2010年01月27日

もちろん覚悟して、いいえ諦めています。

道はどこ?

        125-michi.jpg

 除雪されない歩道(柵の左側)と自転車道路。

 今日のモモ

        126-mo-atama.jpg


        126-mo-sagasu.jpg


        126-momo.jpg

 本当に雪が好きだ。


 今日の夕焼け

        126-yu.jpg




 ヨメのテニス仲間Kさんのご主人が急性不全で亡くなった。

 享年71歳か・・・まだ若い。

 テニスに出かけていたKさんが、家に何度電話してもご主人がお出にならないので、

 近所に住んでいらっしゃる娘さんに様子を見に行ってもらったら、

 ご主人が倒れられていたそうだ。

 
 この話しを聞いた次男が

 『いやあ、他人事じゃないね。お父さんも覚悟しておいたほうがいいよ』

 と言うではないか。

 私もその覚悟?はしているつもりだ。

 『死ぬまで元気(死ぬならポックリ)』がモットー?の私だし、

 多忙を極めるヨメに看取ってもらうなど所詮無理というもの。

 しかしである。当のヨメから

 『そうだよお父さん。どうせ死ぬときは一人なんだから』

 と言われるとあまりいい気はしない。


 もっとも、自身の母親の臨終にラケット片手にジャージー姿で駆けつけたヨメだ。

 無いものねだりはすべきではない。するだけ虚しいから・・・。
 


ブログランキング"banner_02.gif"


 応援(上のロゴマークをワンクリック)してくださいね。
 どうかお忘れなく・・・。



posted by tosshy at 02:30| Comment(2) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いやあ,すごい。一点の曇りも無い,凍りつくような真実の言葉です。ツァラツストラに囲まれて過ごしているようです。きっと朗らかな響きのお声で語られるので迫力があることと存じます。
Posted by kinnsann at 2010年01月27日 19:08
kinnsann 様

 『如何に死ぬかを学べば、如何に生きるかも学べる』(モリー・シュワルツ)
 のだそうですが、前者を学んだときには後者の残りがないってことも・・・。

 でも、どうせ
 『人間元来一人で生まれて一人で死んでいくもの』
(田山花袋)

 クヨクヨしないで残りの人生を明るく楽しみましょう。



 
Posted by オニヨメの夫 at 2010年01月28日 01:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。