2008年12月23日

粗大ゴミに居場所はないのか?

 先日来心に引っかかっていることがある。

 それは、

 ヨメが知人方で行われた『お食事会』から帰ってきて言ったことだ。

 『○○さん、家をキレイにしていたな・・・。

 我が家がもう少しキレイだったら、お友達を呼んでお食事会をしたいワ。

 でも、ウチはだめか。だって、いつもお父さんがいるから・・・。』


 本人は軽い気持ちで言ったのだろうが、なぜか胸にグサッときた。

 客人が来たとき私が2階に隠れてさえいれば良いと思いきや、実は違う。

 そのとき家の中に私が存在していることが疎ましいらしいのだ。


 (平静を装って)皮肉たっぷりに、  

 『だったら、そのときはサンピアザ(複合商業施設)にでも行って時間を潰すさ』

 と言うと、

 傍で聞いていた次男に、

 『そんなことお父さんにできるはずないよ。虚しすぎない?』 

 と突っ込まれてしまった。


 このときはこれで終わったが、以来妙に心に引っかかっている。

 世の奥方連中にとって、旦那はそんなに疎ましい存在なのか?

 気安く粗大ゴミ扱いするな!

 なりたくてゴミになったわけではない!


 とは言うものの、確かに疎ましいだろうな・・・。

 私にしてみても、還暦レディを迎えても心ときめくことは全くない。

 できるものならその場から逃げ出したいさ。

 お互い年は取りたくないね・・・。



 人気ブログランキングに参加しています。

 応援(下のロゴマークをクリック)してくださいね。
 



ブログランキング"banner_02.gif"






 


 

 


posted by tosshy at 01:14| Comment(0) | 日記3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。