2009年02月02日

また新しい友達ができました。

 ツーショット

      201-2hiki.jpg

 久しぶりにカイ君と遊んでいると、

 白くま君登場

      201-3hiki-4.jpg

 大型犬がやってきました。

 うわさに聞いていたゴールデンレトリバーの白くま君です。

 7歳のオスで40数キロもあるとか。モモが小さく見えます。

 しかし、とても大人しい犬で、3匹はすぐ仲良くなりました。


 スリーショット

      201-3hiki.jpg

      201-3hiki-3.jpg

 

 ニセコに着いた翌日の朝から屋根の雪を落とすため天井裏に暖気を送っていますが、

 なかなか落ちない!

      201-hannbunn.jpg

 南東側の半分が落ちましたが、北西側は30センチほど移動しただけです。

 北西側を横から見ると、

 巨大氷柱

      201-turara.jpg

 巨大氷柱と雪が軒を巻き込むようにせり出しています。

 このようになかなか落ちない原因の一つは雪の粘りです。

   雪は気温が低いままだとサラサラでほとんど粘りがありませんが、

   気温が大きく変化すると、少し解けた雪の結晶が再び凍る際に、

   結晶同士が結びついて粘りがでます。

 もう一つの原因は、巨大氷柱ができていることです。

 つまり、氷柱が大きくなるのは、屋根の表面と接する雪がどんどん解け、

 屋根の表面と雪との間に隙間ができ(雪がザクザクになり)、滑りが悪くなるからです。

 こうなるとなかなか落ちてくれません。

 もし50センチ以上積もっていると、

 雪自身の重さで下(屋根に接する部分)が圧雪状態(氷)になります。

 そのとき屋根を(下から)暖めると、一気に滑り落ちます。

 ところが、今回は屋根の下(軒)のほうで30センチ程度しかありませんでした。

 結論から言えば今回の雪下ろしは失敗です。

 もう少し積もるまで待つべきでした。



 人気ブログランキングに参加しています。

 応援してくださいね。

 下のロゴマークをクリックしていただくと私に20ポイント入ります。



ブログランキング"banner_02.gif"





 

 



 

 


posted by tosshy at 01:57| Comment(2) | 日記3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
Posted by 元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日 at 2009年02月05日 09:54
元塾講師中里 様

 応援ありがとうございました。
 またのお越しを待ってます。
 継続は力なり!

Posted by オニヨメの夫 at 2009年02月05日 13:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。