2009年11月18日

どちらかが死ぬまで続くバトル・・・

 ???

         1118-arenani.jpg

 あんなところに椎茸が?

 よく見ると



         1118-nanitake.jpg

 似ているけど違うようだ。

 雪を少し被っている。





 夜10時過ぎ、パソコンに向かっていると台所からヨメが大声で

 「明日、オニギリ握っておいたほうが良いよね」

 と叫ぶ。

 「うん。お願い」と答えれば良かったが、ヨメの発した言葉にカチンときたので

 「どっちでも・・・面倒くさかったら握らなくても良いよ。好きにして」

 と言ってしまった。

 案の定?ヨメは逆切れし

 「そんな言い方はないでしょう!」

 と怒鳴り返してきた。


 かくしてまたまた不毛のバトルが始まった。


 ヨメは明日大事なテニスの試合があり朝から出かけるため、

 自分のオニギリ以外に私のオニギリも握るかどうか聞いてきたのだが、

 ヨメは終日テニスに行くときはいつもオニギリを持参し、

 たいてい私の分も握っておいてくれる。

 なのに、今回わざわざ聞いてきたのは、

 『朝が早く忙しい。できれば(私の)オニギリは省略したい』

 という思惑以外の何ものでもない。

 で、カチンときた私はあのように答えてしまったのだ。


 ゴチャゴチャやり取りする中でヨメは

 「ときどきお父さんが『オニギリより白いご飯が好きだ』と言うので聞いただけだ」

 と言っていたが、明らかに言い訳がましい。

 仮にそうだとしたら

 「握っておいたほうがいいよね」と遠まわしに聞かず、単純に

 「オニギリと白いご飯どっちが良い?」と聞けばよい。

 そう聞かれたら素直に「オニギリ!」と答えたはずだ。

 筋子があるのを知っていたから・・・。
 
 このように受け取った私をヨメは「僻みだ!」と決め付ける。


 客観的に見れば実にくだらないバトルだ。

 しかし、ついついつまらない事で衝突してしまう。

 それも最近とみに回数が増えたように感じる。

 二人とも年を取った所為か?

 「頑固さ。自己中心性」が増大し、

 「思い遣り。労わり。感謝」の気持ちが減少ているらしい。

 私がニコニコしながら何でもハイハイと受け入れればトラブルは起きないだろう。

 しかし、もとより私は神や仏、聖人君子とは無縁の俗人。

 ヨメも120%否200%俗人ゆえ観音様にはなりえない。

 
 つまり、どちらかが死ぬまでバトルは続くと言うことだ。

 裏を返せば、不毛のバトルも生きている証かもしれないが・・・。


 でも・・・バトルは精神的に疲れるよなあ。

 それを少しでも抑える努力は必要だと思う。

 そうだ、これからはカチンときてもとりあえず謝ることにしよう。

 栃木県出身の彼らのように

 「ゴメンネ〜。ゴメンネ〜!

 と。



 目立つ白樺

        1118-hitori.jpg

 周りの木はほとんど葉が落ちているのに・・・頑張ってるよなあ。
 


ブログランキング"banner_02.gif"



 応援(クリック)してくださいね。
 


posted by tosshy at 12:03| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。