2010年02月18日

ボケについてちょっと真面目に考えました。・・・その4


ブログランキング"banner_02.gif"



 カラスの巣

        217-karasu-su.jpg

        217-ka-su-up.jpg

 すっかり雪に埋もれている。雛を孵すとき以外は使っていないのか?
 

 例のフレディ松川先生は、ボケないための7箇条(7つの習慣)を提唱されている。

 今日はそのうちの3つを見て行きたい。

 @ 散歩する

   それもただ歩くだけでなく『意欲』持って散歩する。
 
   例えば、散歩の途中に目にした道端の花や風景を写真に撮ったり絵手紙にするなど。

   そうすることによって、脳を刺激し血流を良くする。   

 A 読む

   新聞のコラムなどを声を出して読む。気になる記事は切り抜く。

   ときには投稿してみる。辞書を引く癖をつける。


 B 料理をつくる

   自分の昼食を作れるかどうか。それによって自立心が芽生えボケからも逃れることができる。

   料理は人を喜ばせることができる。料理は頭と手を両方使うのでボケ防止になる。


 で、私の場合は、

 @は完全に○だ。朝夕3〜40分ずつモモと散歩しているし、

 常にカメラを携行して写しまくっている。

 Aは△。毎日、新聞を隅から隅まで読んでいるが音読していない。

 傍に人がいる場合、『子供みたい』と言われそうなので、音読は勇気がいる。

 『ボケ防止』だからと断って読むのもちょっとシャクだし・・・。

 Bは限りなく×に近い△だ。ヨメがいないときは仕方なくつくるが、

 ヨメが居るとつくる気になれない。私がつくる方が絶対まずいからだ。

 ただ、3年前のヨメの入院をきっかけに、朝食と昼食は基本的に自分でつくるようになった。

 ヨメが病気から復活した後も『夕食はつくるけど朝と昼は自分で適当に食べて』

 と宣言しているからだ。

 ヨメによれば『(テニス仲間は)みんなそうしている』とのこと。

 俄かには信じがたいが・・・。

 なお、食事の後片付けは全面的?に私が担当しているが、

 その事についてはフレディ松川先生は触れていない。

 つくるほどではないとしても、少しはボケ防止に役立っているのではないだろうか。

 なお、1ヶ月ほど前、ヨメが7分の5と出歩きすぎたことがあったので、私は

 『貴女がテニスに行った日は流しをしない』と宣言し、以来それを実行している。

 のだが、その後ヨメのテニスの回数は全く変化がない。


                 (続く) 


ブログランキング"banner_02.gif"



 応援(上のロゴマークをワンクリック)してくださいね。
 どうかお忘れなく・・・。

  


posted by tosshy at 23:44| Comment(0) | 日記5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログランキング"banner_02.gif"

cropped-cropped-Logo-SKV02.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。