み上げる場所が決まっていないため

 割るだけなので大幅に時短できるかも。

 実際に割ってみないと分らないが 目標は明日中の完了。



 今日の山々、アンヌプリ

1006-ann.jpg


 羊蹄山

1006-yo-l.jpg

1006-yo-up.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  

posted by tosshy at 02:24| Comment(2) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

今年の初物


ブログランキング"banner_02.gif"



1005-rakuyou.jpg

 朝早くモモと散歩に出かけたヨメが ラクヨウを採ってきた。

 早い年は8月末ころから採れるが 今年は例年よりも秋が遅く

 最近ようやく出始めたようだ。

 ニセコに居を構えた十数年前は それこそ採れ過ぎて困るほどだったが

 ここ数年めっきり減り 2,3個しか採れない時もある。

 早速大根おろしと一緒に賞味。

 夕食はもちろんラクヨウの味噌汁を堪能。

 と書いたが 正直言って好物ではない。

 最近は普通に食べるようになったが 以前は具のラクヨウだけ残していた。

 ラクヨウフアンから叱られそうだが これまで美味しいと思ったことは一度もない。
 

 今日の別荘区内


1005-bessouku.jpg

1005-tutaurusi.jpg


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
 

 
 いつも応援ありがとうございます。

 ここ1週間 8〜10位を行ったり来たりしています。

 途中何度か11位に陥落しましたが しぶとく這い上がり

 なんとかベストテンをキープ。

 10位前後は熾烈な戦いが続いています。

 たかがランキング されどランキング

 引き続き応援(クリック)してくださいね。


  
posted by tosshy at 01:15| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

わずか20センチ高くなっただけだが・・・。


ブログランキング"banner_02.gif"



1005-dekki.jpg


1004-maki-dekki.jpg

 去年まで薪をデッキに上げるときは

 1本ずつ下から放り上げ それを上で相方がキャッチしていた。

 しかし デッキ改修後高さが20センチほど高くなった。

 わずか20センチだが いざ放り投げようとしたらとても高く感じ

 太目の重い薪はとても無理だと思えた。

 そうだ



1004-uekara.jpg

 段ボール箱に入れ それをデッキの上からロープで引き上げれば良い!

 ところが いつもデッキから居間まで薪を運んでいるメロン用のダンボール箱に入れ

 いざ上から引っ張るとメチャクチャ重く箱はびくともしなかった。

 抱えるとそれほど重く感じないのに

 ロープで引き上げようとしたらなぜか重い。

 箱に入れる薪の量を減らさない限りロープ作戦は無理。

 で 結局ダンボールに薪を入れて運び上げることに。

 薪小屋から20m離れたデッキ下まで一輪車で薪を運び
 
 ダンボール箱に入れてそれを抱えて階段を上る。

 たったこれだけのことだがかなりハード。

 3,4回続けると息が切れるため小休止せざるを得なかった。
 

 
 今日の羊蹄山

1004-youtei-1.jpg

1004-yo-hi-2.jpg

 さすがに高い山は紅葉真っ盛りだ。



ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:57| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

冬への備えが始まった。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山

1003-youtei.jpg

 昨日の夜遅く ヨメが予定より3日早く札幌からやってきた。

 私の悲惨な食事の様子を知り 心配して予定を早めたらしい。

 なんてことは 我がヨメに限って絶対ありえない。

 聞けば 札幌の庭から移す植物を早く運んで植えたかったのと

 自分のお仕事の日程が理由のようだ。

 ・・・で 車一杯いろんな植物を積んできたため

 今日の午前中はその移植で終わった。

 午後は 懸案だったデッキへの薪運びにとりかかった。

 しかし 途中突然激しい雨が降り始めたため予定の三分の一しか終わらなかった。


 豪雪地帯で快適に薪ストーブを焚くためには

 一冬分の薪を 真冬でも簡単に取りに行ける所に確保しておく必要がある。

 我が家の場合 ストーブのある居間と同じフロアのデッキに積んでいるが

 もし 異なるフロアまで取りに行くとなると大変だと思う。


 デッキへの薪運びが終わると 薪小屋の整理が待っている。

 今年の春先に購入し 玉切りしたまま野晒し状態の薪を割り

 薪小屋に積み上げるためだ。

 そこが一杯になったらデッキの下に積む予定。

 今回デッキを改修しデッキの下に雨が降りこまなくなったので 

 嬉しいことに薪を積むスペースが大幅に増えた。

 しかも

 今まで冬になるとその周囲が雪で埋まるためデッキの下はクローズ状態だったが

 今回デッキに内階段を作ったので真冬でもデッキから下に下りることが出来る。

 問題は周囲に巡らした壁が雪圧に耐えられるかどうかだ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:19| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

毎年雪の季節が近づくと思うこと。


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の羊蹄山、7:22

1002-youtei-1.jpg


 8:03

1002-youtei-2.jpg


 9:59

1002-youtei-3.jpg


 15:10

1002-youtei-4.jpg


 15:40

1002-youtei-5.jpg


 16:35

1002-youtei-6.jpg


1002-youtei-7.jpg

 高い山は紅葉が進んでいるが 

 標高300mの我が家の周囲はシラカバやイタヤカエデわずかに黄色くなった程度。

 因みに 去年の今頃は


111002-yo.jpg


111003-d.jpg

 羊蹄山は初冠雪がみられ 我が家でも霰が降った。

 同山の初冠雪は2010年が9月24日だから 年々遅くなっている?

