2009年06月07日

過ぎたるは猶及ばざるが如し、で大失敗。

 ヨメに、

 『ヨモギを摘んでおいて』

 と言われていたので、モモの散歩がてら目をつけていたヨモギ畑に行くと、

 期待に違わず良い具合に伸びていた。

 もちろん摘むのは新芽のみ。

 軟らかくとても香りが強い。まさに摘みごろ。

 これ以上伸びると硬くなるし、ムシもつく。


 『摘んだヨモギは水洗いし、重曹を加えて茹でる。

 水を切り、冷めたところでフリーザーパックに詰めて冷凍保存する。

 そのとき、絞らないこと』

 ヨメの指示通りにやってできた作品?がこれだ。



        606-yomogi.jpg

 完璧だ!!


 こうしてヨモギ作戦はうまくいったが、ワラビで大失敗。

 昨日の夕方、いつものようにご近所の庭から摘んできて、

 洗い桶に入れて木灰をふりかけ、

(幸いストーブを焚いているので木灰には不自由しない)

 たっぷりと熱湯を注いだ。


 今朝、それを見ると、ワラビが実に鮮やかな緑色に変わっていた。

 そこでワラビを取り出せばよかったのだが、

 灰汁が十分抜けていないとまずいので、しっかり抜いてやろう、

 と考え、

 灰汁が溶け出した水を捨て、もう一度新しい灰をまぶし、熱湯を注いだ。


 そして夕方、

 完全に灰汁が抜けたに違いないと期待して洗い桶を見てビックリ!

 水が濃いこげ茶色に変色している。

 こんなに灰汁が抜けたのか?


 残念ながらそうではなかった。

 鮮やかな緑色だったワラビは、

 哀れ、こげ茶色に変わり、一部は解けてしまっていた。

 残念!!

 ああ、もったいない・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"



     ↑ 

 応援(クリック)してくださいね。 

 

 

 
 

 


 

 

 


posted by tosshy at 01:38| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。