2009年10月11日

そろそろ都会に戻って骨休みしたいな。

 今日の羊蹄山、8:24

        110-youtei-2.jpg


 10:16

        110-youtei-3.jpg

 昨夜の冷え込みで、8合目付近まで白くなっている。


 15:23       

         110-youtei-4.jpg




 ニセコに来てからあっという間に2週間が過ぎた。

 山葡萄とラクヨウはだいたい予定量を採った。

 冬への備えも早々と一つ終わらせた。

 これまで雪が積もってからやっていた排気筒のガードを、今年は雪が降る前に取り付けたのだ。

 しかも、がっちりした固定式の物にした。


 この後、冬に備えてしなければならない主なことは、


 @ ドウダン、シダレモミジ、公孫樹、林檎などの雪囲い

   いつも苦労するのが枝が四方八方に拡がっているドウダン。

   それ以外はまだ木が小さいので比較的簡単。


 A 薪小屋のクローズ

   三分の一から上は昨年張りつけたビニールを残してあるので、

   下の三分の一にコンパネを打ち付けるだけ。


 B デッキのテーブル、桟板と手すりの撤去

   着脱式なので比較的簡単だが、各パーツが重く一人だと苦労する。


 C デッキへの薪運び

   薪小屋の薪を、ネコ車で約20メートル離れたデッキの下まで運び(最低30回)、

   それを下からデッキの上に放り投げて壁側に積み上げる。

   上に受け手がいると能率が上がり楽だが、一人だと大変。

   いくら好きで始めたこととは言え、結構辛い。


 D 看板の撤収


 これらの作業は1週間もあればできそうだ。


 明後日ヨメが所用(もちろんテニス)で札幌に帰る予定。

 一緒に札幌に戻るかどうか迷っている。

 この2週間フルに働いたので、札幌(都会)に戻って少し体を休めたい。

 こう言ったら、ある人に『都会に戻って骨休み?逆じゃない?』と笑われた。

 しかし、私の場合、都会(札幌)は心が疲れ、田舎(ニセコ)は体が疲れる。

 つまり、

 都会はすることがないためストレスがたまり、

 田舎はする事がありすぎて体が悲鳴を上げる。

 ということで、都会と田舎を適宜行ったり来たりするのがベストらしい。
  



 ラクヨウ

        110-rakuyou.jpg

 今年一度も採りに行っていなかった所にあったとか。

 数は少ないが形が良いので、じっくり探せばまだまだ採れそうだ。

 もっとも、私のラクヨウシーズンは終わっているが・・・。



 
 人気ブログランキングに参加しています。

 応援(クリック)してくださいね。


ブログランキング"banner_02.gif"



posted by tosshy at 01:35| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。