2020年02月13日

シェムリアップからバンコクまで その1


ブログランキング"banner_02.gif"



sono1.jpg

sono2.jpg

sono3.jpg

sono4.jpg

sono5.jpg

sono6.jpg



シェムリアップから国境の町ポイぺとまで約150キロ。

マイクロバスが運んでくれる約束だったが、

実際に来たのはなんとセダン。

しかし、セダンでも高級車レクサスだったので安堵。

もっとも あの本物のレクサスかどうかは疑わしい。

走り出して分かったのだが、

そのレクサスは我々を運ぶだけではなかった。

トランクにはいろんな荷物が積まれていて

途中何度も止まり、その度に荷物を積み下ろししていた。

つまり 我々は元々荷物を運ぶ車に便乗させられたらしい。

が、腐ってもレクサス? マイクロバスに比べると乗り心地は良い。

約3時間後、無事ポイぺトに到着。

ポイぺトから出国し隣接するタイの町アランヤプラテートに入国。

そこからバンコクまでまだ250キロも残っている。



応援(クリック)してくださいね。「いいね」は反応しませんので人気ブログランキングをクリック願います
    


ブログランキング"banner_02.gif"





遂にその時が来たか・・・


ブログランキング"banner_02.gif"




momo.jpg

IMG_4992.JPG

IMG_4988.JPG

IMG_4991.JPG


モモが12歳を過ぎた頃から
急に体力の衰えが目立つようになり、
好きだった散歩も喜ばず、嫌々ついてくる始末。
一か月前、嘔吐や下痢が続いたので
近所の動物病院に連れて行くと
「極度の貧血、精密検査が必要。
放置すると突然死もあり得る」と言われた。
しかし、モモはすでに12歳と高齢だ。
とりあえず整腸薬だけもらって様子を見る事にした。
その薬が効いたのか、嘔吐や下痢は治まり食欲も戻った。
ところが、1週間ほど前から急にお腹が膨れ始めた。
ひょっとしたら腹水が溜まったのかも と思ったが、
食欲があるし通便もほぼ正常なで経過観察することに。
すると今朝から急に食欲がなくなったので、
心配になり大きい病院に連れて行った。
今回は血液検査とレントゲン。
「貧血がひどいし、腹水も少し溜まっています。
若干心臓が肥大していますが、
肺、胃腸、腎臓、肝臓に問題はありません。
考えられのは脾臓の腫瘍かな。
それを確定するためにはエコー検査、
組織検査が必要です。」(Dr)
「もし腫瘍だとしたら、どんな治療が考えられますか」(妻)
「摘出手術、抗がん剤・・・、完治ではなく症状を緩和
させるのが目的です。高齢だし手術のリスクもあります」(Dr)
・・・で、
モモの年齢を考えそれ以上の検査は希望しない旨伝えた。

そろそろ覚悟しておかないと・・・
医者と相談し、出来るだけ苦しまないようにしてやりたい。



応援(クリック)してくださいね。「いいね」は反応しませんので人気ブログランキングをクリック願います
    


ブログランキング"banner_02.gif"



ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。