 私にとっては嬉しい限りだ。


 北国ゆえ雪が降るのは仕方がないが ここの雪は半端な量ではない。

 雪国札幌で暮らしていても想像できなかったし

 豪雪地帯(小樽)在住の設計士でさえ ここの雪を甘く見過ぎていた。

 その所為で私はこの15年間雪との死闘を強いられている。

 我が別荘区の住人も そのほとんどがここの豪雪に苦労している。

 屋根の雪下ろし、屋根からの落雪対策、除排雪対策(ルートの確保)・・・。

 どれも 一歩間違うと取り返しがつかない事態を招くことは必至。

 確かに雪は美しい。

 しかし 豪雪地帯の雪は建物を破壊し人命をも奪う白い悪魔でもある。

 私自身 今冬危うく命を落とすところだった。

 豪雪地帯で家を建てる場合 絶対してはいけないことがいくつかある。

 それらは全て暮らしてみないと分からないことだと思う。

 興味・関心のある方は照会されたい。
 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 03:21| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

こうすれば年金生活でも貯金ができる?


ブログランキング"banner_02.gif"



 今日の冷蔵庫

1001-reizouko.jpg

 ヨメが札幌に帰ってから八日目、とうとう食料の在庫が底をついた。

 あるのは年契約で購入し床下に保存している米と

 手作りの味噌、大量に買ったジャガイモとたまねぎ、ニンジン、キャベツくらいで

 パン、牛乳、卵、肉類、果物はもちろん、醤油と油もなくなった。

 ここ数日間、外の仕事が忙しく食事の支度をする気力がなかったので

 白米とレトルト食品ばかり食べていたが レトルト食品は続けると飽きてしまう。

 そろそろ限界だ。

 ヨメは当分戻ってこないらしいし やむなく麓まで買出しに出かけた。

 最初バイクで行くつもりだったが 帰りの荷物を考えると少々辛い。

 たまたま近所のKさんが所用で街に行くと言うので

 Kさんの車に便乗させてもらった。ラッキー!

 で 今回買った食料品は合計3700円。

 これで 1週間は大丈夫?

 かくして今夜は久しぶりに夕食(具たっぷりの豚汁)を作って腹いっぱい食べた。

 山の中で一人暮らしをしていると 本当に金がかからない。

 ヨメも 一人だとほとんどおかずは作らず 納豆や佃煮、漬物で済ませているとか。

 このように 老後別居生活をすると年金生活でも貯金ができそうだ。

 と 考えるのは甘い。

 なぜなら ヨメは私がいないと 

 諸悪の根源のお仕事仲間と思い切り羽を伸ばし

 外食三昧の生活をしている と言う極秘情報があるからだ。

 その真偽のほどは分らないが・・・。

 


ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 00:08| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

『ありえへんこと』再び・・・その4


ブログランキング"banner_02.gif"




 今日の羊蹄山

930-youtei.jpg

 木々の葉っぱが少し色づき始めた。



 激しい雨が降り始めてから約30分後、雨漏りの有無をチェック。

 すると



929-amamori.jpg

 ガーン!

 今度こそないはずの雨漏りがあったではないか。

 と言うことは 業者が説明した原因は間違いで

 やはり接合部のコーキングの不具合?と考えざるを得ない。

 さあ困った。だとすると問題は深刻だ。

 ところが 朝再びデッキを調べると 不思議な事に雨漏りの跡が消えていた。

 何故だ?

 理由はっきりしている。漏った量が少なかったため朝までに乾燥したということだ。 

 その後も断続的に強い雨が降っていたので あのまま漏り続けたはずなのに

 なぜ漏った量が少なかったのか?

 もし雨漏りの原因が換気口以外だとしたら皆目見当がつかないが

 原因が換気口だったら一応説明がつく。

 つまり

 換気口の下の部分しか塞がなかったため 上部から雨が入った可能性があり

 上部からだけの浸入だったので雨漏りの量が少なかったと考えられる。

 今度は換気口をすべて塞いで検証する必要がある。

 今となっては 業者がなぜ換気口を全部塞がなかったのか理解に苦しむところだ。

 なお 昨夜強い雨が降ったので

 業者が雨漏りの有無を聞いてくることを期待していたがやはり連絡はなかった。

 自分の仕事に対する責任感、プライドの欠如と言わざるを得ない。

 

ブログランキング"banner_02.gif"

 
応援(クリック)してくださいね。
欄外の『索引』は過去ログへの近道です。画像一覧もあります。ご利用ください。
  
posted by tosshy at 01:45| Comment(0) | 日記8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png