2009年12月16日

モモが2歳になりました。

 今日のモモ

        1215-momo-2.jpg

 人懐っこいので、誰からも可愛がられる。


 今朝の散歩道
 
       1215-yukimichi.jpg
 
 昨夜久しぶりに雪が降ったが、うっすらと白くなっただけだ。

 札幌人はこの程度の雪だと平気で自転車に乗っている。



        1215-panorama.jpg

 はるか遠くに雪雲が見えるが・・・。


        1215-zera.jpg 

 間もなく冬至。太陽が低くなるこの時期は室内の鉢に横から日が当たる。


 バースデイケーキ

        1215-ke-ki.jpg

 今日はモモの誕生日。もっとも、正確な誕生日は分からない。

 我が家に来たのが昨年8月15日。そのとき生後8ヶ月とのことだったので、

 その8ヶ月前を誕生日と決めた。

 
 で、昨夜遅く、長男がモモのためにこのケーキを買ってきた。

 のだが、本当はモモのためではなく、私のために買ってきてくれたらしい。

 いつもヨメに苛められ、こき使われている哀れなショボクレ老人を見るに見かねて・・・。

 私はその気持ちだけありがたく受け取り、

 『モモのバースデイケーキ』にしようと提案。

 もちろん長男は快諾してくれた。

 
 子供達から、

 『ブログ用に写真撮っておいたら? でないと、(朝起きた)お母さんに食べられるよ』

 と言われたが、ヨメに限ってそんな事はするはずはないと思ったので、

 『まさか勝手に食べたりはしないさ』と、そのまま(寒い)玄関に置いた。

 子供達は『お父さん甘いなあ。何年夫婦やってるの?』と不安げだったが・・・。


 ところが、子供達の不安が的中した。

 朝起きたヨメが目ざとくケーキを見つけ、すぐにでもパクつく勢いだったらしい。

 幸い、それに気づいた長男が止めてくれたので事なきを得たとのこと。


 なお、ヨメにも言い分があるらしい。主張はこうだ。

 『この前ケーキを買ってきたとき、私が1個も食べないうちに無くなった。

 食べたのはお父さんに決まっている。

 だから私には優先的に食べる権利がある』

 ハイハイ分かりました。

 なお、ヨメのケーキを食べたのは私と長男だ。

 一日経ってもヨメが食べなかったので、古くなるといけないと思って食べただけだ。

 食べ物の恨みは本当に恐ろしい。


 さて、このケーキだが、モモにはクリームが多すぎるので、我々人間が美味しくいただいた。

 その代わり、モモには



        1215-momo-hone.jpg

 豚骨をプレゼントした。

 こうして家族全員幸せな一日を送る事ができた。
 
 めでたしめでたし・・・。



ブログランキング"banner_02.gif"



 応援(上のロゴマークをクリック)してくださいね。 


posted by tosshy at 01:18| Comment(0) | 日記4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。